【1分で完売!】メルカリで『本』を即売する方法。出品から発送までを完全解説します!

読書が人生を変える メルカリ

こんにちは、yujiです!

読書を意識的に始めるようになってから、人生の目標がはっきりとして、考え方が徐々に前向きになりました!

「……『本』の力はすごい!」

こんなふうに読書にハマってからというものの、メルカリで紙の本をバンバン買うようになりました!

おかげでタンスや机の上に本が山積みです……

そこで色々と試行錯誤した結果、「メルカリ」で購入した本を再度「メルカリ」に出品するようになりました!

「……結局メルカリがいちばんお手軽に、高く売れる!」

というのも、メルカリで『本』を売るメリットは以下のようなものがあります。

メルカリで『本』を売るべき理由。
・古本屋やネットオークションよりも高く売れる!
・出品が本当にかんたん!
・トラブルに巻き込まれにくく、安心して出品できる!

このように、メルカリで『本』を出品すると、僕の経験ではほぼ確実に売れます!

メルカリは、日本国内のユーザー数が月間1,350万人を超える、言わずと知れたフリマアプリ。その取引数は5億件を超え、「不用品を必要な人に直接譲る」という新しい文化を創り出しています!

フリマアプリ「メルカリ」、累計取引件数5億件を突破 〜捨てられていた不要品に新たな価値を〜 | 株式会社メルカリ
メルカリは、2019年9月18日時点でフリマアプリ「メルカリ」の累計取引件数が5億件を突破いたしましたのでお知らせいたします。

この記事では、そんな「メルカリ」を使って、本を手軽に売る方法をまとめたいと思います!

「……慣れれば5分で本を売れます!」

メルカリで必ず500円もらえるキャンペーン中!

メルカリをダウンロード・新規登録で、招待コード「UHMWWM」を入力すると、今なら500円もらえるキャンペーン中です!

「……以前までは300円分でした。登録するなら今がオススメ。」

sponser link

実際に『1分で売れる方法』で「本」を出品してみました!

説明のため、「出品」から「発送」までやってみます。

出品から発送までのステップは、主に以下の6つです。

メルカリで『本』を売る手順。
1.メルカリでの相場をチェック。
2.バーコードで本を読み取る。
3.写真を撮る。
4.説明書きをする。(コピペでOKです)
5.値段をつける。
6.売れたら梱包。
7.郵便局で発送。(バーコードを読むだけです)

ちなみに出品するのは、田中祐一さんの『僕たちは、地味な起業で食っていく。』です。

価格
・Kindle版……¥1,386
・単行本……¥1,540

通常はこのような価格で販売されています。

1.メルカリでの相場をチェック!

ここで実際に「僕たちは、地味な起業で食っていく。」をメルカリで検索してみます。

メルカリの検索結果はこのようになっており、だいたい900円前後で取引されています。単行本の40%オフくらいの価格帯です。

この中から商品の質と価格を参考にしつつ、出品の際の値段を決めます。

値段設定のコツ
当たり前ですが、この相場よりも低い値段で出品すると、早く売れます!

※メルカリでは、出品してから1日、2日とたつにつれて、新しい商品が次々と出品されるたびに、自分の商品がどんどん下に埋もれていきます。

なので、できるだけ早く売り抜けた方がいいです!

「……売れる値段で出品すれば、早ければ1分で売れます。売れない価格設定では、一生売れません。」

2.バーコードを読み取る。

ホーム画面右下の出品マークから、出品画面に映ります。

「バーコードを読む」を選択します。

カメラで本のバーコードを読み取ると、下に本の情報が表示されます。

3.写真を撮る。

そのまま商品の写真を撮ります。写真はギャラリーからも選択可能です。

写真を撮るポイント
できるだけきれいに写真を撮ると、高額で売れやすくなります。
・商品の状態をきちんと伝えるために、傷や汚れはきちんと撮影しておきましょう。これでトラブルが回避できます。

商品の撮影ができたら「商品の情報を入力」に移ります。

4.商品の情報を入力する。

商品の情報を入力するといっても、バーコードを読み取ったのですでにAIが自動入力してくれています!

「……AIすごい!」

「商品の状態」を選びます。

いくつかある選択肢の中から選ぶだけです。

「商品名と説明」を入力します。

こちらも同様に、AIで自動入力されています!

AIの自動入力部分に加えて、下の部分のみ書き足しました!

商品説明のコツ
・本の傷や汚れ/折れ目など、画像を載せるとともに文面でもちゃんと伝えましょう。
・「中古品ですので、ご理解のある方のみ購入して下さい。」の文言を入れると良いです。

「配送について」を入力します。

配送のコツ
・「配送料の負担」では、配送料を出品側が負担することで早く売れます。
・「配送の方法」ですが、『ゆうゆうメルカリ便』が便利で最安なのでこちらを選択してください。

オススメの発送方法は『ゆうゆうメルカリ便』です。

ゆうゆうメルカリ便
・料金……175円
・サイズ目安……A4サイズ
・3辺合計……60cm以内(長辺34cm/厚さ3cm以内)
・小サイズ……14cmx9cm
・重さ……1kg以内

『ゆうゆうメルカリ便』は配送料が最安で宛名を書く必要ナシ!『追跡/補償/プライバシー保護』まで付いているので安心です!

「……だいたいの本がこれに当てはまるので、僕はゆうゆうメルカリ便一択です。」

5.値段をつける。

販売価格はAIによって、すでに適正価格が表示されています。また自分で設定することもできます。

今回はこの本の相場よりも安い『780円』を入力し「出品する」をクリックします。

これで出品完了です!

6.1分で商品が売れたら「梱包」します。

商品が購入されました。(左上の「SOLD」が売れた印です。)

こちらにもあるように『1分で売れる方法』で出品したので、商品公開からたった「1分」で売れてマス!

「……いつまでも在庫を抱えているよりも、ザクザク売る方が回転します。」

まずは防水のために、ジップロックに入れます。(ビニール袋やラップでも可能)

外装は厚めの紙袋や封筒でOKです!

梱包のコツ
・梱包にお金をかける必要はありません!
・専用ボックスもありますが、緩衝材がなく本が傷ついて届いていたこともあります……。
・これまで2~30冊の本を買っていますが、ビニール袋だけ/ラップと紙袋だけなど、簡易的な梱包で届くことが多いです。

7.郵便局で「発送」します。

メルカリのホーム画面の右上の「✔」から「やることリスト」を表示します。

取引の一覧が表示されているので、発送する商品をクリックします。

「取引画面」を開いたら「サイズ」と「発送元」を入力します。サイズは『ゆうパケット(A4/厚さ3cm)』でOKです。

郵便局で、バーコードを読みとり、宛名ラベルを印刷します。

バーコードを読み取る『ゆうプリタッチ』のある郵便局に行きます。

「……これがめちゃくちゃ便利なんです!」

取引画面の「郵便局用2次元コードを表示する」からQRコードを表示します。

「ゆうプリタッチ」にQRコードを読み取ると、すぐに宛名ラベルが印刷されます。

宛名ラベルと本を持って、窓口へ渡します。宛名ラベルの貼り付けやサイズ確認は、職員の方がしてくれます。

これだけで発送は完了です!

「……慣れれば、梱包から発送まで、5分とかかりません!」

郵送のコツ
配送料175円は売上から天引きされるので、お金は必要ありません!
・ゆうプリタッチのある郵便局を事前に調べておきましょう。

「発送通知をする」をクリックします。

ゆうゆうメルカリ便は追跡機能がついているので、発送状況は随時相手に通知されているので、お互いに安心です!

※メッセージでの連絡は必ずしなければいけないわけではないのですが、ひと声かけると親切です。

最後に、取引相手を評価する。

本が相手に届いたら、取引相手を評価します。基本的には『良い』をつけてあげましょう。

これで、メルカリで『本』を即売できました!

お互いの評価が終わったら、売上金額が反映されます。

「……メルカリで本を売ることができました!古本屋なら100円の値がつくのがやっとですが、少しの手間でこうしてお小遣い程度のお金が残ります!」

『メルカリ』で売るメリットをしっていますか?

メルカリで、多くの商品が売買される理由があります。

メルカリにはいくつかのメリットがあります。

メルカリで『本』を売るべき理由。
1.古本屋やネットオークションよりも高く売れる!
2.出品が本当にかんたん!
3.トラブルに巻き込まれにくく、安心できる!

このようなメリットがあります。

「……本の出品に限らず、フリマアプリとしてメルカリはすごく便利です。」

1.古本屋やネットオークションよりも高く売れる!

メルカリで本を購入しようとする人は、本のタイトルを直接検索して商品を探しています。

つまり、その本の価値をきちんと分かる人が買ってくれるので、適切な値段で購入してくれます。

また、メルカリでものが売れやすい理由は、「モノを売って得た臨時収入が気軽に使われやすい」という傾向があるからです。

そのため、メルカリでモノを売って得た利益は、そのまま商品の購入に使われやすいです。

「……確かにポイントのような感覚ですぐに使う気持ちもわかります。」

古本屋だと、流行りやその本自体の価値などがあまり評価されず、査定も一瞬で安く買いたたかれたり……

メルカリなら少しの手間で、最低でも1冊300円で売れます。(販売価格の最低ラインが300円です。)

2.出品が本当にかんたん!

メルカリのアップデートが進み、出品が簡単になりました!

フリマアプリの面倒なところ……
・商品の紹介が面倒……
・自分で梱包するのが面倒……
・購入者とのやりとりが面倒……

このように、フリマアプリには「出品から発送までをすべて一人でしなくてはいけない」という問題があります。

「……面倒だし難しそう」

ここまで聞くと本当に大変そうですが、最近はアプリのアップデートが進み、すべての工程がとても簡単になりました!!

メルカリが改善したこと。
・バーコードを読み取るだけでAIが自動入力!
・商品の梱包は、ビニール袋と紙袋でOK!
・プライバシーは完全保護!
・相手とのやりとりはしなくても大丈夫!

このように、今では出品から発送まで、かんたんにできるようになりました。

「……メルカリの努力がすごい!」

3.トラブルに巻き込まれにくく、安心できる!

もちろん、プライバシーや出品トラブルにも対策は進んでいます。

また、メルカリ全体のマナーもいいので、安心です。

僕自身も、これまで80件の取引(出品35/購入45)をすべてスムーズにできています!

また、配送にも追跡機能があり、お互いに商品の行き来を監視できます。

「……追跡機能は、出品者にも購入側にも嬉しいです。」

まとめ

僕のこれまでのメルカリの売り上げは、本を含め5万ほどです。

自分にとって価値のないモノでも、買いたい人にきちんとした値段で引き取ってもらうことができました!

このように少しの手間をかけるだけで、ちょっとしたお小遣い程度の余裕が生まれます。

「……慣れれば本当に簡単な作業です!」

なので、読んで本棚に眠りっぱなしの本は、誰かにプレゼントするか、是非メルカリで売ってしまいましょう!

こちらの記事もよく読まれています。

【メルカリ】どこよりも手軽に安く『本』を買う方法。
『本』などの自己投資にはいくらでもお金をかけたいものの、やはりできるだけ安く済ませたい。。そこで僕がいつもお世話になっているのが「メルカリ」です!普通の本ならだいたい定価の半額近くで、新刊でも1~2割ほど安く購入できます!
【本を聞くアプリ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
毎日仕事が忙しくて、落ち着いた時間をとれなくて、どうしても本を開く時間や、座って読む環境はつくりにくい...そこで役立つのが『オーディオブック系』のサービスです!オーディオブックとは、その名の通り『本を聴く』サービスのこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました