ブログのノウハウ

ブログキーワード選定のやり方6ステップ【穴場キーワードを探すコツ】

ブログキーワード選定のやり方6ステップ【穴場キーワードを探すコツ】

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウを解説しています。

SEOに強いブログ記事を書きたいです。
キーワード選定のコツを教えてください。

以上のような、ブログキーワード選定についての質問にお答えします。

この記事の内容
・ブログキーワード選定のやり方6ステップ
・穴場キーワードの探し方5つのコツ
・初心者が狙うべき検索ボリュームの目安

yujiblogpv0120

当ブログはコツコツ更新した結果、月間18万PVとなりました。
またアフィリエイト収入も増えており、現在は月85万ほどを稼いでいます。

本記事では、ブログのキーワード選定の手順を解説しました。

ブログが読まれるかどうかは、キーワード選びで9割決まります。

キーワード選定のやり方

当ブログでもキーワード選定に取り組んだ結果、多くの記事で上位表示できるようになりました。

「キーワードの探し方を知りたい…」という人は、この記事を参考にしつつ、読まれるキーワードを見つけてくださいね!

ブログでキーワード選定をやるべき理由

ブログでキーワード選定をやるべき理由

キーワード選定は、ブログ運営に必須の作業です。

キーワード選定は、SEOで効果が出るまでに半年ほど時間がかかります。

しかし、一度記事が上位表示されるようになれば、安定してアクセスを集めることが可能です↓

yujiblogpv0120

またGoogle公式ブログでも、

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。
有益な情報を最適な形式で

というように「検索されるキーワード」に合わせて記事を書いていく重要性が記載されています。

ブログ初心者が狙うべきキーワードは?

ブログ初心者が狙うべきは、

・検索上位に表示されやすい
・ある程度検索数がある
・記事を作成しやすい
・稼ぎやすい

といった条件に当てはまるキーワードのみです。

無数にあるキーワードの中から「書く意味のあるキーワードだけ」を選び、効率的にブログを伸ばしていきましょう!

ブログのキーワード選定のやり方6ステップ

ブログのキーワード選定のやり方6ステップ

ブログのキーワード選定は、以下の手順でできます↓

キーワード選定のやり方
①大きいキーワードを決める
②ラッコキーワードでデータを取得する
③検索ボリュームを調べる
④キーワードを分類する
⑤ブログ記事を考える
⑥キーワードをGRCに登録する

詳しく解説します。

①大きいキーワードを決める

まず、ブログのメインとなる「大きいキーワード」を決めます。

ここでは3つほど候補を出して、1つずつを調べながら検討していきましょう。

例として、僕は留学に行った経験があるので「英語学習」という大きいキーワードを選んでみます。

また、基本的にブログテーマに沿ったものを選べばOKなので、テーマ決めから取り組んでくださいね。
》ブログテーマの決め方5つのポイント

②ラッコキーワードでデータを取得する

大きいキーワードが決まったら、ラッコキーワードで候補を広げましょう。

1.ラッコキーワードを開きます。(※登録で様々な機能が使えます。)

2.「英語学習」で検索をかけると、キーワード一覧が表示されます。キーワード選定でのラッコキーワードの使い方

3.右上の「全キーワードコピー」をクリック。キーワード選定でのラッコキーワードの使い方

これで、キーワードデータの取得ができました。

③検索ボリュームを調べる

続いて、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べます。

1.キーワードプランナーを開きます。

※キーワードプランナーの使い方は、以下でご確認ください。
》Googleキーワードプランナーの使い方

2.「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を開きます。Google広告のキーワードプランナーの使い方

3.キーワード入力欄に、キーワード候補をすべて貼り付け「開始する」をクリックします。Googleキーワードプランナーの使い方を解説

4.キーワードの検索ボリュームが表示されました。Google広告のキーワードプランナーの使い方

5.キーワード一覧の右上にある「↓(ダウンロードマーク)」をクリックします。Google広告のキーワードプランナーの使い方

6.「過去のプラン指標」からデータをダウンロードします。(スプレッドシートがおすすめです。)キーワードプランナーの検索ボリューム

7.CSVファイルを開くと、以上のような内容になっています。キーワードプランナーの検索ボリューム

8.キーワード選定に必要な情報は「キーワード」「検索ボリューム」の2つです。キーワードプランナーの検索ボリューム

9.必要な情報を整理し、検索ボリューム順に並べましょう。キーワードプランナーの検索ボリューム

これで、キーワードの検索ボリュームを調べることができました。

④キーワードを分類する

検索ボリュームを調べたら、キーワードを分類しましょう。

キーワード選定の例

・「本」「参考書」はニーズが同じ
・「YouTube」「チャンネル」はニーズが同じ

このように、キーワード一覧を見ると「ユーザーが求めている内容が同じ」といったものが見つかります。

また検索ボリューム0~50のキーワードは、まったく集客できないので除外してOKです。

⑤ブログ記事を考える

分類したキーワード一覧から、ブログの記事構成を考えましょう。

SEOキーワード選定リスト

・「本」「参考書」で1記事
・「YouTube」「チャンネル」で1記事

このように分類したキーワードをじっくり見ると、10~20記事ほどのコンテンツを作れそうです。

そして実際にキーワードを検索してみて、

・競合サイトの様子は?
・情報量は適切か?

を確かめつつ、ブログ記事の方向性を考えていきましょう!

※「競合サイトが強すぎる」「検索ボリュームが全体的に少なすぎる」といった場合は、メインキーワードの変更がおすすめ。ここでブログの方向性が決まるので、焦らず時間をかけて戦略を練ってください。

⑥キーワードをGRCに登録する

検索順位チェックツール

キーワード選定ができたら、GRCにキーワードデータを登録しましょう。

GRCは、当ブログでも導入している検索順位チェックツールで、効率的にブログを伸ばせるようになります。

GRCはスプレッドシートのデータからキーワードを一括登録できるので、手順を以下で紹介しています。
》GRCにキーワードを一括登録する方法

以上で、キーワード選定が完了です。

ブログの穴場キーワードの探し方5つのコツ

ブログの穴場キーワードの探し方5つのコツ

初心者でも検索上位を目指せる「穴場キーワード」の探し方はこちらです↓

穴場キーワードの探し方
①ロングテールキーワードを狙う
②検索して競合サイトをチェックする
③検索トレンドを見る
④派生コンテンツを考える
⑤サーチコンソールで見つける

詳しく解説します。

①ロングテールキーワードを狙う

ブログの穴場キーワードの探し方5つのコツ

まず、ブログ初心者が検索上位を目指すには「ロングテールキーワード」を狙いましょう。

ロングテールキーワードは、

・3つ以上の単語でできている
→検索ニーズがわかりやすく記事を書きやすい
・検索ボリュームが月100~500程度
→競合性が低いので上位を狙いやすい

といった特徴があり、ブログ初心者の方でも上位表示されやすいです。

②競合サイトをチェックする

ブログの穴場キーワードの探し方5つのコツ

ブログのキーワード選定では、必ず検索して競合サイトをチェックしましょう。

Google検索の上位10記事ほどを確認して、

・個人ブロガーが多いから戦えそうだな…
・企業サイトばかり評価されていて個人は負けそうだからやめておこう…

というように、実際の雰囲気を掴んでおきましょう。

特にブログ初心者の方は、個人ブログがたくさん出てくるキーワードだと上位表示しやすいです。

※キーワードプランナーに表示されている「競合性」は、広告出稿をする際の競合性なので無視してOKです。

③検索トレンドを見る

キーワードプランナーでトレンドの詳細を見ると「狙い目キーワード」を見つけることができます。

例えば、以下のキーワードはどちらも「検索ボリューム110」ですが、トレンドを見ると検索数に差があることがわかります↓

トレンドが下がり、現在は検索ボリューム70キーワード選定はトレンドを見よう

トレンドが上がり、現在は検索ボリューム140 キーワード選定はトレンドを見よう

この場合、後者は「検索ニーズが増えているが注目されていないキーワード」なので、積極的に狙っていきましょう。

④派生コンテンツを考える

記事から派生したコンテンツを考えると、キーワード選定では見つからない「穴場キーワード」が見つかります。

ロングテールの解説

このように、記事を作成していく途中で必要性のあるキーワードには、新たに記事を追加しましょう。

結果、キーワード選定に登場していなくても、読まれる記事を書くことができます。

⑤サーチコンソールから見つける

記事を作成後、Googleサーチコンソールのデータから「穴場キーワード」が見つかります。

サーチコンソールでは「どのようなキーワードで検索されているか?」を見ることができます↓

リライトと、キーワード選定の見直し

例えばここでは、想定していなかった「やり直し」というキーワードで検索されていることが判明しました。

そこで、

・「英語のやり直し」について記事を強化
・「やり直し」を記事タイトルに入れる

といった記事修正をすることで「やり直し」というキーワードも狙うことができます。

このように「狙っていないが、表示回数が多いキーワード」に最適化して、アクセス数を伸ばしましょう。

以上が、穴場キーワードの探し方5つのコツです。

ブログ初心者がキーワード選定で狙うべき検索ボリュームの目安

ブログ初心者がキーワード選定で狙うべき検索ボリュームの目安

ブログで狙うべき検索ボリュームは、キーワードによって変わります。

なぜならキーワードによって、

・検索ボリュームの上限
・競合の様子

が違うからですね。

たとえば僕が狙っているキーワードの場合、

・10000以上
1番大きいキーワードで20000ほど。
最終的にここで上位表示できたら嬉しいけど、競合サイトが強すぎて無理そう…
・1000~9999
競合サイトに企業サイトと個人ブログが混ざっていて、少し難易度は高め。
ただ、時間をかければ上位表示できそうなので、力作のコンテンツを用意して戦おう!
・100~999
競合サイトに個人ブログも多いし、ここでなら上位表示できそう。
キーワードが多くて大変だけど、1つ1つ着実に押さえていこう!
・50~99
競合サイトはそれほど強くなさそうなので、簡単に上位表示できそう。
しかし、1位表示されても月50人にしか読まれないなら、記事を書く労力に見合わないのでやめておこう…

といったイメージです。

※もちろん例外もあり、検索ボリューム50でも「稼げるキーワード」なら記事を作ることもあります。

要するに、競合サイトの様子によって狙うキーワードは変わるので、自分のできる範囲で戦える「コスパの良いキーワード」を見つけていきましょう!

まとめ:ブログのキーワード選定で効率的にブログを伸ばそう

ブログのキーワード選定で効率的にブログを伸ばそう

この記事では、ブログのキーワード選定について詳しく解説しました。

キーワード選定は、ブログ運営で欠かすことのできない必須作業です。

これをやらずにブログで稼ぐことは不可能なので、時間をかけてじっくり取り組んでくださいね!

また、以下の記事ではブログの書き方について徹底的に解説しています。
》ブログ記事の書き方テンプレート

また、ブログにSEOキーワードを入れる方法については、以下をご覧ください。
》ブログのSEOキーワードの入れ方4つを解説

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

》ブログ記事タイトルの付け方8選
》ブログアフィリエイトの必須ツール15選

コメント

タイトルとURLをコピーしました