【素朴な疑問】『QRコード』を読むだけでお金が支払われるってどういうこと?

こんにちは、yujiです!『キャッシュレス後進国』と言われる日本でも、少しずつですがキャッシュレス決済利用率が高まってきています!

その中でも『QRコード決済』は、近頃CMがよく流れていたり、お店のレジで「○○ペイ使えます!」のようなお知らせを見かけたり、認知度が上がってきています。

そこで、こんな疑問をよく聞くようになりました。

QRコードを読むだけでお金が支払われるって、どういうこと?」

この記事では、いまさら誰にも聞けない、そんな素朴な疑問に答えます!

この記事のまとめ。
・結局のところ「クレジットカード」や「銀行口座」から支払われる。
・『QRコード決済』には「前払い」と「後払い」の2種類がある。
・QRコードは毎回更新されているので安心。

「まずは、お金の流れについて説明します。」

『QRコード決済』のお金の仕組み。

『QRコード』はただの仲介役。

『QRコード決済』とは言っても、結局はこれまでと同じ「クレジットカード」や「銀行口座」から支払われます。

QRコード決済のお金の流れ
まず「クレジットカード」や「銀行口座」の情報を、アプリ内の『QRコード』に登録。

お店でお金を支払う時にその『QRコード』を提示すると、登録された「クレジットカード」や「銀行口座」から支払額が引き落とされる。

このような仕組みなので、QRコードはただの仲介役です。

『QRコード決済』には「前払い」と「後払い」の2種類があります。

「前払い(チャージ)」でアプリ内の残額を使う。

まず、QRコード決済のアプリ内に、クレジットカードや銀行口座から事前にお金をチャージ。『アプリ内のチャージ残高』から支払うことができます。

これは、SuicaやICOCAなどの交通系電子マネーとほとんど同じ仕組みです。チャージした金額以上の支払いはできないため、使いすぎることはなく安全だといえます。

「後払い(カード請求)」でクレジットカードと紐付けて使う。

まず、アプリ内のQRコードにクレジットカードを登録。スマホ画面のQRコードをレジで読み取ると、『クレジットカード残高』から支払うことができます。

これは結局のところ、クレジットカード払いをしているのと同じ仕組みです。お金が引き落とされる方法も、登録したクレジットカード払いと同じ扱いです。

まとめ
・「前払いでアプリ内の残額を使う方法」と「後払いでクレジットカードから支払う方法」の2種類ある。
・結局のところ「クレジットカード」や「銀行口座」から支払われる。

「次に、レジで実際に使うようすをまとめます。」

スマホを使った支払い方法は、大きく3つあります。

スマホで支払い
①スマホの画面に表示された『QRコード』を、レジでピッと読み取る。
②レジに置いてある『QRコード』を、アプリで読み込む。
③スマホで『おサイフケータイ』する。

見ればわかる通り、この中でも『QRコード決済』と呼ばれるのは上の2つの方法です。

③はスマホをかざしてICチップを読み取る方法で、2004年あたりから日本で流行りだした「おサイフケータイ」と同じ手法です。『QRコード決済』とは関係ないので、この記事では触れません。

①スマホの画面に表示された『QRコード』を、レジでピッと読み取る。

わかりにくいので、支払いの流れを説明するとこのようになります。

支払いの流れ①
普段のお買い物と同じように、買いたい商品をもってレジに行きます。

レジで支払い金額が表示されます。

「QRコード決済で。」と言い、アプリの画面を店員に見せます。

スマホの画面に表示された『QRコード』を、レジでピッと読み取ります。

お支払い完了です!

このように、普段お金を出すタイミングでQRコードを出すだけで、簡単に支払いができます。現在はこの方法が主流となっています。

②レジに置いてある『QRコード』を、アプリで読み込む。

同様に、支払いの流れは以下のようになります。

支払いの流れ②
普段のお買い物と同じように、買いたい商品をもってレジに行きます。

レジで支払い金額が表示されます。

レジ横などにある『QRコード』をアプリで読み取ります。

支払い金額を自分で入力し、アプリの画面を店員に見せます。

店員に確認してもらい、スマホの画面の支払いボタンをタップ。

お支払い完了です!

この方法だと店側はQRコードを用意するだけなので、屋台などでも『QRコード決済』ができます。

まとめ
「スマホ画面を提示する方法」と「アプリでQRを読み込む方法」の2種類ある。

「便利な『QRコード決済』ですが、その安全性についてもまとめておきます。」

『QRコード決済』の安全性

これまでに説明したように『QRコード決済』の使い方は本当に簡単でシンプルです!しかし、そのシンプルなシステムからは想像もつかないくらいに、セキュリティはしっかりしています。

QRコードは毎回更新されている。

QRコードはその性質上、何通りでも作成できるようになっています。その性質を利用して、アプリに表示されるQRコードは一定時間ごとに書き換わるように設定されています。(自分でも更新できます。)

万が一QRコードが盗まれてしまっても、そのQRコードはあくまでも一時的なもの。更新してしまえば無効です。

セキュリティは常にアップデートされる。

QRコード決済アプリは、その安全性を高め続けるために何度もアップデートされていきます。

運営側がいつでも最新の対策を提供し続けてくれているので、アプリは常に最新バージョンにしておきましょう。

日本の『QRコード決済』のセキュリティは最強かもしれない。【思ったより安全だった話】

まとめ
QRコードは毎回更新されていて、決済アプリも常にアップデートされるので、安全性が高い。

まとめ

この記事では、「QRコードを読むだけでお金が支払われる仕組み」について詳しく解説しました。内容をざっくりまとめると以下のようになります。

この記事のまとめ。
・結局のところ「クレジットカード」や「銀行口座」から支払われる。
・『QRコード決済』には「前払い」と「後払い」の2種類がある。
・QRコードは毎回更新されているので安心。

このように『QRコード決済』は、これまであった支払い方法をアップデートした、安全で便利な仕組みです!上手に活用しつつ、生活を快適にしていきましょう!

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

人気記事
【2020年最新版】キャッシュレス初心者向け、おすすめのQRコード決済4選!
【キャッシュレスの闇】日本人が異様なまでに『現金信仰』な理由と、これから『QRコード決済』が流行る理由。

コメント

タイトルとURLをコピーしました