ブログのノウハウ

アフィリエイトリンクを掲載できるSNSまとめ【連携可能なASPを紹介します】

アフィリエイトができるSNSまとめ

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

SNSでアフィリエイトはできますか?
おすすめのやり方を教えてください。

以上のような、SNSアフィリエイトについての質問にお答えします。

近年のアフィリエイトでは、SNSで集客して稼ぐことが主流になりつつあります。

SNSにアフィリエイトリンクを掲載できれば、拡散力を活かしつつ成約に結び付けることが可能です。

そこでこの記事では、直接アフィリエイトができるSNSと、提携可能なASPをまとめました。

また、SNSのおすすめの使い方も解説したので、参考にしていただければと思います。

※3分で読めますので、サクっと理解してください。

アフィリエイトにおすすめな3つのSNS

アフィリエイトができるSNSまとめ

まずは、アフィリエイトにおすすめなSNSをまとめます。

アフィリエイトにおすすめのSNS
①Instagram
②YouTube
③Twitter

以下で詳しく解説します。

①Instagram

Instagramは、直接のアフィリエイトが可能なSNSとなっています。

Instagramの特徴は以下の通りです。

Instagramの特徴
・アフィリエイトリンクの掲載が可能
・ビジュアルが投稿のメイン
・投稿へのURLの掲載は不可

このように直接のアフィリエイトが可能であるものの、投稿やコメントにはURLの掲載ができず、プロフィールのサイト紹介欄のみに限定されています。

(※フォロワー数が1万を超えると、ストーリーにURLを貼り付けることも可能です。)

そのためInstagramから外部に飛ばすことは難しいですが、ネガティブな投稿も少なく炎上が起きにくいSNSなので、ブランディングには最適です。

Instagramをアフィリエイトで利用する場合は、

アカウントを育てる

ASPで商品を探す

画像で商品の魅力を伝える

といった流れになります。

②YouTube

YouTubeは、直接のアフィリエイトが可能なSNSとなっています。

YouTubeの特徴は以下の通りです。

YouTubeの特徴
・アフィリエイトリンクの掲載が可能
・SEOにも対応している
・ストック型なのでコンテンツが蓄積される

このようにYouTubeは、SEOの動画枠に表示されたり、ストック型のため古い投稿が長期間再生されたりと、ブログに似た側面があります。

しかし動画の作成には技術が必要で、さらに芸能人の参入も増えているため、初心者にとってハードルは高い印象です。

YouTubeをアフィリエイトで利用する場合は、

ASPで商品を探す

動画で商品の魅力を伝える

といった流れになります。

③Twitter

ブログでアフィリエイトをしている人は、Twitterの利用がおすすめです。

Twitterの特徴は以下の通り。

Twitterの特徴
・拡散力が強い
・リンクを貼りやすくブログとの相性がいい
・直接のアフィリエイトは禁止

このように、Twitterでのアフィリエイトリンクの直接の掲載はポリシー違反となっており、アカウント凍結の可能性があります。

(※実際はAmazonアソシエイトの商品紹介リンクを掲載している人も多く、どの程度まで許可されているのかは不明です。)

とはいえ、拡散力がありブログ記事への流入を増やせるので、間接的に集客の効果が高いです。

そのため、Twitterをアフィリエイトで利用する場合は、

ASPで商品を探す

ブログ記事を書く

SNSで記事を投稿する

といった流れがメインとなっています。

以上が、アフィリエイトにおすすめな3つのSNSです。

続いて、SNSでのアフィリエイトが可能なASPをまとめます。

SNSでアフィリエイト可能なASP5つ

アフィリエイトができるSNSまとめ

続いて、SNSでアフィリエイトができるASPをまとめます。

SNSでアフィリエイトできるASP
①Amazonアソシエイト
②もしもアフィリエイト
③afb
④バリューコマース
⑤アクセストレード

以下で詳しく解説します。

①Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイトは明確に「TwitterアカウントやFacebookアカウントでも登録可能」と記載があるASPです。

Amazonアソシエイトで登録可能なASPはこちら。

登録可能なSNS
・Facebook
・Instagram
・Twitter
・YouTube
・Twitch.tv
申請の審査プロセスについて

このように、数多くのSNSに対応しています。

また、AmazonアソシエイトはSNSで登録可能となっています。
Amazonアソシエイトの登録手順

Amazonアソシエイトの審査攻略方法はAmazonアソシエイト審査に申請5日で合格した話【攻略法を徹底解説】を参考にしてください。

また、現在Amazonアソシエイトを利用中の方はAmazonアソシエイトにTwitterを登録する方法でSNS連携方法を解説しています。

②もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは利用登録後にSNSの連携ができます。

もしもアフィリエイトで登録可能なASPはこちら。

登録可能なSNS
・Instagram
・Twitter
・YouTube

このように、現在は3つのSNSで利用可能です。

また、SNSへの投稿ができるのは「SNS・YouTube OK」と記載された案件のみとなっています。Instagram×アフィリエイト

SNSの連携は、もしもアフィリエイトに登録後に「マイページ」→「登録メディア一覧」で行ってください。
もしもアフィリエイトでSNS連携する方法

もしもアフィリエイトの登録はこちら

③afb

afbはSNSアカウントのみで登録可能なASPです。

afbで利用できるASPはこちら。

登録可能なSNS
・Instagram
・YouTube

このように、現在は2つのSNSで利用可能です。(※Twitter・Facebookでの投稿はできません。)

afbは、利用登録時にサイト情報にSNSのURLを入力すればOKです。
AFBのSNS連携方法

また、現在afbを利用中の方は「登録情報管理」→「サイト情報」からSNSの追加申請ができます。
AFBのSNS連携方法

afbの登録はこちら

④バリューコマース

バリューコマースはSNSアカウントのみで登録可能なASPです。

バリューコマースで利用できるASPはこちら。

登録可能なSNS
・Instagram
・YouTube

このように、現在は2つのSNSで利用可能です。(※Twitter・Facebookでの投稿はできません。)

バリューコマースは、利用登録時にサイト情報にSNSのURLを入力すればOKです。
バリューコマースのSNS連携方法

また、現在バリューコマースを利用中の方は「設定」→「登録サイト管理」からSNSの追加申請ができます。
バリューコマースのSNS連携方法

バリューコマースの登録はこちら

⑤アクセストレード

アクセストレードはSNSアカウントのみで登録可能なASPです。

アクセストレードで利用できるASPはこちら。

登録可能なSNS
・Instagram
・YouTube

このように、現在は2つのSNSで利用可能です。(※Twitter・Facebookでの投稿はできません。)

アクセストレードは、利用登録時にサイト情報にSNSのURLを入力すればOKです。アクセストレードのSNS登録方法

また、現在アクセストレードを利用中の方は「マイページ」→「副サイト追加申請」からSNSの追加申請ができます。
アクセストレードのSNS登録方法

アクセストレードの登録はこちら

以上が、SNSでアフィリエイト可能なASP5つです。

ちなみに、A8.netはSNSへの広告掲載は禁止となっています。SNSに直接A8.netの広告を貼ってもいいですか?

次に、アフィリエイトをするうえでのSNSとブログの特徴を解説します。

アフィリエイトサイトがSNSを使うべき理由

アフィリエイトができるSNSまとめ

これからのアフィリエイトでは、SNSで集客しつつ、ブログで稼ぐのがおすすめです。

というのも、SNSだけでアフィリエイトの成果に繋げるのは難しく、またブログのみでアクセスを集めることも困難だからです。

そこで、SNSとブログの特徴を理解して、両方の良い部分を活用していきましょう。

SNSの特徴

SNSの特徴は、以下の通りです。

SNSの特徴
・拡散力がある
・過去の情報が埋もれてしまう
・掲載できる情報量に制限がある

このように、SNSの最大の特徴は拡散力です。

また、SNSでは受け身のユーザーにこちらから情報を提示できるので、認知を広げるのに最適となっています。

そして以前は若い世代に普及している印象でしたが、現在は幅広い世代に利用されていることも強みです。

SNS利用状況総務省:SNS利用状況

一方で、SNSの弱みは投稿できる情報量の少なさです。

Twitter:140文字、画像4枚
Instagram:2,200文字、画像10枚

このように、投稿できるテキストと画像が制限されています。

ブログの特徴

ブログの特徴は以下の通りです。

ブログの特徴
・拡散力が低い
・過去の情報が読まれやすい
・文字数や画像の枚数に制限がない

このように、SNSと比較すると体系的に情報を発信できる強みがあります。

つまり、アフィリエイトでは売り上げに繋がりやすく、収益を伸ばすならブログの利用がおすすめです。

また、ブログの弱みは集客の難易度が高いことで、SEOでの上位表示に課題があります。

以上が、SNSとブログの特徴です。

アフィリエイトサイトがSNSを使うべき理由

SNSとブログを比較すると、それぞれの強みと弱みが対応しているので、お互いに補いつつ相乗効果を狙うことができます。

例えば、SNSを利用するとユーザーの囲い込みができます。

検索から訪れたユーザーは、ブログを一度読むだけで再度訪問してくれる確率が低いですが、SNSで継続的に情報を伝えられる状態になっていれば、長期的に接点を持つことができます。

このようにSNSの「フォロー」や「チャンネル登録」といった仕組みはブログにはないモノなので、ブログ運営に活かせるポイントとなっています。

またSNSで定期的に露出することでザイオンス効果も働きます。(※ザイオンス効果とは、接触回数が増えると好印象を持つようになる心理現象です。)

ブログでアフィリエイトをしている人は、SNSで日常的に質の高い情報を発信して好感度を高めつつ、ファンを獲得していきましょう。

ちなみに、SNSで使えるアイコンの作り方はブログのアイコンの作成方法【初心者でもオリジナルアイコンを使うべき理由】で解説しています。

まとめ:SNS×ブログが効果的です

アフィリエイトができるSNSまとめ

この記事では、直接アフィリエイトができるSNSと、SNSのおすすめの使い方を解説しました。

繰り返しになりますが「SNSの拡散力」と「ブログのコンテンツ力」をかけ合わせることが、アフィリエイトの成功に繋がります。

両方のメリットを活かしつつ、アフィリエイトで成果を伸ばしていきましょう。

ブログでアフィリエイトを始める手順は、以下の記事で解説しています。

【簡単】アフィリエイトを始める手順とやり方を解説

また、アフィリエイトでおすすめのジャンルも紹介しています。

【初心者向け】アフィリエイトのおすすめジャンル17選

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

アフィリエイトで月3万円を稼ぐコツ【売り上げを伸ばす設計力×分析力】
会社員がバレずに月30万稼ぐまでにやったこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました