ブログのノウハウ

【WordPress】サイトマップの作り方と送信方法を解説【XML Sitemapsプラグイン】

GoogleXML SITEMAPsでサイトマップを作る方法

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

ブログを立ち上げたので、サイトマップを作成したいです。
初心者でもできる作り方を教えてください。

以上のような、サイトマップを作りたい方の質問にお答えします。

Google検索でブログを上位表示させるには、サイトマップの送信が必須です。

そこでこの記事では、XML Sitemapsを利用したXMLサイトマップの作成方法について解説します。

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップとはサイト内の地図のことです。

Googleにサイト全体をスムーズに評価してもらうために必要です。

XMLサイトマップ作成のメリットとは?

XMLサイトマップには、以下のようなメリットがあります。

XMLサイトマップを作るメリット
・Googleがブログを確認しやすくなり、ブログの評価が上がる
・新しく公開したページが、Google検索にすぐ表示されるようになる

このように、XMLサイトマップをきちんと設定してGoogleがチェックしやすい環境を整えておくと、検索順位が評価されやすくなります。

逆に、XMLサイトマップがなくてブログを見てもらえないと、頑張って書いた記事がGoogleの検索結果に表示されにくくなります。

以下では、詳しい作成手順を解説します。

XMLサイトマップの設定方法

XMLサイトマップの設定の流れは以下の通りです。

サイトマップ設定方法
①XMLサイトマップを作成する
②Googleサーチコンソールに送信する

詳細を以下で解説します。

① XMLサイトマップを作成する

WordPressのプラグイン「XML Sitemaps」を使ってXMLサイトマップを作成します。

1.WordPressメニューの「プラグイン」から「新規追加」と進み、右上の検索欄に「XML Sitemaps」を入力します。サイトマップの作り方と送信方法を解説

2.「XML Sitemaps」が表示されるので、検索結果から「今すぐインストール」→「有効化」の順でクリックします。(※検索結果の1ページ目に出てこない場合があります。)
サイトマップの作り方と送信方法を解説

3.メニューの「設定」から「XML-Sitemap」を開きます。

4.「基本的な設定」で以下の5か所にチェックを入れます。
GoogleXML SITEMAPsの設定方法

チェック箇所
▶Notify Google about updates of your site
▶Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
▶サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
▶Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.
▶デフォルト設定を使用
チェックを外す箇所
▶HTML形式でのサイトマップを含める

5.次に「優先順位を自動的に計算しない」を選択します。

6.「Sitemapコンテンツ」で以下の5か所にチェックを入れます。
GoogleXML SITEMAPsの設定方法

チェック
▶ホームページ
▶投稿 (個別記事) を含める
▶カテゴリーページを含める
▶タグページを含める
▶最終更新時刻を含める
※「カテゴリーページ」や「タグページ」はブログの構成によって変更してください。

7.「Change Frequencies」で以下のように選択します。
GoogleXML SITEMAPsの設定方法

設定
「毎日」
…ホームページ
「毎日」…投稿 (個別記事)
「更新なし」…固定ページ
「毎週」…カテゴリー別
「毎月」…今月のアーカイブ (たいていは”ホームページ”と同じでしょう)
「毎月」…古いアーカイブ (古い投稿を編集したときにのみ変更されます)
「毎週」…タグページ
「更新なし」…投稿者ページ
※あくまで目安ですので、ブログの運営状況によって変更してください。

8.「優先順位の設定」で以下のように選択し「設定を更新」をクリックします。GoogleXML SITEMAPsの設定方法

設定
「0.8」
…ホームページ
「0.8」…投稿 (個別記事)
「0.8」…固定ページ
「0.0」…カテゴリー別
「0.8」…今月のアーカイブ
「0.0」…古いアーカイブ
「0.8」…タグページ
「0.0」…投稿者ページ
※あくまで目安ですので、ブログの運営状況によって変更してください。

9.設定が完了したら、ページ上部の「https://ドメイン/sitemap.xml」をクリックします。
GoogleXML SITEMAPsの設定方法

10.以下のようにサイトマップが表示されればOKです。
GoogleXML SITEMAPsの設定方法

これでXMLサイトマップ作成は完了です。

XMLサイトマップが作成できたら、Googleに送信します。

②Googleサーチコンソールに送信する

続いて、Googleサーチコンソールにサイトマップを送信します。

※Googleサーチコンソールの設定がまだの方は、こちらから登録してください。
》GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの設定方法

1.Googleサーチコンソールを開きます。

2.メニュー欄から「サイトマップ」に進みます。
GoogleXML SITEMAPsの設定方法

3.「新しいサイトマップの追加」に3つのサイトマップのURLを入力して送信します。
GoogleXML SITEMAPsの設定方法

サイトマップURL
・https://ドメイン/sitemap.xml
・https://ドメイン/sitemap.xml.gz
・https://ドメイン/feed
※1つづつ入力し、送信します。

4.送信されたサイトマップは、以下のように表示されます。
GoogleXML SITEMAPsの設定方法

1日程度時間がたつとサイトマップが読み込まれて、URLが検出されます。

これでXMLサイトマップの送信は完了です。

以下では、サイトマップのよくある質問にお答えします。

サイトマップのよくある質問

「Google XML Sitemaps」と「All in One SEO」では、どちらでサイトマップを作ればいい?

WordPressで「All in One SEO」を設定している方が多いと思いますが、この「All in One SEO」にもサイトマップを作成する機能がついています。

結論から言うと、サイトマップの作成についてはどちらか一方を使って作成すればOKです。(※両方はNGです。)

「All in One SEO Pack」でのサイトマップ作成方法はこちら。
》All in One SEO Pack設定方法はこちら

「サイトマップがHTMLページです」というエラーの解決方法は?

サイトマップをGoogle Search Consoleに登録すると、エラーが表示される場合があります。

「サイトマップを設定していたはずなのに、Googleに認識されていなかった」という方は、以下の記事が参考になると思います。
》【WordPress】サイトマップがHTMLページですというエラーの解決方法

以下は、ブログ収入を伸ばしたい方へのおすすめ記事です。

ブログアクセス数を増やそう

PV画像

当ブログではSEOで検索上位を獲得した結果、1年ほどでアクセス数が大幅に伸びました。
アクセス数を増やす方法について以下の記事で解説したので、是非参考にしていただけたらと思います。
》ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】

SEOに強いブログ記事を書こう

Google検索で上位を獲れる記事を書くと、アクセスが増えブログ収入がアップします。
SEOに強い記事の書き方をまとめたので、テンプレを真似しつつ記事を書いてみてくださいね。
》【完全版】SEOに強いブログ記事の書き方テンプレート

ASP審査に合格しよう

Amazonアソシエイト・Googleアドセンス・各ASPの合格方法をまとめました。
参考にしつつ審査に挑戦してみてください◎
》【完全攻略】アフィリエイトASPの審査に合格するコツと記事数

セールスライティングで商品を売ろう

セールスライティングとは、文章で商品を売るテクニックのことです。
的確なセールスライティングで、アフィリエイトの成約率を高めていきましょう!
》【売れる文章術】セールスライティングの5つのコツ

アフィリエイト神ツールを使いこなそう

また、当ブログの現在の収益は月70万ほどとなっていますが、このようなブログ運営を支えてくれた神ツールを以下の記事でまとめて紹介しました。
》ブログアフィリエイトのおすすめツール14選

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

》【保存版】ブログで月5万稼ぐまでのロードマップ
》【超基本】アフィリエイトの完全マップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました