アフィリエイト

【解説】アフィリエイトがオワコンと言われる5つの理由とは?【対処法のまとめ】

アフィリエイトがオワコンと言われる4つの理由とは?

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

アフィリエイトはもうオワコンだと聞きました。
これから始めても稼げるようになりますか?

以上のような、アフィリエイトに関する質問にお答えします。

PV画像

当ブログはコツコツ更新した結果、アクセス数が大幅に伸びました。またアフィリエイト収益も増えており、現在は月70万ほどを稼いでいます。

このように、アフィリエイトは個人で稼ぐには最適なビジネスモデルです。

とはいえ、様々な要因から、年々稼ぎにくくなっているのも事実となっています。

そこでこの記事では、アフィリエイトがオワコンと言われる理由について解説しました。

※薬機法や景表法に関する規制、サードパーティークッキー問題などについてまとめていますので、参考にしていただければと思います。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトがオワコンと言われる4つの理由とは?

アフィリエイトとは、インターネット広告の仕組みの1つです。

アフィリエイトで稼ぐ仕組みをシンプルまとめると、以下のようになります。

アフィリエイトの仕組み
ブログで紹介した商品が売れる

企業から成果に応じた報酬をもらえる

このように、商品の紹介料が発生する簡単なシステムとなっています。

どんな流れで稼げるのか?

アフィリエイトで稼ぐイメージとして、ブログ収益化の具体例をまとめます。

まず「ネットで映画を見たい」という目的を持っている人を想像してください。

そこで映画を見たい人は、良さげな映画を調べるためにGoogleで検索します。

ブログ読者の行動の流れ
休日に「映画を見たい」と考える

Googleで「映画 おすすめ」と検索する

そして検索結果には「映画 おすすめ」に合ったサイトが表示されます。

アフィリエイトで稼ぐイメージを解説

検索ユーザーは、こうしたブログ記事で映画を選び、おすすめ作品の詳細を確認します。

ここで、例えば動画配信サービスの無料登録の紹介があると「無料で見れるなら登録しよう」と成約に進みます。

すると、無料登録1件当たり1,000円ほどの報酬が、広告主からブログ運営者に支払われます。

以上が、アフィリエイトで稼ぐ具体的なイメージです。

アフィリエイトの基礎知識は以下にまとめていますので、是非ご覧ください。
》アフィリエイトとは?仕組みと本当のデメリット4つを解説

続いて、アフィリエイトがオワコンと言われる理由をまとめます。

アフィリエイトがオワコンと言われる5つの理由

アフィリエイトがオワコンと言われる4つの理由とは?

続いて、アフィリエイトがオワコンと言われる理由をまとめます。

アフィリエイトがオワコンと言われる理由
①SEOの裏をかいた施策が無効になった
②SEOで個人サイトが評価されにくくなっている
③アフィリエイトの参入者が増えている
④これから規制が強化される
⑤検挙された例がある

以下で詳しく解説します。

①SEOの裏をかいた施策が無効になった

一昔前のアフィリエイトでは、SEOで上位表示させるテクニックがありました。

※SEOとは、Google検索の上位に表示してアクセスを増やす対策のことです。

基本的に、SEOの仕組みの裏をかいたような施策だったようですが、例えば以下の通りです。

SEOの裏をかいた施策
・評価を上げるための相互リンク
・被リンクの自作自演
・とにかく長文を書く
・広告URLの偽造
・釣りタイトル
・商品の押し売り

こうした施策が流行った結果、Google検索では、小手先のテクニックで上位表示を狙う質の低い広告サイトばかりになってしまいました。

現在はGoogleのアルゴリズムが対応したため、こうした方法は通用しなくなり「アフィリエイトでは稼ぎにくくなった」と言われています。

②SEOで個人サイトが評価されにくくなっている

アフィリエイトが一昔前よりも稼ぎにくくなった理由を簡単にまとめると、

・数年前:キーワードさえ入れていれば検索上位に表示でき、たくさん稼げた
・現在:稼ぐための知識を身に付けて、戦略的に書かないと難しい

というように、SEOの難易度が上がっているからです。

実際、Google検索で上位表示されるのは以下のようなサイトです。

SEOが強いサイトの特徴
・公的機関が書いた信頼性のある記事
・企業が資金を投じて作った専門的な記事
・熟練ブロガーさんが書いた高品質な記事

このように、初心者ブロガーが検索結果に入る余地がないのが現状。

Webメディアを持つ企業も圧倒的に増えているので「個人で稼げる時代は終わった」と感じる人が多いです。

また、最近のGoogleの傾向では情報の信頼性が重視されているので、個人が趣味で書いたような記事が検索10位以内に入るのは困難です。

Googleのサイト評価基準
・E-A-T:専門性/権威性/信頼性
・YMYL:健康やお金に関わること
Googleの検索品質評価ガイドライン

このように、特にYMYLジャンル(金融・不動産・投資・病気・医療・美容)では「誰が書いたのか」「信頼性のあるサイトか」が厳しく見られているので、素人が収益目的だけで書いたブログは評価されません。

以前はキーワードさえ盛り込めば上位に入れたので、こうした面から現在はアフィリエイトがオワコンだと言われています。

③アフィリエイトの参入者が増えている

アフィリエイトがオワコンと言われるのは、アフィリエイトに参入する個人が増えて競争が激しくなっているからです。

以下はA8.netの登録者数です。

ブログが稼げないからやめた方がいい理由2020年12月期(通期)決算説明資料

このように、アフィリエイトの登録者数は毎年右肩上がりで増加中。

ブログの数が増えているので、サイト間の競争が激しく、簡単には生き残れない環境になっていることがわかります。

また、アフィリエイトがビジネスモデルとして普及し始めているため、企業も参戦してきています。(※株式会社小学館や株式会社エイチームなど。)

企業の特徴は、以下の通りです。

アフィリエイト企業の特徴
・事業として大きな予算で戦いに来る
・アフィリエイトをする人員が多い
・強力なドメインを持っている

このように、大きな資金力と人手で運営されているので、規模が大きく成長スピードも早いです。

つまり、個人では太刀打ちできないので、アフィリエイトは一昔前よりも稼ぎにくくなっています。

④これから規制が強化される

現在、消費者庁がアフィリエイト関連の問題について議論しています。

問題とされているのは、アフィリエイトにおける「景表法」や「不当表示」です。

アフィリエイトはその構造上、

・アフィリエイターが報酬目当てに誇大広告をしがち
・消費者がアフィリエイト広告だと気付きにくい
・広告主の管理が届きにくい

といった特徴があります。

そこで、今後はアフィリエイト広告に対して何らかの規制が敷かれる可能性が高いです。

注意喚起
アフィリエイト広告を見て、通信販売の化粧品を購入した消費者から、「シミが消えるなどと表示されていたので信じて購入したが、表示されていたような効果はなかった。」といった相談が、各地の消費生活センターなどに数多く寄せられています。消費者庁
アフィリエイト広告等に関する検討会の開催について
不当表示が生じない健全な広告の実施に向けた対応方策を検討するため、「アフィリエイト広告等に関する検討会」を開催する。消費者庁

⑤検挙された例がある

アフィリエイトは真っ当なビジネスモデルではあるものの、悪意のある使い方をすれば法律に抵触することになります。

そして実際に、虚偽の情報を掲載して書類送検されたケースがあります。

アフィリエイターを書類送検
国の承認がない健康食品が痛風や糖尿病に効くと自身のサイトで宣伝したとして、大阪府警は17日、医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告禁止)の疑いで、神奈川県茅ケ崎市の自営業の男性(51)を書類送検した。Yahoo!ニュース

このように、社会の不利益になるような事例があるため、自由なアフィリエイト広告は難しくなるかもしれません。

そこで、アフィリエイトで気を付けるべきポイントを簡単にまとめました。

著作権
著作者から許諾を得ずに、画像を掲載したり文章を引用することは禁止されています。
景品表示法
「100%」「絶対」「必ず」といった誇大広告は、不当景品類及び不当表示防止法で禁止されています。
薬機法
「この化粧品でアトピーが治りました」「この健康食品10kg痩せました」という虚偽の記述は禁止されています。
薬機法違反に関わる違反表現・広告事例集134選

こちらは、正しい方法でアフィリエイトをしている方には特に問題のない内容となっています。

以上が、アフィリエイトがオワコンと言われる5つの理由です。

このように「アフィリエイトはオワコン」と言われる理由をまとめると、近年は稼ぐ難易度が上がり、挫折する人が多くなったからだということがわかります。

アフィリエイトをやめておいた方がいい理由については「アフィリエイトはやめとけ」と言われる6つの理由でさらに詳しく解説しています。

次に、アフィリエイトがオワコンではない理由についてもまとめます。

アフィリエイトがオワコンではない4つの理由

アフィリエイトがオワコンと言われる4つの理由とは?

次に、アフィリエイトがオワコンではない理由についてもまとめます。

アフィリエイト収入のグラフ全体を見ると、月収10万円を超えている方が20%近くいます。

ブログが稼げないからやめた方がいい理由アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020年

このように、5人に1人が毎月10万円以上を稼いでいるのも事実。

アフィリエイトは月1,000万円をめざすビジネスではないものの、月10万~100万円程度の収入であれば目指せるということがわかります。

そこで、アフィリエイトがオワコンではない理由を以下のようにまとめました。

アフィリエイトがオワコンではない理由
①アフィリエイト市場が拡大している
②ASP上場企業が増収している
③実際に稼いでいる人がいる
④サードパーティークッキー問題は解決済み

1つずつ詳しく解説します。

①アフィリエイト市場が拡大している

アフィリエイト市場は、オワコンどころか現在も拡大中です。

アフィリエイトはインターネット広告の1つですが、現在多くの企業はネット広告に膨大な費用をかける傾向にあります。

ネット広告費が伸びているネットが初のテレビ超え 広告費に見る時代の転換点

このように、ネット広告費だけが純粋に伸びていることがわかります。

これはつまり、アフィリエイト広告の市場規模拡大も意味しています。

アフィリエイト広告費の増加「アフィリエイト市場は今後も拡大を続け、2024年度の国内アフィリエイト市場規模は4,951億円まで拡大すると予測する。」
矢野経済研究所

このように、アフィリエイトはWebマーケティング手法として普及しています。(※この市場はさらに需要が増す方向です。)

②ASP上場企業が増収している

アフィリエイトをする際には、ブログ運営者と企業の間にASPという広告管理会社が入ります。

ASPは報酬の振込・広告審査といった事務手続きをしてくれるなど、個人のアフィリエイトを幅広くサポートしてくれる存在です。

こうしたASPは上場企業が運営しており、社会的信頼性もあって、収益を生み出し続けています。

そしてASPの増収は、ブログアフィリエイトをしている個人がちゃんと稼げていることを意味します。

そして実際に、アフィリエイト報酬は増加傾向にあります。

成果報酬額は増加傾向バリューコマース決算説明資料

このように、市場の拡大とともにアフィリエイトで稼げる額が増えています。

③実際に稼いでいる人がいる

一部ASPでは、アフィリエイトの獲得報酬が公開されています。

例えばA8.netなら以下のように月間成果報酬を公開しています。

A8.netが稼げない理由を解説

月間成果報酬BEST8
1位:12,829,520円
2位:4,141,881円
3位:3,843,373円
4位:2,266,057円
5位:2,011,826円
6位:1,895,989円
7位:1,804,869円
8位:1,769,900円
成果報酬BEST8

このように、月間で1200万円稼いでいる方がランキング1位で、BEST8の平均は382万となっています。(※実際は、収益が大きくなるとASPを介さずに直接提携することが多いため、稼いでいる人はさらに増えます。)

こちらを日本のサラリーマンの平均月収27万8400円(令和2年賃金構造基本調査)と比較すると、現実味がないように感じるのは当たり前です。

とはいえ公表された数字なので、アフィリエイトがオワコンではないことがわかります。

④サードパーティークッキー問題は解決済み

アフィリエイトは、個人情報取り扱いの問題で衰退するということが噂されていました。

※GoogleやAppleはブラウザで個人を特定する機能(サードパーティークッキー)を廃止しています。そこで、アフィリエイト測定が機能しなくなることが問題となっていました。

しかし、このサードパーティークッキーに関する問題は解決済みとなっています。

しかし、現在はサードパーティークッキーを使わずに、JavaScriptを用いた方法へと切り替えが行われています。

ブロガーに影響があるとすれば、アフィリエイトの再訪問期間が24時間までに短縮される可能性はありますが、今後アフィリエイトができなくなるわけではありません。

以上が、アフィリエイトがオワコンではない4つの理由です。

ここからは、アフィリエイトで稼いでいくための大切なポイントをまとめます。

アフィリエイトで稼いでいくために重要な6つのポイント

アフィリエイトがオワコンと言われる4つの理由とは?

ここからは、アフィリエイトで稼いでいくために押さえておきたいポイントをまとめます。

アフィリエイトで重要なポイント
①Googleの目指す世界を先読みする
②読者満足度の高いブログを作る
③分析力で勝てる領域を探す
④大手のASPを使う
⑤スキル資産を身に付ける
⑥自己ブランディングをする

以下で詳しく解説します。

①Googleの目指す世界を先読みする

アフィリエイト収益のほとんどは、Google検索経由の売り上げです。

そこでSEOでは上位表示しにくくなったものの、やはりGoogleに評価されるコンテンツをつくる必要があります。

Googleは会社設立の初期から10の事実を公表しています。

Googleが掲げる10の事実
①ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
②1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
③遅いより速いほうがいい。
④ウェブ上の民主主義は機能する。
⑤情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
⑥悪事を働かなくてもお金は稼げる。
⑦世の中にはまだまだ情報があふれている。
⑧情報のニーズはすべての国境を越える。
⑨スーツがなくても真剣に仕事はできる。
⑩「すばらしい」では足りない。
Googleが掲げる10の事実

このように、Googleは情報が丁寧に整理されたシンプルな構成のサイトを求めていることがわかります。

今後のアフィリエイトでは、小手先のSEO対策よりも、Googleの方針に従って信頼できる情報ソースになることが大切です。

②読者満足度の高いブログを作る

アフィリエイトで成果を出すためには、読者満足度を高めていくことが必須です。

特にGoogleの方針の中でも「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」がアフィリエイトサイトの運営で重要なポイントとなっていて、具体的には、

・読者の悩みを解決できる
・読者の疑問に答えられる

といったユーザーファーストな記事が重要だということがわかります。

つまり読者の悩みをもとに記事を構成していくことが大切なので、詳しくはSEOに強いブログ記事の書き方テンプレートをご覧下さい。

③分析力で勝てる領域を探す

アフィリエイトで稼ぐためには、稼ぎやすい分野を見つける力が必要です。

分析の方法としては、ASPに登録して複数の案件を比較しつつ、どんな競合サイトがあるかを見ていきましょう。

競合サイトの分析
・記事のクオリティ
・被リンク数
・ドメインの強さ
・サイトの構造
・サイトの表示速度
・検索流入のあるキーワード

このように分析していくと、競合が少ない案件が見つかります。

こうした場所で勝てる見込みのある戦いをすることが、アフィリエイトで稼ぐために大切なことです。

ちなみに、競合サイトの分析方法については【分析せよ】アフィリエイトサイトの成功例5つを参考にしてください。

④大手のASPを使う

アフィリエイトで長期的に稼いでいくなら、大手のASPを使うのがおすすめです。

というのも、サードパーティークッキーの問題のように、今後のアフィリエイト規制は厳しくなっていくことが予想されます。

そこでASPは、これからもGoogleやAppleとの規制のいたちごっことなるので、技術的に対応ができる体力が必要になります。

そのため、アフィリエイトをする際は上場企業などの大きなASPを使いましょう。

安心して利用できるASPはアフィリエイトするなら登録すべきASP12社を厳選で紹介しています。

⑤スキル資産を身に付ける

アフィリエイトの価値は、多角的なスキルが身に付いていくことです。

例えば、読者のために良質なブログ記事を書く必要があるので文章力が上がります。

アフィリエイトで身に付く文章力
・わかりやすい論理展開をする
・正しい日本語で書く
・説得力の高い文章を書く

どれも相手に正しく情報を伝えるスキルなので、どこにいても活かせます。

その他にも、

・WordPress構築
・サーバー管理
・Webライティング
・Webマーケティング
・プログラミング
・データ解析
・SEO対策

というように、幅広いスキルが身に付きます。

こうした経験はその他の職業に就くときにも必ず評価されるので、スキル資産を積み上げることも視野に入れておくのがおすすめです。

⑥自己ブランディングをする

これからの時代は、ブログで個人の影響力を高めていくことが可能になります。

例えば発信場所を複数持っていて、その中でブログを軸にしていれば、以下のように個人のスキルを活かして作った商品も販売できます。

自分で作った商品の例
・有料note
・WEB制作依頼
・ハンドメイド商品
・プログラミング教材
・アフィリエイト教材
・プログラミング依頼
・オリジナルブランドの商品
・ブランドとのコラボで商品
・マーケティングのコンサル依頼

このように、ブログを基盤に展開することが可能なので、ブログはむしろ必須のツールとなります。

そのため、SNSやその他のメディアを活用しつつ、権威性を育ててくことを目指しましょう。

こうした幅広い展開が、アフィリエイトの成果にもつながります。

以上が、アフィリエイトで稼いでいくために重要な6つのポイントです。

また、これからアフィリエイトを始めようと考えている方は、今からアフィリエイトはもう遅い?【後発組が稼ぐための考え方】も是非お読み下さい。

まとめ:良質なコンテンツがあれば、アフィリエイトはオワコンにならない

アフィリエイトがオワコンと言われる4つの理由とは?

この記事では、アフィリエイトがオワコンと言われる理由について解説しました。

実際、SEOが厳しくなったり、薬機法や景表法の規制が厳しくなるなど、アフィリエイトがしにくい状況は進みつつあります。

しかし、それは従来のやり方が通用しなくなっただけで、むしろ本質的なサイトの価値が評価されるようになったということでもあります。

アフィリエイトは、正しい方向で努力すれば1年で大きく収益を伸ばせるため、コツコツと良質なコンテンツを生み出していきましょう。

アフィリエイトに躊躇している方は、是非こちらから始めてみてください。

アフィリエイトを始める手順とやり方を解説

また、読者に嫌われないアフィリエイト方法を別記事で解説しています。

【アフィリエイトサイトはうざい?】読者に嫌われないブログの作り方を解説

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【注意】アフィリエイトはやめとけと言われる6つの理由
アフィリエイトで月3万円を稼ぐコツ【売り上げを伸ばす設計力×分析力】

コメント

タイトルとURLをコピーしました