【SocialDog】データの『分析』を見て、アカウント運用の精度を高めていく。

こんにちは、yujiです!このブログでは、ツイッターを楽しむために役立つノウハウを紹介しています。

この記事では、データの『分析』を見てアカウント運用の精度を高めていく方法についてまとめます。

運用データの『分析』を見てアカウント運用の精度を高めます。

SocialDogの運用には方向修正が必用です。

SocialDogはツイッターの基準にのっとった補助的なツールです。あくまで「自分の意志で操作する」ことがメインなので、運用の方向性には間違いが出ることもあります。

なのでSocialDogの運用には方向修正が必須です。

この『分析』カテゴリでは、フォロワーを増やすための対策がどれだけ正確でどれだけ効果があったのかを正しく測ることができます。

分析カテゴリでは以下のようなデータを見ることができます。

データ分析
①フォロワー獲得分析
②フォロワー分析
③ツイート分析

このような分析を見ることで自分のアカウントの強みがわかり、効率よくフォロワーを伸ばすことができます。

詳細を以下で解説します。

①フォロワー獲得分析

『キーワード/アカウントごとのフォロワー獲得状況』から効率のいいフォローの仕方がわかります。

こちらがフォローしたアカウントが、どれくらいフォロー返しをしてくれているかがわかります。

フォローバック率の目標
目安としてフォローバック率が『50%』に届けば、相当いい精度でフォローができていると思います。

フォロ返し率が低い場合、「キーワードフォロー」や「フォロワーコピー」でのユーザーの絞り込み方を少しずつ修正できます。

『フォロワーのフォロー継続率』からフォローの精度がわかります。

フォローしてくれたユーザーが、どれだけフォローを継続してくれているかを確認することができます。

フォロー継続率の目標
目安としてフォロー継続率が『80%』に届いていれば、いい精度でフォローができていると思います。

すぐに解除されるようなユーザーが多いようであれば、ツイートの内容やフォローの仕方を修正する必要があります。

②フォロワー分析

『フォロワーの行動』から自分の伸ばすべき強みがわかります。

フォロワーの年齢層や、性別、いいね数などを割合で表して、フォロワーがどのような行動をとっているかがわかります。

営業や広告を出したい場合、ターゲットにしている年齢層や、自分のアカウントがどの層にニーズがあるのかがわかるので、アカウント成長の方向性に参考になります。

円グラフの参考例
・『ボット/人間』→『ボット』の割合をできるだけ少なく
・『成人向け/通常』→『成人向け』の割合をできるだけ少なく
・『広告・宣伝/通常』→『広告・宣伝』の割合をできるだけ少なく

このように自分の信頼にかかわる効果も考えつつ、健全なアカウントとの繋がりのみを増やしましょう。

『最終ツイート日の分布』から、フォロワーの質がわかります。

最終ツイート日から、アクティブユーザーの割合を見ることができます。

このように最終ツイートが「30日以上前」になっている場合、すでに使われていない『非アクティブ』なアカウントの可能性が高いです。

FF比にもかかわる数字なので、『非アクティブ』なアカウントはフォロー解除をおすすめします。

③ツイート分析

『ツイート分析』から反応をもらいやすい曜日/時間がわかります。

URLでシェアしたいページがあったり、営業ツイートの反応を伸ばす場合には、ツイートに最適な時間帯を知ることが有効です。

ツイート分析でわかること。
・いいねのつきやすい時間帯
・リツイートされやすい時間帯
・コメントされやすい時間帯

ツイートの質を上げることは必要ですが、このように反応をもらいやすい曜日/時間を特定することで的確にいいねやRTを増やすことができます。

まとめ

以上がデータ分析を見て、SocialDogの運用精度を上げていく方法です。分析カテゴリで見られるデータは以下の通り。

データ分析
①フォロワー獲得分析
②フォロワー分析
③ツイート分析

『分析』カテゴリを活用して、フォロワーを増やす精度を高めましょう。

1.競合アカウントから『フォローを返してくれやすいユーザーだけ』をコピー。
2.自分に関連したキーワード検索から『フォローを返してくれやすいユーザーだけ』をフォロー。
3.ファンを逃がさないために『影響力の強い人』から順にフォロー。
4.『フォロー返しされていないユーザーだけ』をフォロー解除。
5.『非アクティブなユーザーだけ』をフォロー解除。
6.データの『分析』を見て、アカウント運用の精度を高めていく。
7.『アクション代行』で運用を自動化する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました