ブログのノウハウ

【ブログ初心者向け】売れるレビュー記事の書き方を10個のポイントで解説

レビュー記事の書き方を解説

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

レビュー記事を書きたいです。
どうすれば上手に商品紹介できますか?

以上のような、レビュー記事の書き方についての質問にお答えします。

ブログのレビュー記事を上手に書くと、アクセス数が少なくても商品が売れるようになります。

また、レビュー記事のノウハウを応用して、ブログ全体のアフィリエイト成果を伸ばすことも可能です。

そこでこの記事では、売れるレビューの書き方を10個のポイントで解説します。

※商品レビューはブログ初心者の方でも書きやすいタイプの記事なので、たくさん書いて売り上げに繋げてください!

【保存版】ブログ初心者が月5万稼ぐまでの全手順を解説
ブログに何を書けばいい?初心者の悩みを解決する4つのポイント

「レビュー記事」がブログ初心者に最適な理由

レビュー記事の書き方を解説

レビュー記事は、ブログ初心者でも書きやすいテーマです。

まず、レビュー記事は商品の深い知識がなくても書くことができます。

というのも、レビュー記事で大切なのは「リアルな体験談」だからです。

そのため、以下のような方におすすめの題材です。

レビュー記事がおすすめな人
・ブログ初心者の方
・収益化を目指している方
・記事ネタを探している方

このように、ブログ初心者の方でもネタにしやすく、記事を収益化することもできます。

レビュー記事には「セルフバック」がおすすめ

レビュー記事では、自分が買った商品や使ったサービスがネタになります。

そのためA8.netのセルフバックから題材を探すことで、報酬をもらいながら記事を書くことができます。

セルフバックを利用したレビュー記事の流れはこちら。

セルフバックでレビュー記事を書く
①A8.netで商品を選び、セルフバックで報酬をもらう
②商品の注文~利用までの流れを、レビュー記事にする
③記事にアフィリエイトリンクを貼る

このように、ユーザー目線の質の高い情報を発信しつつ、アフィリエイト報酬を生み出すことが可能です。

セルフバックにおすすめの商品は【簡単】セルフバック(自己アフィリエイト)の仕組みとやり方で解説しています。

次に、レビュー記事の書き方についてまとめます。

売れるレビュー記事を書く10個のポイント

レビュー記事の書き方を解説

ここからは、売れるレビュー記事を書くために押さえておきたい10個のコツを紹介します。

レビュー記事のポイント
①ターゲットを決める
②商品購入の経緯を書く
③購入後の未来を見せる
④感想はできるだけ丁寧に書く
⑤デメリットを全面的に伝える
⑥口コミを載せる
⑦写真を使う
⑧長期利用のレビューを書く
⑨各サイトの商品リンクをまとめて貼る
⑩最後に背中を押す

以下で詳しく解説します。

①ターゲットを決める

まず、レビュー記事で狙うべきターゲットは「購入の意思がある人」です。

購入の意思がない人がレビュー記事を読むと「良さそうだな」という感想を持つだけです。

そこで、以下のような人がターゲットになります。

レビュー記事のターゲット
・いい商品があれば買いたい
・購入が決まっていて、商品を比較している

このように「購入することをすでに決めていて、商品を選ぶ段階に入っている人」が対象になります。

また、レビュー記事には特定のターゲット像を明記しておきましょう。

例として、自動掃除機の『ルンバ』のレビューをする場合は、以下のような読者像を考えます。

ルンバのターゲット
・30歳の単身
・仕事が忙しい
・部屋の掃除をする時間がない
・ホコリで咳やくしゃみが出やすい
・綺麗好きで部屋を清潔に保ちたい

このように、あえて狭くターゲットを絞り込むことが重要です。

そして「こんな人におすすめです」と文章の中で明記することで読者は共感し、興味を持ちやすくなります。

②商品購入の経緯を書く

レビュー記事では、商品を購入する前の心境や、実際に考えたことを書くのがおすすめです。

例えば、購入するまでにどんな悩みがあったのか、細かく書いていくことで、読者の共感を得られます。

具体的に、ルンバの購入までの経緯を書くと、以下のようになります。

ルンバの購入の経緯
「仕事が忙しく、部屋の掃除をする余裕がなかったので、ホコリで鼻炎が悪化していました。そこでルンバを購入しようかと考えました。」

このように、商品を購入した人がどんなことで悩んでいたのかを知ることで、同じ悩みがある人の共感を高めることができます。

ここで読者の注目が高まると、その後のレビュー記事を読んでもらいやすくなります。

③購入後の未来を見せる

レビュー記事で重要なのは「商品購入後の生活がどのように変わるのか」という部分です。

ここを読者に強くイメージしてもらうことで、購入へのハードルがぐっと下がります。

逆にNGなのは、商品の特徴やスペックばかりを紹介してしまうことです。

モノを買う人は、機能ではなく『価値』を買うので、どんな明るい未来があるのかを伝える方が効果があります。

例えば、ルンバを購入後の未来は以下のようになります。

ルンバの購入後
「カーペットでもフローリングでもしっかりホコリを吸ってくれているようです。会社に出勤しているうちに掃除が完了するので、きれい好きの僕でも満足です。」

このように、自分の生活の中で感じた変化を鮮明に書くことで、商品の魅力が伝わりやすくなります。

④感想はできるだけ丁寧に書く

レビュー記事のメインは、実際に使った人の体験談です。

そのため、できるだけ様々な角度からの情報をまとめて、読者にイメージしやすいようにまとめると効果的です。

ルンバの場合は、以下のようになります。

ルンバを使った感想
・ゴミ箱が洗えるので綺麗に保てる
・ローラーにゴミが絡みにくいので手入れが楽
・スケジュール設定がスマホからできて便利
・ベッドの下を掃除してくれるので助かる

このように、情報量を多めに伝えることが大切です。

また、レビュー記事の読者は「公式サイトに載っていないリアルな情報」を探し求めています。

そのため、中身の濃い実体験であれば、長い文章でも最後までしっかりと目を通してくれます。

⑤デメリットを全面的に伝える

レビュー記事の最重要ポイントとして、デメリットは全て伝えることが大切です。

読者がレビュー記事を読むのは「買い物で失敗したくない」という心理があるから。

そこで、公式サイトには載っていないマイナスレビューを書くことで、読者からの信頼を得ることができます。

ルンバのデメリット
・ローラーは消耗品で交換にお金がかかる
・マットの種類によってはルンバが掃除できないものもあった
・隙間に挟まって動けなくなることがあった

以上のようなデメリットを明記し、この条件を飲み込める読者なら、ほぼ購入してくれます。

つまり、デメリットを伝える=信用してもらえるということなので、包み隠さず感想を書くのがおすすめです。

また、デメリットも伝え方次第で印象を変えられます。

ルンバのデメリット
「過去に一度だけ『助けを求めています』とアラートが来たので見てみたところ、スキマに挟まっていたので助けてあげました。頑張り屋さんで愛嬌があります。」

こうしてデメリットを工夫して伝えると、商品への不信感を感じにくくなります。

⑥口コミを載せる

レビュー記事を書くときは、自分の体験談だけでなく、他の人が感じていることも掲載してください。

商品購入前の読者は、できるだけ多くの情報を集めたいと考えているので、各サイトを回ってレビューを読んでいる可能性が高いです。

そこで、自分のサイトに最後まで滞在してもらえるように、事前に口コミをまとめておきましょう。

口コミをまとめる
・Amazonのレビュー
・Twitterの投稿
・Instagramでの評判

このように、他人の力も借りつつ、情報を網羅的にまとめることができます。

⑦写真を使う

レビュー記事では、読者が商品をイメージしやすいように、写真を使いましょう。

言葉では説明できな箇所や、素材の質感は、画像があることで簡単に伝えることが可能です。

写真を使うべきところ
・ルンバの大きさの比較
・ルンバのスマホアプリの画面
・ゴミ箱にゴミが貯まっている様子

また、オリジナルの画像をつかうことで、Googleからの高評価にもつながります。

⑧長期利用のレビューを書く

レビュー記事の信頼性を上げるには、長期間利用してみての感想をまとめると効果的です。

例えば、ルンバの長期利用のレビューは以下のようになります。

長期利用のレビュー
「1年利用してみたのですが、基本はスマホでスケジュールを組んで、仕事中に掃除をしてくれるので非常に助かっています。バッテリー残量や不具合情報、掃除終了の情報がスマホに入ってくるので、こういった面も使いやすいです。5年保証も付けているのでさらに安心。」

このように、使い続けたレビューが書けている記事は少数なので、他サイトとの差別化にもなります。

⑨各サイトの商品リンクをまとめて貼る

商品を購入したいユーザーは、各ショッピングサイトで価格や送料を必ず比較します。

そこで、レビュー記事に「Amazon・楽天・ヤフーショッピング」のリンクをまとめておくことで、読者の利便性が高まります。

このようにリンクをまとめておくことで、アフィリエイト報酬をもらい損ねることもなくなります。(※Rinkerやかんたんリンクがおすすめです。)

もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方は初心者でもできる「かんたんリンク」の使い方で紹介しています。

⑩最後に背中を押す

セールスライティングの最後には、読者が行動できるように、背中をしっかりと押してあげます。

「理想の未来」を想像し「購入の不安」がなくなった読者は、文章の終わりでは最もモチベーションが高い状態です。

そこで「簡便性・希少性・特典・保証」で後押ししてあげることで、行動に結びつきます。

ルンバの特典
「今ならルンバ+ブラーバのセット割で、5000円OFFとなっています。」

このように、記事の最後で今すぐ購入すべき理由を補うことで、読者は購入サイトに移動してくれます。

以上の10個が、レビュー記事のポイントです。

続いて、物が売れる文章の書き方を紹介します。

セールスライティングの型【AIDCASの法則】

レビュー記事の書き方を解説

セールスライティングは商品を売るための文章技術ですが、ノウハウを知っておくことで、レビュー記事に活かすことができます。

特に、セールスライティングのAIDCASの法則は「よりよい人生にしたい」というポジティブな感情に訴える方法で、ブログアフィリエイトにおすすめの型となっています。

AIDCASの法則
▶Attention(注目)
→読者の注意を引き付け、記事を読んでもらう
▶Interest(関心)
→どんな商品かを伝え「自分のための商品だ」と思ってもらう
▶Desire(欲求)
→「商品を実際に使ってみたい」と感じてもらう
▶Conviction(確信)
→「商品を購入しよう」と確信してもらう
▶Action(行動)
→最後の一押しで、商品を購入してもらう
▶Satisfaction(満足)
→商品購入後、リピーターになってもらう

例えばルンバを売りたいときは、以下のような文章構成になります。

ルンバのAIDCAS
▶Attention(注目)

→【感動】ルンバ愛用歴1年で僕の生活は激変しました。
▶Interest(関心)
→自動掃除機で知られているルンバですが、最近さらにアップデートされたことをご存知でしょうか?
▶Desire(欲求)
→僕が会社に行っている間に掃除してくれるのはもちろんですが、最新機能ではアプリを使ってルートの設定ができます。
▶Conviction(確信)
→これで毎回すごい量のホコリが取れるので、おかげで部屋が清潔になりました。
▶Action(行動)
→現在Amazonで購入すると、ルンバが10%OFFで購入できます。
▶Satisfaction(満足)
→購入後も、5年保証がついて安心です。

このテンプレートで、商品購入までの各ステップを着実に導くことができます。

AIDCASの法則のさらに詳しい具体例と書き方のコツは【具体例あり】セールスライティング用AIDCASの法則テンプレートでまとめています

AIDCASの法則は、このように人が商品を購入するまでの心理状況をベースに作られているので、レビュー記事にも必要な考え方を学べます。

まとめ:レビュー記事は、売り上げゼロで悩んでいる方に最適

この記事では、売れるレビューの書き方を10個のポイントで解説しました。

まとめると以下のようになります。

レビュー記事のポイント
①ターゲットを決める
②商品購入の経緯を書く
③購入後の未来を見せる
④感想はできるだけ丁寧に書く
⑤デメリットを全面的に伝える
⑥口コミを載せる
⑦写真を使う
⑧長期利用のレビューを書く
⑨各サイトの商品リンクをまとめて貼る
⑩最後に背中を押す

全て取り入れることは難しいですが、要素ごとに実践することで、売れるレビュー記事を作ることができます。

特にブログを始めてすぐで、ネタが見つからない&売り上げゼロで悩んでいる方は、レビュー記事を書いてみてください。

おすすめはA8.netの商品をセルフバックしつつ、記事を書くことです。

収益を生み出しつつ、初めてのアフィリエイト報酬に繋げましょう。

ちなみにレビュー記事を書いた後は、記事の入り口である、

・タイトル
・メタディスクリプション
・導入部分

を必ず整えてください。

詳しい手順は、以下の記事で解説しています。

また、ブログの収益化方法は、こちらのロードマップからどうぞ。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】
ブログに何を書けばいい?初心者の悩みを解決する4つのポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました