ブログのノウハウ

【Googleアドセンス対策】プライバシーポリシーと免責事項の書き方【コピペでOK】

Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーと免責事項の書き方

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

ブログを始めてみました。
プライバシーポリシーと免責事項の書き方を教えてください。

以上のような、プライバシーポリシーと免責事項についての質問にお答えします。

WordPressでブログを運営している方は、プライバシーポリシーや免責事項の記載は必須です。

※GoogleアドセンスやAmazonアソシエイトの審査にも関わる重要な項目となっています。

そこでこの記事では、コピペで作れるプライバシーポリシーと免責事項を用意しました。

※時間を節約したい方はコピぺするだけでOKなので、手順に沿って5分で作成してください!

ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】
【最新版】SEOに強いおすすめWordPressテーマ16選
【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説

【重要】プライバシーポリシーと免責事項とは?

Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーと免責事項の書き方

プライバシーポリシーと免責事項は、WordPressブログを収益化するなら必須の項目です。

以下では、詳細をまとめます。(※お急ぎの方は読み飛ばしていただいても構いません。)

プライバシーポリシーとは?

WordPressブログのプライバシーポリシーには、個人情報の保護に関する内容を記載します。

WordPressでブログを運営している方は、必ず個人情報を収集しています。

具体的には「お問い合わせフォーム」や「アクセス解析ツール」を通して自動的に取得しています。

集まる個人情報の種類は以下の通りです。

個人情報
・名前/ハンドルネーム
・メールアドレス
・使っている機器
・年齢
・性別
・住所(市区町村まで)

このような個人情報を保護し、目的以外に使用しないことを明記する必要があります。

免責事項とは?

WordPressブログの免責事項には、商品トラブルに関する内容を記載します。

アフィリエイトで商品やサービスを紹介する場合には「購入は自己責任です」と明記しておく必要があります。

商品に関するトラブルに巻き込まれないようにも、事前に告知しておくと安心です。

まずは、プライバシーポリシーの書き方から解説します。

プライバシーポリシーの書き方

Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

この記事で紹介するプライバシーポリシーは、以下のような内容を網羅しています。

プライバシーポリシーの内容
①Googleアドセンスについて
②Googleアナリティクスについて
③Amazonアソシエイトについて
④お問い合わせフォーム・コメント欄について

以下で詳しく解説します。(※お急ぎの方は読み飛ばしていただいても構いません。)

①Googleアドセンスについて

Googleアドセンスの規約では、以下のような内容の記載が必須となっています。

Googleアドセンスについての記載
・Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
・Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
・ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。
詳細情報:AdSenseヘルプー必須コンテンツ

当ブログでは、こちらの項目で対応しています。
yujiblogプライバシーポリシー/第三者配信の広告サービスについて

※Googleアドセンスについての表記は、Googleアドセンス合格前に書いてしまってもOKです!

②Googleアナリティクスについて

Googleアナリティクスの規約では、以下のような内容の記載が必須となっています。

Googleアナリティクスについての記載
お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで Cookie の使用、モバイル デバイスの識別情報(Android の広告識別子、iOS の広告識別子など)、またはデータの収集に使われる類似の技術について必ず通知するものとします。また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても開示する必要があります。
詳細情報:Google アナリティクス利用規約

当ブログでは、こちらの項目で対応しています。
yujiblogプライバシーポリシー/アクセス解析ツールについて

③Amazonアソシエイトについて

Amazonアソシエイトの規約では、以下のような内容の記載が必須となっています。

Amazonアソシエイトについての記載
乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。
詳細情報:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

当ブログでは、こちらの項目で対応しています。
yujiblogプライバシーポリシー/Amazonの広告配信について

④お問い合わせフォーム・コメント欄について

お問い合わせフォームやコメント欄では個人情報が収集されるので、利用目的と保護を明記する必要があります。

お問い合わせフォーム・コメント欄の個人情報
・名前
・メールアドレス
・お問い合わせ/コメント内容
・IPアドレス

当ブログでは、こちらの項目で対応しています。
yujiblogプライバシーポリシー/個人情報の取得と利用目的

続いて、プライバシーポリシーの作成方法を紹介します。

【コピペでOK】プライバシーポリシーの作り方

Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

プライバシーポリシーは、当ブログで利用しているものをコピペしてください。

※Googleアドセンスについての表記は、Googleアドセンス合格前に書いてしまってもOKです!

1.まずは、WordPress管理画面から「固定ページ」→「新規追加」をクリックします。
Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

2.当ブログのプライバシーポリシーをコピぺします。

プライバシーポリシー
yujiblogのプライバシーポリシーページです。

3.以下の6か所を、自サイトの内容に書き換えます。
Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

書き換えが必要な箇所
①書き出しの「yujiblog.(https://yujiblog.org)」
②3-2.「お問い合わせフォーム」のリンク
③4-4.「お問い合わせフォーム」のリンク
④7.サイト運営者名
⑤7.「お問い合わせフォーム」のリンク
⑥最後の「策定日」

4.内容の修正ができたら、公開します。
Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

以上で、プライバシーポリシーが完成しました。

フッターメニューに配置する方法

以下では、プライバシーポリシーをフッターメニューに配置する手順を紹介します。

1.WordPress管理画面の「外観」→「メニュー」に進みます。
Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

2.ページ上の「新しいメニューを作成しましょう」をクリックします。
Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

3.メニュー名を「フッターメニュー」にし、メニュー位置で「フッターメニュー」を選択して「メニューを作成」をクリックします。
Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

4.作成したフッターメニューに「プライバシーポリシー」を追加して「メニューを保存」をクリックします。
Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

これでページ下部にプライバシーポリシーが表示されました。

次に、免責事項の書き方を解説します。

免責事項の書き方

Googleアドセンスに必要な免責事項の書き方

この記事で紹介する免責事項は、以下のような内容を網羅しています。

免責事項の内容
①トラブルに対する責任について
②リンク・引用について
③著作権について

以下で詳しく解説します。(※お急ぎの方は読み飛ばしていただいても構いません。)

①トラブルに対する責任について

アフィリエイトをした商品や、配信した広告でトラブルが発生しないように、以下の内容を明記します。

トラブルに対する責任
・購入は自己責任
・掲載内容から生じた損害の責任は負わない
・必ずしも正確性を保証するものではない

当ブログでは、こちらの項目で対応しています。
yujiblog免責事項/損害等の責任について

②リンク・引用について

リンクや引用について以下のように明記することで、被リンクを獲得しやすくなります。

リンク・引用について
・リンクフリーであることを明記
・引用の出典のお願い
・インラインフレームの禁止

当ブログでは、こちらの項目で対応しています。
yujiblog免責事項/転載について

③著作権について

文章や画像で著作権侵害をしてしまった場合に備えて、以下の内容を明記します。

著作権について
・ブログ内の文章や画像の無断転載の禁止
・著作権/肖像権を侵害した場合はすぐに対処する

当ブログでは、こちらの項目で対応しています。
yujiblog免責事項/著作権や肖像権等について

続いて、免責事項の作成方法を紹介します。

【コピペでOK】免責事項の作り方

Googleアドセンスに必要な免責事項の書き方

免責事項は、当ブログで利用しているものをコピペしてください。

1.まずは、WordPress管理画面から「固定ページ」→「新規追加」をクリックします。
Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

2.当ブログの免責事項をコピぺします。

免責事項
yujiblogの免責事項です。

3.以下の6か所を、自サイトの内容に書き換えます。
Googleアドセンスに必要な免責事項の書き方

書き換えが必要な箇所
①書き出しの「yujiblog.(https://yujiblog.org)」
②最後の「策定日」

4.内容の修正ができたら、公開します。
Googleアドセンスに必要な免責事項の書き方

以上で、免責事項が完成しました。

フッターメニューに配置する方法

以下では、免責事項をフッターメニューに配置する手順を紹介します。

1.WordPress管理画面の「外観」→「メニュー」に進みます。
Googleアドセンスに必要なプライバシーポリシーの書き方

2.編集するメニューで「フッターメニュー」を選び、左から「免責事項」を追加して「メニューを保存」をクリックします。
Googleアドセンスに必要な免責事項の書き方

これでページ下部に免責事項が追加されました。

まとめ:プライバシーポリシーと免責事項は5分で書ける

この記事では、コピペで作れるプライバシーポリシーと免責事項を紹介しました。

ブログを収益化するなら、プライバシーポリシーと免責事項の記載は絶対に必要です。

作成には時間がかからないので、この記事を参考に5分で作ってしまいましょう。

ちなみに、Googleアドセンス審査に必要なお問い合わせフォームの作り方も紹介しています。

【5分でできる】WordPressブログのお問い合わせフォームの作り方

また、WordPressを始めたら絶対にやるべき初期設定について、こちらで紹介しています。まだの方は以下をどうぞ。

【重要】WordPressブログ導入後、最初にするべき3つのこと

そして、当ブログで利用中のSEOに強いWordPress無料テーマはこちらで紹介しています。

【最新版】SEOに強いおすすめWordPressテーマ16選

ブログの収益化の流れについて詳しく知りたい方はこちら。

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【最新】Googleアドセンス審査に合格するための6つのポイント
ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】
【高速化】ブログアフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました