【マイナポイント】パソコンからの登録方法と『公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタ』について解説。

パソコンからマイナポイントに登録する方法

こんにちは、yujiです!
このブログではフリーランスの僕が、パソコン1つで生きていく方法について詳しく解説しています。

「マイナポイントを申請しようと思ったのですが、パソコンからの申請にはICカードリーダライタが必要らしいです。詳しく教えてください。」

以上のようなマイナポイントのパソコンからの登録について詳しく解説します。

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【大変だけど、ちゃんと稼げる】

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【大変だけど、ちゃんと稼げる】
「自分の趣味のために始めたブログから、いつの間にかお金が発生するようになった」という成り行きが気になる方のために、WordPressブログを収益化していく方法について、誰でも再現できるように詳しく解説しました。

【本を聞くアプリで、読書効率がアップ!】僕はオーディオブックで、年間100冊聞いてます。
【経験者は語る】ブログ運営に必要なプログラミングスキルは、すべて独学可能です
Audible(オーディブル)コインの使い方と返品制度を詳しく解説。

「まずは、マイナポイントについて軽く説明します。」

マイナポイントとは?

マイナポイント事業「マイナンバーカードでマイナポイント」

マイナポイントとはキャッシュレス決済を利用した人に付与されるポイントで、国(総務省)からキャッシュレス利用者に直接付与されます。

詳しくまとめると以下のようになります。

マイナポイントとは?
キャッシュレス決済を利用した人に付与される。
・支払い/チャージに対して最大5,000ポイント付与。
・期間は2020年9月~2021年3月末まで。
・総務省が管理している。

このようにマイナポイントは、キャッシュレス決済を利用した人が最大5000円もらえるキャンペーンだということがわかります。

マイナポイントを受け取ってみた

例えばPayPayだと20,000円のチャージに対して5,000ポイントが付与される計算です。

さらに詳しいことは以下の記事で解説しています。

【マイナポイント制度とは?】登録方法と使い方をていねいに解説【早めの準備がおすすめ】

マイナポイントの登録はパソコンからでも可能。

マイナポイントのICカードリライタとは?

マイナポイントの受け取り手続きはパソコンからでも可能です。必要なものは以下の通り。

パソコンからの登録に必要なもの。
・マイナンバーカード
・パソコン(Internet Explorer11、マイキーID作成・登録準備ソフトをインストール)
・ICカードリーダライタ(公的個人認証サービス対応)

このようにパソコンから登録する場合には、「公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタ」が必要となります。

パソコンからの申請に必要な「ICカードリーダライタ」とは?

マイナポイントに必要なICカードリーダライタとは?

ICカードリーダライタとは、ICカードに記録されたデータを読む機器です。

こちらを使ってマイナンバーカード内のICデータを読み込みます。

公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタが必要。

ICカードリーダライタには、公的個人認証サービスに対応しているものと対応していないものがあります。

対応機種についてはこちらのPDF内の一覧から確認することができます。

マイナポイント対応のICカードリーダライタ

以上の一覧にあるICカードリーダライタについては、個人情報を扱うものなのでソニー製品かNTTコミュニケーションズ製品がおすすめです。

ICカードリーダライタの利用時の注意点。

ICカードリーダライタの利用時の注意点は3つあり、以下の通りです。

ドライバの最新のバージョンをインストール
ICカードリーダライタの利用時はセットアップを行う必要があります。ドライバの最新のバージョンをインストールしてください。

マイナンバーカードの挿し込み向き
マイナンバーカードのICチップは、顔写真のある面の裏側についています。ICカードリーダライタに挿す場合は、ICチップ側が上になるように挿入してください。

点字表記のあるマイナンバーカードについて
点字表記のあるマイナンバーカードについては、接触型ICカードリーダライタで読み込めない場合があります。

ちなみに、ICカードリーダライタがない場合は、市役所などでも登録が可能です!

【スマホ・ICカードリーダライタ不要】マイナポイントを市役所で登録してみました。

【スマホ・ICカードリーダライタ不要】マイナポイントを市役所で登録してみました。
マイナポイントを受け取るために必要な『マイキーID』は街の市役所や郵便局でも登録することができます!必要なものはマイナンバーカードのみなので、おサイフケータイ機能搭載スマホやICカードリーダライタがなくても大丈夫です!

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【大変だけど、ちゃんと稼げる】

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【大変だけど、ちゃんと稼げる】
「自分の趣味のために始めたブログから、いつの間にかお金が発生するようになった」という成り行きが気になる方のために、WordPressブログを収益化していく方法について、誰でも再現できるように詳しく解説しました。

「続いて、実際にパソコンからマイナポイントを登録する手順を説明します。」

パソコンからのマイナポイント登録方法。

マイナポイントをパソコンから登録

以下ではパソコンからマイナポイント登録をする手順を解説します。手順は以下の通りです。

マイナポイント登録手順
①キャッシュレス決済を準備する。
②マイキーIDを発行する。
③マイナポイントの申し込み手続きをする。

以下で詳しく説明します。

①キャッシュレス決済を準備する。

まず、マイナポイントの付与を希望するキャッシュレス決済サービスを選択します。

マイナポイントに登録するキャッシュレス決済は、QRコード決済や電子マネーなど、100種類以上の中から、好きなものを1つ選ぶことができます。

指定のキャッシュレス決済(2020/7/1現在)
・QRコード決済
・電子マネー
・プリペイドカード
・クレジットカード
・デビットカード

この5つのキャッシュレス決済を詳しく見ていきます。

QRコード決済
スマートフォンさえあればだれでも利用できるQRコード決済では、PayPayメルペイをはじめとした16種類から選ぶことができます。

マイナポイントに登録できるキャッシュレス決済

電子マネー
QRコード決済の次におすすめな電子マネーでは、ICOCA楽天Edyを利用することができます。現在は39種のサービスが利用可能です。

マイナポイントに登録できるキャッシュレス決済

プリペイドカード
現在は19種類のプリペイドカードを利用できます。

マイナポイントに登録できるキャッシュレス決済

クレジットカード
楽天カードや三井住友カードなどの、以下の29種のクレジットカードを利用できます。

マイナポイントに登録できるキャッシュレス決済

デビットカード
デビットカードは三井住友デビットカードなど4種で利用可能です。

マイナポイントに登録できるキャッシュレス決済

現在のところマイナポイント対応のキャッシュレス決済は以上のようになっており、スマホさえあれば誰でも利用できるPayPayなどのQRコード決済が使いやい印象です!

また、各種キャッシュレス決済では、ユーザーの獲得のための登録キャンペーンが実施されています。

マイナポイントは最大で5000円分がもらえますが、各種キャンペーンの上乗せ額も大きいので上手に利用しましょう!

マイナポイント登録キャンペーンを比較【最もおトクなキャッシュレス決済は?】

マイナポイント登録キャンペーンを比較【最もお得なキャッシュレス決済は?】
各種キャッシュレス決済では、マイナポイント登録キャンペーンが実施されています。マイナポイントは通常なら5000円分がもらえますが、各種キャンペーンの上乗せ額は最大で100万円など大きいので、上手に利用しましょう!

ここで紹介したキャッシュレス決済を利用することで、5,000円分のマイナポイントをおトクに受け取ることができます。

PayPayで総額1億円がもらえるキャンペーン中!

現在、PayPayではマイナポイントの登録で総額1億円がもらえるキャンペーン中です!

マイナポイントにPayPayを登録で1億円もらえるキャンペーン中

マイナポイントにPayPayを登録で1億円もらえるキャンペーン中

このように、マイナポイントにPayPayを登録するだけで、15万人以上の方に総額1億円が当たります!

キャッシュレス決済系のサービスで、最大級のキャンペーンとなっています。

PayPay

PayPayをAppStoreでダウンロードする。
PayPayをGooglePlayでダウンロードする。

②マイキーIDを発行する。

続いて、パソコンとICカードリライタを接続し、マイキーID発行ページを開きます。

マイナポイントのICカードリライタとは?

リンク先で「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」をクリックします。

マイナポイントのICカードリライタとは?

マイナンバーカードをICカードリーダライタで読み取り、4桁のマイナンバー暗証番号を入力します。

(※3回連続して誤入力するとパスワードがロックされます。 ロックの解除には市区町村での手続きが必要です。)

暗証番号の入力が正しく行われるとマイナポイントが予約され、マイキーIDが自動で設定されます。

マイナンバーカードが上手く読み込めずにエラーメッセージが表示される場合は、公的個人認証サービスポータルサイトのお問い合わせ窓口で確認できます。

③マイナポイントの申し込み手続きをする。

マイキーIDの取得後、マイナポイントの申し込み手続きに移ります。以下の通りです。

マイナポイントの申し込み手続きの流れ
・マイナポイントをもらう決済サービスを選択
・利用規約を確認
・決済サービスID、セキュリティコード、電話番号(下4桁)を入力
・再度パスワード(暗証番号)を入力

以上で、パソコンからのマイナポイントの登録は完了です!

また、自分で手続きをするのが不安な方は、市役所などの窓口でも登録ができますよ!

【職員さんが丁寧に教えてくれました。】マイナポイントを市役所で登録してみました。

【スマホ・ICカードリーダライタ不要】マイナポイントを市役所で登録してみました。
マイナポイントを受け取るために必要な『マイキーID』は街の市役所や郵便局でも登録することができます!必要なものはマイナンバーカードのみなので、おサイフケータイ機能搭載スマホやICカードリーダライタがなくても大丈夫です!

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【大変だけど、ちゃんと稼げる】

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【大変だけど、ちゃんと稼げる】
「自分の趣味のために始めたブログから、いつの間にかお金が発生するようになった」という成り行きが気になる方のために、WordPressブログを収益化していく方法について、誰でも再現できるように詳しく解説しました。

「最後に、PayPayで実際にマイナポイントを受け取ってみたので、興味のある方はご覧ください。」

PayPay(ペイペイ)でマイナポイントをもらってみた!

マイナポイントをPayPayで受け取るメリットと注意点

僕は実際にPayPayでマイナポイントを受け取りました。手続きはとても簡単だったので、興味のある方はご覧ください。

マイナポイントを受け取ってみた

PayPay(ペイペイ)でマイナポイントをもらってみた【登録方法と使い方を解説】

PayPay(ペイペイ)でマイナポイントをもらってみた【登録方法と使い方を解説】
この記事では、2020年9月からスタートするマイナポイントを、PayPay(ペイペイ)でもらうための登録方法や、利用する際の注意点について詳しく解説しました。マイナポイント申し込みは先着順なので、早めの登録がおすすめ。

まとめ

この記事では、マイナポイントのパソコンからの登録方法について詳しく解説しました。

繰り返しになりますが、パソコンからの登録に必要なものは以下の通りです。

パソコンからの登録に必要なもの。
・マイナンバーカード
・パソコン(Internet Explorer11、マイキーID作成・登録準備ソフトをインストール)
・ICカードリーダライタ(公的個人認証サービス対応)

これでマイナポイントの受け取り準備は完了です!

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【大変だけど、ちゃんと稼げる】
【本を聞くアプリで、読書効率がアップ!】僕はオーディオブックで、年間100冊聞いてます。
【経験者は語る】ブログ運営に必要なプログラミングスキルは、すべて独学可能です
【1冊10分で読める】フライヤーを使ってみた感想。
Audible(オーディブル)コインの使い方と返品制度を詳しく解説。

コメント

タイトルとURLをコピーしました