ブログのノウハウ

ブログ記事のネタ切れを解決する3つの方法と便利ツール4選

ブログ記事のネタ切れを解決する3つの方法と便利ツール4選

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

ブログを書きたいのですが、ネタ切れになってしまいました。
初心者向けにネタ切れの解決方法を教えてください。

以上のような、ブログのネタ切れについての質問にお答えします。

この記事の内容
・絶対にネタ切れにならない理由
・ネタ切れの対処法4ステップ
・ネタ切れ解決ツール4選

PV画像

当ブログはコツコツ更新した結果、アクセス数が大幅に伸びました。またアフィリエイト収益も増えており、現在は月70万ほどを稼いでいます。

本記事では、ブログがネタ切れになった場合の解決方法をまとめました。

結論から言うと、ブログでネタ切れになることは絶対にありえません。

実際に当ブログでも、ネタ切れになることなく120日間ほど毎日更新をすることができました!

「ネタがなくてブログが書けない…」といった方は、この記事を読むことで今後はもうネタ切れしなくなりますよ◎

ブログがネタ切れにならない理由とは?

ブログがネタ切れにならない理由とは?

ブログネタは、探し方の工夫でいくらでも見つけることができます。

その理由はズバリ「読者のニーズが無限にあるから」ですね。

つまり「読者はどんな情報を求めているのか?」を起点に考えると、ブログでネタ切れになることはありません。

そこで以下では、ネタ切れにならない解決策を紹介していきます↓

「読者の悩み」でネタ切れを攻略せよ

「読者の悩み」でネタ切れを攻略せよ

ブログのネタを探すには、Google検索のデータを利用するのが最適です。

Google検索を使うユーザーは「悩み」を解決するために検索します。

そこで、実際に検索されたキーワードを見れば「ユーザーの持つ悩み」を知ることができ、これがそのまま記事ネタになるわけですね。

つまり「検索キーワードの数=記事ネタの数」なので、ブログのネタはほぼ無限にあるということ。

さらに、ユーザーの悩みを解決する記事を書けば検索上位に表示されるので、一石二鳥の効果がありますよ。

このような検索キーワードを調べるには、以下の方法が便利です。

検索キーワードツール
①Googleサジェスト
②ラッコキーワード
③キーワードプランナー

詳しく紹介していきます↓

①Googleサジェスト

Googleサジェストでは、よく検索されているキーワードを知ることができます。

例えば「英語学習」を検索すると、関連する単語が表示されます。

Googleサジェストからキーワードを探す方法

このように、Googleサジェストでは検索キーワードが細分化されるので、ネタを増やすことができますね。

そして1つ1つの質問に丁寧に答えていくことで、読者満足度の高い記事を書くことが可能です。

②ラッコキーワード

ラッコキーワードでは、関連キーワードの一覧を見ることができます。

例えば「英語学習」と入力すると、関連する700以上のキーワードが表示されます。

ラッコキーワードからブログネタを探す方法

このように、読者のニーズを細かく分析できるので、読者のニーズがはっきりした記事ネタを集めることができます。
》ラッコキーワード(※登録で様々な機能が使えるようになります。)

③キーワードプランナー

キーワードプランナーでは「キーワードが1ヶ月でどれだけ検索されているか」を知ることができます。

例えば「英語学習」と入力すると、以下のようなデータが表示されます。

キーワードプランナーの使い方

このように「英語学習」は1か月間で1000回以上検索されていることがわかります。

このように、検索数が大きいキーワードをネタにすることで、多くの人に読まれる記事を作成できますよ!

以上が「読者の悩み」でネタ切れを攻略する方法です。

以下では、ネタ切れになったときにやるべき対処法をまとめます。

ネタ切れの対処法4ステップ

ブログでネタ切れになったら、以下の流れでネタを探していきましょう!

ネタ切れになったときの流れ
①キーワードを見つける
②読者像をイメージする
③読者のニーズを考える
④見出しごとに主張をまとめる

この流れで記事は完成しますよ。

①キーワードを見つける

まずは、ブログのネタになるキーワードを探します。

今回は具体例としてラッコキーワードで「Googleアドセンス」を検索してみます。

ラッコキーワードの使い方

出てきたキーワードを見ると、読者がGoogleアドセンスについてどんなことを知りたがっているのかがよくわかりますね。

こうしたキーワード選びはSEOに必須のテクニックなので、以下の記事からチェックしてみてくださいね!
》SEOキーワードの選定方法を詳しく解説

②読者像をイメージする

続いて、記事を必要としている読者像をイメージします。

例えばキーワードが「Googleアドセンス 審査」の場合、以下のような読者像を考えます。

記事を読んでくれる読者像
・ブログを始めて1か月
・WordPressについて勉強中
・副業で稼ぎたいと思っている

このように、ざっくりとターゲットを決めます。

そして、このように読者像を考えるときは「1年前の自分」をイメージするのがおすすめですよ。

読者の持つ悩みに共感できるので、より質の高い記事を作成することが可能になります。

ここを理解しておくと記事作成が上手くなるので、ターゲットについては別記事をどうぞ。
》ブログ集客のターゲットの決め方

③読者のニーズを考える

読者像が決まったら、その人が持つニーズを考えます。

読者の持つニーズには2種類あって、

・顕在ニーズ:キーワードを検索した直接の目的
・潜在ニーズ:一歩踏み込んでさらに知りたい情報

に分けて考えるのがおすすめ。

具体的に「Googleアドセンス 審査」の場合は、

・顕在ニーズ
→審査に合格したい
→審査の申し込み方法を知りたい
・潜在ニーズ
→合格後にやるべきことを知りたい
→落ちたときの対処法を知りたい
→ブログで稼ぐ方法を知りたい

となるイメージです。

ポイントは「潜在ニーズ」でして、ここを上手く記事にできるとブログ滞在時間がぐっと伸びますよ!

④見出しごとに主張をまとめる

読者のニーズを考えた、見出しを作ります。

記事の見出しを作るときは、

・読者が理解しやすい順番を考える
・顕在ニーズ→潜在ニーズの順で並べる
・見出しだけで記事内容がわかるようにする

といったポイントを意識してください。

具体的に「Googleアドセンス 審査」の場合は、

・Googleアドセンスとは?
→審査とは?
・合格する方法
→ポイントを解説
・申請方法
→申請手順の解説
→審査にかかる時間について
→合格後にやるべきこと
・審査に落ちたら
→対応方法
→自分の経験談
→その他の収益化方法
・まとめ
→Googleアドセンスに挑戦することで、ブログが成長する

のようなイメージになりますね。

これで記事の大枠が出来上がりました!

このように、ブログがネタ切れになったときは、検索キーワードを起点に考えるとスラスラ記事を書けるようになりますよ。

以上の記事構成は別記事にて詳しく解説していますので、こちらから是非読んでみてくださいね↓
》ブログの文章構成を考える6つの手順

ブログのネタ切れを解決するツール4選

ブログのネタ切れを解決するツール4選

続いて、ブログのネタ切れを即解決できるツール4つを紹介します。

アイデアがないときには、以下を利用しつつ思い浮かべてみてください。

ブログのネタ切れを解決するツール
①Yahoo!知恵袋
②Twitterのトレンド
③ブログランキング
④スマホのメモ

1つずつ解説します。

①Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋は、ユーザーの具体的な悩みが文章で書かれています。

つまり、検索キーワードだけでは推測しづらいユーザーのニーズを見つけることができるわけですね。

そして、ブログを書くときに大切なのは「たった1人の疑問を解決するコンテンツを作る」ということです。

・同じような悩みを抱えている人が多い
・1人を想像した方が記事を書きやすい

というように、特定の人に向けたコンテンツ作成を意識すると、質の高いブログを書けますよ。

Yahoo!知恵袋のダイレクトな意見をもとに、たった1人のための解像度の高い記事を書いてみてくださいね。
》Yahoo!知恵袋

②Twitterのトレンド

TwitterなどのSNSでは、多くの人の興味が集まる情報をいち早く見つけることができます。

例えば、流行に合わせたネタをもとに詳しく記事を書けば、拡散されやすくなりますよ。

Twitterで話題を探す

本で知識を学ぶ

情報をまとめて発信

といったように、最新情報をまとめることでアクセスを多く集めることが可能ですね。

③ブログランキング

ブログがネタ切れになったときは、ブログランキングをチェックしてみてください。

特に、自分が狙っているジャンルのブログを見てみることで、勉強になる部分が多いですよ。

おすすめのランキングサイトはこちら↓

にほんブログ村
人気ブログランキング
ライブドアブログランキング
FC2ブログランキング
アメーバブログランキング

こうしたランキングから幅広い視点学びつつ、インスピレーションを磨きましょう。

もちろん文章全てをマネするのはNGなので、自分のオリジナリティが失われないように注意してくださいね!

④スマホのメモ

最後に、最も役に立つツールは「スマホのメモ」です。

ブログに書くべき内容は、特別なことだったり注目すべき話題でなくてもOK。

むしろ、ブログネタは日常生活のなかから探せるので、普段の生活の中でインスピレーションを見逃さないことが重要です。

些細なことでもいいので、気に留まったことや思い浮かんだアイデアを忘れないように、普段からスマホにメモするクセをつけておきましょう。

パソコンの前に座って考えるよりも、はるかに効率よくネタを探せますよ!

以上が、ブログのネタ切れを解決するツール4選です。

ちなみに、ブログのネタの探し方10選を別の記事にて丁寧に解説しています。是非こちらも参考にしてみてくださいね。
》【ブログネタがない方へ】記事ネタの探し方10選で今すぐ解決しよう

ブログでネタ切れになったら意識すべきこと3つ

ブログでネタ切れになったら意識すべきこと3つ

最後に、ネタ切れになったときに意識したいことをまとめます。

ネタ切れになったら…
①情報のインプットを増やそう
②リライトで記事の質を上げよう
③「書きたい記事」は読まれないので注意しよう

詳しく解説します。

①情報のインプットを増やそう

ブログを書いていると「自分の知識じゃ足りない」と感じることが多々あります。

その時は、情報のインプットに時間を割くのがおすすめ。

例えば、これから発信したい分野の本を数冊読めば、ある程度まとまった知識が身に付きますよね。

自分が成長しつつコンテンツも充実するので、ネタ切れになったときは素直に勉強してみてください!

②リライトで記事の質を上げよう

ブログでは1つ1つのコンテンツの質を高めることが重要。

そのため、ネタ切れになったときには、過去に書いた記事のメンテナンスにも取り組んでみましょう。

書いた記事をリライトして検索順位を上げていく対策は、新しい記事を追加するよりも費用対効果が高いのでおすすめです。

リライトには独特の難しさがありますが、こちらの記事から挑戦してみてくださいね!
》ブログ記事のリライトでSEO効果を上げる9個のコツ

③「書きたい記事」は読まれないので注意しよう

ブログのアクセス数を伸ばすためには「読まれる記事」を書くことが大切です。

なぜなら、読者のニーズに応えることで初めて検索されるようになるからですね。

逆に「書きたいことを書く」といった記事は、ただの自己満になりがちなので要注意!

たとえネタ切れになっても、独りよがりな記事は書かないようにしましょう。

ブログの閲覧数を伸ばす考え方は下記にて解説していますので、まずはニーズを理解すること意識してください。
》ブログを多くの人に見てもらう方法

以上が、ブログでネタ切れになったら意識すべきこと3つです。

まとめ:ネタ切れが解決したら、すぐに記事を書こう

まとめ:ネタ切れが解決したら、すぐに記事を書こう

この記事では、ブログがネタ切れになった場合の解決方法をまとめました。

まず、ブログがネタ切れになったときは、

・Googleサジェスト
・ラッコキーワード
・キーワードプランナー

を使いつつ検索キーワードを起点に記事を考えていきましょう。

「検索キーワードの数=ネタの数」なので、これでもうネタ切れになることはありませんね。

そしてブログのネタが見つかれば、すぐにでも記事を書き始めてください!

SEOに強いコンテンツを作る方法はこちらにまとめたので、参考にしつつスラスラ書き上げていただければと思います。
》SEOに強い記事の書き方テンプレート

また、ブログのアクセス数を伸ばす具体的な対策は、是非こちらをご覧下さい。
》ブログのアクセス数を増やす9個の方法

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

》ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】
》「アフィリエイトは無理だ…」と感じた方のためのアドバイス

コメント

タイトルとURLをコピーしました