【差別化できてますか?】プロフィール画面がまとまらないあなたへ

Twitterの楽しみ方 Twitter

こんにちは、yujiです!

僕のTwitter歴は1年、毎朝投稿してたくさんの人にメッセージを届けたり、Twitter上でのコミュニケーションを楽しんでいます!

Twitterのタイムラインでは、本当にたくさんの人がつぶやいていますよね。

それもそのはずで、Twitterの特徴は何といってもその拡散力。誰かがリツイートすることで、自分の知らない人のツイートも次々に流れてきます。

Twitterを楽しむ人たちの気持ち
・なんとなく暇つぶしで見ている
・同じ趣味を持った人と繋がりたい
・インフルエンサーになりたい
・集客のために利用したい
……など。

まさに群雄割拠で、ユーザーそれぞれの目的も様々で。

そんな人たちの中で繋がりを増やしたり、自分のツイートを1人でも多くの方に読んでもらうためには、プロフィールページでの印象が大きな鍵となります!

ですが、

「何を書けばいいんだろう、、、」
「伝えたいことが多くて収まりきらない。。。」

というふうに、プロフィールページの限られたスペースでどのように自分を表現していいかわからないですよね、、、

プロフィールを書けない人の気持ち
・なかなか伝えたいことがまとまらない。。
・何を書けばいいのかわからない。。

そんな方のために、この記事では「プロフィール差別化」のために意識するべきことをまとめたいと思います!

この記事を書いている僕のプロフィールはコチラです。

PROFILE「僕がつぶやく理由。」
...
sponser link

プロフィール表示回数は40824回です。

フォロワーを増やすためには、プロフィールが命です。

フォローされるかどうかは、プロフィールで決まります。

実際に僕のアカウントでは、1か月間のプロフィール表示回数が40824回です。

毎月これだけの方が、初見で「気になる!」と感じてくれているということなので、本当にありがたいことですね。。。

この表示回数は、そもそもの母数が大きいこともあるのですが、プロフィールにいくつか見てもらうための工夫をしているからです。

必要なステップは2つ

少なくとも、プロフィールを見てもらうことがフォローまでの第一歩。

そして、プロフィールを見て実際にフォローしてもらうための方法。

大きく分けて、以上の2段階での工夫が必要です。

フォローまでのステップ
【ステップ1】まずは興味を引き付けてプロフィールを見てもらう。
【ステップ2】プロフィールからフォローしてもらう。

プロフィールの書き方について、この2点を軸に説明したいと思います。

【ステップ1】まずは興味を引き付けてプロフィールを見てもらう。

1秒でわかるプロフィールを。

プロフィールを表示してもらうためには、ツイートの内容を仕上げるだけではなく、一味違ったプロフィール作成をする必要があります。

他の記事でも紹介したようにTwitterのタイムラインでは、フォローしていない人のつぶやきが表示される「トップツイート機能」や、人気アカウントが優先的に並べられる「オススメ表示」があります。

その数あるアカウント中で自分のアカウントに興味を持ってもらうには、読者に「おっ」と思わせる工夫が必要です。

というのも、時間的にはごく短い接点の中で、いかに自分を伝えてフォロワー獲得につなげるかが大切だからです。

他のアカウントと差別化するためのコツとして意識するポイントは、以下の画面です。

まずはあなたの魅力すべてをここにまとめてください。

自己紹介文の冒頭35文字で決まる。

スマホの画面の横幅や文字の大きさにもよりますが、自己紹介文の冒頭およそ35文字がゴールデンゾーンです。

というのも、こちらがいいねやリツイートをすると相手には通知が行きますよね?

そこでいいねした人の一覧の中では、このように表示されます。

読者はこの画面を見つつ、「こんな人がいいねしてくれたんだー。」とリストをスクロールするのですが、

「おっ、この人誰だろう??」

と思ってもらえれば、必ずプロフィール画面を開いてもらえるんです!

理想的には、ツイートでの純粋な拡散や、インフルエンサーへのリプライからプロフィールへの流入がいいのですが、、、

実際にはそれが難しいので、全く繋がりがないアカウント立ち上げ時ほど、いいねやリツイート・コメントなどのコミュニケーションからの流入を狙いましょう!

「フォロワー」や「いいねしたアカウント」にリスト表示される短縮されたプロフィール

繰り返しになりますが、この画面です。

この小さなエリアに、あなたの魅力を最大限に詰め込むことが大切です。

ここでの限られた情報が、一生懸命考えたプロフィールへと読者を導く架け橋になります。

大きく分けると、以下のようなパーツに分けられます。

プロフィールでこだわりたい部分
・アイコン画像
・名前
・ID(@~)
・35文字程度の自己紹介

ここが命です。たったこれだけの情報で判断されてしまうので、ここにはシンプルに自分のことを表すワードを入れましょう!

逆にどれだけ魅力的なアカウントでも、ここの仕上がりが微妙ではプロフィールへの流入は少なくなり、フォローにつながる可能性も減ってしまいます。。。

【NG例】「エロ×」やURLを入れる。

この貴重なエリアに、ムダな情報が載っているのはもったいないですよね、、、

なので、冒頭部分に「ビジネス×」や「エロ×」など、「営業目的のアカウントお断り」のような注意事項を書くことはおすすめできません。

というのも、営業目的のアカウントたちはスパム報告やブロックを恐れずガンガンフォローしてきます。。。

経験的に、禁止事項は書いても書かなくても同じなんじゃないかと感じています。。。

「相互フォロー」や「相互100%」も、それだけのためのアカウントだと思われてしまうだけなのでNGです。

また紹介したいURLがあるのもわかりますが、このエリアにアルファベットを並べてもリンクにはならず、自分をアピールする文章としては必要ないですね。

これらを考慮して、

自分をアピールするワード
・肩書き
・ポリシー
・キャラを前面に出した面白いセリフ

などをシンプルに取り入れましょう!

【NG例】デフォルトのまま

ID(@~~)は名前プラス肩書くらいで、シンプルにまとめましょう。

IDはTwitter外での名刺代わりに「アカウントは@~~です。」のように使ったり、リプライの画面に表示されたりなど、意外とその役目は多いです。

デフォルトなままで「@TwItTeR01234……」のようなままになっていることもあますが、これは少しもったいないので、

それを読むだけでアカウントが識別でき、覚えられるくらいシンプルなものがベストだと思います。

僕のTwitterは「@yuji_kokoro」です。Twitter以外にリンクを張る場合なども「@yuji_kokoro」だけで検索可能ですし、アクセス数が上がります。

またプロフィール画像もできれば自分の顔が理想的です。(僕が言えることではありませんが、、、)

人は心理的に人の顔に反応するので、アカウントを際立たせつつ、完全にオリジナルのプロフィールにできます。

【ステップ2】プロフィールからフォローしてもらう。

オリジナルを意識しつつ、差別化を図りましょう。

プロフィールのコツとは言いましたが、デザインに正解はありません。。。

なので自分の魅力的だと感じたアカウントを参考に、どんどんいいところをマネしていくのがベストです。

軸を1本決めつつ、マネしよう。

僕の場合はとにかく「シンプル」を意識しています。ちなみにプロフィール画面はこちらです。

どちらかというと、シンプルなほうにまとまっていると思います。

「差別化を目指す」という方向性で、とにかく読みやすさに特化させました。

差別化のコツ

フォロワーの多いアカウントや、個性的で魅力を感じた人をとにかく参考にしましょう!

いろいろなアカウントを見ていた結果、「著名人ほどシンプルだ」という観察から、僕は「シンプル」という方向性を選びました。

ツイートの傾向やリプライの仕方などを学ぶのもいいですが、似た雰囲気に仕上げることも一つの方法ですね!

【NG例】文字を詰め込むことはしない

例えば以下のようなプロフィール画面を例にします。

文字であふれるプロフィールの例
・ヘッダー画像に50文字
・自己紹介文に100文字
・名前に25文字
・IDに20文字

このようにたくさん書き込んだ場合、確かに楽しそうなんですが、、、

読む側からすればこれだけの文字が1画面に表示されると、情報量が多すぎてどこを見ればいいのかわからなくなります。

デスクトップよりもスマホからの利用が圧倒的に多いことがデータからわかっているので、スマホ画面での見やすさを想定してデザインするべきで、

パソコンメインで考えている場合は問題ありませが、スマホの小さな画面だと正直見にくくなってしまいます。。。

なので、伝えたいことはある程度絞ることが大切です。

僕のプロフィールでは、ほんと寂しすぎるくらいにシンプルにこだわっています。内心「プロフィールではなくツイートで勝負したい!」と思っているところもあったりもします(笑)

テーマはどんどん変えていこう!

試行錯誤の連続です。

アカウントを始めたての頃は、積極的にアカウントのテーマを変えるべきです!

方向性を定めてからでもいいけど、どの向きが正しいかはわからないもの。

ツイートの理想はあるけれど内容をあまりにも思いつかなかったり、「あまり自分のやりたいことと少し違うかも。。。」と違和感を感じるのであれば、

その気持ちは無視するのではなく、微調整を加えて改善することができます。

プロフィールも試行錯誤。

得意な情報発信の方法がどんな形かもわからないし、思っていたものと違う分野が人にウケることもあります。

営業をかけたいのならURLは必要ですし、Twitterからのアクセス数を見て載せるか載せないか決められますし、ターゲットを変えるならツイートの傾向と合わせてプロフィールを一新するのもアリです。

僕のプロフィールはシンプルですが、最初から形が決まっていたわけではありません。

プロフィールも試行錯誤の連続で、もちろん最初はキャッチコピーやURLなども貼っていましたが、いろいろ試した結果、その時の必要に応じて気軽に変えていくのがベストだと思いました。

あまり頻繁に変えていくと、これまでのフォロワーからすれば「あの人どこに行ったの?」となりかねないですが、プロフィールは必要に応じて修正していきましょう!

まとめ

やってはいけないことを2つまとめました。

2大NG
1、とにかく文字を詰め込む
2、デフォルトのまま

また、必ずこだわってほしいポイントは以下の3つです。

こだわりたいポイント
1、自己紹介文の冒頭35文字!
2、オリジナルを意識する!
3、テーマはどんどん変えていく!

好みもありますが、僕としてはこの形が1番だったので参考にしていただけたらと思います。

「都内で有機栽培しています!」といえば農業に興味のある人が見に来てくれますし、「経理でひたすらデータ打ち込んでます。」だけでも、同じような立場や経験を持っている人が共感してくれます。

肩書きやキャッチコピーを絞り、いかに少ない情報でいかに盛らずにありのままを書くか。

ここにこだわるべきだと思います。

結局本当に自分に興味のある人との繋がりを1つずつ生み出すことが、楽しいTwitterライフへの近道です!

プロフィール含め、Twitterライフにも正解はないので、自分の楽しさを是非見つけてみてください!

こちらの記事もよく読まれています。

【3万人達成!!】ツイッターのフォロワーが増える4つの方法
Twitter運用1年でフォロワーが3万人になった4つの方法を解説します。経験から学んだツイートのコツや、フォロワーの管理方法、インプレッションの伸ばし方など、基本的には誰でもできるように簡単にまとめてあります。
【月間230万インプ達成】インプレッションを伸ばす2つの方法
今月のインプレッションは計227万ほどでした。フォロワーは毎月2000人ずつ増えています。この記事では、無理をせずにツイートが伸びていく方法について、初心者向けと上級者向けの2つの方法に分けてまとめてみました。
【1ツイートで4600いいね突破!】ツイッターでファンを作るための5つの秘密
「ファンを作るツイート」のために、僕が実際に意識した5つのことを紹介しています。この記事をよめば、数あるツイートの中で存在感を出しつつ、確実に安定していいねを集める方法についてわかると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました