【オーディオブックとは?】年間100冊聴いている僕が、メリットや使い方を丁寧に解説します。

オーディオブックとは?

こんにちは、yujiです!
このブログでは、オーディオブックを年間100冊以上聞いている僕が「本を聴く生活」について詳しくまとめています。

オーディオブックって何ですか?
使い方を教えてください。

以上のような、オーディオブックに興味のある方の疑問にお答えします。

僕はオーディオブックを愛用しており、年間100冊以上の本を読んでいます。

社会人になってからというものの、忙しくて本とは無縁の生活をしていましたが、オーディオブックで読書を習慣化できました。

そこでこの記事では、オーディオブックがどんなサービスなのか、どうやって使うのかなど、基本的なことを詳しくまとめます。

【人気】オーディオブックアプリおすすめTOP5を徹底比較
【比較】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?
【無料体験が最高】Audibleの会員登録で、オーディオブックをお得に聴ける

【解説】オーディオブックとは?

オーディオブックとは?

最近、本を読めていますか?

毎日の仕事が忙しい社会人の読書事情は、以下のような感じだと思います。

社会人の読書事情
・パソコンで目が疲れて、活字を読めない。
・忙しくて、積読本になってしまう。
・買っただけで、満足してしまう。

このように、社会人は読書をしていないということが、アンケート調査から明らかになっているようです。

ちなみに、日本人の1日の学習時間はたったの「6分」です。
これは先進国で最下位となっています。

毎日少しだけでも本を読むことができれば、学ぶ人と学ばない人の差は、徐々に広がっていきます。

オーディオブック利用者数が、増える理由

まず、オーディオブックとは『本の朗読を聞くサービス』のことです。

アメリカのオーディオブックに関する調査では、63%のビジネスマンや経営者が通勤時間にオーディオブックを利用。
その中にはビルゲイツやイーロンマスク、オバマ前大統領などの著名人も含まれています。

同じように、日本でもに音声コンテンツでのインプットを選ぶ人が急増しています。

3倍速で、スラスラ聴ける

3倍速で、スラスラ聴ける

オーディオブックは「本を読みたいけれど、読む時間がない」という人におすすめのサービスです。

例えば、以下のような使い方が可能です。

オーディオブックのある日常
・朝、身支度をしながら
・車での移動中に
・家事をしながら
・トレーニングをしながら
・散歩をしながら

このように、日常的なシーンで簡単にインプットができてしまいます。

そして僕はオーディオブックを『3倍速』で聴いています。
速聴でスラスラ聴いていくのがすごく快適で、年間100冊の読書が可能となりました。

バリアフリーな、デザイン

Audibleとは?

オーディオブックは、目に不自由のある方にも優しいサービスです。

僕の祖父は目が悪く、本をうまく読むことができませんでした。
しかしオーディオブックのおかげで、読書を楽しめるようになりました。

また分厚い本も自動で読み上げてくれるので、「本が苦手な人」でも使いやすいです。

はじめてオーディオブックを聴くなら、『Audible』というオーディオブックサービスがおすすめ。まずは無料体験が1か月あるので、とりあえず0円で試してみるのが良いかと思います。
Audibleの30日間無料キャンペーンはこちら

オーディオブックのメリットをデメリットをまとめます。

オーディオブックのメリット

オーディオブックのメリット

僕が実際にオーディオブックを1年以上聴きこんだ感想は、この通りです。

オーディオブックを聴いた感想
①読書を習慣化できる
②分厚い本でも、完読できる
③速読できる
④繰り返し聴いて、理解度が深まる
⑤セルフコントロールができる

以下で詳しくまとめます。

①読書を習慣化できる

僕は毎日、車での移動中/歯磨き中/家事の最中に必ず聞くようにしています。

これで毎日の読書時間を確保でき、ルーティーンの一部として生活に取り入れていくことができます。

嬉しいことに、これまで全く興味のなかった読書が簡単に習慣化できました。

②分厚い本でも、完読できる

本がなかなか進まない現象は、Audibleですべて解決しました。

当たり前ですが、Audibleはひたすら本が進んでいきます。

なので、分厚い本でもさらっと聴き始めて、いつの間にか最後まで聴き終えることができます。

これで『積読本』や『ファッション読書』をやめることができました。

③速読できる

僕がAudibleを聴くときは、基本的に2~3倍速で再生しています。

最初は慣れないですが、次第にはっきりと聞き取ることができるようになります。

これで、僕が憧れていた「速読」もできるようになりました。

④繰り返し聴いて、理解度が深まる

Audibleを聞き流していると、本の大事なポイントやキーワードを聞き逃してしまうことがありました。

なので僕は、繰り返し聴いて確実にインプットしています。

そもそもAudibleは、倍速以上のスピードで何度も繰り返し聴くツールだと思っています。

実際、「紙の単行本」を読んだ人と同じか、それ以上に要点やエピソードがすらすらと出てくる感じがしています。

⑤セルフコントロールができる

オーディオブックをBGMとして流していると、サブリミナル効果やプライミング効果が働きます。

オーディオブックの内容に寄った行動をとったり、似ている選択をしやすくなります。

以上が僕がオーディオブックを1年間聴いてみたメリットです。

続いて、オーディオブックのデメリットもまとめます。

オーディオブックのデメリット

オーディオブックのデメリット

オーディオブックは基本的に、紙の本よりもコストがかかります。

オーディオブックは1冊の単価が高い

オーディオブックは紙の本や電子書籍よりも1冊の値段が高く、2~3000円かかります。

コストをかける分、積読本にならないというメリットが得られる印象です。

またオーディオブックサービスでは、無料キャンペーンやセールもあるので、上手に活用しつつコストを抑えることも可能です。

オーディオブックの聴き方

オーディオブックの聴き方

現在はオーディオブックサービスを利用して、スマホで聴くのが主流です。

Audible(オーディブル)

オーディオブックサービスのAudibleでは、30日間無料キャンペーン中。
通常、月額1500円の以下の特典が『0円』で利用可能となっています。

オーディオブックを無料でもらえる

Audibleの無料体験とは?
・自由に選べるオーディオブック1冊。
・無料でもらえるボーナスタイトル1冊。
・聴き放題のポッドキャスト。

登録してすぐに、これだけのコンテンツを聴くことができます。

人気書籍なら3000~5000円、また高額な本なら1万円以上するので、無料キャンペーンは本当にお得です。
Audibleの無料体験はこちら

audiobook.jp

オーディオブックサービスの中で、月額750円で聴き放題を提供しているのはaudiobook.jpだけです。

audiobook.jp聴き放題のラインナップには人気書籍が少ない印象です。
しかし、TOEICの英語学習テキストや、日経などの経済雑誌などが幅広く揃っています。

audiobook.jpでは現在30日間無料キャンペーン中。
時間に余裕があってたくさん聞ける人には、聴き放題がおすすめかと思います。
audiobook.jpの無料登録はこちら

『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?

オーディオブックサービスは以上の2つが人気ですが、両方の無料期間を使ってお得に利用するのがおすすめです。

【裏ワザ】Audible無料体験の申し込み方と、月額料5割引にする方法
【簡単】audiobook.jpの登録から解約までを解説
【結論】『Audible』と『audiobook.jp』を徹底比較!

以上のキャンペーンを利用して、オーディオブックを無料で視聴できます。

「オーディオブックサービスに登録したら、さっそく聴いてみましょう。以下では僕が厳選したオーディオブックを紹介します。」

【厳選】今すぐ聴いてほしい、おすすめのオーディオブック10冊

今すぐ聴いてほしい、おすすめのオーディオブック10冊

以下では、世界中で多くの人に影響を与えているビジネス書や自己啓発本を10冊紹介します。

①サピエンス全史

サピエンス全史

今の世界の常識がどうやってつくられてきたか。狩りをしていたホモサピエンスが、どのようにしてこれほどまでの文化を作り上げたのかなど、人類の歴史の中での自分の立ち位置がよくわかります。
Audibleで聴く
audiobook.jpで聴く

②思考は現実化する

思考は現実化する

過去の偉人たちの取ってきた行動と500人の成功者に取材をもとに、20年の歳月をかけて作られた成功のためのノウハウが、かなり具体的にわかるような構成です。
audiobook.jpで聴く

③21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21世紀の人類のための21の思考

『サピエンス全史』で人類の「過去」を、『ホモ・デウス』で人類の「未来」を描き、第3作『21 Lessons』では人類の「現在」を取り上げます。
Audibleで聴く
audiobook.jpで聴く

人を動かす

人を動かす

心からの友を得るために、人々に良い影響を与えるために、どうしたら良いのかを突き詰めた本。個人主義の範囲に収まらない「人を動かす」方法がまとめられています。
Audibleで聴く
audiobook.jpで聴く

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

父が娘に語る経済の話

人類の成り立ちや世界史を、経済の視点で経済の用語をなるべく使わずに解説した本。少しサピエンス全史と似ている印象です。
Audibleで聴く
audiobook.jpで聴く

⑥影響力の武器

影響力の武器

「こういう心理で、罠にはまってしまう」という心理的なロジックを様々なパターンで解説している本。人が誘導される仕組みが分かります。
audiobook.jpで聴く

⑦50歳からの勉強法

メンタリストDaiGoさんおすすめのオーディオブック

「年をとったら頭が鈍くなる」という考え方は間違いだと、脳科学の世界で証明されており、50歳からの再学習で何歳までも若々しく充実した人生を過ごせることが書かれています。
Audibleで聴く
audiobook.jpで聴く

⑧スタンフォードの自分を変える教室

メンタリストDaiGoさんおすすめのオーディオブック

心理学、脳科学から経済学まで最新の科学的成果を盛り込み、受講者の97%に影響を与えた米スタンフォード大学の人気講義「意志力の科学」が、オーディオブック化。
audiobook.jpで聴く

⑨読書の技法

メンタリストDaiGoさんおすすめのオーディオブック

勉強として本を活用したいけれど、その方法に悩んでいるという人に、まずは聴いてもらいたい本です。
Audibleで聴く
audiobook.jpで聴く

⑩「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則

メンタリストDaiGoさんおすすめのオーディオブック

仕事ばかりでなく、プライベートな時間を作り、人生を充実させたい。そんな多忙な方に必ず新しい気付きを与えてくれる一冊。
audiobook.jpで聴く

以上が僕がおすすめする厳選10冊です。
オーディオブックならどれもすんなり完読できると思います。

最後に、、、

この記事では、オーディオブック初心者の方向けに、メリットや使い方などをまとめました。

オーディオブックを3日に1冊聴いている僕の率直な感想は、「オーディオブックをもっと早く知りたかった!」ということです。

完読できる本が増えたのと、知識や教養がついているといった感覚があり、これからも手放せないサービスだと感じています。

興味のある方は是非、以下の記事もご覧ください。

【人気】オーディオブックアプリおすすめTOP5を徹底比較
【無料体験が最高】Audible会員登録で、オーディオブックがお得
【すべて聴き放題】Audibleポッドキャストを聴いてみた感想

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【便利】Audibleは何回でも返品・交換可能。コインの使い方を詳しく解説
【比較】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?
【最新】僕がおすすめするオーディオブック【絶対に読みたい30冊】
オーディオブックのダウンロードに関する疑問をすべて解決!

コメント

タイトルとURLをコピーしました