ブログのノウハウ

【Googleアドセンス】米国の税務情報の提出方法【ブログ運営者向けに手順を解説】

米国の税務情報の提出方法

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

Googleアドセンスの米国の税務情報の提出方法を教えてください。

以上のような、Googleアドセンスの設定についての質問にお答えします。

この記事の内容
・米国の税務情報とは?
・米国の税務情報提出は、ブロガーでも必要?
・米国の税務情報の提出手順

2021年より、Googleアドセンスでは米国への税務情報提出手続きが付け加えられました。

現状、YouTubeを収益化しているクリエイターのみ対象となっていますが、今後の展開も考えてブロガーも同様に提出しておくと安心かと思います。

「ブロガ―だけど一応提出しておいた方がいいかな…?」と感じた方は、以下で詳しい手順をまとめたので読みながら設定してみてくださいね。

税務情報を提出する理由とは?

2021年より、アメリカ国内で発生したアドセンス収益に対し、アメリカで源泉徴収(最大24%の課税)をすることになりました。

しかし、日本に納税している人はアメリカに税金を払う必要が無いので、これを免除してもらう必要があります。

そこで、税務情報を提出して「アメリカで税金をかけないでください!」と伝えるわけですね。

簡単にまとめると、

・税務情報を提出
→アドセンス収益がそのまま振り込まれる
・税務情報を提出しない
→アドセンス収益が最大24%減る

となるので、自分のアドセンス収益を守りたい場合は、Googleに税務情報を提出しましょう。

ブログ運営者でも提出の必要はある?

税務情報を提出すべき対象者は、以下の通りです。

Googleへの税務情報の提出
居住地を問わず、YouTubeで収益化を行っている世界中のすべてのクリエイターに、税務情報をご提出いただく必要があります。
Googleへの米国の税務情報の提出

このように、現状はYouTubeを収益化しているクリエイターのみが対象となっています。

しかし、今後対象が拡大される可能性を考えると、ブロガーでも同様に提出しておくのが安心です。

手続きは5分で終了するので、以下を参考に手続きしてみてください。

Googleアドセンスの米国の税務情報の提出手順

以下では、Googleアドセンスの米国の税務情報の提出手順を解説します。

1.アドセンスのメニューから「お支払い」に進みます。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

2.設定の「設定を管理する」をクリックします。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

3.お支払いプロファイルの「名前と住所」で名前をアルファベット表記(※名→姓順)に変更します。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

4.「アメリカ合衆国の税務情報」をクリックして「税務情報の管理」に進みます。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

5.次の画面で「税務情報の追加」をクリックします。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

6.口座の種類を「個人」、米国民であるかに「いいえ」を選択します。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

7.続いて「W-8BEN」を選んで「W-8BENフォームの記入を開始する」に進みます。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

8.以下の3か所を入力してください。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

・個人名:アルファベット表記(※名→姓順)で入力、
・国:日本
・外国のTIN:マイナンバー(12桁)

9.住所を入力し「送付先住所は定住所と同じである」にチェックを入れます。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

市区郡・住所は英語表記となるので、以下のサイトを参考にしてください。
》英語住所・君に届け

10.次に、租税条約を記載します。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

・軽減税率
…はい
…「米国と租税条件の適用ある国」にチェック
…日本
・特別な料率や条件
…「サービス(AdSenseなど)」にチェック
…第7条1項 / 0%(軽減税率)
…「税務者番号~」にチェック

11.書類の内容を確認して、誓約にチェックを入れます。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

12.署名欄にアルファベット表記(※名→姓順)で名前を入力して「はい」にチェックします。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

13.アドセンスの利用が初めての方は、以下のように入力して「送信」をクリックします。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

・米国内で行っている活動とサービス
…いいえ
…「私は~」にチェック
…「お支払いを受取ったことがない」にチェック

※Googleで報酬を受け取ったことがある場合は「過去にお支払いを受け取ったことがある~」を選んでください。

14.W-8BENが「申請済み」と表示されました。これで手続きは完了です。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

※「確認書類が必要です」(正式な氏名がアカウント名と一致していない)と表示された場合は、手順3にて氏名をアルファベット表記に変更してください。Googleアドセンスの税務情報の提出方法

15.お支払いプロファイルを確認すると、アメリカ合衆国の税務情報欄が変更されました。 Googleアドセンスの税務情報の提出方法

16.また、税務情報の承認メールが届きます。 Googleアドセンスの税務情報の提出方法

以上が、Googleアドセンスの米国の税務情報の提出手順です。

まとめ:Googleアドセンスの設定は正しくできていますか?

この記事では、Googleアドセンスの米国の税務情報の提出方法について解説しました。

Googleアドセンス合格後にすべき設定は以下の記事にまとめていますので、是非参考にして頂ければと思います。
》【重要】Googleアドセンス合格後にやるべき6つの設定

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

》Googleアドセンスの収益を最大化させる仕組みを解説
》ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました