心に届く話し方。

ポエムまとめ

相手の心に届く
話し方。

それは
心の底にある
本当のあなたの想いを
あなた自身の言葉で伝えること。

そして
「私が言うことなんか誰も聞いていない。」

そう思ってしまっても
いいから、

あなたが信じることを
相手のために
自信を持って話すことです。

人前でそれらしく
語り通すための
小さなテクニックや

この世界の真理を
あたかも知っているかのような
見栄は必要ありません。

強く訴えて
人に押し付けなくても、

たとえ
無表情で
抑揚がなくても、

あなたの心から滲み出た本音や
言葉にならない感情は

あなたの眼差しから、
声色から、
息遣いから、伝わります。

あなたの真剣な想いには
上品で誠実なチカラが
宿ります。

だから自信をもって
一つ一つの言葉を
丁寧に伝えよう。

あなたの培ってきた
その深い深い優しさで
言葉を大事に包もう。

あなたの心からの言葉は
必ずあの人の心に届きます。

あの人感情の
深く繊細な場所へ
そっと触れて
根付いて

いつまでもいつまでも
相手に寄り添うチカラと
なります。

相手を想う気持ちを
あなただけの
優しい言葉に込めて届けよう。

”名前”という言葉。
アイデンティティーの象徴である「名前」と、人に与えられたコミュニケーションツールである「言葉」。2つの本質的な共通点を発想に、それぞれが生まれながらにして与えられた「愛」について書きました。
誰かの幸せを、心から願えるように。
毎日、毎日、同じことの繰り返し。責任や成果を求めることに追われ続けて、一日が終わり、また朝を迎える。止まることのない毎日に、忘れてはいけない大切な感情が、置いて行かれてしまわないように。
心の底にある「本当はこうありたい」という思いに、素直になろう。

あなたの心は、世界から認められることを求めているのではなくて、あなたの心の声に素直であることを求めています。まずは、あなた自身が、人とは違ういいところを持っているということを、自分で認めてあげることから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました