ブログのノウハウ

アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由【業界の裏側について解説します】

アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

アフィリエイトで稼ぎたいのですが、どうしても怪しいイメージがあります。
実際のところはどうですか?

以上のような、アフィリエイトの怪しさ・胡散臭さに関する質問にお答えします。

PV画像

当ブログはコツコツ更新した結果、アクセス数が大幅に伸びました。またアフィリエイト収益も増えており、現在は月70万ほどを稼いでいます。

このように個人で稼いでいますが、僕自身もアフィリエイトを始めるまでは「ネットビジネスは怪しすぎる」と感じていた側です。

そこでこの記事では、アフィリエイトが怪しいと思われている理由と、実際どうなのかについて解説しました。

※3分で読めますので「アフィリエイトがどうも信用できないぞ」と感じている方は是非ご覧ください。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由

アフィリエイトとは、インターネット広告の仕組みの1つです。

アフィリエイトで稼ぐ仕組みをシンプルまとめると、以下のようになります。

アフィリエイトの仕組み
ブログで紹介した商品が売れる

企業から成果に応じた報酬をもらえる

このように、商品の紹介料が発生する簡単な構造です。

どんな流れで稼げるのか?

アフィリエイトで稼ぐイメージとして、ブログ収益化の具体例をまとめます。

まず「ネットで映画を見たい」という目的を持っている人を想像してください。

そこで映画を見たい人は、良さげな映画を調べるためにGoogleで検索します。

ブログ読者の行動の流れ
休日に「映画を見たい」と考える

Googleで「映画 おすすめ」と検索する

そして検索結果には「映画 おすすめ」に合ったサイトが表示されます。

アフィリエイトで稼ぐイメージを解説

検索ユーザーは、こうしたブログ記事で映画を選び、おすすめ作品の詳細を確認します。

ここで、例えばU-NEXTやHULUなどの動画配信サービスの無料登録の紹介があると「無料で見れるなら登録しよう」と成約に進みます。

すると、無料登録1件当たり1000円ほどの報酬が、広告主からブログ運営者に支払われます。

以上が、アフィリエイトで稼ぐ具体的なイメージです。

このようにアフィリエイトは、市場の育ったビジネスとして安全に機能しています。さらに詳しい仕組みは【完全初心者向け】アフィリエイトとは?で解説しています。

続いて、アフィリエイトが怪しいと思われる理由をまとめます。

アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由

アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由

続いて、アフィリエイトが怪しいと思われがちな理由をまとめます。

アフィリエイトが怪しいと思われる理由
①個人が大きく稼ぐから
②情報商材と混同されるから
③検挙された例がある

以下で詳しく解説します。

①個人が大きく稼ぐから

アフィリエイトが怪しいと思われるのは、個人がネットを使って大きく稼ぐからです。

実際、アフィリエイトの収益を聞くと「そんなに稼げるはずがない」と思いがちです。

例えばA8.netなら以下のように月間成果報酬を公開しています。

A8.netが稼げない理由を解説

月間成果報酬BEST8
1位:12,829,520円
2位:4,141,881円
3位:3,843,373円
4位:2,266,057円
5位:2,011,826円
6位:1,895,989円
7位:1,804,869円
8位:1,769,900円
成果報酬BEST8

このように、月間で1200万円稼いでいる方がランキング1位で、BEST8の平均は382万となっています。(※実際は、収益が大きくなるとASPを介さずに直接提携することが多いため、稼いでいる人はさらに増えます。)

こちらを日本のサラリーマンの平均月収27万8400円(令和2年賃金構造基本調査)と比較すると、現実味がないように感じるのは当たり前です。

つまり、信じられない=怪しいと思われがちだということがわかります。

②情報商材と混同されるから

アフィリエイトは、情報商材などと同じようなイメージを持たれがちです。

情報商材とは「1日1時間の作業で月収50万円稼ぐ方法をお教えします。」などのセールストークで販売されているノウハウのことです。

こうした情報商材は品質が様々で、情報弱者が詐欺被害にあっているケースも少なくありません。

そして、このようなトラブルの風評被害で、全く関係のないアフィリエイトのイメージが怪しくなっている部分もあります。

情報商材に関しては、購入者のレビューをSNSで調べてみるなど事前のリサーチが大切です。

(※個人的には、ネット上に無料で公開されているアフィリエイトのノウハウだけで十分なので、むやみに買わなくていいと感じています。)

もし情報商材の詐欺に合ってしまった場合は、以下のように対策を取りましょう。

情報商材の詐欺にあった場合の対処法
・国民生活センターへ相談

全国に設置されている国民生活センターへ相談する
・弁護士に相談
被害額が大きい場合は弁護士に相談する
・警察へ被害届を出す
解決する可能性は低いですが、被害届を出すのも1つの方法です

③検挙された例がある

アフィリエイトは真っ当なビジネスモデルではあるものの、悪意のある使い方をすれば法律に抵触することになります。

例えば、虚偽の情報を掲載して書類送検されたケースがあります。

アフィリエイターを書類送検
国の承認がない健康食品が痛風や糖尿病に効くと自身のサイトで宣伝したとして、大阪府警は17日、医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告禁止)の疑いで、神奈川県茅ケ崎市の自営業の男性(51)を書類送検した。
Yahoo!ニュース

このように、社会の不利益になるような事例があるため、アフィリエイトに対して怪しいイメージがつくことがあります。

そこで、アフィリエイトで気を付けるべきポイントを簡単にまとめました。

著作権
著作者から許諾を得ずに、画像を掲載したり文章を引用することは禁止されています。
景品表示法
「100%」「絶対」「必ず」といった誇大広告は、不当景品類及び不当表示防止法で禁止されています。
薬機法
「この化粧品でアトピーが治りました」「この健康食品10kg痩せました」という虚偽の記述は禁止されています。
薬機法違反に関わる違反表現・広告事例集134選

こちらは、正しい方法でアフィリエイトをしている方には特に問題のない内容となっています。

以上が、アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由です。

その他のアフィリエイトのリスクについては【注意】アフィリエイトが危ない8つの理由をご覧ください。

次に、アフィリエイトの信頼性について解説します。

アフィリエイトの社会的信頼性について

アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由

次に「実際のところアフィリエイトは怪しいの?」という方向けに、アフィリエイトの信頼性についてまとめます。

アフィリエイトの信頼性
①アフィリエイト市場が拡大している
②ASPは上場企業が運営している

以下で詳しく解説します。

①アフィリエイト市場が拡大している

アフィリエイトはインターネット広告の1つですが、現在多くの企業はネット広告に膨大な費用をかける傾向にあります。

ネット広告費が伸びているネットが初のテレビ超え 広告費に見る時代の転換点

このように、ネット広告費だけが純粋に伸びていることがわかります。

これはつまり、アフィリエイト広告の市場規模拡大も意味しています。

アフィリエイト広告費の増加「アフィリエイト市場は今後も拡大を続け、2024年度の国内アフィリエイト市場規模は4,951億円まで拡大すると予測する。」
矢野経済研究所

このように、アフィリエイトはWebマーケティング手法として普及していることがわかります。

(※この市場はさらに需要が増す方向なので、企業も参入してきています。)

②ASPは上場企業が運営している

アフィリエイトをする際には、ブログ運営者と企業の間にASPという広告管理会社が入ります。

ASPは報酬の振込・広告審査といった事務手続きをしてくれるなど、個人のアフィリエイトを幅広くサポートしてくれる存在です。

こうしたASPは上場企業などが運営しているため、情報も開示されており、世間からの信用を得ています。

例えば、以下の通りです。

A8.net
・株式会社ファンコミュニケーションズ
・東証一部上場
・資本金11億7,367万円
バリューコマース
・バリューコマース株式会社
・東証一部上場
・資本金17億2,826万円
もしもアフィリエイト
・株式会社もしも
・資本金5億2,550万円
アクセストレード
・株式会社インタースペース
・マザーズ上場
・資本金9億8,465万円

このように、アフィリエイトは公に認められたビジネスモデルであることがわかります。

以上が、アフィリエイトの社会的信頼性がわかる2つの事実です。

その他のメリット・デメリットの比較はアフィリエイトのメリット6個とデメリット4個でまとめています。

ここからは、アフィリエイトを実際にやってみた感想をまとめます。

アフィリエイトの3つの事実

アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由

ここからは、アフィリエイトで稼ぐ難しさについてまとめます。

既に紹介したように、アフィリエイトはビジネスなので「楽して稼げる」わけではありません。

そこで、アフィリエイトの実態を3つのポイントで解説します。

アフィリエイトの事実
①必ずしも稼げるわけではない
②稼ぐまでに時間がかかる
③不労所得にはならない

以下で詳しく紹介します。

①必ずしも稼げるわけではない

アフィリエイトで稼げる収入は、以下の通りです。

アフィリエイトでの1ヶ月間の収入アフィリエイトでの1ヶ月の収入

アフィリエイトの収入
・月1万以上稼ぐ人
:33.8%
・月10万以上稼ぐ人:18.5%
・月100万以上稼ぐ人:6.5%

このように、アフィリエイトで得られる収入は人よって大きく差があります。

実際、始めたばかりで全く稼げない人もいる一方で、1か月で数百万円をコンスタントに稼ぐ人まで幅広いです。

またアフィリエイト収益は紹介する商品の報酬単価や、サイトのコンテンツの品質によっても変化します。

※アフィリエイトで稼げない理由はアフィリエイトで稼げない3つの理由【稼ぐ人の特徴10個を解説】で詳しくまとめています。

②稼ぐまでに時間がかかる

アフィリエイトで安定した収益を上げるには、少なくとも1年の期間が必要です。

アフィリエイト収益の目安は以下の通りです。

アフィリエイト月収の目安
・0円:初月
・1円:3か月
・500円:3か月
・5,000円:6か月
・10,000円:9ヶ月
・50,000円:1年
・100,000円:1年半
・200,000円:2年
・500,000円:2年
・1,000,000円:3年
・3,000,000円:3年
・10,000,000円:不明

このように、3か月~半年は月に1万円も稼げません。

アフィリエイトは稼ぐまでに時間がかかるアフィリエイトでの1ヶ月の収入

実際のところ「収入がない」と答えている人は30%ほどになっており、そのほとんどが恐らくブログを始めて1年未満の方です。

アフィリエイトを始めて最初の数ヶ月間は、地道な努力が必要なので、途中で諦めてしまう人が多数派となっています。

ちなみに、ブログを100記事書いた結果についてブログを100記事書くと稼げる?【アフィリエイトの努力は報われます】でまとめています。

③不労所得にはならない

アフィリエイトは初心者でも始められますが、まずは正しいノウハウを学ぶことが必須となっています。

アフィリエイトで必要な知識はこちらです。

アフィリエイトで必要な知識
・文章の書き方
・商品を売るノウハウ
・発信ジャンルの詳細情報

このように、人よりも収益を伸ばしたいなら勉強し続けなければなりません。

そのため不労所得を目指していたり、努力せずに稼ぐことが目的なら、アフィリエイトを選ばない方が良いです。

以上が、アフィリエイトの3つの事実です。

実際にアフィリエイトを頑張ってみると「すぐに稼げる」「不労所得になる」といった噂とは、全く違う実態があることがわかります。

最後に、初心者がアフィリエイトで稼ぐために大切なことをまとめます。

アフィリエイト初心者が稼ぐために大切な4つのこと

アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由

最後に、初心者がアフィリエイトで稼ぐために大切なことをまとめます。

アフィリエイトで大切なこと
①仕組みを理解すること
②まずは動き出すこと
③「楽して稼げる」系の情報は無視すること
④信用を大切にすること

以下で詳しく解説します。

①仕組みを理解すること

アフィリエイトは「商品が欲しい人」と「商品を売りたい人」をマッチングさせる仕事となっています。

つまり「商品の押し売り」ではないので、DMでこちらから商品を紹介したりなどの営業は不要です。

:商品を売り込むために営業する
:求める人のために情報を置いておく

このようなビジネスモデルを理解して、正しくアフィリエイトで稼いでいきましょう。

詳しくはアフィリエイトとは?【仕組みや稼ぐ方法を解説】でまとめています。

②まずは動き出すこと

アフィリエイトは座席の奪い合いでもあるので、ライバルよりも早く動き出すことが大切です。

しかし、現在はアフィリエイトの認知度は上がってはいるものの、まだ怪しいイメージが先行しているので参入が少ない傾向になります。

そこで、正しい方法で実践できれば月に5~10万は稼げるので、競合が少ないうちに動き出しましょう。

③「楽して稼げる」系の情報は無視すること

アフィリエイトは、商品の知識と、正しいマーケティングと、ブログ運営ノウハウがあってこそ成り立ちます。

これは簡単に身に付くものではなくて、実際に手を動かしながら学んでいくものです。

実際、当ブログでも最初の数か月間は全く伸びませんでした。

ブログ月間1万PVを達成するためにやるべきこと

・期間:11ヶ月
・記事:130本
・収益:月3万円

このように11ヶ月かけて挫折しそうになりながら130記事を書き、ようやく月3万円のアフィリエイト報酬でした。(※かなり結果が出るのが遅いタイプです。正しい方法でブログを書いていればもっと早く上達できます。)

当ブログの場合はノウハウを知らなかったので遠回りしすぎましたが、とはいえこうした地道な努力は必須です。

アフィリエイトは泥臭い作業が多いので、まずは手を動かすことを優先しつつ、有料情報は明確な目的を持って利用するようにしましょう。

④信用を大切にすること

アフィリエイトは、長期で稼いでいくビジネスモデルです。

つまり、本当に良い商品を紹介して、少しずつ評価を上げていくことが成功に繋がります。

そのため、目先の利益のために信用を失うのはコスパが悪いので、絶対にやめましょう。

アフィリエイトをするなら、読者・企業・自分自身が得をする「三方よし」のビジネスモデルを意識してください。

ブログの読者に嫌われずにアフィリエイトをする方法は読者に嫌われないブログの作り方を解説でまとめています。

以上が、アフィリエイト初心者が稼ぐために大切な4つのことです。

まとめ:アフィリエイトは、今後伸びていく業界です

アフィリエイトが怪しい・胡散臭いと思われる3つの理由

この記事では、アフィリエイトが怪しいと思われている理由と、実際どうなのかについて解説しました。

アフィリエイトが怪しいと思われがちな理由は、こちらです。

アフィリエイトが怪しいと思われる理由
①個人が大きく稼ぐから
②情報商材と混同されるから
③検挙された例がある

このように、世間のイメージはあまり良くはないです。

とはいえ、

・アフィリエイト市場が拡大している
・ASPは上場企業が運営している

といった信頼性もあり、徐々に認知されつつあるので、今後さらにアフィリエイトに追い風が吹いていくことが予想されます。

アフィリエイトを始めること自体にはリスクはないので、メリットを評価できる方は、実際に取り組んでみるのがおすすめです。

アフィリエイトの具体的なやり方は、以下の記事で解説していますので、挑戦してみてください。

【簡単】アフィリエイトを始める手順とやり方を解説

アフィリエイトでおすすめのジャンルは、こちらでまとめています。

【初心者向け】アフィリエイトのおすすめジャンル17選

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

会社員がバレずに月30万稼ぐまでにやったこと
アフィリエイト初心者が月1万円を稼ぐコツ4個

コメント

タイトルとURLをコピーしました