【いまさら聞けない】キャッシュレス決済の『メリット』と『デメリット』をわかりやすく解説しました!

キャッシュレス キャッシュレス

こんにちは、yujiです!「世界的にキャッシュレスの波が来ている!」と言われますが、やや遅れ気味な日本。

「キャッシュレスになって何かいいことでもあるの?」

このように感じている方もいるとおもうので、この記事ではキャッシュレス決済の『メリット』と『デメリット』。そして『キャッシュレス決済を取り入れた生活では、実際にどのように利用していけばよいのか』を全てまとめたいと思います!

キャッシュレス決済のメリット

『キャッシュレス決済』では大きく分けて5つのメリットがあります。

僕たちが感じられるメリット5つ
1.レジでのすべての支払いがスムーズ。
2.キャッシュバックがすごくお得。
3.家計簿の管理が簡単。
4.盗難・紛失への補償あり。
5.アプリを使って友達に送金できる。

以上を1つずつ解説します!

1.レジでのすべての支払いがスムーズ。

僕たちは現金の扱いになれているので、少額の小銭なんて全く負担に感じることはありません。ですが、『キャッシュレス決済』になるとそのスピードは段違いに早く感じます。

商品をレジに持って行って「スマホ画面をレジの人に見せる」だけ。レジに立ったらすぐにレシートを渡されて、「え、もう終わり?」と思っているうちに終わりです。

これが特に朝の通勤途中や、レジが込み合っている場合に役に立ったりします。始めは違和感しかなかったのですが、慣れてしまった今では「小銭を受け取ってお財布に戻してという作業って大変だったなぁ……。」と感じています。

「……使ってみると便利さがわかる。」

また、いざ支払いのタイミングになって「お金がない」という状況からもサヨナラできます。

僕の苦い思い出なのですが、昔付き合っていた彼女とちょっといいバーに飲みに行ったとき、お会計をしようとすると「5000円足りない!」ということに気が付きました。それから急いでATMに向かって支払いを済ませましたが、カウンター形式のバーに彼女を一人残して恥ずかしい想いをさせてしまった……。というような苦い経験があります。

出来ればもうこのような経験はしたくはないのですが、『キャッシュレス』ならいつでも自分の銀行口座から直接お金を支払うような感覚でいられるので、そもそも「お金がないからATMでおろす」という作業から解放されます。

2.キャッシュバックがすごくお得。

『キャッシュレス決済』系のアプリを利用すると、支払いをする度にお得なキャッシュバックなどの特典が付きます。

PayPayはいつでもキャンペーンやってます。
例えば、ペイペイは総額100億円キャンペーンがあったり、40%戻ってきたり、常に何かしらのキャンペーンをやっていて、いつでも特典を受けられます。

【PayPay】「お店で踊ってみた!」チャレンジ

また、経済産業省が主導でやっている5%還元キャンペーンもあるので、キャッシュバックが2重取りできます。ほんとにお得です。

【全てのお買い物で5%お得】『キャッシュレス5%ポイント還元』の仕組みや使い方を解説します!

3.家計簿の管理が簡単。

「キャッシュレスになるとお金を使いすぎるんじゃないの?」という不安の声もあります。実際に、クレジットカードのような『後払い式』のものの場合、ついつい返せる金額以上に使いすぎてしまうケースもあります。

実際に『クレジットカード払いは財布のひもが23%緩みやすくなる』という研究データも出ているように、現金でのお買い物をする場合よりも、出費が増える傾向にあるようです。

「……使いすぎてしまいそうで不安。。」

ですが、キャッシュレス決済には『前払い』や『その場で支払い』のように、今持っている金額内でのみ利用できるものが多く、使いすぎる心配はありません。

これはぼくが利用したLINEペイの利用履歴ですが、このようにレジで支払いをするたびにアプリに家計簿が自動的に表示されるので「お金を使った実感」もあり、むしろ安心して使えています。

4.盗難・紛失への補償あり。

キャッシュレス決済では、その場ですぐに利用履歴が保存され、知りたいときにいつでも確認できるのがメリット。こういった【記録】はお金の管理だけでなく『防犯面』にも大きく役に立ちます。

例えば、クレジットカードが誰かに使われてしまったときも、各カード会社による『不正使用に対する補償』があります。

またスマホで支払いをする場合、そもそも自分にしか開けないロックで守られているので他人に使われる心配はありませんが、不正利用があっても『利用履歴』は確実にしっかり残ります!万が一身に覚えのない支払い履歴があっても補償されるので安心です。

PayPayの例
「安心してPayPayをご利用いただけるよう、すべてのPayPayユーザーおよびPayPayを利用した不正利用被害に遭われたかたへの補償制度を用意しています。」

誰しも現金を失くしてしまった経験があると思いますが、それを思うと『出入りの記録が残っている』ということは大きな安心に繋がりますね。またそれ以前に現金を持ち歩かなくても良いため、防犯面もばっちりです。

5.アプリを使って友達に送金できる。

大人数の飲み会や、ちょっとした買い物を友達と一緒にしたとき割り勘をします。

キャッシュレス決済の場合にも、現金で割り勘するのと同じように、横にいる友達にお金を渡したり、支払いを分け合ったりすることができます。

割り勘に必要なのが「小銭」ですが、必ずしもお財布の中にちょうどいい金額が入っているわけではありません。その点『キャッシュレス決済』であれば、支払い時に「1円単位」で分け合うことができるので、割り勘は簡単です。

また、連絡先さえ知っていれば送金が可能なので、遠方にいる知人への送金もアプリひとつで可能です。

以上が『キャッシュレス決済』の5つのメリットです。

これまで説明したように便利なポイントが多いですが、同じように『デメリット』もいくつか存在しています。

「……なので以下の記事では『キャッシュレス決済のデメリット』について紹介したいと思います。」

キャッシュレス決済のデメリット

まだまだ日本では普及していないキャッシュレス決済ですが、これから起こるかもしれない問題も含めると『キャッシュレス決済』のデメリットは大きく4つあります。

『キャッシュレス決済』のデメリット
1.キャッシュレス決済を利用できない場合。
2.キャッシュレス決済の使い方がわからない場合。
3.誰かに勝手に使われる?
4.新しい詐欺が発生する?

1.キャッシュレス決済を利用できない場合。

スマホでのキャッシュレス決済の場合、スマホ本体の充電が切れてしまうと利用できません。同様にカメラが故障している場合などもQRコードを読み取ることができず、レジでの支払いができません。

「……災害にもよわいかも。」

また、『キャッシュレス決済』は日本ではまだまだ発展途中なので、お店側の設備が追い付かず、利用できない店舗も珍しくはありません。なので、外を出歩く際には現金が必要です。

2.キャッシュレス決済の使い方がわからない場合。

高齢者に多いのがこのケースで、そもそもスマホをもっていなかったり、新しいテクノロジーに追いつくことができず、将来的に決済手段がなくなってしまう可能性があります。

対策としては、クレジットカードやデビットカードなどの、従来からある比較的利用しやすいキャッシュレス決済方法で対応することができます。

また、年配の方の不安として「キャッシュレス決済を使いこない……」「店に嫌がられるかも……」という意見もあるため『現金』は完全には消滅することはありません。

最近は「QRコード決済」が浸透してきているので、徐々に環境が整備されつつ当初よりは使いやすくなってきました。今後は使いやすさがさらに向上されていくので、『誰でも使えるデザイン』になる日も近いです!

3.誰かに勝手に使われる?

キャッシュレス決済に限ったことではないですが、インターネットを使ったサービス全般は、どうしてもセキュリティに関する問題が付いて回ります。

もし誰かがスマホのロックを解除してしまったら、アプリで買い物ができてしまいます。この場合、スマホのロックでどうにかするしかありませんが、例えばiPhoneならセキュリティ面は大丈夫かもしれません。

アップルの例
ニューヨークでは、アップルがFBIからのiPhoneロック解除についての要請を拒否したことで話題になりました。なので、他人の手によってスマホのロックが解除されることはほぼありえません。

「誰かに勝手に使われたらどうしよう」と心配にもなりますが、クレジットカードなどと同様、各キャッシュレス決済サービスでは連絡すればすぐに利用停止状態にできます。

このように万が一スマホを落としてしまった場合に備えて、解決手段を事前に知っておくことが大切です。

4.新しい詐欺が発生する?

キャッシュレス決済先進国の中国では、偽モノのQRコードを本モノのQRコードの上に勝手に貼付けてしまい、「商品の売り上げが全く関係のない口座に送金されてしまう」という問題が起きたこともあります。

「……発想がすごい。」

また、キャッシュレス系のアプリを使えば、相手への送金が簡単になります。海外ではこの機能を逆手にとって、SNSを利用して存在しない募金を集めたり、ありもしない病気と戦っていると偽って治療費を集めるなど、新しい詐欺が発生しています。

このようにいくつかデメリットは存在していますが、どれも『万が一』の場合に備えていればそれほど心配することはありません。普段の生活の範囲内で利用するぶんには、特に大きな問題はなさそうです。

「……以下の記事では、『キャッシュレスを取り入れた生活では、実際にどのように利用していけばよいのか』を僕なりに解説します。」

キャッシュレス決済を上手に使うポイント!

お得で快適にキャッシュレス決済!

日常生活で考えるなら、以下のポイントに気を付けて利用すれば、お得で快適にキャッシュレス決済を使うことができます!

大切なポイントは以下の通り。

キャッシュレス決済を使うときのポイント3つ
1.使うべきは、日常生活の中。どんどん使って、ポイント還元でどんどんお得に。
2.タイミングがあれば積極的にチャレンジ!
3.万が一の場合に備えて、セキュリティ面での対策をしておく。

3つのポイントを詳しく解説します!

1.使うべきは、日常生活の中。どんどん使って、ポイント還元でどんどんお得に。

まずはどのお店でもキャッシュレス決済を使えるように、いくつかのキャッシュレス決済サービスに登録しましょう。

キャッシュレス決済の例
・PayPay
・LINEペイ
・楽天ペイ
・メルペイ

以前までは他にもたくさんの「○○ペイ」がありましたが、今から利用するならこの4つがあればOKです。

【2020年最新版】キャッシュレス初心者向け、おすすめのQRコード決済4選!

いざ利用してみようと思って探してみると、キャッシュレス決済を利用できる場所は意外と多く「ここでも使えたんだ!」と気が付きます。

日常生活の中でキャッシュレス決済を利用できるタイミングが増えていくと、ポイント還元のチャンスも一緒に増えていくので自動的にお得になります。

2.タイミングがあれば積極的にチャレンジ!

初めてのキャッシュレス決済では「これであってるの?」とかここでも使えるの?」など不安になりがちです。

ですが、自分の決済方法が使えるかどうかわからない場合は「○○ペイつかえますか?」と聞けばOKです!

店員さんは丁寧に教えてくれますし、行きつけの薬局などであれば、1度慣れてしまえばこれから先ずっと使えます。なのでチャンスがあれば積極的にチャレンジしましょう!

もしお店側がキャッシュレス決済に対応していない場合でも、これまで通り『現金』を持ち歩いていれば安心です。お財布には必ず現金を準備しておきましょう!

3.万が一の場合に備えて、セキュリティ面での対策をしておく。

スマホを落とした場合に備えて、解決手段を事前に知っておくことが大切です。

各キャッシュレス決済サービスでは、トラブルへの対処方法や、もし不正利用があった場合の補償などもきちん用意されています。安全面などに関しては、詳しくはこちらの記事で解説しています。

まとめ

キャッシュレス決済でのメリット、デメリット、使う時のポイントを振り返ると以下のようになります。

僕たちが感じられるメリット5つ
1.レジでのすべての支払いがスムーズ。
2.キャッシュバックがすごくお得。
3.家計簿の管理が簡単。
4.盗難・紛失への補償あり。
5.アプリを使って友達に送金できる。
『キャッシュレス決済』のデメリット
1.キャッシュレス決済を利用できない場合。
2.キャッシュレス決済の使い方がわからない場合。
3.誰かに勝手に使われる?
4.新しい詐欺が発生する?

このようなメリット・デメリットを考慮したおすすめの使い方は、以下のようになります。

キャッシュレス決済を使うときのポイント3つ
1.使うべきは、日常生活の中。どんどん使って、ポイント還元でどんどんお得に。
2.タイミングがあれば積極的にチャレンジ!
3.万が一の場合に備えて、セキュリティ面での対策をしておく。

以上のように日常生活での使い方を解説しましたが、キャッシュレス決済はまずはアプリのインストールから。僕は毎月ほんの少しづつですが、知らない間にキャッシュバックを受けています。

今後、キャッシュレス決済は日本でも確実に主流になっていきます。なのでまだ使ってないという人も、是非チャレンジしてみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

『QRコード決済』については、以下の記事でも解説しています。
日本の『QRコード決済』のセキュリティは最強かもしれない。【思ったより安全だった話】
【キャッシュレスの闇】日本人が異様なまでに『現金信仰』な理由と、これから『QRコード決済』が流行る理由。

コメント

タイトルとURLをコピーしました