【本を聞く無料音声アプリで、読書効率アップ!】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!

こんにちは、yujiです!このブログでは、オーディオブックを年間100冊以上聞いている僕が「本を聴く生活」について詳しくまとめています。

・オーディオブックアプリのおすすめは?
・初心者に人気のオーディオブックはどれ?
・料金や使いやすさで自分に合ったアプリを選びたい!

この記事では、以上のようなオーディオブックサービス選びに関するすべての疑問に答えます!

僕は複数のオーディオブックサービスを愛用しており、年間100冊以上の本をインプットしています。

この記事の前半では「オーディオブックとは?」という基本的なところについて軽く解説。後半では僕がおすすめするオーディオブックアプリTOP5と、最初に聴いてほしい1冊をあわせて紹介しています。

おすすめのオーディオブックサービスの中から、あなたの生活スタイルや好みに合ったサービスを選び、快適に本をインプットしましょう。

「まずは、オーディオブックとはどんなサービスなのかについて軽くまとめます。」

オーディオブックとは?

オーディオブックとは?

オーディオブック利用者数が激増している理由

まず、オーディオブックとは【本の朗読を聞くサービス】のことです。

日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米では車内で聴くカセットテープやCDなどで販売され、古くから人気があります。

米国のオーディオブックに関する調査では多くのビジネスマンや経営者が通勤時間にオーディオブックを利用しており、その中にはビルゲイツやイーロンマスク、オバマ前大統領などの著名人も含まれています。

日本の場合も欧米と同様に昔からオーディオブックはリリースされていましたが、電車などの移動が多い街中でCDやカセットテープを持ち歩く習慣がなく、それほどシェアは伸びることはありませんでした。

しかし現在、スマホの普及とともにインターネットで購入するダウンロード版が急速に拡大し、日本でも音声コンテンツでのインプットを選ぶ人が急増し、人気の波が来ています。

どこでも聴けてしまうので、すごく便利

オーディオブックは本の朗読を聴くサービスなので、普段の生活の中で音楽を聴くようにして、本をインプットすることができます。

オーディオブックの特徴。
・音楽を聴くのと同じ要領で本を聴ける。
・内容をスラスラ理解できるので、ストレスがない。
・スマホさえあればいいので、いつでも聴ける。

プロのナレーターの音声が吹き込まれているため聴きとりやすく、スマホとイヤホンで聴けば場所を選ばないので、効率的な読書ができてしまいます。

例えば、以下のような使い方が可能です。

オーディオブックは日常で役に立ちます。
・朝、身支度をしながら聴く。
・車での移動中に聴く。
・家事をしながら聴く。
・トレーニングをしながら聴く。
・散歩をしながら聴く。
・布団に入りながら聴く。

このように、通勤時間などの日常的なシーンでちょっとしたスキマ時間に密度の濃いインプットができることが、オーディオブック人気が来ている理由の1つだと言えます!

僕は基本的に移動時間はすべてオーディオブックのインプットに費やしています。その結果、年間100冊の読書が可能になりました。3日に1冊と考えると、なかなかのペースだと思いませんか?

ほとんどの社会人は、読書をしていない

本のラインナップにはビジネス本・自己啓発本が多く、さらに英語学習教材や日経ビジネスなどの音声データも配信されており、読書で人生を豊かにしたい人のニーズに応えたコンテンツが多いといった印象です。

一時期話題になりましたが、日本の社会人の1日の平均学習時間はたったの「6分」なので、毎日の小さな積み重ねがあれば、読書をしない人との差は簡単に付けることができます。

「毎日忙しくて本を読む時間がない。」という人にこそ、1日5分だけでもオーディオブックでのインプットがおすすめですよ。

オーディオブックの便利な機能に倍速再生があり、速聴でガンガンインプットしていくのがすごく快適です。

「続いて、僕がオーディオブックをおすすめしたい人をまとめてみました。」

オーディオブックはこんな人におすすめ。

最近本を読めていますか?

最近、本を読めていますか?

毎日仕事が忙しかったり、自分の時間を作るのが難しくて、どうしても落ち着いて本を読むという環境はつくりにくいですよね(*_*)

オーディオブックはそんな「本を読みたいけれど、読む時間がない」という人におすすめのサービスなんです。

こんな人におすすめ。
・読みたい本がなかなか読めていない。
・忙しくて積読本になってしまう。
・買っただけで満足してしまう。
・パソコンで目が疲れて活字を読めない。

実際に、僕はいつも車での移動中や毎日の歯磨き中など、ちょっとしたスキマ時間に本を聴くのですごく重宝しています。

というのも、経営の成功者や著名人の手記などを読むと、「スキマ時間にどうにか本をインプットするために、個人的にナレーションを頼んで吹き込んでもらった」というエピソードがちょくちょく出てきます。

僕は何度もこうした話を聞くうちに「オーディオブックってどうなんだろう?」と気になっていたのですが、試しにオーディオブック系のサービスを聴いてみたところ、すっかり新しい読書にハマってしまいました。

幅広い層に使いやすくデザインされている印象。

オーディオブックは、読書好きな人はもちろんですが、そうじゃない人にも使いやすいサービスとして位置付けられているんじゃないかと思います。

そんな中でも特にオーディオブックを使ってみてほしいのは以下のような方です。

オーディオブックはこんな人にもおすすめ。
・活字が嫌いな人。
・本を読むと眠くなる人。
・小説よりマンガ派な人。
・これまで本を買ったことがない人。
・本の分厚さと難しさに気が引けてしまう人。

要するに、以上のような「本に苦手意識を持っている人」にも使いやすいと思います。

というのも僕自身が活字に苦手意識を持っていて、分厚い本を読むのに時間がかかってしまい、読みたくても読めないジレンマがありました。

ですが、オーディオブックを聴いてみるとその意識は全く変わりました。個人差はありますが、僕のようなタイプなら耳からのインプットに向いているはずです!

また、老眼で細かい字が読めなかったり、ハンディキャップのために紙の本が不便な方にも、やさしいデザインとなっていますね。

「ここからは、おすすめのオーディオブックアプリを5つ紹介したいと思います!」

【本を聞くアプリ】おすすめTOP5

おすすめのオーディオブックアプリはこちらです。

おすすめのオーディオブックアプリ
【第1位】Audible(オーディブル)
【第2位】audiobook.jp(オーディオブック)
【第3位】GooglePlay books
【第4位】KikubonPlayer(キクボン)
【第5位】Himalaya FM(ヒマラヤ)

以上の5つのアプリについて詳しく解説していきます。

「まずは【第1位】Audibleから詳しくまとめます。」

【第1位】Audible(オーディブル)

audibleとは?

Audibleの特徴は?

Audible(オーディブル)とは、誰もが知っている通販サイトのAmazonが運営するオーディオブックサービスです。

GooglePlayストアでは、このように90万件の評価のうちのほとんどで高評価を獲得しています。

そんなAudibleの特徴やサービス内容は以下の通りです。

Audibleの特徴
・タイトル数が40万冊(聴き放題コンテンツあり)。
・購入後は何度でも返品交換ができる。
・解約後も聴ける。
・登録で30日間無料で利用できる。

Audibleの特徴は、世界展開しているためタイトル数も多く、独自の聴き放題コンテンツもリリースされている点です。

また買い切りのため購入タイトルは解約後でも聴くことができ、返品・交換ができる唯一のアプリとして安心して利用できます。

Audibleで40万タイトル以上を楽しめます。

Audibleのラインナップには有名なビジネス書や小説が多く、検索すれば出てくる印象です。

Audible売れ筋

例えば2019年にAudibleで最も聴かれたオーディオブックは、以下のような人気タイトルでした。

Audible人気タイトル
・サピエンス全史(ユヴァル・ノア・ハラリ)
・自分を操る超集中力(メンタリストDaiGo)
・多動力(堀江 貴文)
・もしアドラーが上司だったら(小倉 広)
・お金2.0 新しい経済のルールと生き方(佐藤 航陽)
・お金の流れでわかる世界の歴史(大村 大次郎)
・武器になる哲学(山口 周)
など。

また小説カテゴリーであれば、今ならハリーポッターが無料配信されています。

このように世界的に展開されているサービスなので各言語の書籍も揃っており、アカデミックな外国語を聴けるようになりたい人には便利な教材になりそうです。

またAudible会員特典として、Audibleステーションで本の要約サイト「フライヤー」や「NewsPicksAcademia」などのビジネスマン向けコンテンツや、落語などの芸能音声が聴けます。

Audibleはオーディオブック初心者におすすめ。

Audibleは、機能的にも不便な点はなく、初心者でも聴きやい平均的なオーディオブックサービスだという印象です。

また、普段からAmazonでお買い物をしているAmazonユーザーにも使いやすそうです。

率直な感想をまとめると、子供だましの朗読かと思っていたのですが、Audibleを聴くだけで本の内容がすごく理解できます。

【Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント!】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方とは?
【徹底レビュー】Audibleを年間100冊以上聴きこんだ僕が、使ってみた率直な感想をまとめます。
Audibleコインの使い方と返品制度を詳しく解説します【有効期限と退会時には要注意!】
【Audibleの料金はいくら?】他社との比較や、お得にオーディオブックを聴く方法。

「続いては【第2位】audiobook.jpについてまとめます!」

【第2位】audiobook.jp(オーディオブック)

audiobook.jpの特徴は?

audiobook.jpとは、オトバンクが運営するオーディオブックサービスです。

audiobook.jpの特徴は「月額会員プラン」と「聴き放題プラン」を選ぶことができる点です。

audiobook.jp月額会員の特徴
・月額550円~33000円コースを選べる。
・各コースのボーナスポイント付与率は最大27%。
・タイトル数は3万冊。
・mp3データを保存できる。
audiobook.jp聴き放題の特徴
・月額料が750円でオーディオブックが聴き放題。
・タイトル数は対象の1万冊のみ。
・登録で30日間無料。

audiobook.jp月額会員のラインナップは、本の収録数が約3万冊。随時更新されており、国内で出版されているビジネス書・小説が多く揃えられています。

例えば、audiobook.jpの人気タイトルは以下の通りです。

audiobook.jp人気タイトル
・嫌われる勇気(岸見一郎)
・7つの習慣 人格主義の回復(スティーブン・コヴィー)
・人を動かす(デール・カーネギー)
・サピエンス全史(ユヴァル・ノア・ハラリ)
・影響力の武器(ロバート・チャルディーニ)
など。

audiobook.jpは購入したオーディオブックの返品や交換ができませんが、ボーナスポイントを使ってお得に購入することもできます。

時間がたっぷりある人には聴き放題がおすすめ。

オーディオブックサービスの中で、月額750円で聴き放題を提供しているのはaudiobook.jpだけです。

audiobook.jp聴き放題のラインナップは人気書籍が少なく、タイトル数も1万冊と弱いですが、TOEICやTOEFLのための英語学習テキストや、ビジネスマン向けに日経やその他の経済雑誌などが幅広く揃っています。

30日間無料のキャンペーンもあるため、時間に余裕があってたくさん聞ける人や、オーディオブックが生活に馴染むか確かめたい人にはおすすめです。

【比較】audiobook.jpの「月額会員プラン」と「聴き放題プラン」はどっちがおすすめ?
【オーディオブックの聞き方】audiobook.jpの登録から解約までを丁寧にまとめました。

「ここで、Audiobook とaudiobook.jpの違いが気になる人向けに比較内容をまとめます。」

人気オーディオブックサービス『Audible』と『audiobook.jp』を比較してみました!

Audibleとaudiobook.jpおすすめはどっち?

オーディオブック系サービスの中では、以上のAudiobook とaudiobook.jpが圧倒的に人気です。

実際に僕自身も両方使っていますが、どちらも使いやすいというのが正直な感想です。

以下の記事ではAudibleとaudiobook.jpの両方のサービスを愛用している僕がおすすめする、失敗しないオーディオブックアプリの選び方を紹介しています!

【2020年最新版】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?年間100冊以上聴いている僕が徹底解説します!

【2020最新】Audibleとaudiobook.jpを徹底比較!年間100冊以上聴いている僕が解説します!
「Audibleとaudiobook.jpってどこが違うの?」「おトクなのはどっち?」といった疑問に答えました。また初心者向けにもどちらを選べばいいのか詳しく解説しているので、参考にしていただけたらと思います。

「ここで、番外編として忙しいビジネスマン向け要約アプリを紹介します!」

【番外編①】本の要約サイト『flier(フライヤー)』

フライヤーは本の要約をしてくれるサイトです。

フライヤーはオーディオブック系のアプリではないのですが、本のまとめサイトとして優秀なので番外編として紹介しておきます。

フライヤーは「本がどんな内容なのか知りたい」という人のためのサービスで、要約の質が良く、1冊10分ほどでまとめをインプットできます。

要約文は10分弱で読めるようにまとめられていますが、同時にオーディオブック化もされていて『10分で聴ける要約』としても使えるので以下のような人におすすめです。

フライヤーはこんな人にオススメ。
・時間がないビジネスマン。
・気になる本のあらすじを知りたい人。
・難しい本の要点をつかみたい人。

使ってみた感想は、要約がほんとにわかりやすいのですが、フライヤーを聴いただけでは本の内容は理解できません。

どうしても『10分前後』という時間制限の中では限界があるかなぁという印象なので、本のサポート的な立ち位置で使うのがおすすめです。

以下の記事では、そんなフライヤーを1か月聴き続けた感想と、フライヤーの便利な使い方をまとめています。

【10分で1冊読める】フライヤーを使ってみた感想【本の理解には向いてないけどすごい役立つ】

本の要約サイト flier(フライヤー)
flier(フライヤー)はビジネスパーソンや就活生必携の「要約」サービスです。スキマ時間を活用して、厳選した話題のビジネス書・教養書がわずか10分で読める「時短読書」を始めませんか。

「おすすめオーディオブックアプリに戻ります。次は【第3位】GooglePlay booksです。」

【第3位】GooglePlay books

GooglePlay booksは、文庫本やマンガ・オーディオブックが勢揃いなアプリ。

GooglePlayブックスというだけあって、本全般を扱うアプリです。

GooglePlayの電子書籍の中に、漫画や小説と並んで「オーディオブック」のカテゴリがあります。

一部端末でアプリに不具合があるなどのレビューもあるので、無料期間に試してみるのがいいと思います。

GooglePlayユーザーにおすすめ。

Googleが提供しているだけあって、サービスが安定している印象です。

電子書籍をGooglePlayで購入している人には、アプリそのままでオーディオブックが聴けるのでおすすめです。

また、他のオーディオブックアプリよりもGooglePlay booksでの単価が安い場合があったので、本単位で使うアプリを変えてもいいとは思います。

GooglePlay booksはこんな人におすすめ。
・GooglePlayで電子書籍を読んでいる人。
・オーディオブックを値段で選びたい人。

初回のみですが250円クーポンを使えます。その他の月額プランなどはなく、シンプルな作りです。

GooglePlayアプリはこちらから。
AppStoreアプリはこちらから。

【第4位】KikubonPlayer(キクボン)

キクボンは、SFやミステリー・ファンタジーに特化したオーディオブック系サービス。

キクボンは、これまで紹介したオーディオブック系アプリとは雰囲気が違います。

月間ランキングはこのようになっており、銀河英雄伝説などの作品が人気なことがわかります。

また、アニメ出演声優など、ナレーションの現場で活躍している方の起用が多い印象です。

小説やラノベが好きな人におすすめです。

キクボンはビジネス本や時事的な作品は全く取り扱っておらず、日本文学からラノベまで、幅広い国産小説が揃っている印象です。

なので文学作品が好きな人には絶対おすすめです!

キクボンはこんな人におすすめ。
・小説が好きな人。
・声優さんが好きな人。

料金プランでは、単行本の購入に加えてセット価格なども用意されています。

また、無料で聴ける作品も多いので、新しい作品の発掘も楽しめます。

Androidアプリはこちらから。
AppStoreアプリはこちらから。

【第5位】Himalaya FM(ヒマラヤ)

ヒマラヤは、ユーザー数6億人の巨大音声プラットフォーム。

HimalayaはYouTubeのような音声配信プラットフォームで、基本的には全コンテンツが無料です。

日本ではまだメジャーではありませんが、中国で人気のアプリらしく、総ダウンロード数は6億という巨大プラットフォームになっています。

ヒマラヤのコンテンツ数
・240,000人のキャスター
・270,000のチャンネル
・14,000,000のエピソード

公式サイトによると、これだけのコンテンツが揃っています。

音声配信したい人にもオススメ。

このようにYouTubeのような様々なチャンネルがあり、ラジオのように聴くことができます。オーディオブックはその一部として有料課金して聴くシステムです。

月額750円の『himalayaプレミアム』でオーディオブックが聴き放題になります。退会はいつでも可能です。

オーディオブックのラインナップは独自のものもありますが、audiobook.jpなどの聞き放題には少し劣る印象でした。(今後アップデートされていくのかも?)

また、配信者側としてhimarayaでチャンネルを開設し、音声をアップロードすることができます!これから日本でも伸びる可能性があるので、音声配信したい方にもオススメのサービスです。

Androidアプリはこちらから。
AppStoreアプリはこちらから。

有料プラン限定クーポンコード
限定クーポンコード『hi2020』を入力で『himalayaプレミアム』を90日間無料で視聴できます。

「続いて、番外編として子ども向けのオーディオブックサービスを紹介します!」

【番外編②】子ども向け読み聞かせアプリ『みいみ』

・子ども向けオーディオブックのおすすめアプリは?
・子どもが本好きになる方法とは?

ここでは、以上のような疑問を持つ子育て中のお母さん・お父さんに嬉しい報告をしたいと思います!

無料で使える子ども向けオーディオブックアプリ『みいみ』は、子どもが本好きになる工夫がいくつも凝らされています!

みいみ

みいみ』とは、累計90冊以上の絵本の読み聞かせが聴ける、子ども向けのスマホアプリです。

きみの声が本になる!みいみ紹介動画

2019年12月からサービスが提供され、親子のコミュニケーションや幼児教育など、様々なシーンで利用されています。

対象年齢は3歳~8歳と、幼児期から児童期のお子さんが楽しめます。

以下の記事では、そんな『みいみ』が親子におすすめな5つの理由や、使い方などを詳しくまとめています。是非親子の楽しいコミュニケーションに役立ててください!

子ども向けの読み聞かせアプリ『みいみ』を使ってみた感想。【吹き替えで楽しく遊べる】

「最後に、僕のおすすめオーディオブックを紹介します!」

【はじめての1冊】僕のおすすめオーディオブック10冊を紹介。

以下では、僕が実際に聴いて人生が変わった、おすすめのオーディオブックを厳選して10冊紹介します。

【第1位】サピエンス全史

サピエンス全史

読んでいてずっと興奮しっぱなしでした。いろんな知識がすべてひとつながりになっていくような感覚で、本当に教養になる本です。

今の世界の常識がどうやってつくられてきたか。狩りをしていたホモサピエンスが、どのようにしてこんな文化を作り上げたのかなど、人類の歴史の中での自分の立ち位置がよくわかります。

Audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第2位】思考は現実化する

思考は現実化する

世界的な名著ですが、聴くとシンプルにやる気が出ます!

過去の偉人たちの取ってきた行動と500人の成功者に取材をもとに、20年の歳月をかけて作られた成功のためのノウハウが、かなり具体的にわかるような構成です。

audiobook.jpで聴く。

【第3位】LIFE SHIFT

LIFESHIFT

人生100年時代を考えることで、人生に対する見方が変わる本。

一つの企業で一生頑張ることに少しでも疑問を感じている人であれば、今後の人生の設計や、残された時間の使い方をどうしていくべきか考える参考になります。

Audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第4位】FACTFULNESS

FACTFULNESS

バイアスのかかっていない目線を持ちましょう。という本。

10の真実
「大半の人がどこにいるのかを探そう」
「悪いニュースのほうが広まりやすいと覚えておこう」
「直線はいつかは曲がることを知ろう」
「リスクを計算しよう」
「数字を比較しよう」
「分類を疑おう」
「ゆっくりとした変化でも変化していることを心に留めよう」
「ひとつの知識がすべてに応用できないことを覚えておこう」
「誰かを責めても問題は解決しないと肝に銘じよう」
「小さな一歩を重ねよう」

「事実に基づいて世界を見れば、世の中もそれほど悪くないと思えてくる。これからも世界をよくし続けるために私たちに何ができるかも、そこから見えてくるはずだ」という言葉が印象的です。

Audibleで聴く。

【第5位】人を動かす

人を動かす

心からの友を得るために、人々に良い影響を与えるために、どうしたら良いのかを突き詰めた本。個人主義の範囲に収まらない「人を動かす」方法がまとめられています。

大切なのは、相手に興味を持ち、相手の話に興味を示し、ただ相手の話を真摯に聞くこと。

Audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第6位】多動力

多動力

ポイントは「人生を最大限楽しむ生き方をしよう」ということ。時間は平等であり、自分にしか思いつかないアイディアを出すことや自分にしかできないことに集中しようと、強く背中を押してくれる本です。

自分の好きなことにとことん没頭していいんだということを、いまさらながら思い出させてくれます。

Audibleで聴く。

【第7位】影響力の武器

影響力の武器

「こういう心理で、罠にはまってしまう」という心理的なロジックを様々なパターンで解説している本。人が誘導される仕組みが分かります。

何度でも時間をかけて読み返したくなる名著です。

audiobook.jpで聴く。

【第8位】仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

僕は本当にこのまま、この仕事を続けていいのか。この会社で一生を終えてもいのか。将来は明るいのか。

こういった言いようのない不安を持っているとき、心に光を灯してくれる一冊です。

Audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第9位】父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

父が娘に語る経済の話

人類の成り立ちや世界史を、経済の視点で経済の用語をなるべく使わずに解説した本。少しサピエンス全史と似ている印象です。

とにかくわかりやすく、専門的で難しい経済論の真実が、誰でも理解できる優しい切り口で書かれています。

Audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第10位】イシューからはじめよ

イシューからはじめよ

何冊ものビジネス本を読むよりも、この1冊をおすすめしたいです。それくらいノウハウが詰め込まれています。

目的を達成するために手段にこだわらないこと、できない手段で悩むことは無駄だということなど。知っているけど本当は理解できていなかったことが、改めてわかりやすくまとめられています。

audiobook.jpで聴く。

以上が僕がおすすめするオーディオブックランキングです。

まとめ

この記事では「オーディオブックアプリのおすすめは?」「初心者に人気なのはどれ?」という方向けに、オーディオブックサービス選びに関するすべての疑問に答えました!

オーディオブックサービスは、自分のライフスタイルに合ったものを上手に利用することで、効率よくお得に本のインプットができます。

この記事でまとめた内容が、あなたが『新しい読書』を楽しむための参考になればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【Audible】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。
Audibleを年間100冊以上聴きこんだ僕が、使ってみた感想をまとめます。
【記憶力アップ】オーディオブックで本を聞く効果とは?メリットやデメリット、100冊聴いた感想をすべて解説します。
【2020年最新】人気声優さんが出演するオーディオブック注目作品まとめ!
オーディオブックのダウンロードについての疑問をすべて解説!【パソコンでの聴き方、MP3で保存する方法、ダウンロードできない理由など】

コメント

タイトルとURLをコピーしました