ブログのノウハウ

ブログを多くの人に見てもらうための6つのポイント【読まれる条件のまとめ】

ブログを多くの人に見てもらうために必要な6つのポイント

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

ブログをコツコツ更新しているのですが、なかなか読まれません。
たくさんの人に見てもらうにはどうすればいいですか?

以上のような、ブログのアクセスを増やしたい方の質問にお答えします。

PV画像

当ブログはコツコツ更新した結果、アクセス数が大幅に伸びました。またアフィリエイト収益も増えており、現在は月70万ほどを稼いでいます。

このようにブログが読まれるようになると、記事を書くモチベーションが上がります。

実際、安定してアクセスを集めるのは大変ですが、正しい努力ができれば記事は自然と読まれるようになるので、この記事で紹介する方法を実践していただければと思います。

ブログを見てもらうために知っておきたいこと

ブログを多くの人に見てもらうために必要な6つのポイント

まずは、ブログを見てもらうための基本的な考え方を解説します。

読者は情報を求めている

ブログを見てもらうためには、読者の特徴を把握しておく必要があります。

ブログを読む読者には、以下のような特徴があります。

ブログ読者の特徴
・知りたい情報があってブログを読んでいる
・できるだけ早く情報が欲しい
・興味のない情報はいらない

このように、ブログ読者は「情報を得る」という目的を持って記事を読んでいます。

言い換えると、文章を読みたいのではなく情報のみを求めているということです。

そこで、まずは読者にとって役に立つ情報を書いていることが、ブログを見てもらうための大前提となります。

日記を書いたブログはニーズがない

一般人の日常を書いたブログは、ほとんど読まれることはありません。

その理由は、以下の通りです。

日記ブログが読まれない理由
・忙しい読者にとってわざわざ読む時間がない
・ブログよりもSNSの方が日記に向いている
・Google検索で表示されない

このように、何気なく書いた日記は見てもらえない場合が多いです。

また、Googleは検索ユーザーの悩みを解決するコンテンツを評価するので、日記はGoogle検索で上位に表示されることも難しいです。

そのため、今日起きた出来事をまとめただけの記事では「見てもらえないブログ」になってしまいます。

Googleの考える優れたコンテンツとは?

ブログを見てもらうためには、SEOで評価されることが必須です。

※SEOとはGoogle検索結果で上位表示して、アクセス数を増やす対策です。

Googleは何よりもコンテンツの質を重視しています。

以下は、Googleが公開している良質なサイトの基準です。少し長いですが、コンテンツの内容が大事だということがよくわかります。

良質なサイトを作るためのアドバイス
・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
・この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも・素人によるものか?
・サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
・あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
・コンテンツはきちんと品質管理されているか?
・この記事は物事の両面をとらえているか?
・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
・次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
・コンテンツが外注などにより量産されている
・多くのサイトにコンテンツが分散されている
・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?
詳細情報:Webマスター向け公式ブログ

このように「コンテンツ is King」と言われている時代なので、要するに良い記事を書けばアクセスが増えていきます。

以上の基準をもとに、読者の望むコンテンツを作ることが大切です。

ストレスなく読める記事が優秀

また、読者の立場に立って考えてみると、すらすら読めるブログが求められることがわかります。

そこで、ブログで必要なのは「ストレスなく読める文章」を書く力です。

※本に書くような、立派な文章力は必要ありません。

というのも、Web媒体で普段から大量の情報をインプットしている読者には、シンプルな文章が届きやすいからです。

例えば以下のように工夫することで、記事内容をわかりやすく伝えることが可能です。

記事を読みやすくする方法
・見出しを目立たせる
・箇条書きを使う
・枠を使う
・画像を使う
・アイコンや吹き出しを使う

このような小さな工夫ですが、読者のためにできる配慮は徹底しておくのがおすすめです。

参考になるブログや配色を学べるサイトを紹介していますので、以下からチェックしてみてくださいね!
》おしゃれなブログデザインを作る15のコツ

以上が、ブログを多くの人に見てもらうための基本的な考え方です。
読者を第一にコンテンツを作ることで、徐々に読まれるブログを書けるようになります。

続いて、多くの人に見てもらうための記事の書き方を解説します。

ブログを多くの人に見てもらうためのポイント6つ

ブログを多くの人に見てもらうために必要な6つのポイント

ここからは、ブログを読んでもらうために必要な記事の書き方を解説します。

ブログを見てもらうためのポイント
①検索キーワードを軸に記事を書く
②1記事1キーワードで書く
③記事構成を丁寧に考える
④魅力的な記事タイトルを付ける
⑤独自性・網羅性を意識する
⑥E-A-Tを意識する

以下で詳しく解説します。

①検索キーワードを軸に記事を書く

ブログを多くの人に見てもらうためには、検索キーワードに沿って記事を書きましょう。

というのも、読者の悩みはすべて検索キーワードに反映されているからです。

例えば、ブログを伸ばしたい人は以下のように検索します。

検索の流れ
・悩み:ブログをたくさん見てもらいたい
・検索キーワード:「ブログ 見てもらうには」

このように、読者の悩み=検索キーワードになっていることがわかります。

つまり、検索キーワードから逆算することで、読者の悩みを事前に知ることができます。

そして読者のニーズを調べたいときはラッコキーワードに登録して調べるのがおすすめ。

キーワード選定でのラッコキーワードの使い方

このように、Google検索で実際に調べられている単語の一覧が表示されます。

ラッコキーワードのひとつひとつの項目に対して記事を書いていくことで、読者のニーズに合わせた記事執筆が可能になります。

また、キーワード選定の詳しい手順は【最重要】SEOキーワードの選定方法を詳しく解説しますでまとめています。

②1記事1キーワードで書く

読まれるブログを書くには、1記事で1つの検索キーワードを狙ったコンテンツ作りが必須です。

理由は以下の通り。

1記事1キーワードが大切な理由
・目的がはっきりしているので読者が記事を読みやすい
・記事の方向性が決まっているので執筆しやすい
・Googleは1つのテーマに特化されたページを好む
・複数のテーマが混在している場合、どの検索キーワードでも上位表示されない

このように記事の目的がはっきりするので、読者にとって読みやすく、Googleからも評価されやすくなります。

③記事構成を丁寧に考える

ブログを読んでもらうためには、記事の質を上げる必要があります。

そこでロジカルに記事構成を考えることで、読みやすい文章が仕上がります。

具体的には、

・急いでいてもスラスラ読める
・流し読みでも内容が頭に入る

といった記事が書けるようになるので、ブログ執筆では必ず構成から考えるようにしましょう。

構成を作るときには、以下のように書くとまとまりやすいです。

ブログ記事の文章構成の考え方

詳しい方法は【具体例あり】ブログの文章構成を考える6つの手順でまとめています。

④魅力的な記事タイトルを付ける

ブログを見てもらうためには、記事タイトルの役割が重要です。

読者はまずタイトルを見て、記事を読むかどうかを判断します。

例えばGoogleで検索した場合には、以下のようにタイトルが目立って表示されます。

SEOで成果が出た例

またSNSでも同様で、記事をシェアした時に表示される情報は、タイトルのみです。

このように、URLをクリックしてもらえるかはタイトルに左右されます。

ここでクリックされなければ、その記事は存在していないのと同じなので、記事には読まれやすい魅力的なタイトルを付けましょう。

読者が読みたくなる記事タイトルの付け方は【具体例あり】ブログ記事のタイトルの付け方8つで解説しています

⑤独自性・網羅性を意識する

Googleは、記事の独自性と網羅性を重視しています。

Googleの評価基準
・独自性:オリジナルコンテンツで、他社サイトと差別化する
・網羅性:読者が知りたい情報を、すべて掲載する
詳細情報:Googleウェブマスター向け公式ブログ

このような2つの基準を意識して記事を書くと、Googleから評価される記事になります。

また、ブログ記事で独自性を出すには、以下の方法が簡単です。

独自性を出す方法
・自分の経験談を語る
・独自のデータを掲載する

このように個人の実体験を書くことで、読者に有益な情報を提供できます。

⑥E-A-Tを意識する

Googleはサイトの評価基準として、E-A-Tを重視しています。

Googleのサイト評価基準E-A-T
・Expertise/専門性:

サイト全体の分野が統一されている、情報が最新のものであるなど。
例えばブログを書く場合は、1つの分野に特化すると評価されやすいです。
・Authoritativeness/権威性:
記事が他サイトで引用されている場合などは、その分野で権威のあるサイトという評価がされます。
例えば行政機関や各省庁のホームページは権威性があり、必ず上位表示されています。
・Trustworthiness/信頼性:
コンテンツの内容がオリジナルで、発信者の身元が明かされていることが高評価につながります。
例えば健康に関わることであれば、医療従事者の書いた記事が高く評価されます。
詳細情報:Google General Guidelines

以上がGoogleのサイト評価基準E-A-Tです。

大まかにまとめると「専門的な内容にまとめ、信頼できる情報ソースを載せること」などが大切です。

以上が、ブログを多くの人に見てもらうためのポイント6つです。
このようにユーザーファーストで記事を書いていくことで、ブログは徐々にGoogleに評価され、読まれるようになります。

次に、ブログを見てもらうための導線づくりについてまとめます。

ブログを見てもらうための3つの導線とは?

ブログを多くの人に見てもらうために必要な6つのポイント

続いて、ブログを見てもらうための導線作りで意識すること3つを紹介します。

ブログを見てもらうための導線
①SEOで集客する
②ファンを作る
③SNSと連携する

以下で詳しく解説します。

①SEOで集客する

ブログの集客方法のメインはSEOです。

当ブログでも、アクセス数の9割以上が検索から生まれています。

そこで、ブログ初心者の方が知っておくべきことは、SEOは成果が出るまでに3か月かかるということです。

ブログを立ち上げて最初の1~2か月は全く読まれることはないので、その期間は着々と力を付けることを目指してください。

SEOでアクセス数を集める方法はブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけです】で詳しく解説しています。

②ファンを作る

ブログを伸ばすためには、継続して読んでくれるファンを獲得しましょう。

ブログのファンを獲得するためには、記事を定期的に更新するのがおすすめ。

というのも、読者は常に最新情報を求めており、新しい記事が好まれるからです。

また、読者が繰り返し読みに来てくれるブログは、Googleから見れば「人気がある」と判断されるので、SEOでの評価も上がります。

このように、記事を頻繁に更新するメリットは大きいです。

ブログの更新については【ブログの最適な更新頻度は?】SEOで評価されるためのコツを公開しますでまとめています。

また、覚えてもらうという意味でブログのアイコンの作成方法からオリジナルアイコンを作成するのもおすすめです。

③SNSと連携する

ブログ集客は、SNSとの連携でさらに効率的になります。

特にブログとTwitterの連携は効果的でして、相乗効果でアクセス&売り上げを伸ばしていけますよ。
》ブログとTwitterの連携方法【SNS集客の3つのコツ】

また、TwitterやFacebookで繋がる人たちは、ブログでの成功を必ず後押ししてくれます。

僕もこのように普段からつぶやいてますので、フォローしていただけると励みになります。

以上が、ブログを見てもらうための3つの導線です。
定期的に更新したりSNSでファンを増やすことは、初心者の方でも今すぐ取り組むことができるのでおすすめです。

最後に、ブログが伸びている人がやっていることを紹介します。

ブログが伸びている人の2つの共通点とは?

ブログを多くの人に見てもらうために必要な6つのポイント

最後に、ブログが伸びる人の共通点をまとめます。

ブログが伸びる人の共通点
①検索順位をチェックする
②定期的にリライトする

以下で詳しく解説します。

①検索順位をチェックする

ブログが伸びている人は、検索順位をチェックしています。

というのも、検索順位をチェックすることで、狙ったキーワードで上位表示ができるからです。

簡単にまとめると、

・順位チェックする人
→伸ばすべき記事がわかるので、短い作業時間でも成果を出せる。
・順位チェックしない人
→やみくもに記事を増やし続けるが、ブログが伸びない。次第にやる気が無くなって、ブログをやめる。

というように、検索順位をチェックする人の方が、圧倒的に伸びるスピードが速いです。

やみくもに記事を書いても消耗するだけなので、ブログで成果を出すには検索順位チェックツールでデータを追いかけつつ、作業を効率化してください。

検索順位ツールは、以下から選べばOKです。

・Macユーザー向け:Rank Tracker
・Windows/Macユーザー向け:GRC

当ブログで使っているGRCについてはSEO検索順位チェックツールGRCの使い方で詳しく解説しています。

②定期的にリライトする

ブログ記事は、何度か修正を繰り返すことで検索順位が上がっていきます。

具体的に、ブログが検索上位に表示されるまでの流れは以下の通りです。

記事が読まれるようになるまで
キーワード選定をする

読者の悩みを解決する記事を書く

順位をチェックする

2~3回リライトする

記事の検索順位がアップする

ようやく読まれるようになる

このように、ブログが読まれるようになるのは一番最後。

一度書いて検索順位が付き、何度かリライトを繰り返した後に、ようやく記事が読まれるようになります。

SEOに効果的なリライト方法を解説

こちらは当ブログの記事ですが、リライトで順位が上がりました。

このように、ブログでアクセスアップを狙うならリライトは必須です。

リライトの実際の手順は【具体例あり】ブログ記事のリライトでSEO効果を上げる9個のコツで解説しています。

以上が、ブログが伸びている人の共通点2つです。
ブログが見られるようになるには時間がかかりますが、検索順位を見て効率的に補強していくことで、少しずつアクセスが増えるようになります。

まとめ:読者の役に立つ記事を、淡々と書き続けよう

ブログを多くの人に見てもらうために必要な6つのポイント

この記事では、ブログを多くの人に見てもらうために必要な6つのポイントをまとめました。

繰り返しになりますが、以下がまとめです。

ブログを見てもらうためのポイント
①検索キーワードを軸に記事を書く
②1記事1キーワードで書く
③記事構成を丁寧に考える
④魅力的な記事タイトルを付ける
⑤独自性・網羅性を意識する
⑥E-A-Tを意識する

このようにユーザーファーストで記事を書いていくことで、ブログは徐々にGoogleに評価され、見てもらえるようになります。

読者の役に立つ記事を投稿していけば、徐々にファンも増えていくので、淡々と作業していきましょう。

ちなみに、読まれる記事を書くコツを別記事にまとめたので、参考にしていただければと思います。

ブログ執筆に文章力は必要ない【読まれる記事を書く11個のコツ】

また、ブログ収益化を目指している方向けに、月1万円を稼ぐためコツをまとめました。

アフィリエイト初心者が月1万円を稼ぐコツ4個【副業で成果を出せる】

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【保存版】ブログ初心者が月5万稼ぐまでの全手順を解説
ブログが伸びない悩みを解決【初心者でも失敗しない収益化方法とは?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました