【本を聞くアプリ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!

読書が人生を変える Audible

こんにちは、yujiです!

読書は人生を格段に豊かにしてくれます。

逆に、読書などのインプットが全くない人の人生は、先に進むにつれて次第に難易度が高くなっていくとさえ思います……

ただ、毎日仕事が忙しかったり、落ち着いた時間をとれなかったりして、どうしても本を開く時間や、座って読む環境はつくりにくいです。

そこで、役立つのが『オーディオブック系』のサービスです。オーディオブックとは、その名の通り『本を聴く』サービスのこと。

『ながら』読書。
・通勤/通学しながら。
・エクササイズをしながら。
・家事をしながら。
・暗い部屋で布団に入りながら。

『オーディオブック』では、このような様々な状況で、イヤホンで音楽を聴くようにして「本」をインプットすることが可能です!

「……めちゃくちゃ便利です。なのでおすすめアプリを5つ紹介します。」

sponser link

【本を聞くアプリ】おすすめTOP5

おすすめのオーディオブックアプリはこちらです。

おすすめのオーディオブックアプリ
1.audible(オーディブル)
2.audiobook(オーディオブック)

3.GooglePlay books
4.KikubonPlayer(キクボン)
5.Himalaya FM(ヒマラヤ)

この5つのアプリを、1つずつ解説します!

1.Audible(オーディブル)

数あるオーディオブックサービスのなかで、圧倒的なコンテンツ数。

Audibleとは、Amazonが提供する「本の朗読を聴いて楽しむ」サービスです。

著名な作家の作品をはじめ、ビジネス書から落語、語学など、40万タイトル以上が楽しめます。

「40万タイトルも聞けない……。」

例えばビジネス・キャリア・自己啓発カテゴリーには、このように数多くの人気タイトルがあります。

小説カテゴリーであれば、ハリーポッターの全シリーズが配信され全世界で話題となっています。

本の読み手は、プロのナレーターや声優、人気俳優など。名作やベストセラーが、プロの朗読でより面白くより魅力的になります。

また、このように80万件の評価で、ほとんどが高評価です。

料金

Audible会員にならない場合でもオーディオブックの購入は可能ですが、快適さとお得さを選ぶなら月額1500円のAudible会員への登録がおすすめです。
>>【初月無料】ボイスブックのサービスAudible(オーディブル)で新たな読書体験をしよう

2.audiobook(オーディオブック)

audiobook(オーディオブック)は会員数は30万人以上のサービスです。

本の収録数が『2万3千冊以上』。語学、資格関連のCDなども扱っているaudiobookのベストセラーには、以下のような作品もあります。

ベストセラー
・『嫌われる勇気』
・『7つの習慣』
・『サピエンス全史』

また、オーディオブックのダウンロードも可能です。電波の繋がりにくい場所でのオフライン状態でも聴くことができます。

料金

audiobookの会員登録は無料で、本を購入する時のみ、通常購入料金が発生します。

また、月額750円の聴き放題プランもあるので、なかなかお得です!(初月無料です。)
>>オーディオブック聴き放題なら『audiobook.jp』

「……普通に紙の本を購入しても1000~2000円はするので。」

【Audible】と【audiobook】の比較

ちなみにですが、この2つが圧倒的につよいので【Audible】と【audiobook】の比較記事を載せておきます!

【2020年最新版】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?累計70時間以上聞いている僕が解説します!
「どちらを使えばいいの?」という疑問が多く、それに答えた記事もたくさんあるのですが、正直どっちでもいいようなポイントで比較しているものばかりなので、両方を愛用している僕が独自の目線でどちらがオススメかを解説します!

「……ちなみに僕は、オーディブルを聞いています!」

【番外編】本の要約サイト『flier(フライヤー)』

『フライヤー』は、本の要約をしてくれるサイトです。

「何を読めば良いか分からない」「どんな内容の本なのか知りたい」という人のための『本の要約サイト』で、1冊10分ほどでまとめをインプットできます。

『10分で読める要約』もありますが、同時に『10分で聴ける要約』もあります。

以下の記事では、そんなフライヤーを1か月聴き続けた感想と、フライヤーの便利な使い方をまとめています。

【10分で1冊読める】フライヤーを使ってみた感想【本の理解には向いてないけどすごい役立つ】
「フライヤーって本当に10分の要約で理解できるの?」という質問に答えます。結論から言うと、どうしても『10分』という制限の中では限界があります。ですが、ある【強み】を活かす方法で使えばめちゃくちゃ便利なツールです!

3.GooglePlay books

文庫本やマンガ、オーディオブックのサンプルが勢揃いで、気軽に試せます。

GooglePlayの電子書籍の中に、漫画や小説と並んで「オーディオブック」のカテゴリが表示されています。

もちろんオーディオブックだけでなく、マンガや教科書など、人気の高い電子書籍の取り扱いもあります。

「……Audibleにはない『ホモデウス』が聴けます。」

一部端末でアプリに不具合があるなどのレビューもあるので、無料期間に試してみるのがいいかもです。

料金

他のオーディオブックアプリよりも、GooglePlay booksでの本の単価が安い場合があります。

また、購入に使える250円クーポンがあるくらいで、その他の月額プランなどはありません。

>>GooglePlayアプリ
>>AppAtoreアプリ

4.KikubonPlayer(キクボン)

SF、ミステリー、ファンタジーなどに強いオーディオブックサービスです。

月間ランキングはこのようになっており、銀河英雄伝説が人気なことがわかります。

また、アニメ出演声優など、ナレーションの現場で活躍している方の起用が多いです。

料金

無料で聴ける作品が多く、単行本の購入に加えてセット価格なども用意されています。

>>GooglePlayアプリ
>>AppAtoreアプリ

5.Himalaya FM(ヒマラヤ)

Himalayaは、YouTubeのような音声配信プラットフォームで、基本的には全コンテンツが無料です。

ヒマラヤのコンテンツ
・240,000人のキャスター
・270,000のチャンネル
・14,000,000のエピソード

これだけのコンテンツが揃っています。

「……全然知らなかった。」

料金

通常のオーディオブックは、そのコンテンツの一部として有料で聞くことができます。

有料プランに、月額750円の『himalayaプレミアム』があり、対象の有料オーディオブックが聴き放題になります。退会はいつでも可能です。

有料プラン限定クーポンコード:hi2020
こちらクーポンコードを入力で、90日間の無料視聴ができます。

また、配信者側としてhimarayaでチャンネルを開設/音声を録音/アップロードすることができます!

>>GooglePlayアプリ
>>AppAtoreアプリ

まとめ

正直なところ、どこだいたいも取り扱っているオーディオブックに変わりはありません。人気コンテンツはだいたい同じパッケージな印象です。

なので違いが出るのは、独自コンテンツ/料金くらいです。

オーディオブックアプリの決め方。
どの作品が読みたいのかを決める。

本の単価or読み放題の料金を比べて、リーズナブルな方で購入。

とりあえず使ってみる。

どのアプリも通常のミュージックアプリを基準とした使いやすいモノになっているので、使ってみて決めるのが良いと思います!

「オーディブルの初月無料で試聴してみるのもアリです!」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

こちらの記事もよく読まれています。

【Audible】3か月使った感想をまとめました【漢字が見れないのがつらい】
率直な感想をまとめると、子供だましの朗読かと思いきや、本の内容がすごく理解できます。実際に3か月間聴きこんでみましたが、そこで初めて見えてきた弱点もあるのでしっかり解説します。
【audiobook】『収録冊数2万3千冊!』オーディオブックの聴き方と解約方法。
様々なニーズに応えた『2.3万冊』の本を聴けるのはオーディオブックの強み。聴き放題プランで、すごい量の情報をインプットできました!登録方法と聴き方、30日間の無料期間が終わったときの解約方法をあわせて紹介します。
【メルカリ】どこよりも手軽に安く『本』を買う方法。
『本』などの自己投資にはいくらでもお金をかけたいものの、やはりできるだけ安く済ませたい。。そこで僕がいつもお世話になっているのが「メルカリ」です!普通の本ならだいたい定価の半額近くで、新刊でも1~2割ほど安く購入できます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました