【WordPress】『XMLサイトマップ』の作り方!【Google検索順位を上げる方法】

こんにちは、yujiです!ブログの閲覧数を伸ばすために、Google検索順位を上げる方法をまとめています。

「どうやってGoogle検索に引っ掛かりやすくするの?」

このように、ブログ記事を書いてアップロードが完了したら、Google検索に記事が引っ掛かかりやすくするための工夫が必要です。

この記事では、そのために必要な「XMLサイトマップ」の作成方法について解説します。

大まかに説明すると、まずはGoogleにサイト全体を見てもらう必要があるのですが、その時にGoogleの負担を少なくするために、サイト内の地図を作ってあげます。その地図が「XMLサイトマップ」。

※「サイトマップを設定していたはずなのに、Googleに認識されていなかった」なんて状況になったという方は以下の記事が参考になると思いますので、こちらをご覧ください。

【WordPress】『サイトマップがHTMLページです』というエラーの解決方法

「まずは、XMLサイトマップとは何なのかを説明します。」

【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
【大変だけどちゃんと稼げる】誰でもできるブログ収益化の方法をすべて解説します。
【2020年最新攻略法】Amazonアソシエイトの審査方法が変わる!アカウント作成から180日以内に少なくとも3つの適格販売が必要に。

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップとは、「検索エンジンロボット(Googleなどのクローラー)」のために作るサイト内の地図のこと。ブログで言えば記事の一覧表のことです。

『XML』という形式なので人には読めませんが、「検索エンジンロボット」はその一覧表をみてブログ内にどんな記事があるのかを一目で理解することができます。

このようなXMLサイトマップですが、作っておくことで以下のようなメリットがあります。

XMLサイトマップを作るメリット
・「検索エンジンロボット」がブログをチェックしやすくなり、ブログの評価が上がる。
・新しく公開したページもGoogle検索にすぐ載るようになる。

このように、XMLサイトマップをきちんと設定して「検索エンジンロボット」に読みやすい一覧表を作っておくと、検索順位も上がりやすくなります!

逆に、XMLサイトマップがなくてブログをクロールしてもらえないと、頑張って書いた記事がGoogleの検索結果に表示されにくくなります。

「続いて、XMLサイトマップの設定方法を解説します。」

XMLサイトマップの設定手順

XMLサイトマップの設定の流れは以下の通りです。

サイトマップ設定手順
①XMLサイトマップを作成する。
②GoogleにXMLサイトマップを送信する。

このような手順で、実際にXMLサイトマップを作成してみます。

① XMLサイトマップを作成する。

「Google XML Sitemaps」をインストールする。

WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってXMLサイトマップを作成します。

まずはWordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールします。

WordPressメニューの「プラグイン」から「新規追加」と進み、右上の検索欄に「Google XML Sitemaps」を入力。

検索結果から「Google XML Sitemaps」を有効化します。これでインストールは完了です。

基本的な設定。

サイトマップ作製の詳細設定に移ります。

メニューの「設定」から「XML-Sitemap」を開きます。

チェックを入れるところ。
・Notify Google about updates of your site
・Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
・サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
・Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.
・デフォルト設定を使用
・HTML形式でのサイトマップを含める

上の画像のように、6か所にチェックを入れます。

Additional Pages/投稿の優先順位

「Additional Pages」は基本的には触らなくてOKです。

チェック
・優先順位を自動的に計算しない

「投稿の優先順位」の中の選択肢から、1か所にチェックを入れます。

Sitemapコンテンツ

この項目では、サイトマップに載せるカテゴリを選べます。

チェック
・ホームページ
・投稿 (個別記事) を含める
・固定ページを含める
・カテゴリーページを含める
・最終更新時刻を含める。

「カテゴリーページ」や「タグページ」あたりはブログの構成によって変わってくると思いますが、おすすめのチェックは以上の5か所です。

Excluded Items

この項目では、サイトマップから除外するカテゴリーや記事を指定できます。

僕の場合「ポエム」が検索結果に必要ないので、チェックを入れてサイトマップに載らないように設定しています。

Change Frequencies

この項目では、サイトマップの更新頻度を設定できます。おすすめの設定は以下の通り。

設定
「毎日」…ホームページ
「毎日」…投稿 (個別記事)
「毎週」…固定ページ
「毎日」…カテゴリー別
「毎月」…今月のアーカイブ (たいていは”ホームページ”と同じでしょう)
「毎年」…古いアーカイブ (古い投稿を編集したときにのみ変更されます)
「毎週」…タグページ
「毎週」…投稿者ページ

これはあくまで目安の指定なので、実際はもっと少ない頻度で更新されているような気がします。

優先順位の設定 (priority)

この項目では、サイトマップの更新の優先度を設定できます。おすすめの設定は以下の通り。

設定
「0.8」…ホームページ
「0.8」…投稿 (個別記事)
「0.8」…固定ページ
「0.3」…カテゴリー別
「0.8」…今月のアーカイブ (たいていは”ホームページ”と同じでしょう)
「0.3」…古いアーカイブ (古い投稿を編集したときにのみ変更されます)
「0.8」…タグページ
「0.3」…投稿者ページ

この項目はそれほど気にする必要はないと思います。「設定を更新」をクリックで設定は終わりです。

サイトマップができているか確認。

ここでサイトマップがちゃんとできているかを、ブラウザで確認します。

「https://○○.com/index.php?xml_sitemap=params=」で検索すると、このようにXMLサイトマップが表示されます。

これでXMLサイトマップを作成できました!

「XMLサイトマップが作成できたら、Googleに送信します。」

②GoogleにXMLサイトマップを送信する。

XMLサイトマップを作成できたら「Google Search Console(グ―グルサーチコンソール)」を使ってGoogleに送信します。

まず、グーグルサーチコンソールを開きます。

メニュー欄から「サイトマップ」をクリック。

「新しいサイトマップの追加」に、サイトマップのURL「https://○○.com/index.php?xml_sitemap=params=」を入力して送信します。

1日程度時間がたつと、サイトマップが読み込まれてブログ記事のURLが検出されました。

これでXMLサイトマップの登録は完了です!

「ここまでの設定ができていれば、以下の内容は流し見でOKです。」

「Google XML Sitemaps」でできること。

この記事の説明通りにできていれば、以下のような機能も自動的に作動するようになります。

Google XML Sitemapsの機能
・記事を新しくする度にサイトマップを更新。
・新しいサイトマップをGoogleに伝える。

僕もブログを開設したての頃は全く意味がわかりませんでしたが、とりあえずこの通りなのでOKです!

「Google XML Sitemaps」と「All in One SEO Pack」との兼ね合い

SEOに必要なプラグインとして「All in One SEO Pack」を設定している方が多いと思いますが、この「All in One SEO Pack」にもサイトマップを作成する機能がついています。

サイトマップの作製については「Google XML Sitemaps」でも「All in One SEO Pack」でもいいので、どちらか一方を使って作成すればOKです。(両方はNG!)

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
【WordPressを1分で開設】初心者のためのブログの始め方完全マニュアル【僕が毎月安定して10万円稼いでいる方法】
【大変だけどちゃんと稼げる】誰でもできるブログ収益化の方法をすべて解説します。
【Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント!】0円でできることすべてと、50%OFFでお得に利用する裏ワザを公開します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました