ブログのノウハウ

【危険】A8.netのセルフバックでクレジットカードを作る5つのデメリット【カード短期解約の注意点】

クレジットカードのセルフバックを利用する際のデメリットと注意点

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

セルフバックで稼ぎたいのですが、たくさん申し込んでも大丈夫ですか?
クレジットカードを作るときの注意点を教えてください。

以上のような、クレジットカードのセルフバックを考えている方の質問にお答えします。

セルフバック(自己アフィリエイト)では、短時間で10万円ほどの収益を得ることができます。

これは正式に認められた方法で、誰でも利用できる安全な仕組みです。

しかし、クレジットカードを複数枚作る場合には、ブラックリストに載らないための知識が必要です。

そこでこの記事では、セルフバックでクレジットカードを作る際のデメリットや、カード解約に関する注意点を解説します。

※記事の後半では、A8.netで安全に申し込む手順を詳しくまとめています。

【稼げる】セルフバックとは?

クレジットカードのセルフバックを利用する際のデメリットと注意点

セルフバックとは、アフィリエイト商品を自分で申し込んで、報酬をもらう仕組みのことです。

セルフバックには、例えば次のような案件があります。

セルフバックの例
・資料請求:500円
・化粧品サンプルの申し込み:1000円
・動画配信サービスの登録:3000円
・クレジットカード作成:10000円
・FX口座開設:15000円

このように、自分でサービスを利用した場合でも、通常のアフィリエイトと同じように成果報酬が発生するので、シンプルにお得です。

クレジットカード作成のセルフバックとは?

三井住友カードのセルフバック

セルフバックでクレジットカードを作成すると、1枚につき1万円以上のセルフバック報酬がもらえます。

セルフバック案件には、以下のようなクレジットカードがあります。

セルフバック対象の案件
・三井住友カード
・楽天カード
・ヤフーカード
・エポスカード

普段の生活で使うクレジットカードですが、このようにセルフバック経由で申し込むだけで1万円以上もお得になります。

※セルフバックの利用にはA8.netなどのASPからの申し込みが必要です。

クレジットカードのセルフバックがお得な理由とは?

セルフバック経由でクレジットカードを作成すると、ASPから報酬が振り込まれます。

また、同時にクレジットカードの公式キャンペーン特典も変わらず発生します。

例えば、三井住友カードの場合は以下のような報酬内容になります。

三井住友カードのセルフバック
・ASPから申し込み:10800円
・公式キャンペーン:11000円

このように、1枚のクレジットカードを作成するだけで2万円以上の収益をもらうことが可能です。

ここからは、クレジットカードのセルフバックのデメリットについてまとめます。

セルフバックでクレジットカードを作る5つのデメリット

クレジットカードのセルフバックをする5つのデメリット

ここからは、セルフバックでクレジットカードを作るデメリットについてまとめます。

クレジットカードを作る前に知って起きたいデメリットはこちら。

セルフバックのデメリット
①セルフバックは1回限り
②短期間での作りすぎに注意
③カードの年会費がかかる
④報酬条件が厳しい場合がある
⑤報酬がもらえるまでに時間がかかる

以下で詳しく解説します。

①セルフバックは1回限り

セルフバックの利用は、1枚のクレジットカードにつき1回限りとなっています。

そのため、初回だけは報酬がもらえますが、セルフバックだけで継続的に稼いでいくことはできません。

また、複数のASPから申し込むことも禁止されています。

②短期間での作りすぎに注意

クレジットカードを短期間に何枚も作ると、ブラックリストに掲載されることがあります。

その場合、新しいカードが一定期間作れなくなるなど、信用情報に関するデメリットが大きいです。

セルフバックでのクレジットカードの発行は、1か月に1枚程度が最適。

キャンペーンで報酬額がUPしている案件のみを狙って申し込むのがおすすめです。

③カードの年会費がかかる

クレジットカードを発行すると、年会費用が発生する場合があります。

例えば「初年度は無料・次年度以降に年会費3000円」のようなカードも多いです。

そのため、申し込み時には報酬条件の確認が必要です。

※また日常的に使わないのであれば、カード申し込み後の解約がおすすめです。

④報酬条件が厳しい場合がある

セルフバック案件の中には、条件付きで報酬が設定されているものがあります。

セルフバックの条件
・キャッシング枠の設定
・カード発行後のお買い物

このように、カードの申請だけでは報酬条件を満たさないことがあります。

そのためセルフバックを申し込む場合は、カードを作るだけで報酬が発生する案件がおすすめです。

⑤報酬がもらえるまでに時間がかかる

クレジットカードの発行をした後、実際に報酬が手に入るまでに2か月ほどかかります。

セルフバック報酬がもらえるまでの流れはこちらです。

セルフバック報酬の流れ
・カード申し込み~審査通過:1か月
・報酬確定~振り込み:1か月

このように、カードの申し込みをしてから合計で2ヶ月弱が必要となっています。

また、セルフバック報酬を最短で振り込んでくれるのASPはA8.netで、当日の受け取りが可能です。

A8.netの即時支払申請方法はA8.netの即時支払いの仕組みと使い方【30分で報酬振り込み完了】で詳しくまとめました。

以上の5つが、セルフバックでクレジットカードを作るデメリットです。

続いて、クレジットカードの短期解約に関する注意点を紹介します。

クレジットカードは短期解約しても大丈夫?

クレジットカードの短期解約の注意点

セルフバックでクレジットカードを作った後は、カードが不要になることもあります。

その場合、短期解約についてのカード会社の規則はないので、即時解約しても問題ありません。

しかし、いくつか注意すべきことがあるので、以下にまとめます。

クレジットカードの短期解約の注意点
①カードの解約は、報酬の条件を満たしてから
②短期解約は、信用記録に残る
③利用残高の管理が必要になる

1つずつ解説します。

①カードの解約は、報酬の条件を満たしてから

セルフバックでクレジットカードを発行した後、カードが不要になったときはすぐに解約できます。

しかし、セルフバックが取り消しにならないように、報酬が確定してからの解約がおすすめです。

クレジットカードの解約は、電話で簡単に伝えるだけでOK。書類や印鑑などは必要ありません。

②短期解約は、信用記録に残る

クレジットカードの入会・解約データは、すべて信用情報として記録されています。

そのため、短期間に何度も入会→解約を繰り返すと、各社クレジットカードの審査に通らなくなってしまいます。

目安として、6か月以内の解約が短期解約とみなされるので、一定期間は保有しておくのがおすすめです。

③利用残高の管理が必要になる

クレジットカードの解約時は、利用残高やリボ払いの未払い金が残ります。

利用残高に関しては、引き落としが継続します。(一括返済も選べます。)

また、残ったポイントの処理や、各種支払いのカード登録変更なども必要になります。

以上の3つが、クレジットカードの短期解約の注意点となっています。

次に、クレジットカードのセルフバックに最適なASPを3つ紹介します。

クレジットカードのセルフバックにおすすめのASPは?【3つあります】

クレジットカードのセルフバックにおすすめのASPを3つ紹介

セルフバックでもらえる報酬額は、ASPによって違います。

例えば三井住友カードの場合、次のように収益が変わります。

報酬額の違い
・A8.net:10800円
・バリューコマース:3300円

このように、同じクレジットカードでもこれだけ差が開きます。

そのため、最低3つのASPで比較するのが最適です。

クレジットカードのセルフバックに最適なASPはこちらです。

セルフバックに必須のASP
A8.net
バリューコマース
アクセストレード

この3つのサイトは、高単価のセルフバックに必須のASPとなっています。

また、ASPに登録するにはブログが必要なので【10分でできる】WordPressブログの始め方完全ガイドからブログを始めてみてください。

以下で、特徴をまとめます。

①A8.net

A8.netではセルフバック対象のサービスが多く、幅広い商品から選ぶことができます。

特に、クレジットカード案件が他のASPサイトよりも高額で出ているので、A8.netでの申し込みがお得です。

セルフバックにおすすめのASPを紹介

A8.netでセルフバックをする場合は、公式ページ右上の「セルフバック」から申し込みができます。
A8.netのセルフバックはこちら

A8.netはブログを持っていなくても利用可能です。詳しい登録手順はA8ネットの登録方法と使い方で解説しています。

②バリューコマース

バリューコマースでも、クレジットカード案件の取り扱いがあります。

また、楽天市場・ヤフーショッピングなどの通販サイトのセルフバックが可能です。

セルフバックにおすすめのASPを紹介

バリューコマースでセルフバックをする場合は、公式ページ右下の「バリューポイントクラブ」から申し込みができます。
バリューコマースのセルフバックはこちら

③アクセストレード

アクセストレードでは、FX取引口座や証券口座の高額案件が豊富に揃っています。

特に金融系の案件に強く、他のASPサイトと比べて高単価です。

セルフバックにおすすめのASPを紹介

アクセストレードでセルフバックをする場合は、公式ページの「アフィバックモール」のバナーから申し込みができます。
アクセストレードのセルフバックはこちら

また、以上で紹介したASPの他にもセルフバックに最適なサイトはあるので【厳選】アフィリエイトするなら登録すべきASP12社で詳しく紹介しています。

以下では、A8.netで実際にセルフバック報酬を獲得するまでの流れを解説します。

A8.netでクレジットカードのセルフバック報酬をもらう方法

ここからは、実際のA8.netのセルフバック利用方法をまとめます。

1.まずはA8.netに登録します。

詳しい登録手順はA8ネットの登録方法と使い方で解説しています。

2.公式ページ右上の「セルフバック」に進みます。
セルフバックにおすすめのASPを紹介

3.セルフバックページの「クレジットカード検索」をクリックします。
A8.netでクレジットカードのセルフバックを申し込む方法

4.一覧の中からクレジットカードを選びます。
A8.netでクレジットカードのセルフバックを申し込む方法

5.カードの詳細画面で「成果条件・否認条件」を確認します。
A8.netでクレジットカードのセルフバックを申し込む方法

6.条件が確認できたら「セルフバックを行う」をクリックして、カードの申し込みをします。
A8.netでクレジットカードのセルフバックを申し込む方法

7.後日、カードが届きます。

8.成果が承認されたら、A8.netのレポートに反映されます。
A8.netでクレジットカードのセルフバックを申し込む方法

9.詳細レポートを確認すると、以下のようにセルフバック報酬が確定しています。
セルフバックにおすすめのASPを紹介

これで、セルフバックを受け取ることができました。

ちなみに、セルフバックは不具合があると成果が認められない場合があります。別記事で対策方法を紹介しているので、以下を理解したうえで申し込むのが安心です。

【経験談】セルフバック(自己アフィリエイト)の9個のデメリット

まとめ:セルフバックは、短期間で10万円も可能

この記事では、セルフバックでクレジットカードを作る際のデメリットや、カード解約に関する注意点を解説しました。

再度まとめると、こちらです。

セルフバックのデメリット
①セルフバックは1回限り
②短期間での作りすぎは禁止
③カードの年会費がかかる
④報酬条件が厳しい場合がある
⑤報酬がもらえるまでに時間がかかる
クレジットカードの短期解約の注意点
①カードの解約は、報酬の条件を満たしてから
②短期解約は、信用記録に残る
③利用残高の管理が必要になる

このようにクレジットカードを作る場合には、枚数制限や利用条件の注意が必要です。

セルフバックは、各ASPのルール内で利用することで短期間で報酬をもらうことが可能です。

なかでもクレジットカードは特に申し込みやすい案件なので、キャンペーン中を狙って今すぐ申し込んでおきましょう!

セルフバックに必須のASP
A8.net
バリューコマース
アクセストレード

また、クレジットカード以外にも、おすすめの高単価セルフバック案件があります。こちらの記事で紹介しているので、参考にして頂ければと思います。

【簡単】セルフバック(自己アフィリエイト)の仕組みとやり方

また、こちらの記事ではセルフバックの人気ランキングをまとめているので、初心者でも申し込みやすい案件がすぐにわかります。

【人気】セルフバックで稼げるASP&おすすめ案件ランキング

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説
【最新】Googleアドセンス審査に合格するための6つのポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました