【おすすめはどっち?】Audible/audiobook.jpの比較【オーディオブックを100冊聴いた感想・レビュー】

Audibleとaudiobook.jpオススメはどっち?

こんにちは、yujiです。
このブログでは、オーディオブックを年間100冊以上聞いている僕が「本を聴く生活」について詳しくまとめています。

オーディオブックを聴いてみたいです。
『Audible』と『audiobook.jp』は、どっちがおすすめですか?

以上のような、Audibleとaudiobook.jpに関する疑問にお答えします。

僕は2つのオーディオブックサービスを利用して、年間100冊以上の本をインプットしています。

そこでこの記事では、それぞれのオーディオブックサービスの特徴を詳しく説明しつつ、料金やラインナップなどを比較していきます。

※両方の『無料体験期間』を組み合わせて使うことで、初めての方でも安心して聴き始めることができます。
登録方法も解説しているので、参考までにどうぞ。

【人気】オーディオブックアプリおすすめTOP5を徹底比較
【最新】僕がおすすめするオーディオブック【絶対に読みたい30冊】
【便利】Audibleは何回でも返品・交換可能。コインの使い方を詳しく解説

『Audible』と『audiobook.jp』を徹底比較!

Audibleとaudiobook.jpオススメはどっち?

この記事で比較するのは、以下の3つのプランです。

オーディオブック比較
▶Audible

▶audiobook.jp(月額会員)
▶audiobook.jp(聴き放題)

以上の3つを詳しく見ていきましょう。

Audible(オーディブル)

Audibleとは?

Audible(オーディブル)とは?

Audible(オーディブル)とは、通販サイトAmazonが運営するオーディオブックサービスです。
Audibleのサービス内容は以下の通りです。

▶Audibleの特徴
・タイトル数が40万冊
・聴き放題ポッドキャスト
・何度でも返品交換が可能
・会員制

このようにAudibleの特徴は、タイトル数と独自の聴き放題コンテンツです。

また買い切りのため購入タイトルは解約後でも聴くことができ、後から返品・交換ができる唯一のオーディオブックアプリとして安心して利用できます。

【最高】無料体験で、オーディオブックを2冊もらえます

Audibleの30日間無料キャンペーンでは、通常月額1500円の特典が『0円』で利用可能です。

オーディオブックを無料でもらえる

Audibleの無料体験とは?
・自由に選べるオーディオブック1冊。
・無料でもらえるボーナスタイトル1冊。
・聴き放題のポッドキャスト。

Audibleの無料体験はこちら

以下では、Audibleの特徴である『Audible会員』についてまとめます。

Audible会員になるメリットとは?

Audibleのメリット

Audible会員は、月額1500円となっています。

Audibleの月額料金システム
・無料会員特典でオーディオブック2冊を聴く。
・聴き放題のポッドキャストを聴く。
・読みたい本を、30%OFFで購入できる。

以上のような会員特典が利用可能になります。

また、Audibleでは会員限定のサービスとして、解約時の返金や、イメージと違った作品の返品・交換に応じるなどの補償が揃っています。
Audibleの返品・交換について詳しく解説

値段が高い本は、Audibleコインでお得にできる

Audibleの価格帯は少し高く、人気のある本だと3000~4000円のものが多いです。

そこで、こういったオーディオブックは月額料1500円でもらえる「コイン」を利用して購入するようにしています。

これなら紙の本とも値段が変わらないので、気軽に購入できます。
Audibleコインの使い方を解説【追加購入や確認方法】

Audibleのデメリットまとめ

Audible会員のデメリットは2つです。

Audible会員のデメリット
・聴き放題プランがない
・1冊の単価が高い

このように、Audibleには聴き放題プランはありません。

以前までは聴き放題プランが展開されていましたが、現在は以下のような「ポッドキャスト聴き放題」に変更されています。

Audibleのポッドキャストでは、ビジネスやニュース、お笑い、落語、ヒーリングといった良質なオリジナルコンテンツが毎日配信されています。

オーディオブックを無料でもらえる

Audibleポッドキャストについては以下で詳しくまとめています。
【すべて聴き放題】Audibleポッドキャストを聴いてみた感想

また、「1冊の単価や、月額1500円のコストが気になる」という方には、以下のプランがおすすめです。

『3か月割引プラン』とは?
・3か月間、月額750円でAudible会員を利用できる。
・申し込み日から新たに月額750円プランがスタート。

3か月割引プランに申し込む場合は、こちらの「Audible解約手続き」の手順に従ってください。
【簡単】Audibleの解約・退会方法と『3か月割引プラン』

またセールを上手に活用しつつ、コストを抑えながら良質なラインナップを楽しむことも可能です。
【今だけセール】Audibleが期間限定キャンペーン中

【限定】Audibleの期間限定『2ヵ月無料』キャンペーンとは?

Audibleでは期間限定で、月額1500円の会員プランが『2ヵ月無料』となっています。

Audible2ヶ月無料キャンペーン中

キャンペーンの詳細については以下の記事で詳しくまとめています。
【今だけセール】Audibleが期間限定『2か月無料』キャンペーンのまとめ

続いて、audiobook.jp(月額会員)についてまとめます。

audiobook.jp(月額会員)

audiobook.jpとは?

audiobook.jpとは、オトバンクが展開するオーディオブックサービスです。

audiobook.jp100万人

現在の会員数は100万人を突破し、人気が高まっていることがよくわかります。

audiobook.jp(月額会員)の特徴は?

audiobook.jp『月額会員プラン』の特徴は以下の通りです。

▶月額会員プラン
・月額550円~33000円コースを選べる。
・ボーナスで最大9000ポイント付与。
・タイトル数は4万冊。

このように、月額会員プランでは最大9000ポイントが付与され、最大30%お得に購入できます。

audiobook.jp月額会員プランの登録方法audiobook.jp月額会員プランの登録方法

月額会員プランのボーナスポイント
▶550円コース+60P
▶1,100円コース+120P
▶2,200円コース+250P
▶5,500円コース+1000P
▶11,000円コース+2450P
▶22,000円コース+6000P
▶33,000円コース+9000P

このように、お好きなコースを選択できます。
audiobook.jpの月額会員プランはこちら

オーディオブック解約時の注意点

また、月額会員プランを解約する場合は、以下の注意点を参考にしてください。

月額会員プラン解約の注意点
・解約はいつでも可能。
・購入したポイントは解約後も残る。
・購入したオーディオブックは解約後も残る。

月額会員プランの解約後も付与されたポイントは残るので、引き続きオーディオブックを購入できます。

※購入したオーディオブックは解約後も聴けますが、返品や交換はできません。

audiobook.jpを65%OFFで聴く方法

audiobook.jpでは、期間限定セールを開催しています。

月額プランのボーナスポイントと組み合わせれば、半額セール作品がさらに30%OFFとなるので、合計65%の割引となります。

※ちなみに、月額プランは購入後すぐに退会できるので、半額セール作品を購入するときに限り利用することも可能。

詳細は以下の記事で解説しています。
【期間限定セール】audiobook.jpの最大65%OFFキャンペーン

audiobook.jp(聴き放題)

audiobook.jp(聴き放題)

audiobook.jp(聴き放題)の特徴とは?

audiobook.jp『聴き放題プラン』の特徴は以下の通りです。

▶聴き放題プラン
・月額750円で聴き放題。
・タイトル数は1万冊のみ。
・入会/退会自由

このように、オーディオブックサービスの中で、月額750円で聴き放題を提供しているのはaudiobook.jpだけです。

※ただし、プラン解約後にはダウンロードした本が聴けなくなってしまうことと、人気書籍が少ないのが難点です。

実際に使ってみた感想

実際の使用感としては、直感的に気になった本を片っ端から聞くことができました。

また価格を考慮すると、通常のオーディオブックは1冊2000円程度なので、聴き放題750円は破格です。

『聴き放題プラン』では現在30日間無料キャンペーン中。
毎日決まった移動時間があるなど、たくさん聴ける人にはお得なプランでした。
audiobook.jpの無料登録はこちら

上で紹介した3つのオーディオブックサービスをまとめると、このようになります。

オーディオブックサービスまとめ
・2冊無料と、返品交換自由の『Audible会員』
・良書を1冊ずつお得に購入できる『audiobook.jp月額会員』
・1万冊を750円でたくさん聞ける『audiobook.jp聴き放題』

ここからは、失敗しないオーディオブックアプリの選び方を解説します。

【結論】Audibleとaudiobook.jpおすすめはどっち?

以下では、Audibleとaudiobook.jpの両方のサービスを愛用している僕がおすすめする、オーディオブックアプリの選び方を解説します。

結論としては、まずはそれぞれのアプリの無料期間で使用感を確かめて、それから目当ての本を安い方で購入するのがいいんじゃないかと思います。

なので流れは以下の通り。

オーディオブックおすすめの使い方
①Audibleの2冊無料プレゼントで好きな本を聴く。

②audiobook.jp聴き放題の30日無料期間を試してみる。

③聴きたい本をAudible/audiobook.jpの安い方で単品購入する。

以上の流れを説明します。

まず、オーディオブックには向き不向きがあります。
なのでまずは「オーディオブック自体が聴きやすいのかどうか」を試聴してみるのがオススメだと思います。

そこで、はじめてのオーディオブックには、登録・解約が自由でラインナップの多いAudibleが安心です。
Audibleの無料体験はこちら

また、audiobook.jp聴き放題のラインナップは少し物足りない感じがするのですが、オーディオブック1冊の相場は3~4000円だということを考えると、1冊聴けるだけでも十分お得感があります。
audiobook.jpの無料登録はこちら

なので結論としては、それぞれの割引を活かしつつ、両方のアプリを上手に使い分けるのが最適な使い方です。

また、以下の記事では僕が厳選するオーディオブック30冊をまとめています。
『初めての1冊』の参考にしていただければと思います。

【最新】僕がおすすめするオーディオブック【絶対に読みたい30冊】

最後に、Audibleの月額料を半額にする方法を紹介します。

【限定】Audibleの月額料を半額にする方法とは?

オーディオブックおすすめの選び方

Audibleでは、退会オプションのなかから3か月半額プランを選ぶことができます。

僕は現在このプランを利用しており、audiobook.jp月額会員と組み合わせつつお得にオーディオブックを楽しんでいます。

3か月割引プランとは?
・3か月間、半額でAudible会員を利用できる。
・申し込み日から新たに月額750円プランがスタート。

このように「有料会員を継続したいけれど、月額1500円のコストが気になる」という方にはこちらがおすすめです。

3か月割引プランに申し込む場合は、以下の記事の「Audible解約手続き」と同じ手順で進みます。
Audibleの解約・退会方法はこちら

このように、「退会される前に」のページに『3か月割引プラン』が表示されていれば、「会員プランを変更する」を選択します。

※アカウントによってAudible側からの提案が違います。
必ずしも『3か月割引プラン』が提示されるわけではないようです。

Audibleの解約について

「引き続きご利用いただき、ありがとうございます。」と表示され、新たに『3か月割引プラン』がスタートします。

これでステータスが「90日間割引」に変更され、新たに1コインが付与されました。

まとめ:オーディオブックで、人生が変わる

この記事では、「Audibleとaudiobook.jpはどっちがオススメ?」といった方向けに、各サービスの特徴や使用感をまとめました。

オーディオブックで読書量が増えると、実際のビジネスシーンや日常生活で役立つ知識を身に付けることができます。

社会人になってもインプットを続けられる人にこそ、未来があると思うので、今すぐ聴き始めてください。

オーディオブックサービスまとめ
・2冊無料と、返品交換自由の『Audible会員』
・良書を1冊ずつお得に購入できる『audiobook.jp月額会員』
・1万冊を750円でたくさん聞ける『audiobook.jp聴き放題』

はじめてのオーディオブックには、登録/解約が自由でラインナップの多いAudibleが安心です。
Audibleの無料体験はこちら

750円で聴き放題ができる、audiobook.jpも初めての方におすすめです。
audiobook.jpの無料登録はこちら

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【最新】僕がおすすめするオーディオブック【絶対に読みたい30冊】
【人気】オーディオブックアプリおすすめTOP5を徹底比較

【便利】Audibleは何回でも返品・交換可能。コインの使い方を詳しく解説
【すべて聴き放題】Audibleポッドキャストを聴いてみた感想
オーディオブックのダウンロードに関する疑問をすべて解決!

コメント

タイトルとURLをコピーしました