【WordPress】『サイトマップがHTMLページです』というエラーの解決方法。

こんにちは、yujiです!ブログの閲覧数を伸ばすために、Google検索順位を上げる方法をまとめています。

ブログを始めてしばらくのことでしたが、グーグルサーチコンソールにサイトマップがきちんと送信されていませんでした。以下はグーグルサーチコンソールの画面です。

「サイトマップのエラーには気づいてたけど、まさか送信できてなかったとは。」

この記事では、グーグルサーチコンソールの『サイトマップがHTMLです。』というエラー解決についてまとめます。

※検索順位を上げるためのXMLサイトマップ設定について、以下の記事でまとめています。
【WordPress】『XMLサイトマップ』の作り方!【Google検索順位を上げる方法】

【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
【大変だけどちゃんと稼げる】誰でもできるブログ収益化の方法をすべて解説します。
【2020年最新攻略法】Amazonアソシエイトの審査方法が変わる!アカウント作成から180日以内に少なくとも3つの適格販売が必要に。

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップとは、「検索エンジンロボット(Googleなどのクローラー)」のために作るサイト内の地図のこと。ブログで言えば記事の一覧表のことです。

『XML』という形式なので人には読めませんが、「検索エンジンロボット」はその一覧表をみてブログ内にどんな記事があるのかを一目で理解することができます。

このようなXMLサイトマップですが、作っておくことで以下のようなメリットがあります。

XMLサイトマップを作るメリット
・「検索エンジンロボット」がブログをチェックしやすくなり、ブログの評価が上がる。
・新しく公開したページもGoogle検索にすぐ載るようになる。

このように、XMLサイトマップをきちんと設定して「検索エンジンロボット」に読みやすい一覧表を作っておくと、検索順位も上がりやすくなります!

逆に、XMLサイトマップがなくてブログをクロールしてもらえないと、頑張って書いた記事がGoogleの検索結果に表示されにくくなります。

今回のエラーの問題点。

今回のエラーは、作成したサイトマップが『HTML形式』だったことが原因です。

つまり、サイトマップは作っていたものの、形式が違うためGoogleの検索エンジンロボットには読んでもらえていなかったようです。

形式については以下の通り。

サイトマップの形式
『HTML形式』→人が読むためのもの。
『XML形式』→ロボットが読むためのもの。

正しくはこのように、ロボットが読める『XML形式』である必要があります。

「続いて、エラーの解消方法について解説します。」

『サイトマップがHTMLページです。』というエラーの解決方法。

サイトマップURLを「/index.php?xml_sitemap=params=」で登録する。

従来のXMLサイトマップのURLは「https://○○.com/sitemap.xml」でしたが、正しいサイトマップURLは「https://○○.com/index.php?xml_sitemap=params=」です。なので、正しいURLでサイトマップを登録し直す必要があります。

以下では実際にサイトマップURLを検索してみます。

/sitemap.xmlの場合

間違っていた方「/sitemap.xml」で検索すると、普通のトップぺージが表示されてしまいます。

/index.php?xml_sitemap=params=の場合

一方「/index.php?xml_sitemap=params=」で検索すると、XMLサイトマップが正しく表示されています。

なので、「/sitemap.xml」ではなく「/index.php?xml_sitemap=params=」をグーグルサーチコンソールに登録しておきましょう。

このように、正しいサイトマップURLで登録し直す必要があります。

XMLサイトマップの正しい登録方法
サイトマップURLを「https://○○.com/index.php?xml_sitemap=params=」で送信し直す。

これだけでXMLサイトマップの修正は完了です。

グーグルサーチコンソールに登録。

グーグルサーチコンソールを開きます。

メニューの「インデックス」から「サイトマップ」と進むと、このようにエラーが表示されています。

「新しいサイトマップの追加」に、先ほど説明した「/index.php?xml_sitemap=params=」のURLを入力して「送信」をクリック。

1日程度の時間がたつとサイトマップが読み込まれて、URLが検出されました。

これでXMLサイトマップの登録は完了です。

古いバージョンの「/sitemap.xml」サイトマップはこちらから削除することができます。

Bingでも同様です。

Bingウェブマスターツールでも、正しいURLで正常に作動しています。

Bingウェブマスターツールの使い方は、以下の記事でまとめています。

【WordPress】『Bing』にブログURLを登録する方法

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
【WordPressを1分で開設】初心者のためのブログの始め方完全マニュアル【僕が毎月安定して10万円稼いでいる方法】
【大変だけどちゃんと稼げる】誰でもできるブログ収益化の方法をすべて解説します。
【Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント!】0円でできることすべてと、50%OFFでお得に利用する裏ワザを公開します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました