「いいね」がつかない人に読んでほしい話。

Twitterの楽しみ方 Twitter

こんにちは、yujiです!

僕のTwitter歴は1年で、毎朝自分の考えや想いをポストしています。

この記事では、Twitterでのいいねやインプレッションに大きくかかわる、様々な「質」についてまとめていきます!

sponser link

結論、、、!

大切なのは「フォロワーの質」と「ツイートの質」です!

フォロワーに対して「質」なんて言い方をすると、いろんな誤解を生むと思うのですが、、、。

以下の記事では、僕の経験をもとに「質」について大事にしていることを解説していきます!

僕が相互フォローで失敗した理由。。。

Twitterを始めてすぐの僕は、相互フォローの魅力に取りつかれていました。

「相互フォローって最高だよ!!」

と思ってどんどんフォロワーを増やしていたのですが、フォローを繰り返すうちにあることに気が付きました。

「あれ、、、フォロワーは増えたけどいいねがつかない、、、!?」

フォロワーはたくさんいるのに、インプレッションもいいねもリツイートもコメントも、何もつかないんです。

Twitterそんなに甘くないか。。。と反省したのですが、僕のツイートにいいねがつかなかったその理由は2つありました。

いいねがつかない理由。
・水増しした実態のないフォロワーからのリアクションが全くなかったこと。
・単純に自分の実力不足で、価値のないツイートばかりしていたこと。

要するに、リアクションのない「実態のないアカウント」との繋がりばかりを作っていたんですね。。。

ポストしても何も返ってこないわけです。。。

もともと発信する実力もない僕のアカウントでしたが、見栄を張って背伸びをして、空虚な繋がりばかりが増えてしまい、この頃は本当にTwitterが楽しくなかったです。。。

なので、これを解決するために2つのことを意識し始めました。

Twitterを楽しむために意識したこと2つ。
1、フォロワーの質を上げること。
2、ツイートの質を上げること。

あたり前のようなことですが、これを意識することで、いいねやインプレッションはグングンと伸びるようになりました。

まずは「フォロワーの質を上げること」から解説していきたいと思います。

1、フォロワーの質を上げる方法。

実は、僕のアカウントでは「いいね」してくれる人を選んでいます。

こんな風に書くと誤解を招きかねないですが、、、。

実態のないアカウントや、繋がるメリットのないアカウントとは、意識的に距離を置いています。。。

というのも、Twitterをやるならやっぱり「アクティブユーザー」と繋がっていたいですよね。

Twitterの本質は繋がりと共感だと思うので、「いいねをつけてくれる人にツイートを見てもらいたい!」と考えるのが普通だとも思います。

それに、全く関わりのないアカウントばかりでフォロワー数が増えても、

「あれ、この人フォロワーたくさんいるのに、いいねやリツイートついてなくない??」

なんてことになりかねませんよんね、、、?

なので、信用のためにも以下のような状況はなるべく避けるべきだと思います。

できるだけ避けたい状況
・外人アカウント多すぎ。。。
・いつの間にか「相互フォロー支援アカウント」であふれてる。。。

フォロワーがこんなことになっていませんか?

実態のないアカウントと繋がり始めると、同業者がわらわら集まってきます。

気が付いたころには、自分のツイートを全く見てくれないフォロワーばかり!なんてこともあり得るので、相互フォローの誘惑には負けないようにしましょう。

フォロワーは質が命。

これは今でも大きな反省です。

何かを好きで好きで、自分の世界を持っていて、それを一生懸命に発信している個人や、何か伝えたい想いをもってTwitterをやっているアカウントとの繋がりは歓迎なのですが、

「とりあえず広報に使いたい」というお店のアカウントや、「相互支援します」という相互フォローのためのアカウントなども存在します。

これって同じフォロワー数「1」でも、全く質の違う「1」だということに気が付きました。。。

今ではなりふり構わずフォローを繰り返していたことを後悔しています。

フォロワーは質が命です。

なので繰り返しになりますが、生きたアカウントと繋がることが健全なTwitter運営の基本です!

おすすめアカウントは、僕のフォロワーさん達です!

これらを意識したことで、現在の僕のアカウントと繋がるフォロワーさんたちは、生きているアカウントばかりです!

実際に、タイムラインを見ていて、いろんな主張があったりトレンドについて話したり、本当に面白くて、、

見る専門の方にしても、営業している方にしても、個性が前面に出ていたり積極的にツイートしたりなど。参考になる方ばかりなので、気になる方は僕のフォロワーさんを覗いてみてください。

2、ツイートの質を上げる方法。

インプレッションよりも大事なもの。

僕の「インプレッション220万」は意味のない数字です。

というのも、素通りでもインプレッション「1」ですが、止まってツイートを見てくれる人を着実に増やすことが大事だからです。

さらに欲を言えば、エンゲージメントしたり、いいねやリツイートをクリックしてくれることが理想です。

理想のいいね率

僕の体感ですが、理想のいいね率は「10%」です。

目安として、フォロワー10人に対し1人が「いいね」などのアクションを起こしてくれれば、ツイートの反応数としては十分だと思います!

ターゲットを絞る。

ツイートにマーケティングは必要ありません。

日本全国にいる想定読者にむけてツイートする意識は必要ありません。フォロワーだけに向けてツイートを意識すればOKです。

というのも、フォロワーの本質は、自分のツイートを定期的に見たいと思っている繋がりです。

マーケティング的に言えば、狙うべき読者層は「フォロワー」として自然と集まっているので、そこに応えられるツイートが正解だと思います。

日本のTwitterのアクティブユーザー数は2019年11月時点で約4500万人ですが、全体に向けて発信しても誰にも響かないツイートになってしまいます。

なので4500万を狙うよりも、自分のアカウントを確実に見てくれる10~100単位のフォロワーに向けて発信していきましょう!

フォロワーにフォーカスする。

フォロワーは全て目に見える形になっているので、一体自分の何が求められているか想像しやすいと思います。

実際にフォロワーのアカウントをひとつひとつ見て回れば、何がウケるのかは見て取れます。

感覚的には、想定読者層を「遠くに探しに行く」というよりも、「自分の周りに創り上げてく」イメージに近いかもしれませんね。

Twitterの特徴が「拡散力」なのは確かなこと。

ですが、ツイートが確実に届くのは「大多数の日本人」ではなく、やはり「数10人~数100人のフォロワー」です。

ここの反応を大事に「少数のフォロワー」に響くツイートができれば、いいねとインプレッションは安定して伸びていきます!

あくまでも自分が純粋に発信したいことをツイートすることがベストなので、寄せすぎない、ブレすぎない、自分らしいアカウントを築き上げていきましょう!

まとめ

僕がTwitterを楽しむために意識したことは、以下の2つでした。

Twitterを楽しむために意識したこと2つ。
1、フォロワーの質を上げること。
2、ツイートの質を上げること。

あたり前のようですが、結局、アクティブユーザーと繋がり、フォロワーに響くツイートをすることが、Twitterを楽しむための1番の近道です!

いいねがつかない理由。
・水増しした実態のないフォロワーからのリアクションが全くなかったこと。
・単純に自分の実力不足で、価値のないツイートばかりしていたこと。

このような僕の経験を反面教師に、フォロワーとツイート両方の「質」を意識して、健全なアカウント運営を心がけてください!

こちらの記事もよく読まれています。

僕の人生を変えた"5つの秘密"
自分のことは自分で決める。自分の人生を取り戻す。そのひとつひとつの決断が、着実に自分の未来を生み出します。僕が人生を変えるためにやった5つのこと。是非あなたも再現してみてください!
【1ツイートで4600いいね突破!】ツイッターでファンを作るための5つの秘密
「ファンを作るツイート」のために、僕が実際に意識した5つのことを紹介しています。この記事をよめば、数あるツイートの中で存在感を出しつつ、確実に安定していいねを集める方法についてわかると思います。
【月間230万インプ達成】インプレッションを伸ばす2つの方法
今月のインプレッションは計227万ほどでした。フォロワーは毎月2000人ずつ増えています。この記事では、無理をせずにツイートが伸びていく方法について、初心者向けと上級者向けの2つの方法に分けてまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました