【記憶力アップ】オーディオブックで本を聞く効果とは?メリットやデメリット、100冊聴いた感想をすべて解説します。

オーディオブック オーディオブック
オーディオブックの脳科学的な効果

こんにちは、yujiです!このブログでは、オーディオブックを年間100冊以上聞いている僕が「本を聴く生活」について詳しくまとめています。

・オーディオブックってどうなの?

・脳科学的には効果はあるの?
・聴くだけでちゃんと理解できるの?
・本が苦手でも使いやすい?

オーディオブックについて以上のような疑問を抱えている方は、この記事を読めばすべて解決します。

実際にこれから紹介するオーディオブックのメリットを活かすことで、僕は1か月に100時間以上は集中した読書時間を確保でき、着実に本の内容をインプットしています。

この記事の前半では、オーディオブックを聴いて得られる脳科学的な効果や、メリット・デメリットをすべてまとめました。

また後半では、実際に試聴してみたい人向けにおすすめのオーディオブック無料プランを紹介しています。

オーディオブックのもつ効果を一通り理解して、実際に使ってみるときの参考にしていただけたらと思います。

「まずは、オーディオブックが選ばれている理由からまとめます。」

【Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント!】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。
【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
【2020年最新版】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?年間100冊以上聞いている僕が解説します!

オーディオブックが選ばれている理由とは?

オーディオブックが選ばれている理由。

オーディオブックとは?

オーディオブックとは、一言でまとめると本の朗読を聞くサービスのことです。

基本的にはスマートフォンなどに音声データをダウンロードして本を聴きます。

オーディオブックでできること。
・音楽を聴くのと同じ要領で本を聴ける。
・内容をスラスラ理解できるので、ストレスがない。
・スマホさえあればいいので、いつでも聴ける。

このように、車での移動中や毎日の歯磨き中、家事をしながら、布団に入りながらなど、ちょっとしたスキマ時間に本を聴ける人気のサービスです。

オーディオブックはなぜ人気なのか?

オーディオブックが人気なアメリカでは、昔から『本』の一部として認知されています。

その市場規模は1000億円と大きく、グラミー賞にオーディオブック部門があったりする点などを考えると、本を読む手段としてすでに定着していることがわかります。

また、ビルゲイツやウォーレンバフェットなど世界の大富豪の習慣について書かれている記事でも、「富裕層の多くが移動時間にオーディオブックを聴く習慣がある」とまとめられています。

このように、成功者の自伝やビジネス書の多くには、生活習慣の1つとしてオーディオブックを取り入れているという話が多い印象です。

このような口コミ効果もあり、オーディオブックのは徐々に日本でも浸透しています。

ではなぜオーディオブックは選ばれているのか。その理由を以下では説明したいと思います。

「まずは、オーディオブックが選ばれている理由として、オーディオブックを聴くメリットについてまとめます。」

オーディオブックのメリットとは?

オーディオブックのメリット

オーディオブックの特徴を見ていくと、「本が好きだけどなかなか読む時間がない。」という人や「文字を読んでいるとどうしても眠くなってしまう。」といった悩みを抱える人に嬉しいメリットが見えてきます。

オーディオブックを実際に使っていて感じるメリットは、以下のようなモノが挙げられます。

オーディオブックのメリット
①耳さえ空いていれば、どこでも聴ける。
②分厚くて難しそうな本でも、完読できる。
③強制的に速読できる。
④1日の終わりに、目を閉じたまま本を読める。

詳細は以下で説明します。

①耳さえ空いていれば、どこでも聴ける。

オーディオブックが便利な点は、両手がふさがっていていても、耳さえ空いていれば本をインプットできるところです。

具体的には、通勤、通学、食事、歯磨き、ランニング、すべての時間に耳で本をインプットすることが可能になります。そのため、スキマ時間すべてを自己投資の時間へと変換させることができます。

おすすめの聴き方は、耳が空いている時間はひたすらBGMのように聴き続けること。

まずは実質的に本の情報に触れる時間を長くすることで、インプット効率を上げることができます。

②分厚くて難しい本でも、完読できる。

本を読みたくてもなかなか読み進められない現象は、オーディオブックですべて解決します。

例えば以下のような場合に役立ちます。

本が進まない状況
・見た目の分厚さに、気が引けてしまう。
・内容は面白いけど、ちょっとだけ難しい。
・忙しくて、どうしても後回しになってしまう。
・買っただけで満足してしまう。

このように、読みたくて買ったはいいけれどなかなか手が付けられなかったり、途中まで読んでそのまま閉じてしまった本があると思います。

そんなときオーディオブックでは、本を開くまでに感じる「ちょっとした抵抗感」が全くなくなるので、さらっと聴き始めて、さらっと最後まで聞き終わることができます。

これで”積読本”や”ファッションのための読書”とはおさらばです。

③強制的に速読できる。

オーディオブックユーザーは、基本的に2~3倍速で再生して聴いています。

倍速以上のスピードでオーディオブックを聴くメリットは、単純にインプット量が上がること。

例えば、忙しい生活の中で1日1時間のオーディオブックを聴く時間を生み出した場合、膨大な量のインプットが可能になります。

1時間×30日×3倍速=約100時間

このように、オーディオブックを取り入れるだけで、1か月続ければ100時間の学習時間を確保できます。

倍速再生は最初は何を言っているか聞き取れませんが、次第に慣れて聞き取れるようになります。

なので高速で文字を目で追い続ける「速読」が苦手な人にも、耳からのインプットで強制的に『速聴』することができるのでおすすめです。

④1日の終わりに、目を閉じたまま本を読める。

オーディオブックは目で文字を追わなくても本をインプットできます。

例えば、一日中パソコンの画面を見ていて目が疲れた状態でも読書ができるなど、様々な場面で役に立ちます。

目で読書がつらいとき
・1日の終わりの疲れ目で、文字がかすむとき。
・老眼で細かい文字が見れないとき。
・kindleなどの電子書籍で目が疲れるとき。

この他にもオーディオブックなら、本を読んでいて次第に集中力がなくなり、同じ行を何度も繰り返してしまうなどのミスも起こりません。

また、目の疲れからくる首や肩の痛みにもやさしいサービスです。

以上の4つようなメリットを感じている人が多く、オーディオブックは時間のないビジネスマンや起業家にも取り入れられています。

また、「本が好きだけど、早く読めなくて多読が難しい」と感じている人にも嬉しいメリットが多い印象です。

「続いて、オーディオブックのデメリットもまとめています。」

オーディオブックのデメリットとは?

オーディオブックのデメリット

オーディオブックのデメリットはこの3つ。

オーディオブックのデメリット
①うまく集中できない。
②パラパラめくって読むことができない。
③ラインナップが少ない。

以下で詳しくまとめます。

①オーディオブックは集中できない?

オーディオブックの良さが最大限に活かされるのが『スキマ時間』です。しかし、スキマ時間は心が落ち着いていないことが多いのが実際のところ。

なので、オーディオブックに聴き慣れないと本の内容に集中するのは難しいといったデメリットがあります。

ですがオーディオブックは、倍速以上のスピードで何度も繰り返し聴くのが前提。

メンタリストのDaiGoさんも「聞き流しでも構わないから何周も聴くことで、着実に理解が深まる」と言っています。

このようにオーディオブックを利用する場合は、『繰り返し聴いて確実にインプットしたいと思える本』が聴くのに向いていると考えることができます。

②オーディオブックはパラパラめくって読むことができない?

オーディオブックでは、紙の本のように数ページ前の内容を再確認したり、大事なところに線を引いたり付箋を貼ったりすることはできません。

このように、自分の見たい部分にサッと戻ることができないというデメリットがあります。

ですがオーディオブックの最大の利点は、読み飛ばしたり戻ったりせずにひたすら本が進んでいくという部分。

なので、オーディオブックを利用する場合は『最初から最後まで熟読したい本』が聴くのに向いているという印象です。

③オーディオブックはラインナップが少ない?

各種オーディオブックサービスと、Kindleを比べると以下のようになります。

Kindleとオーディオブックサービスの比較
・『audiobook.jp』は約2万冊
・『Audible』は約40万冊
・『Kindle電子書籍』は320万冊以上

このように、書店に並んでいる人気書籍すべてがオーディオブック化されているわけではないので、オーディオブックを選ぶ際には、選択肢がある程度限られているというデメリットがあります。

しかし、有名どころのビジネス本や小説からオーディオブック化されいて、着実に取扱数は増えています。

なので、『時代を超えて読み継がれている、厳選された必読書』を選ぶ場合は、オーディオブックで聴けることが多いという印象です。

オーディオブックには以上のような3つのデメリットはあるものの、『本をしっかり理解して、ちゃんと実生活に落とし込んで使える知識にしたい』という人にはある程度おすすめできるサービスだと感じています。

「次に、気になるオーディオブックの脳科学的な効果を紹介します。」

オーディオブックの脳科学的な効果とは?

オーディオブックの脳科学的な効果

オーディオブックを聴いたときの脳科学的な効果は、大きく分けて2つあると言われています。

オーディオブックの脳科学的な効果
①本の内容が記憶に結びつきやすい。
②速聴による脳の活性化。

この2点を以下で詳しく解説します。

①本の内容が記憶に結びつきやすい。

映像情報メディア学会誌によると、紙の本とオーディオブックの内容理解度を比較したところ、2つの間に違いは認められなかったとまとめられています。

また別の脳科学実験においては、「本の内容がより記憶に結びつきやすい」とも言われています。

わかりやすくまとめると以下の通り。

紙の本を読む場合
①目でまず認識→②音声に変換→③脳内で聴く→④理解

オーディオブックを聴く場合
①オーディオブックを聴く→②すぐ理解

このように脳内で情報が処理されるスピードが速くなるため、記憶に残りやすいといわれています。

②速聴による脳の活性化。

上でもまとめたように、オーディオブックでの速聴が効果的だといわれています。

速聴による脳の活性化
・前頭葉が活性化する。
・言語処理機能が刺激され、頭の回転が速くなる。

前頭葉の様子を観察した実験では、通常のオーディオブックを聴いているときよりも、速聴している場合の方が活性化していることが発見されています。

このように速聴に関しては多数の論文が出ており、「ウェルニッケ中枢」が刺激され頭の回転が速くなることや、聞き取れなかった箇所を自動的に補完していく働きにより、オーディオブックの内容が深く脳に刻まれるという効果があるようです。

「次に、個人的な感想を少しだけ紹介します。ほんの参考にしていただければ幸いです。」

僕が1年で1000時間きいてみた感想。

オーディオブックを1000時間聴いた感想

個人的な感想は、「もっと早く知りたかった」です。

年間1000時間きいてみた率直な感想は、「オーディオブックをもっと早く知りたかった!」ということです。

完読できる本が圧倒的に増えたのと、内容をちゃんと理解できているといった感覚があり、これからも手放せないサービスだと感じています。

また、読んでおきたいビジネス本や自己啓発本は一通り揃っているので、今のところラインナップの物足りなさは感じていません。

「読みたいけど、なかなか読み進められない」と常に感じ続けていたので、スキマ時間のインプットを可能にしてくれたオーディオブックへの投資は、十分すぎるくらいにリターンがあると感じています。

Twitterでのみんなの反応。

皆は実際にどう感じているのか気になったのでTwitterで検索してみた結果を、レビューとして以下にまとめています。

みんなのレビュー
・読書量が増えてどんどん成長できる。
・覚えるくらいまで聴くべき。
・アイデアが出やすくなる。
・読書時間の短縮が嬉しい。
・悩むことが少なくなる。
・頭の引き出しが増える。
・人生が豊かになる。

このように、オーディオブックを知っている人からは、なくてはならない生活習慣として評価されていることがわかります。

「最後に、オーディオブックを試してみたい人におすすめの無料キャンペーンを紹介します。」

オーディオブックを試してみたい人向けの、無料キャンペーンを紹介します。

オーディオブックを無料で試したい人へ

オーディオブックを無料キャンペーンで試聴したい場合は『Audible』と『audiobook.jp』がおすすめです。

『Audible』の特徴。

Audible』はAmazonが運営するオーディオブックサービスです。特徴をまとめると以下のようになります。

『Audible』の特徴
・毎月1冊目は1500円、2冊目からは定価の30%オフで購入できる。
・買った本は、Audible解約後でも専用アプリで聴ける。
・世界的な名著の扱いが多い印象。
・登録で1冊プレゼント。

このように、1冊ずつ購入してじっくり何度も聴きたいひとにおすすめなオーディオブックサービスです。登録で1冊無料で聴けるので、オーディオブックが実際に聴きやすいかをテストできます。

以下の記事ではAudibleを実際に使ってみた感想をまとめています。

Audibleを500時間以上聴きこんだ僕が、使ってみた感想をまとめます。

『audiobook.jp』の特徴。

『 audiobook.jp 』は国産のオーディオブックサービスです。特徴は以下の通り。

『audiobook.jp』の特徴
・日本のビジネス書のラインナップが多い。
・月額750円の聴き放題プランがおすすめ。
・聴き放題プランでダウンロードした本は、解約後には聴けなくなる。
・聴き放題は最初の30日無料。

このように、聴き放題でとにかく量をこなしていきたい人におすすめなオーディオブックサービスです。登録後は30日間無料で聞き放題なので、オーディオブックがどれくらい聴けるかを試せます。

※ただし、聴き放題ラインナップは一部書籍のみなので注意が必要。
『audiobook.jp』聴き放題ラインナップを確認する。

以下の記事ではaudiobook.jpを実際に使ってみた感想をまとめています。

【忙しい人のためのインプットアプリ】『audiobook.jp』を聴いてみた感想と、オススメの使い方をまとめます。

以上のようにオーディオブックは人気ですが、好みに個人差はあると思うので実際に聴いてみて選ぶとベストかと思います。

一応ですが、以下にオーディオブックサービスの比較記事も載せておきます。

【2020年最新版】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?累計1000時間以上聞いている僕が解説します!

「続いて、おすすめのオーディオブックランキングを紹介します。」

成功者の思考を身に付けたい人のための、おすすめオーディオブック10冊を紹介。

以下では、僕が実際に聴いて人生が変わった、おすすめのオーディオブックを厳選して10冊紹介します。

【第1位】サピエンス全史

サピエンス全史

読んでいてずっと興奮しっぱなしでした。いろんな知識がすべてひとつながりになっていくような感覚で、本当に教養になる本です。

今の世界の常識がどうやってつくられてきたか。狩りをしていたホモサピエンスが、どのようにしてこんな文化を作り上げたのかなど、人類の歴史の中での自分の立ち位置がよくわかります。

audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第2位】思考は現実化する

思考は現実化する

世界的な名著ですが、聴くとシンプルにやる気が出ます!

過去の偉人たちの取ってきた行動と500人の成功者に取材をもとに、20年の歳月をかけて作られた成功のためのノウハウが、かなり具体的にわかるような構成です。

audiobook.jpで聴く。

【第3位】LIFE SHIFT

LIFESHIFT

人生100年時代を考えることで、人生に対する見方が変わる本。

一つの企業で一生頑張ることに少しでも疑問を感じている人であれば、今後の人生の設計や、残された時間の使い方をどうしていくべきか考える参考になります。

audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第4位】FACTFULNESS

FACTFULNESS

バイアスのかかっていない目線を持ちましょう。という本。

10の真実
「大半の人がどこにいるのかを探そう」
「悪いニュースのほうが広まりやすいと覚えておこう」
「直線はいつかは曲がることを知ろう」
「リスクを計算しよう」
「数字を比較しよう」
「分類を疑おう」
「ゆっくりとした変化でも変化していることを心に留めよう」
「ひとつの知識がすべてに応用できないことを覚えておこう」
「誰かを責めても問題は解決しないと肝に銘じよう」
「小さな一歩を重ねよう」

「事実に基づいて世界を見れば、世の中もそれほど悪くないと思えてくる。これからも世界をよくし続けるために私たちに何ができるかも、そこから見えてくるはずだ」という言葉が印象的です。

audibleで聴く。

【第5位】人を動かす

人を動かす

心からの友を得るために、人々に良い影響を与えるために、どうしたら良いのかを突き詰めた本。個人主義の範囲に収まらない「人を動かす」方法がまとめられています。

大切なのは、相手に興味を持ち、相手の話に興味を示し、ただ相手の話を真摯に聞くこと。

audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第6位】多動力

多動力

ポイントは「人生を最大限楽しむ生き方をしよう」ということ。時間は平等であり、自分にしか思いつかないアイディアを出すことや自分にしかできないことに集中しようと、強く背中を押してくれる本です。

自分の好きなことにとことん没頭していいんだということを、いまさらながら思い出させてくれます。

audibleで聴く。

【第7位】影響力の武器

影響力の武器

「こういう心理で、罠にはまってしまう」という心理的なロジックを様々なパターンで解説している本。人が誘導される仕組みが分かります。

何度でも時間をかけて読み返したくなる名著です。

audiobook.jpで聴く。

【第8位】仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

僕は本当にこのまま、この仕事を続けていいのか。この会社で一生を終えてもいのか。将来は明るいのか。

こういった言いようのない不安を持っているとき、心に光を灯してくれる一冊です。

audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第9位】父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

父が娘に語る経済の話

人類の成り立ちや世界史を、経済の視点で経済の用語をなるべく使わずに解説した本。少しサピエンス全史と似ている印象です。

とにかくわかりやすく、専門的で難しい経済論の真実が、誰でも理解できる優しい切り口で書かれています。

audibleで聴く。
audiobook.jpで聴く。

【第10位】イシューからはじめよ

イシューからはじめよ

何冊ものビジネス本を読むよりも、この1冊をおすすめしたいです。それくらいノウハウが詰め込まれています。

目的を達成するために手段にこだわらないこと、できない手段で悩むことは無駄だということなど。知っているけど本当は理解できていなかったことが、改めてわかりやすくまとめられています。

audiobook.jpで聴く。

まとめ

この記事では、「オーディオブックってどうなの?聴くだけでちゃんと理解できるの?」といった疑問を抱えている方向けに、オーディオブックの脳科学的な効果や、メリット・デメリットをすべてまとめました。

まとめると、オーディオブックを実際に使っていて感じるメリットは、以下のようなモノが挙げられます。

オーディオブックのメリット
①耳さえ空いていれば、どこでも聴ける。
②分厚くて難しそうな本でも、完読できる。
③強制的に速読できる。
④1日の終わりに、目を閉じたまま本を読める。

オーディオブックのデメリットはこの3つ。

オーディオブックのデメリット
①うまく集中できない。
②パラパラめくって読むことができない。
③ラインナップが少ない。

また、オーディオブックを聴いたときの脳科学的な効果は、大きく分けて2つあると言われています。

オーディオブックの脳科学的な効果
①本の内容が記憶に結びつきやすい。
②速聴による脳の活性化。

以上のような特徴があるので、オーディオブックのもつ効果を一通り理解して、実際に使ってみるときの参考にしていただけたらと思います。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント!】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。
【Audibleは何回でも返品・交換可能】詳しい手順と注意点をわかりやすくまとめました。
【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
【2020年最新版】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?年間100冊以上聞いている僕が解説します!
【最新版】年間100冊以上聞いた僕がおすすめする『オーディオブックランキングTOP10』を紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました