日本の『QRコード決済』のセキュリティは最強かもしれない。【思ったより安全だった話】

キャッシュレス キャッシュレス

こんにちは、yujiです!これから確実に伸びていくことが予想されている『QRコード決済』ですが、その安全性が心配だという声もあります。

「セキュリティ面は大丈夫?」

この記事では、そんな疑問になるべく網羅的に答えていきたいと思います。当然ですが「絶対安全です!」なんてことも言えるわけでなく、いい面も悪い面もあるので、すべてきちんと解説します。

この記事のポイント。
・『QRコード決済』のセキュリティが強い理由。
・『QRコード決済』を利用するときに気を付けること。

『現金』よりも安全!?

「キャッシュレス決済」と聞くと、なんとなく不安に感じる人が多く、その理由は主に以下の通りです。

キャッシュレス決済が不安な理由
・セキュリティや情報を盗まれるリスクがあるから。
・あまり浸透してないから。
・現金やクレジットカードの方が安全そうだから。

このように、これまで目に見えていた『現金』から目に見えない『キャッシュレス決済』に置き換わることに対して、まだ何とも言えない抵抗感があります……。

ですが、まずユーザーが知っておくべきことは『お金を扱う方法に、100%安全なものはないということ』です。

日本では治安が良く、僕たちは普段から『現金』を持ち歩くことに対して全く抵抗はありません。ですが、これは日本だからできること。強盗や盗難のリスクのある国や地域では、キャッシュレスの方が圧倒的にリスクが少なく、必要に迫られて『安全なキャッシュレス』が成長しています。

このように聞くと、日本では「キャッシュレス決済を使う必要がないんじゃないか?」と思うのですが、セキュリティの仕組み自体は日に日に改善されて、もはや『現金』を扱うよりは安全だといえるレベルにまで達しています。

「キャッシュレス決済」への不安の原因は、何といっても「よくわからない」ということ。なのでこの記事では、正しい方法で利用できれば、『QRコード決済』のセキュリティ面は安全だという僕の素直な実感を、詳しく解説します!

「……まずはクレジットカードの安全性を考えてみます。」

『クレジットカード』のセキュリティの盲点について考えてみた。

日本はクレジットカードの所持数が1人当たり8枚と、世界で2番目に高い国です。

経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」

このように、クレジットカードは生活に浸透しているため、なんとなく安全に感じる気もしますが、クレジットカードにもいくつかの危険性が含まれています。

クレジットカードも必ずしも安全ではない。
・スキミングの可能性。
・不正利用の発覚が遅い。
・紛失してしまう場合がある。

その代表的なものがスキミングです。クレジットカードのもつ欠点は、人の手に渡った際に、特殊な機械でカード情報が簡単に抜き取られてしまう可能性があるということ。これはカードを紛失した場合だけでなく、レジなどの支払いの場面で行われる可能性もあります。

スキミングはそれほど多発しているわけではありませんが、ATMのカード挿入口にスキミングの機械を設置する手口などがあったり、防ぎようがありません。

そして、こういった被害は利用履歴を見て初めて気が付くことなので、発覚が遅れてしまう場合がほとんどです。また、クレジットカードは『16ケタの番号/名前/裏にあるセキュリティコード』さえ知っていれば利用できてしまうこともあります。

このように、必ずしもカードが安全だとも言えないことがわかると思います。

「……安心のクレジットカードにも、少なからず欠点があります。完璧なものなんてない。」

そこで次は、『QRコード決済』の安全性について考えてみます。

意外と安全な『QRコード決済』のセキュリティについて。

不安な人には信じられない話ですが、『QRコード決済』のセキュリティは完全ではないものの、今のところはリスクが少ないと考えられています。

というのも、『QRコード決済』は安全性の高い最新のセキュリティでガチガチに固められているからです。

『QRコード決済』のリスクが少ない理由。
1.絶対に盗まれない。
2.最新の技術で守られている。
3.最新のセキュリティは日々更新されていく。
4.万が一が不正利用があっても、補償される。

以上を1つずつ解説します。

1.絶対に盗まれない。

クレジットカードのようにスキミングができない。

スキミングは、クレジットカードに入っている磁気情報を盗みます。その点『QRコード決済』ではスマホでQR画面を見せるだけなので、スキミングのリスクがありません。

盗まれても更新してしまえばOK。

『QRコード決済』では、スマホの堅いロックのなかで守られているので、クレジットカードのように物理的に紛失することはありません。また、お支払いのたびに毎回新しいQRコードを発行するので、盗まれても更新してしまえばOKです。

このように、『QRコード決済』を不安に感じる原因は「目に見えないこと」ですが、その物理的な「モノ」ではないことが1番のメリットとなって安全性を高めてくれています。

2.最新の技術で守られている。

『QRコード決済』にはSSLなどの暗号化システムが使われています。SSLとはインターネット通信を暗号化する仕組みで、他人に情報を盗まれるリスクから守ってくれます。

また決済に使うQRコードは、発効して数分経てばすぐに使えなくなります。このほかにも、画面をスクショできないように設定されていたり、ログインや支払いの度にメール通知が届くなど、不正利用を防ぐための仕組みが張り巡らされています。

3.最新のセキュリティは日々更新されていく。

『QRコード決済』がリリースされた当初、システムに不備があったため不正利用が発生し、運営側がすべての損害を保証するといった出来事がありました。

その後、利用額の上限設定や本人認証の追加などの対策もあり、不正利用はほとんどなくなりました。こうした反省を生かしつつ、今でも常にアップデートされ続けています。

4.万が一が不正利用があっても、補償される。

例えば街なかでお財布を落としてしまった場合、『現金』では持ち主の元に帰ってこない場合があります。

しかし『QRコード決済』を利用中に起きた不正利用でなくなった金額は、運営側からの補償で必ずそのまま戻ってきます。(利用前には規約をきちんと確認しておきましょう。)

このような理由で、多くの人が持つ印象とは違い『QRコード決済』は安全性のあるシステムだとわかると思います。

「……『QRコード決済』は思ったより強固なシステムだった。」

『QRコード決済』は思ったほど危険ではない。

「スマホの中に詰まっている個人情報が、誰かに盗まれる危険がある!

こういったセキュリティ上の問題は『QRコード決済』に限ったことではありません。

なので対策として、上で説明したような運営側の最新のセキュリティに加えて、『QRコード決済』を使う側でも、スマホに指紋認証や顔認証などを使ってロックをかけることができます。

このように運営側とユーザーの両方が安全のための対策をすることで、『現金』や『クレジットカード』と比較してみても、むしろ『QRコード決済』のほうが安全性を高く保つことができます。

「……『QRコード決済』を使う側にも安全意識が必要です。」

万が一スマホを紛失してしまったら、危険なことには間違いありません。そのため、自分の情報は自分で守りましょう!

以下の記事では、「自分の情報を自分で守る」方法をまとめたいと思います。

自分の情報は、自分で守れる。

キャッシュレス決済での不正利用は、ユーザー側からも防ぐことができます!

『QRコード決済』を利用するときに気を付けること。
1.スマホのロックを最強にする。
2.アプリは常に最新にしておく。
3.支払い履歴を常にチェック。

以上を1つずつ解説します。

1.まずは、スマホのロックを最強にしましょう。

『QRコード決済』の安全に利用するには、まずは自分のスマホ端末から守りましょう!

スマホでできる設定
・顔認証や指紋認証で画面ロック。
・GPSアプリで追跡を可能にする。
・遠隔ロックで盗難にあっても安心。

まずは自分にできることから。画面ロックには、必ず顔認証や指紋認証を利用しましょう。また、スマホをなくした場合に備えて、GPSで追跡したり遠隔でロックできるようにしておくと安心です。

2.アプリは常に最新にしておきましょう。

『QRコード決済』のセキュリティは、運営側の企業努力で日々改善されています。ユーザーの多いアプリほどシステムメンテナンスに力を入れているので、アプリのアップデートは頻繁に行われています。

また「お得なキャンペーンをきっかけにインストールしたけど、結局は全然使ってない」という場合は、登録されているカード情報などを守るためにも一旦アプリをアンインストールしておくことをおすすめします。

3.支払い履歴を常にチェックしましょう。

支払い履歴を日ごろから確認しておくことで、不正利用が発覚してもすぐに対処できます。

クレジットカード等で「身に覚えのない決済がされている!」などの不正利用が発覚するのは、早くても支払いが完了した1か月後。ですが『QRコード決済』では、アプリですぐに利用履歴が確認できるので、早い段階での対処が可能です!

また、アプリの家計簿は『QRコード決済』の利用のたびに自動的に登録されていきますし、メール通知をしてくれる設定もあります。

そして万が一、不正利用を見つけたら、すぐに運営側に問い合わせましょう。

「……最後に、現在おすすめの『QRコード決済』を紹介します!」

おすすめの『QRコード決済』

『QRコード決済』は大きく4つのサービスに分かれています。少し前までは「○○ペイ」がたくさんありましたが、現在運営が安定しているサービスは主に以下の4つです。

おすすめの『QRコード決済』
・PayPay
・メルペイ
・LINEPay
・楽天ペイ

以上のサービスは利用できる店舗数も多く、セキュリティ面も安心です。

【2020年最新版】キャッシュレス初心者向け、おすすめのQRコード決済4選!

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

『QRコード決済』のセキュリティが強い理由。
1.絶対に盗まれない。
2.最新の技術で守られている。

3.最新のセキュリティは日々更新されていく。
4.万が一が不正利用があっても、補償される。

そしてさらに、ユーザー側でできる対策も紹介しました!

『QRコード決済』を利用するときに気を付けること。
1.スマホのロックを最強にする。
2.アプリは常に最新にしておく。
3.支払い履歴を常にチェック。

この記事が「セキュリティ面は大丈夫?」といった疑問に役立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

『QRコード決済』については、以下の記事でも解説しています。
【いまさら聞けない】キャッシュレス決済の『メリット』と『デメリット』をわかりやすく解説しました!
【キャッシュレスの闇】日本人が異様なまでに『現金信仰』な理由と、これから『QRコード決済』が流行る理由。
【素朴な疑問】『QRコード』を読むだけでお金が支払われるってどういうこと?

コメント

タイトルとURLをコピーしました