【アイキャッチは必要?】アイキャッチ画像にこだわるべき理由

ブログ運営のメモ アイキャッチ

おしゃれで見やすいアイキャッチ画像には憧れるけど、デザインスキルはないし時間もかかりそうなので、そこまでアイキャッチ画像にこだわらなくていいよね、、、?

このような、ブログ初心者の抱えるアイキャッチ画像への疑問に答えます。

記事の後半では、私も使っている便利なソフトや、おすすめのフリー素材サイト、デザインのコツも紹介しています。参考までにどうぞご覧ください。

sponser link

アイキャッチ画像は必要?

結論から言うと、アイキャッチ画像は絶対に必要です。

アイキャッチは、読者の目を惹きつける点で、すごく効果的な方法です。アイキャッチ画像は、ブログ閲覧者が1番はじめに見る記事の情報です。共有したいサイトや記事の顔でもあるので、上手に活用できれば、記事の情報や印象を、相手に正しく伝えることができます。

また、時間をかけて記事を書いたなら、できるだけ多くの人に読んでほしいものです。そのためにも、まずは何としてでも読者が記事にたどり着いてもらう必要があります。

読んでもらわなきゃ意味がない!くらいの姿勢でもいいので、設定しておくことをおすすめします!

アイキャッチ画像をちゃんと作る理由

記事の内容が一目でわかる

アイキャッチ画像の存在価値は、これに尽きると思います。

ブログもSNSも、主な要素はテキストです。文字に装飾をつけたり、表示位置を変えたり、記事を読みやすくするための様々な工夫があります。

パっと見てどんなことが書かれているか、ある程度予想できる。これがアイキャッチ画像の持つ大きな役目だと思います。

限られたスペースで情報を伝えられる

例えば、ページ内での関連記事にアイキャッチが表示されます。

小さく表示されることがほとんどですが、デザインを工夫すれば、限られたスペースでどういった情報が載っているかを伝えられますし、記事内から関連ページへの誘導にも効果的です。

SNSシェアに効果的

ブログ記事をSNSでシェアする際にも、同じようにアイキャッチが表示されます。

こちらの画像は、実際に記事をFacebookでシェアしたときの様子です。

タイムラインに無数に流れてくるもののほとんどがテキストのみなので、動画や写真のある投稿は、記事を際立たせることができます。

デザインのコツを4つ紹介します。

1、ロゴやアイコンを利用する

こちらは、先ほどから強調している「一目でイメージが湧く」ための効果的な方法です。

ロゴあり

ロゴなし

2枚の画像からわかるように、1枚目のようにテキストだけのものよりも、2枚目のように見慣れたロゴや、アイコンを取り入れることで、記事の内容が伝わりやすくなります。

ロゴは以下のページから利用することができます。リンクやクレジットの表記は不要です。

・SVG PORN(→https://svgporn.com/

・ICOON MONO(→https://icooon-mono.com/

2、キーワードを重点的に使う

アイキャッチ画像のテキストは、文章よりも単語重視です。アイキャッチが表示されるときは、タイトルも近くにあることがほとんどだとおもうので、細かい内容はタイトルで補います。

文章で伝える

キーワードで伝える

2枚の画像からわかるように、1枚目のように言いたいことをすべて書いてしまうと、テキストだらけで見にくく何が伝えたいのかわかりません。

逆に、2枚目のように思い切って単語に絞ることで、パっと見てどんなことが書かれているか、ある程度予想することができます。

また、SNSでシェアしたりページ内に小さく表示されるときには、両端が見切れてしまうなど、思ったように表示されないことがあります。

気にしすぎる必要はありませんが、両端の切れる部分を考慮して、なるべく中央に寄せておくと無難です。この際も、テキストが少ない方が構成しやすいです!

3、色は2~3色までにおさえる

カラフル

3色のみ

2枚の画像からわかるように、1枚目のようにむやみにカラフルなものよりも、2枚目のように使う色を絞ることで、どこに注目するべきかすぐにわかります。また、テキスト色をロゴに合わせることで全体のバランスも良くなります。

4、文字は小さくしすぎない

私のブログの場合、PCよりもスマホでみられることがほとんどです。なので、アイキャッチを作成したあとは、必ずスマホでチェックします。

こちらはスマホ表示の例です。アイキャッチ画像内のテキストの大きさの目安は、このように見出しと同じくらいがいいです。

注意!

アイキャッチ画像の編集は大切ですが、記事に誘導するためにむやみに大げさな表現をしたり、過激な演出をする必要はないと思います。

YouTubeなどではサムネイルで目立たせているケースも多いですが、アイキャッチ画像の存在意義は、あくまで「記事の内容が一目でわかるシンプルさ」です。誤解を招くような方法でページの閲覧数を増やしても、その分信頼は下がります!

おすすめの画像編集ソフト

1、Adobe Photoshop, Adobe Illustrator

・Adobe photoshop(→https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

・Adobe illustrator(→https://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

デザインツールの王道であり、数多くのデザイナーやデジタルフォトグラファー、イラストレーターも使用している「Adobe Photoshop」「Adobe Illustrator」

無料で利用できるサービスから様々なオプションまで、自分が使いたいレベルで利用することができます。

初心者からプロまで幅広くカバーしているツールです。私は知人のデザイナーに教わりながら利用しています。

2、canva

・canva(→https://www.canva.com/

canvaは無料で利用できる、画像編集ツールです。洗練されたデザインのテンプレートや、各SNSの投稿用に最適化されたフレームを使うことができます。

ソフトをインストールするのではなくブラウザ上で使うので、編集した画像はクラウドで保存され、他の端末やスマートフォンからでも編集作業を行うことができます。初心者向けでとても使いやすく、このブログでも愛用しています。

また、canvaの使い方を以下の記事でまとめました。あわせてお読みください↓

【スキルなしでもOK!】アイキャッチ画像の作り方【canva】
無料の画像編集ソフト「canva」の使い方を解説します。デザイン経験のない初心者の方でも、canvaを使えばサクっとおしゃれな画像をデザインすることができます。もちろんアイキャッチ画像だけでなく、名刺やポストカードのデザインも可能です。

おすすめ画像サイト

こちらの記事にオススメのフリー素材サイトをまとめています。

【著作権、大丈夫ですか?】おすすめの安心フリー素材サイト9選
おすすめのフリー素材サイトを紹介します。また、サイト運営者やクリエイターなら誰しもが気になる「著作権」についても、掲載サイトごとに徹底的にまとめました。

まとめ

一生懸命書いた記事を読んでもらうためにはアイキャッチにも時間をかけたほうがいいのは事実。しかしあくまで、読者のニーズを満たす記事を書くことがまずは最優先です。

なので、双方のバランスを大事に、時間をかけすぎない範囲でアイキャッチづくりを楽しむのがベストです!

アイキャッチ画像を1枚置くだけで、ブログ全体のまとまりがでて見やすくなります。読者目線でデザインを考えるのも楽しく、慣れればたった5分でできる作業なので、是非挑戦してみてください!

こちらの記事もよく読まれています

【WordPress】アイキャッチの画質を上げる設定方法
ブログの顔でもあるアイキャッチ画像は、絶対にきれいに表示しましょう!それだけで記事の第一印象は大きく変わります。画質改善のためにはこの記事で紹介する3つの方法を試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました