ブログのノウハウ

【危険】「アフィリエイトはやめとけ」と言われる6つの理由【初心者は稼げません】

「アフィリエイトはやめとけ」と言われる6つの理由

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

「アフィリエイトはやめといた方が良いよ」と聞きました。

その理由を教えてください。

以上のような、アフィリエイトの噂に関する質問にお答えします。

PV画像

当ブログはコツコツ更新した結果、アクセス数が大幅に伸びました。またアフィリエイト収益も増えており、現在は月70万ほどを稼いでいます。

このように、アフィリエイトは個人で稼ぐことができるビジネスとして人気です。

しかし「やめておいた方が良い」と言われることも事実なので、この記事ではその理由について詳しく解説します。

※記事の後半では、具体的に稼ぐ方法を説明しているので、そちらも参考にしていただければと思います。

アフィリエイトとは?

「アフィリエイトはやめとけ」と言われる6つの理由

アフィリエイトとは、インターネット広告の仕組みの1つです。

例えばブログの記事内で商品を紹介し、その紹介で商品が売れた場合に、成果に応じた報酬が支払われます。

アフィリエイトで稼ぐ仕組みをシンプルまとめると、以下のようになります。

アフィリエイトの仕組み
ブログで紹介した商品が売れる

企業から成果に応じた報酬をもらえる

このように、商品の紹介料が発生する簡単な構造です。

(※アフィリエイトは、このように売れた成果に対して報酬が発生するので「成果報酬型広告」とも言われています。)

また、実際にアフィリエイトをする際には、ブログ運営者と企業の間に「ASP」という広告管理会社が入ります。

「ASP」は報酬の振込・広告審査といった事務手続きを管理してくれるなど、個人のアフィリエイトを幅広くサポートしてくれる存在です。

アフィリエイトで得られる収入はどれくらい?

アフィリエイトで稼げる収入は、以下の通りです。

アフィリエイトでの1ヶ月間の収入アフィリエイトでの1ヶ月の収入

アフィリエイトの収入
・月1万以上稼ぐ人
:33.8%
・月10万以上稼ぐ人:18.5%
・月100万以上稼ぐ人:6.5%

このように、アフィリエイトで得られる収入は人よって大きく差が開きます。

実際、始めたばかりで全く稼げない人もいる一方で、1か月で数百万円をコンスタントに稼ぐ人まで幅広いです。

またアフィリエイト収益は、紹介する商品の報酬単価やサイトの品質によるのが実際のところとなっています。

さらに詳しいアフィリエイトの仕組みは【完全初心者向け】アフィリエイトとは?で解説しています。

次に「アフィリエイトやめとけ」と言われる理由を解説します。

「アフィリエイトやめとけ」と言われる6つの理由

「アフィリエイトはやめとけ」と言われる6つの理由

次に「アフィリエイトはやめとけ」と言われる理由についてまとめます。

当ブログはアフィリエイトで稼いでいますが、実際に「やめた方が良いな」と思うこともあるので、そのあたりを深掘りします。

アフィリエイトはやめとけと言われる理由
①競合サイトが増えている
②アフィリエイトに参入する企業が増えている
③Google検索で上位表示できない
④稼ぐまでに時間がかかる
⑤収益が安定しない
⑥不労所得にはならない

以下で詳しく解説します。

①競合サイトが増えている

まず、アフィリエイトがおすすめできない理由の1つは、個人の参入が増えているからです。

以下はA8.netの登録者数です。

ブログが稼げないからやめた方がいい理由2020年12月期(通期)決算説明資料

このように、アフィリエイトの登録者数は、毎年右肩上がりで増加中。

つまりブログの数が増えているので、個人間の競争が激しく、アフィリエイトで稼ぎにくくなっていることがわかります。

②アフィリエイトに参入する企業が増えている

また、最近のアフィリエイトでは、個人だけではなく企業も参戦しています。

企業の特徴は、以下の通りです。

アフィリエイト企業の特徴
・事業として大きな予算で戦いに来る
・アフィリエイトをする人員が多い

このように、大きな資金力で運営されているので、規模が大きく成長スピードも早いです。

つまり、個人では太刀打ちできないので、これからアフィリエイトをする方には逆風になると考えられます。

③Google検索で上位表示できない

現在、Google検索で上位に表示する難易度が上がっています。

個人がアフィリエイトで稼ぐためには、まずはブログのアクセス数を増やす必要があり、そのためにはGoogle検索で10位以内ランクインを目指すことが最低条件です。

※検索結果の2ページ目以降(11位~)はほとんど読まれることがないので、10位以内に表示されるようにSEO対策をする必要があります。

しかし、最近のGoogleでは記事の評価基準が厳しくなっていて、10位以内に入るのは困難です。

Googleのサイト評価基準
・E-A-T:専門性/権威性/信頼性
・YMYL:健康やお金に関わること
詳細情報:Googleの検索品質評価ガイドライン

このように「誰が書いたのか」「信頼性のあるサイトか」が重視されているので、素人が収益目的だけで書いたブログはアクセスを集めにくく、アフィリエイトで稼ぎにくい状況になっています。

アフィリエイトが稼げなくなっていると言われる理由はアフィリエイトがオワコンと言われる4つの理由とは?をご覧ください。

④稼ぐまでに時間がかかる

アフィリエイトで安定した収益を上げるには、少なくとも1年の期間が必要です。

アフィリエイトは稼ぐまでに時間がかかるアフィリエイトでの1ヶ月の収入

実際のところ「収入がない」と答えている人は30%ほどになっており、そのほとんどが恐らくブログを始めて1年未満の方です。

このように、アフィリエイトで稼ぐためには、

・記事を増やすための時間
・検索エンジンからの評価されるまでの時間
・売れる記事を書けるようになるまでの時間

がかかるので、始めて最初の数ヶ月間で諦めてしまう人が多数派となっています。

そのため「気軽に稼ぎたい」「今すぐ報酬がほしい」と考えている方は、アフィリエイトはやめておいた方がいいと思います。

ちなみに、よく「ブログは100記事書くべき」といわれますが、実際に100記事書いた結果についてブログを100記事書くと稼げる?【アフィリエイトの努力は報われます】でまとめています。

⑤収益が安定しない

アフィリエイト収益は外的要因に左右されるので、コントロールするのが難しい場合があります。

例えば、以下の通りです。

アフィリエイト収益が安定しない理由
・Googleのアルゴリズム変動で検索順位が変化する
・競合サイトとのシェアの取り合いになる
・広告報酬が変化する場合がある

このように、例えばGoogle検索で順位が下がると、アフィリエイト収入は減ってしまいます。

(※Googleの順位変動をうまく味方につければ収益を増やすことも可能なので、正しい知識を学んでおくのがおすすめです。)

また、他人の商品に依存するビジネスなので「アフィリエイト広告を終了します。」と言われたときには、自分のビジネスも同時に終わってしまいます。

ちなみに、アフィリエイトで初心者が失敗する理由を【経験談】アフィリエイト初心者が失敗する4つの原因でまとめました。

⑥不労所得にはならない

アフィリエイトは初心者でも始められますが、まずは正しいノウハウを学ぶことが必須となっています。

アフィリエイトで必要な知識はこちらです。

アフィリエイトで必要な知識
・文章の書き方
・商品を売るノウハウ
・発信ジャンルの詳細情報

このように、人よりも収益を伸ばしたいなら勉強し続けなければなりません。

そのため不労所得を目指している人は、アフィリエイトはやめた方が良いです。

以上が、アフィリエイトはやめた方が良いと言われる6つの理由です。

※アフィリエイトのリスクについては【注意】アフィリエイトが危ない8つの理由をご覧ください。

とはいえ、アフィリエイトで稼ぐ人がいることも事実です。

そこで以下では、稼げている人の共通点をまとめます。

アフィリエイトで稼ぐ人の3つの共通点

「アフィリエイトはやめとけ」と言われる6つの理由

アフィリエイトは、ノウハウがすでに公開されていて再現性が高いので、誰でも稼げるポテンシャルがあります。

実際にアフィリエイト収入を見ると、月収10万円を超えている方が20%近くいます。

ブログが稼げないからやめた方がいい理由アフィリエイトでの1か月間の収入

このように、5人に1人が毎月10万以上稼いでいるのも事実です。

さらに、今後のアフィリエイト市場はさらに伸びていく予想がされています。

アフィリエイト広告費の増加矢野経済研究所

つまり、これから個人でブログを頑張る人も、正しい工夫をすればアフィリエイトで稼ぐことが可能です。

その他にもアフィリエイトにはメリットが多く、

・成長市場
・低リスク
・匿名OK
・時間や場所に縛られない

といった要素を考えると、個人でやるには最適なビジネスです。

そこで以下では、アフィリエイトを始めたい方向けに、実際に稼いでいる人の共通点をまとめます。

アフィリエイトで稼ぐ人の共通点
①個人の強みを理解している
②マーケットのある分野を選んでいる
③セールスライティングができている

以下で詳しく解説します。

①個人の強みを理解している

アフィリエイトで稼ぐには、まずは個人の強みを理解することが大切です。

個人の強みは、以下の通りです。

個人の強み
・SNSを使える
・ユーザーレビューに強い
・商品のデメリットをはっきり書ける
・企業が捨てる分野も、個人なら採算がとれる

このように、競合の多いジャンルを選びつつも、個人が勝てるニッチな場所で収益を上げている人が多いです。

個人が企業にアフィリエイトで勝つためには、同じ土俵で戦う必要はありません。

②マーケットのある分野を選んでいる

アフィリエイトで稼いでいる人は、商品需要のある分野を選んでいます。

(※マーケットのない分野でアクセスを集めても、収益にはつながりません。)

例えばGoogle検索で「哲学」を検索すると、1億ものページが表示されます。

Google検索で哲学の検索

これは検索ボリュームとしては十分ですが、恐らく哲学に関する商品は売れにくいので収益化は狙えません。

このように、アフィリエイトでは事前に見ておきたいポイントがあります。

マーケットのリサーチ
・アフィリエイト商品があるか
・複数の企業の広告があるか
・商品に知名度や話題性はあるか
・安定した需要はあるか

このように、アフィリエイトで稼ぐためには広告・商品のある分野で記事を書くことが必須です。

また、広告が停止しない・需要がなくならないテーマを選ぶことも重要な要素となっています。

③セールスライティングができている

個人がアフィリエイトで成果を出すには、数少ないアクセスで確実に成約を狙う必要があります。

そこで、成約率が高い人の多くは、セールスライティングを取り入れています。

具体的には以下の方法で読者を引き付けます。

セールスライティング
▶Attention(注目)
→読者の注意を引き付け、記事を読んでもらう
▶Interest(関心)
→どんな商品かを伝え「自分のための商品だ」と思ってもらう
▶Desire(欲求)
→「商品を実際に使ってみたい」と感じてもらう
▶Conviction(確信)
→「商品を購入しよう」と確信してもらう
▶Action(行動)
→最後の一押しで、商品を購入してもらう
▶Satisfaction(満足)
→商品購入後、リピーターになってもらう

このように、セールスライティングのコツを知っていれば、信頼を得つつモノを売ることができます。

このようなセールスライティングについては【売れる文章術】セールスライティングの5つのコツで解説しています。

以上が、アフィリエイトで稼ぐ人の3つの共通点です。

この他にも、

・読者に徹底的に価値提供している
・競合の多いジャンルを避けている

といった工夫をすることで、個人でもアフィリエイト収益を伸ばすことができます。

最後に、アフィリエイトで稼ぐ手順を具体的にまとめます。

アフィリエイトで稼ぐ具体的な7つの手順

「アフィリエイトはやめとけ」と言われる6つの理由

ここからは、アフィリエイトで稼ぐ手順をまとめます。

まず、アフィリエイトで稼ぐイメージを簡単に説明すると、以下のようになります。

例えば「ネットで映画を見たい」という目的を持っている人を想像してください。

そこで映画を見たい人は、良さげな映画を調べるためにGoogleで検索します。

ブログ読者の行動の流れ
休日に「映画を見たい」と考える

Googleで「映画 おすすめ」と検索する

そして検索結果には「映画 おすすめ」に合ったサイトが表示されます。

アフィリエイトで稼ぐイメージを解説

検索ユーザーは、こうしたブログ記事で映画を選び、おすすめ作品の詳細を確認します。

ここで、例えばU-NEXTやHULUなどの動画配信サービスの無料登録の紹介があると「無料で見れるなら登録しよう」と成約に進みます。

すると、無料登録1件当たり1000円ほどの報酬が、広告主からブログ運営者に支払われます。

ブログ運営者は、このように読者のニーズに先回りして記事を書いておくことで、収益を自動で生み出せるようになります。

以上が、アフィリエイトで稼ぐ具体的なイメージです。

このように、アフィリエイトはしっかり取り組めば、毎月10万円以上の不労収入を生み出せます。

そこで以下では、アフィリエイトで稼ぐ具体的な手順をまとめます。

アフィリエイトで稼ぐ具体的な手順
①ブログを開設する
②ASPで商品を探す
③ブログのテーマを決める
④PV×CTR×CVRを理解する
⑤SEOを理解する
⑥集客記事を書く
⑦収益化記事を書く

以下で詳しく解説します。

①ブログを開設する

まずはブログを開設します。

ブログにはたくさんの種類がありますが、収益化する場合はWordPressがおすすめです。

※無料ブログサービスだとアフィリエイトが禁止されている場合があるので注意が必要です。

PCが苦手な方でも10分あれば簡単にブログを始められます。

WordPressブログの始め方完全ガイド

②ASPで商品を探す

次にASPに登録して、アフィリエイト商品を探します。

登録必須のASPは以下の6つです。

おすすめASP
A8.net
afb
バリューコマース
もしもアフィリエイト
アクセストレード
infotop

こちらの6つのASPは、これから何度も利用することになるので、ブックマークで登録してサッと開けるようにしておきましょう。

ちなみに、よく売れるアフィリエイト商品の探し方は稼げるアフィリエイト商品(おすすめ商材)の選び方6つで解説しています。

また、アフィリエイトでおすすめのジャンルは【初心者向け】アフィリエイトのおすすめジャンル17選を参考にしてください。

③ブログのテーマを決める

アフィリエイトで紹介する商品に合わせて、ブログのテーマを決めます。

ブログでは「自分の得意を活かせるジャンル」を選ぶのがおすすめです。

ブログのテーマの決め方
・稼げる市場がある
・自分の得意分野
・過去/現在/未来の自分と関連している

このような条件に当てはまるテーマを、ざっくり3つほど選んでください。

ちなみに、ブログ初心者の方向けに稼げるブログテーマの決め方を【簡単】稼げるブログテーマの決め方を5つのポイント&3つのコツで解説で紹介しています。

④PV×CTR×CVRを理解する

アフィリエイトで稼ぐためには「PV×CTR×CVR」を考えつつ記事を書いていきましょう。

PV×CTR×CVRを簡単にまとめると、

・PV:ページのアクセス数
・CTR:広告のクリック率
・CVR:アフィリエイトの成約率

となり、この3つの掛け合わせで、どれだけの人がアフィリエイト商品を購入してくれるかがわかります。

例えば1,000PV、CTRが10%、CVRが10%の場合だと以下のようになります。

アフィリエイトの成約件数
PV(ページを読む人):1,000人

CTR(広告をクリックする人):100人

CVR(商品を購入する人):10人

このように、ページを見た1,000人のうち10人が商品を購入してくれます。

そこでアフィリエイト収益を伸ばすためには、PVとCTRを最大にして、一人でも多く商品購入までたどり着いてもらう必要があります。(※CVRは企業サイトの出来栄えで変化します。)

つまりブログ記事では「ページを読んでもらう技術」と「広告をクリックしてもらう技術」の両方が大切だということです。

⑤SEOを理解する

アフィリエイトで稼ぐためには、ブログ集客のためのSEO対策が必須です。

SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことで、検索でWebサイトに訪れる人を増やすことです。

日本の検索サイトのシェアのほとんどはGoogle検索なので、SEO=Google検索で優先的に表示させることと考えてもらえればOKです。

SEOで集客する

こちらは当ブログのデータですが、検索流入(Organic)が9割を超えています。

つまりSEOでしっかりと成果を出せば、安定してブログが読まれるようになります。

アフィリエイトに必須のPVを増やす方法はブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけです】で理解してください。

⑥集客記事を書く

アフィリエイトの初心者が稼ぐためには、まずは集客記事をたくさん書きましょう。

集客記事とは、収益化を考えずにアクセス数を増やすことに特化した記事です。

具体的には、以下のようなロングテールキーワードを狙うのがおすすめです。

ロングテール

このようにロングテールキーワードは3つ以上の単語でできていて、検索数が少ないのが特徴です。

ロングテールキーワードでコンテンツを作成するメリットはこちら。

ロングテールキーワードのメリット
・検索数が月間で100~500程度と少ない

→企業が狙わないので上位表示されやすい
・読者のモチベーションが高い
→収益に繋がりやすい
・読者の役に立つ記事を書きやすい
→SEOで高評価を得やすい

このように、ロングテールキーワードは、個人がSEOを攻略するための最短ルートとなっています。

なのでまずは、ロングテールキーワードを狙ってアクセスを集めてください。

SEOを意識した記事の書き方は【具体例あり】ブログの文章構成を考える6つの手順を参考にしていただけたらと思います。

⑦収益化記事を書く

アフィリエイトで稼ぐためには、収益化記事が必要です。

収益化記事とは、稼ぐことだけに特化した記事のことです。

例えば以下の通り。

収益化記事の例
・○○ 申し込み手順
・○○ ランキング
・○○ おすすめ
・○○ レビュー
・○○ 比較

このように、商品リンクを置きやすいコンテンツが収益化記事です。

通常、収益化記事は競合が多いので、アクセスを集めにくい特徴があります。

ですが、ロングテールキーワードで集めたアクセスを収益化記事に流すことで、初心者でも収益化記事で稼ぐことができます。

まとめると、

収益化記事に読者を誘導する流れ
ロングテールキーワードでアクセスを集める

内部リンクで収益化記事へ読者を流す

収益化記事で売り上げが発生する

といった流れで売り上げが発生します。

一見遠回りなようにも見えますが、競合サイトを避けることができるので、初心者は内部リンクでアクセスを集める戦略が効果的です。

また全体のバランスの目安としては、

・集客記事:90%
・収益化記事:10%

のように、集客記事を多めに書くのが理想となっています。

以上が、アフィリエイトで稼ぐ具体的な7つの手順です。

ちなみに、ブログ1年目の方が月収5万を目指すための全ステップを以下で詳しくまとめているので、アフィリエイトを頑張りたい方は参考にしてください。

【保存版】ブログ初心者が月5万稼ぐまでの全手順を解説

まとめ:アフィリエイトは、地道な努力ができる人向け

「アフィリエイトはやめとけ」と言われる6つの理由

この記事では「アフィリエイトはやめとけ」と言われる理由について詳しく解説しました。

再度まとめると、以下のようになります。

アフィリエイトはやめとけと言われる理由
①競合サイトが増えている
②アフィリエイトに参入する企業が増えている
③Google検索で上位表示できない
④稼ぐまでに時間がかかる
⑤収益が安定しない
⑥不労所得にはならない

このように「楽して稼ぎたい」と考えている人にはハードルが高いので、アフィリエイトは全ての方にはおすすめできません。

とはいえ、工夫次第では個人で大きく稼ぐことができ、収益も青天井なので、堅実な努力ができる人ならアフィリエイトを始める価値があります。

結局、どんなビジネスにも圧倒的な努力が必要なフェーズがあり、アフィリエイトの場合はその下積み期間が少し長いですが、壁を超えた後は安定した収入を確保できます。

「モチベーションには自信がある」という方は、以下の記事からブログの開設手続きを進めてください。

WordPressブログの始め方完全ガイド

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

会社員がバレずに月30万稼ぐまでにやったこと
Googleアドセンス審査合格のための6つのポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました