ブログのノウハウ

【具体例あり】ブログ記事のタイトルの付け方【読まれるための8つのポイント】

読まれやすい記事タイトルの付け方

こんにちは、yujiです。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

ブログのアクセス数を増やしたいです。
読まれやすい記事タイトルの付け方を教えてください。

以上のような、ブログのアクセス数を増やしたい人の質問にお答えします。

yujiblogのアクセス数

当ブログはコツコツ更新した結果、1年ほどでアクセス数が大幅に伸びました。

またアフィリエイトでの収益が伸び、現在は毎月30万以上まで成長しました。

そして記事を作成する際には『読まれやすい記事タイトル』を意識しています。

そこでこの記事では、読まれやすい記事タイトルにするための『8つのポイント』を紹介します。

※記事の後半では、検索ユーザーを注目させる【パワーワード23選】も公開しています。

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説
【SEO】ブログのアクセス数を増やす9個の方法

【徹底比較】ブログアフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー5選

sponser link

【解説】『記事タイトル』が重要な理由とは?

検索ユーザーは、Googleで検索したあと『タイトル』を見て読むかどうか判断します。

SEOで成果が出た例

実際はこのように検索結果に表示されるので『検索ユーザーにクリックしてもらえるかは、タイトルに左右される』ということが明らかだと思います。

残念ながらここでクリックされなければ、その記事は存在していないのと同じです。

なので、検索ユーザーにブログ記事を読んでもらうためには『クリックされるタイトル』が必要となります。

適切なタイトルを付けると、どうなる?

SEOはなぜ重要なのか、検索流入の割合の図

これは僕のブログのアクセス数ですが、ご覧の通り、Google/bing/Yahoo!からの検索流入(Organic)が9割を超えています。

適切なタイトルを付ければ、このように『安定した検索流入』が確保できます。

※検索結果に上位表示させる方法(SEO)については、以下の記事をご覧ください。
【効果あり】ブログのアクセス数を増やす方法【初心者向けSEO対策】

ここからは、読まれやすい記事タイトルの条件について詳しく解説します。

sponser link

ヒント:クリックされやすい記事タイトルとは?

クリックされやすい記事タイトル

検索ユーザーは『自分の悩みを解決できそうな記事』を探している

検索ユーザーは「悩みの解決策を見つけられるかどうか」を基準に、記事を選択しています。

そこで重視されているのが、以下の2点です。

クリックされる記事タイトルの特徴
▶悩み解決のために、役立つことがわかる
▶検索結果の中で、最も信頼性がある

以下では、この2つの特徴について補足説明をします。

▶悩み解決のために、役立つことがわかる

検索ユーザーは「わざわざ検索しているので、できるだけ迅速に悩みを解決したい」と考えています。

そのためには、記事タイトルの短い文章の中で「この記事を読めば、あなたの悩みを解決できます」と明確に伝えることが大切です。

逆にNGなのは、以下のようなタイトルです。

NG例(役に立つか不明なタイトル)
・記事のメリットがあやふや
・専門用語ばかりで理解できない

このように、読む価値がないと感じてしまうタイトルでは、クリックされません。

▶検索結果の中で、最も信頼性がある

検索ユーザーは「正しい答えを知りたいので、最も信頼できる記事を選びたい」と考えています。

そのため、タイトルは記事内容をシンプルに要約したものであることが重要です。

逆にNGなのは、以下のようなタイトルです。

NG例(信頼性がないタイトル)
・煽りや誇張された表現が入っている
・記事内容とタイトルが違う

このように『煽り』『誇張された表現』では、記事全体の信憑性が低下してしまいます。

また、記事内容とタイトルが一致していないと、読者は裏切られたような気持ちになり、クリックしてもすぐにサイトから離脱します。

再度まとめると、クリックされる記事タイトルの特徴は以下の通りです。

クリックされる記事タイトルの特徴
▶悩み解決のために、役立つことがわかる
▶検索結果の中で、最も信頼性がある

記事タイトルには、この2点が必須となります。

ここからは、検索ユーザーが記事を読みたくなる『8つのポイント』について解説します。

sponser link

【簡単】ブログ記事のタイトルの付け方【8つのポイント】

読まれやすい記事タイトルの『8つのポイント』はこちらです。

記事タイトルの8つのポイント
①検索キーワードを入れる
②疑問文を書く
③理由や方法を伝える
④実績や経験談を伝える
⑤簡単さを伝える
⑥網羅性を伝える
⑦数字を入れる
⑧文字数を30字前後にまとめる

以下で詳しく解説します。

①検索キーワードを入れる

記事タイトルの付け方

記事タイトルは必ず『検索キーワード』を軸に作成します。

例えば『ブログ 書き方』のキーワードで記事を書く場合、以下のようになります。

検索キーワードを入れる
例)ブログ記事の書き方を解説

このように、検索ユーザーは自分が入力した検索キーワードが入っているタイトルをクリックします。

また、SEOでも検索キーワードが含まれている場合の方が、検索上位に表示されやすいです。

読者にクリックされやすい検索キーワードは、Googleの検索候補やラッコキーワードで探すことができます。

Googleの検索候補

検索キーワードに関する情報は、以下の記事で詳しくまとめています。参考までにどうぞ。
【最重要】SEOキーワードの選定方法を詳しく解説します

②疑問文を書く

記事タイトルの付け方

検索ユーザーは『疑問の解決』のために検索しているので、悩みに合ったタイトルをクリックします。

そのため、検索ユーザーが解決したい疑問や悩みを、そのままタイトル文にするのがおすすめです。

例えば『ブログ 書き方』の記事タイトルは、以下のように作成します。

疑問文を書く
例)読まれるブログ記事の書き方とは?

このように『とは?』と付けることで、答えがわかる有益な記事だということが伝わります。

③理由や方法を伝える

記事タイトルの付け方

『理由』や『方法』は疑問に対する答えになるので、効果的なタイトルになります。

例えば『WordPressブログ』に関する記事にタイトルをつける場合、以下のようになります。

理由や方法を伝える
例)ブログを書く人にWordPressをおすすめする理由

このように、検索ユーザーの悩みの解決策が書かれていることをはっきり伝えることで、クリック率が上がります。

この他にも、以下のようなフレーズが役に立ちます。

▶理由を伝える
・『なぜ~なのか?』
・『あなたが~できない理由』
▶方法を伝える
・『~する方法』
・『~の使い方を解説』

このように「具体的な解決方法が書かれています」と明記することで、記事が読まれやすくなります。

④実績や経験談を伝える

記事タイトルの付け方

『実績』や『経験談』など、信頼につながるタイトルは読まれやすいです。

というのも、検索ユーザーは「信頼できる情報を知りたい」と考えているからです。

例えば『ブログの書き方』の記事にタイトルをつける場合、以下のようになります。

実績や経験談を伝える
例)【実証済み】30万アクセスされたブログ記事の書き方

このように、信頼できる事実であることを伝えるのが効果的です。

また、具体的な情報を入れる場合は、以下のようなフレーズが便利です。

・『実際に~できた方法』
・『経験者は語る~』
・『~に失敗した僕が解説』

小さな実績でもこうして紹介することで、記事に対する権威性を上げることができます。

⑤簡単さを伝える

記事タイトルの付け方

タイトルに「簡単です」と書かれていると、検索ユーザーはついクリックしたくなります。

というのも『検索する人=専門知識がない人』であることが多く、基本的に「難しい情報は避けたい」と考えているからです。

そのため「初めての人でも簡単にできます」と明言することが大切です。

例えば『ブログ 書き方』のキーワードで記事を書く場合、以下のようになります。

簡単さを伝える
例)【簡単】ブログ記事の書き方【初心者向けに解説】

このように、初心者でも簡単にできることを強調すると、安心感を与えることができます。

この他にも、

・『~するだけ』
・『初めてでも安心』
・『手順はこれだけ』
・『すぐわかる~』

といったフレーズが効果的です。

⑥網羅性を伝える

記事タイトルの付け方

『まとめ』など、多くの情報が網羅された記事は読まれやすいです。

なぜなら、検索ユーザーは「1回の検索で答えを知りたい」と感じているからです。

そのため「知りたい情報がこのサイトだけでわかります」と伝えると、クリックされやすくなります。

例えば『ブログ 書き方』のキーワードで記事を書く場合、以下のようになります。

網羅性を伝える
例)【徹底解説】ブログ記事の書き方のまとめ

このように「できるだけ多くの情報を知りたい」という気持ちに応えることで、クリック率は伸びます。

この他にも、

・『すべて』
・『徹底的に~』
・『完全版』

といったキーワードで網羅性が伝わります。

⑦数字を入れる

記事タイトルの付け方

タイトルに数字を入れると、記事内容を具体的にイメージしやすくなり、アクセス数が増えます。

例えば、以下のように数字を使うと効果的です。

数字を入れる
例)ブログ記事の書き方【手順は3つ】
→簡単そうな印象
例)【SEOがわかる】おすすめの本24冊
→網羅的な印象

このように情報量の目安になるので、検索ユーザーに意図した印象を与えることが可能です。

また数字は目につきやすいので、パッと見で注目されやすいです。

・『2021年最新~』
・『3つの方法』
・『1日5分で~』

このようなフレーズで、検索ユーザーの反応率が上がります。

⑧文字数を30字前後にまとめる

タイトルの文字数は、30文字前後がおすすめです。

というのも、検索結果で表示される文字数の目安が『30文字程度』となっているからです。

実際に検索してみると、表示される文字数は以下のようになっています。

▶PC
ブログ記事の文字数は30文字がおすすめ

▶スマホ
ブログ記事の文字数は30文字がおすすめ

▶SNS
SEOに最適なタイトルの文字数

表示される文字数
▶PC
…27文字
▶スマホ…31文字
▶SNS…33文字

そのため、読者に確実にクリックしてもらうためには、特に重要なキーワードを必ず30文字以内に入れておくようにしましょう。

※隠れている部分もGoogleには認識されています。SEO的には30文字より長くなっても問題ありません。

さらに詳しい内容は、こちらの記事で解説しています。
【SEO】ブログのタイトルに最適な文字数は?

以上が、読まれやすい記事タイトルの『8つのポイント』です。

クリック率が上がる『メタディスクリプション』の書き方とは?

検索ユーザーは、タイトル以上にメタディスクリプションを重視しています。

以下は検索結果画面を見ているときの検索ユーザーの目線です。

メタディスクリプションの書き方詳細情報:Complex Search-Results Pages Change Search Behavior: The Pinball Pattern

このデータから、検索ユーザーは特にメタディスクリプションを読んで、記事が参考になるかどうかを判断しているということがわかります。

以下の記事で、クリックされやすいメタディスクリプションの書き方を解説しています。参考までにどうぞ。
【SEO】クリック率が上がるメタディスクリプションの書き方7つ

以下では、検索ユーザーが無意識に読みたくなる『パワーワード』を紹介します。(※有益です)

【重要】読者が注目する『パワーワード』とは?

記事タイトルの付け方

ここからは、検索ユーザーが自然と注目する『パワーワード』を23個紹介します。

以下のパワーワードを1つ入れておくと「無意識にクリックしてしまうタイトル」になります。

パワーワード23選
①【重要】
②【簡単】
③【無料】
④【最新】
⑤【比較】
⑥【事実】
⑦【便利】
⑧【人気】
⑨【限定】
⑩【厳選】
⑪【安心】
⑫【圧倒的】
⑬【保存版】
⑭【決定版】
⑮【完全版】
⑯【経験談】
⑰【要注意】
⑱【あなた】
⑲【今だけ】
⑳【セール】
㉑【初公開】
㉑【保証する】
㉒【実証済み】
㉓【効果あり】

以上が、効果的なパワーワード23選です。

当ブログでも必ずタイトルに入れているので、コピペして活用していただけたらと思います。

また、ブログに必要な文章技術をさらに詳しく学びたい方は、本での勉強がおすすめです。
当ブログでは書籍に書いてあることをそのまま実践しただけで検索1位を量産できたので、以下の記事で1冊選んでみるのもいいかと思います。
【保存版】Webライティングが上達するおすすめ本28選

まとめ:タイトルだけで、読者をブログ記事に誘導できます

この記事では、検索ユーザーに読まれやすい記事タイトルの『8つのポイント』を紹介しました。

再度になりますが、以下の通りです。

記事タイトルの8つのポイント
①検索キーワードを入れる
②疑問文を書く
③理由や方法を伝える
④実績や経験談を伝える
⑤簡単さを伝える
⑥網羅性を伝える
⑦数字を入れる
⑧文字数を30字前後にまとめる

この8つを上手に組み合わせて、読者を記事に誘導できるタイトル作成をしていただけたらと思います。

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説
【効果あり】ブログのアクセス数を増やす9個のコツ
【完全版】SEOに強いブログ記事の書き方テンプレート
【売れる文章術】『セールスライティング』の5つのコツ
Amazonアソシエイト審査に1発合格した話

コメント

  1. 眞山健幸 より:

    初めまして!
    記事拝見しました。一年で30万PVすごいですね!
    「無意識にクリックしてしまうタイトル」は非常に分かりやすくて参考になります。
    記事作成の際に使わせてもらいますね。

タイトルとURLをコピーしました