【Audibleは何回でも返品・交換可能】詳しい手順と注意点をわかりやすくまとめました。

オーディオブック オーディオブック

こんにちは、yujiです!このブログでは、オーディオブックを年間100冊以上聞いている僕が「本を聴く生活」について詳しくまとめています。

・Audibleは返品・交換ができるの?
・Audibleで返品の手順は?

・Audibleの返品で気を付けることは?

この記事では、以上のような『返品交換』に関するAudibleユーザーの疑問をすべて解決します。

僕はこれまでオーディオブックを購入してみて「なんだかイメージと違う、、」と感じたことがあり、実際に何度か返品や交換をしています。

この記事の前半では、Audibleで返品交換をする際の条件や、実際の返品手順を解説。

後半ではオーディオブック選びを失敗しないための方法や、売れ筋ランキングを紹介しています。

『何度でも返品交換可能』というAudibleの神対応をうまく活用して、気軽に安心して様々なジャンルのオーディオブックを楽しめるようになります。

「まずは、Audibleとはどんなサービスなのかを軽く説明します。」

【Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント!】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。
【Audibleで聴き放題できる?】AudibleStationを聴いてみた感想と『audiobook.jp』聴き放題プランとの違いについて解説。
Audibleを年間100冊以上聴きこんだ僕が、使ってみた感想をまとめます。

Audible(オーディブル)とは?

audibleとは?

Audibleとは?

Audible(オーディブル)とは、Amazonが運営する本の朗読を聞くオーディオブックサービスのことです。

米国の富裕層200人を対象とした追跡調査によると、63%が通勤時間にAudibleを利用しており、その中にはビルゲイツやイーロンマスク、オバマ前大統領などの著名人も含まれています。

このように通勤時間などの日常のあらゆるシーンで、ちょっとしたスキマ時間に密度の濃いインプットができることがAudibleがシェアを伸ばしている理由の一つです。

どれだけ忙しい人でも、Audibleで年間100冊以上の読書が可能。

読書は誰にとっても一番の自己投資方法ですが、スキマ時間にAudibleでインプットすることで、大幅に自己投資の効率が上がります。

またスキマ時間でのインプットを習慣化すると、1日1冊ペースで聴いていくこともできてしまいます。

「まずは、Audibleの返品交換制について解説します。」

Audibleでの返品の条件とは?

Audibleの返品の条件

Audibleは何度でも返品・交換可能。

Audibleでは購入したオーディオブックを返品・交換することができます。

こういった返品交換制は他のオーディオブックサービスにはないため、Audible独自の特典として人気があります。

ユーザーとしても返品交換できるということで、安心して様々なジャンルのオーディオブックを聴くことができます。

Audibleでの返品の条件。

Audibleで購入したオーディオブックを返品する際の条件は以下の通りです。

Audibleの返品条件
・返品はAudible会員限定のサービス。
・返品期限は購入から365日以内。
・無料期間中でも返品できる。
・返品回数には制限がある。

このように、Audibleでの返品は会員限定の特典となっています。

また、無料お試し期間中に購入したオーディオブックの返品にも対応しています。

「続いて、Audibleでの実際の返品手順について説明します。」

Audibleでの返品・交換方法。

Audibleでの返品手順

以下では、実際の返品方法について詳しくまとめます。

パソコンからの返品と、スマホからの返品では少し手順が違うので、それぞれ解説していきます。

①パソコンからの返品手順。

Audibleでの返品は、WEBサイトからの手続きが必要です。

まずは、Audible公式サイトを開きます。

Audibleの返品手順

Audibleトップページから「アカウントサービス」に進みます。

Audibleの返品手順

左のメニューの「購入履歴(返品)」をクリックします。

Audibleの返品手順

購入履歴の一覧が表示されるので「返品する」をクリックします。

Audibleの返品手順

返品理由のアンケートに答え、再度「返品する」をクリックします。

Audibleの返品手順

このような画面が表示されば返品完了です。

②スマホからの返品手順。

スマホからの返品手続きも可能です。(※Audibleアプリからの返品はできないので、以下の手順に従って返品してください。)

まずは、Audible公式サイトを開きます。

Audibleのスマホでの返品手順

上のリンクから開くと、ブラウザでトップページが表示されます。

Audibleのスマホでの返品手順

表示されたページの一番下まで行くと「PCサイト」とあるのでこちらに進みます。

Audibleのスマホでの返品手順

PC版のトップページが表示されるので、右上の「サインイン」からログインします。

※ログインできたら、あとはPCからの返品方法と同じです。「アカウントサービス」内で返品手続きをしましょう。

返品後の返金処理について。

返金などの処理については以下のように進みます。

返品後の処理について。
・コインでタイトルを購入した場合→コインがアカウントに戻されます。
・クレジットカードで追加購入した場合→利用したクレジットカードに1週間程度で返金されます。
・返品したタイトルはライブラリーから自動的に削除されます。

このようにしてアカウントにコインが戻ります。

また、返品手続き後にアカウントに戻されたコインを使って、別のタイトルを再度購入することができます。

以上がAudibleの返品・交換方法です。

「続いて、Audibleでの返品時の注意点について説明します。」

Audibleで返品する際の注意点。

Audible返品回数制限

Audibleでの返品には回数制限があります。

Audibleで返品する際の注意点として、回数制限があります。詳しくは以下の通り。

Audible返品の回数制限について。
・返品回数には制限があり、8~10回繰り返すと「返品不可」と表示されます。
・「返品不可」になった場合、カスタマーサービスに問い合わせることで返品手続きを進められます。
・返品交換を何度も繰り返して、無料でたくさん聴くなんてことはやめましょう!

このように、返品についてのいくつか気を付けるポイントが分かっています。

ネットの声で多いのは「8~10回繰り返すと返品不可と表示され、WEBからの返品手続きができなくなる」といったものです。

Audible返品不可

こういった場合は、Audibleカスタマーサービスに直接問い合わせることで返品手続きに応じてもらうことができます。

返品特典は、常識の範囲内で利用するのがおすすめ。

上で説明したように、Audibleでの返品はほぼ回数無制限で利用できます。そこでAudibleのホームページには以下のように掲載されています。

Audibleからのお願い
当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。
本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。
短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。

このように、返品制度はあくまでも購入のサポートとしての特典なので、常識の範囲内で利用しましょう。

また、オーディオブックの最大のメリットは何度も繰り返し聴くことで確実に脳にインプットされていくところです。

なので本当にインプットしたい・熟読したい1冊を長く聴くのがおすすめです。

【記憶力アップ】オーディオブックで本を聞く効果とは?メリットやデメリット、100冊聴いた感想をすべて解説します。

「後半では、オーディオブック選びを失敗しないための方法を解説します。」

Audibleで質の高い本を選ぶために試してほしいこと。

Audibleでは質の高いインプットが可能ですが、そもそも論として自分に合ったオーディオブックを見つけることが大切です。

そこでオーディオブック選びを失敗しないために、以下の方法を紹介します。

オーディオブック選びで見るポイント
①本のレビューを読む。
②本のまとめを調べてみる。
③試し聴きする。

このように、本のレビューをAmazonで見てみたり、書評サイトや個人ブログなどで本の大まかなまとめを読んでみると、自分に必要のある内容かどうかをあらかじめ知ることができます。

専門書や分厚いビジネス書を学びたい場合、フライヤーなどの本のまとめサイトを利用して理解を深めていくのもおすすめです。

また、Audibleでは試し聴きができるので、ナレーションや音質が気になる場合は、実際に聴いて確かめてからの購入も可能です。

オーディオブックを買う前に見るべき5つのポイント。

「最後に、Audibleのベストセラー10冊を紹介します。」

【全10冊】Audibleのベストセラー作品を紹介します。

Audibleでは、世界的な名著が多く取り扱われている印象です。

ランキングを見ると、ビジネス書や自己啓発本のラインナップが多く、人気であることがわかります。

【第1位】自分を操る超集中力

メンタリストDaiGoの著作オーディオブックランキング

集中して物事に取り組むための具体的かつ実践的なテクニックがいくつも紹介されている一冊。

・科学的な根拠に基づいている。
・読んだその日から実行できる。

このような実践書です。

『自分を操る超集中力』を無料で聴く。

【第2位】FACTFULNESS

FACTFULNESS

「人間が何か選択しようとしたとき」の正解率は、驚くことにチンパンジー以下だと言います。

その理由は、人間がこの世界を認識するときにはかならずバイアス(思い込み)が働くからです。

そんな僕たちが正しく世界を認識するための本。

『FACTFULNESS』を無料で聴く。

【第3位】嫌われる勇気

嫌われる勇気

・自分がやるべきことをやった上で、それを他者がどう判断するかはコントロール不可能だということ。
・そしてコントロール不可能なものに囚われるのは、人生の無駄であること。

「他者は自分の期待を満たす為に生きている訳ではない」という言葉が印象的です。

『嫌われる勇気』を無料で聴く。

【第4位】サピエンス全史

サピエンス全史

人類250万年史と現在をつなぐ、壮大という語にふさわしい物語。

『サピエンス全史』を無料で聴く。

【第5位】知識を操る超読書術

メンタリストDaiGoの著作オーディオブックランキング

・記憶するだけではなく、理解すること。
・自分の頭で考えること。
・アウトプットまでを実践すること。

こういった読書の大切なポイントがよくわかる本。

『知識を操る超読書術』を無料で聴く。

【第6位】Think clearly

Think clearly

読んだ後、人生が必ず良い方向に変化している一冊。

現代社会に生きる私たちが、幸福を得るための「思考法の新常識」がまとめられています。

『Think clearly』を無料で聴く。

【第7位】留学しないで「英語の頭」をつくる方法

留学しないで「英語の頭」をつくる方法

「母国語以外の言語ををどのように学んだら良いのか」という語学で最も大切な要素がわかります。

たくさん英語教材よりも、この本が役に立つ印象です。

『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』を無料で聴く。

【第8位】人を操る禁断の文章術

メンタリストDaiGoの著作オーディオブックランキング

文章によって相手の心を動かし、行動するよう誘導するテクニックがわかります。

メンタリストDaiGoさんが最も得意とする分野である「文章」について、深い考察がまとめられています。

『人を操る禁断の文章術』を無料で聴く。

【第9位】21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21世紀の人類のための21の思考

『サピエンス全史』で人類の「過去」を、『ホモ・デウス』で人類の「未来」を描き、第3作『21 Lessons』では人類の「現在」を取り上げます。

僕たちがどう生きるべきかを、人類史から見ることができます。

『21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考』を無料で聴く。

【第10位】営業の魔法 この魔法を手にした者は必ず成功する

営業の魔法 この魔法を手にした者は必ず成功する

「基本が大事」だということ。そして「人として大切な部分」をおろそかにしてはいけない大切なことを再確認できる本。

営業系のビジネス書は多く出版されていますが、この本の内容は比較的濃い印象です。

『営業の魔法 この魔法を手にした者は必ず成功する』を無料で聴く。

まとめ

この記事では『Audibleは返品交換ができるの?』といったAudibleユーザーの持つ疑問にすべて答えました。

繰り返しになりますが、Audibleで購入したオーディオブックを返品する際の条件は以下の通りです。

Audibleの返品条件
・返品はAudible会員限定のサービス。
・返品期限は購入から365日以内。
・無料期間中でも返品できる。
・返品回数には制限がある。

このようなAudible会員限定の返品交換システムを活用して、人生を変える本との出会いを増やしていきましょう。

Audibleの30日間無料キャンペーンはこちら。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント!】0円でできることすべてと、50%OFFでお得に利用する裏ワザを公開します。
【Audibleで聴き放題できる?】AudibleStationを聴いてみた感想と『audiobook.jp』聴き放題プランとの違いについて解説。
【Audibleの料金はいくら?】他社との比較や、お得にオーディオブックを聴く方法をすべて解説します。
Audibleを年間100冊以上聴きこんだ僕が、使ってみた感想をまとめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました