【Googleアドセンス】「要注意-ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。」の解決方法をまとめます。

ブログ運営のメモ Google Adsense

こんにちは、yujiです!このブログでは、WordPressを使ったブログ運営について詳しくまとめています。

「Googleアドセンスに合格したのはいいですが、まだ何もしてないのに『ads.txtファイルが含まれていない』というエラーが表示されました。」

このような質問を解決したいと思います。エラー表示は以下の通り。

エラー表示
「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

「まずはads.txtファイルについて解説します。」

sponser link

ads.txtファイルとは?

ads.txtファイルとは「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」という内容のテキストファイルです。

ads.txtファイルをサイトのサーバーに貼っておくことで、アドセンス審査の通った自分のサイトであることの証明ができます。内容は以下の通り。

ads.txtファイルの内容
google.com, pub-0000000000000000,DIRECT, f08c47fec0942fa0

以上のpubから始まる数字の部分には、グーグルアドセンスによって割り当てられた固有のサイト運営者IDを入力します。それ以外のテキストは全員共通です。

「グーグルアドセンスの審査を通過したサイトです」という証明書をブログに張っておくことで、広告枠が自分の知らない場所で間違った使い方をされることを、事前に防ぐことができます。

「続いて、ads.txtファイルを作成します。」

ads.txtファイルを作成する。

ads.txtファイル作成のステップは以下の4つです。

ads.txtファイル作成の流れ
①テキストエディタで「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」を入力。
②アドセンスで自分のサイト運営者IDを調べる。
③「pub-0000000000000000」の部分を、自分のサイト運営者IDに置き換える。
④「ads.txt」の名前で保存。

以下で詳細を説明します。

①テキストエディタで「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」を入力。

メモ帳を開きます。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」を入力します。

②アドセンスで自分のサイト運営者IDを調べる。

サイトIDはグーグルAdSenseの公式ページで確認することができます。

ログイン後、左のメニューの「アカウント」から「設定」の「アカウント情報」へ。「pub-」から始まる16ケタの数字がサイト運営者IDとなるのでコピーしておきます。

③「pub-0000000000000000」の部分を、自分のサイト運営者IDに置き換える。

先ほどコピーしておいたサイト運営者IDを、テキストエディタ「pub-0000000000000000」部分に貼り付けます。

④「ads.txt」の名前で保存。

「pub-0000000000000000」部分を書き換えたら「ads.txt」という名前で保存します。

以上でads.txtファイルをつくることができました。

「続いて、ads.txtファイルをサーバーにアップロードします。」

ads.txtファイルをサーバーにアップロードする。

XSERVERにアップロードします。

エックスサーバーのファイルマネージャーにログインします。(他のレンタルサーバーでも、ファイルマネージャーでググれば出てきます)

ファイルマネージャーはこのような画面です。

ads.txtファイルを保存する場所を選択します。

「サイトの独自ドメイン」の中にある「public_html」と進みます。

「public_html」を表示したら、右側の「ファイルのアップロード」から「ads.txt」を選択し、アップロードします。右下の文字コードは「FTP-8」にしておきます。(Windows10からは、メモ帳の標準文字コードはFTP-8です。)

public_html内にads.txtが出現しました。これでads.txtファイルのアップロードは完了です。

「最後に、ads.txtファイルがアップロードされているか確認します。」

検索して確認する

URL欄に「https://サイトURL/ads.txt」を入力します。

このような画面が出てきます。これで「ads.txt」の中身が表示されればOKです。

Googleアドセンスに戻って確認しても、依然エラーが表示されています。

Googleが「ads.txt」を認識するまでは1~2日かかるようなので、しばらくは待ちます。(僕の場合、1日程度でエラーは消えました)

これで『ads.txtファイルが含まれていない』というエラー対策は完了です。

エックスサーバーからもads.txtファイルのアップロードができるようになりました。

エックスサーバーの標準機能として、ads.txtファイルのアップロードができるようになりました。

「ads.txt設定」機能から利用できます。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【スキルなしでもOK!】記事へのアクセスが増えるおしゃれな『アイキャッチ画像』の作り方【canva】
【その画像の著作権、大丈夫ですか?】僕がおすすめする『安心のフリー素材サイト』9選!
【Twitterデータ公開してます】14日間でフォロワーを2,000人増やすノウハウ。
【2020年最新版】キャッシュレス初心者向け、おすすめのQRコード決済4選!
【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!

コメント

タイトルとURLをコピーしました