ライフスタイル

『アルケミスト 夢を旅した少年』から学ぶ、幸せに生きる方法。

こんにちは、yujiです!パウロ・コエーリョさんの『アルケミスト 夢を旅した少年』を読んだので、物語の中から学んだことをシェアしたいと思います。

この小説で描かれているのは、少年が夢を追いかけて、小さな町を飛び出す物語。

同じ町で学校に通い、決まりきった進路で会社に就職する。そんな人生を大半の人が選ぶ僕たちにとって、小説ながらとても刺激的でした。この小説は以下のような人におすすめです。

こんな人にオススメ。
・人生に自分だけの答えを見つけたい人。
・夢をあきらめたまま大人になってしまった人。
・現在の生活に違和感を感じている人。

このように、当たり前のように繰り返す毎日を、どこか虚しく感じてしまう人などへ、勇気を与えてくれる印象でした。

まずは、あらすじから紹介します。

sponser link
sponser link

あらすじ

「アルケミスト 夢を旅した少年」は、各言語に翻訳されて、世界中でベストセラーとなっている物語です。

Amazonでは以下のように紹介されています。
羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。
「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」
「前兆に従うこと」
少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。

物語のはじまり。

羊とともに暮らす少年の描写から物語は始まります。

少年は「世界を旅したい」という思いで親の反対を押し切り、小さな町を出て羊飼いになることを決意。

しかし羊飼いをするようになって、田舎町にいた頃に比べれば遥かに広い世界を見られるようになったけれど、結局は羊飼いの世界しか知らないということに気が付きます。

そんな少年が廃墟の教会で眠り、エジプトのピラミッドに行く夢を見ます。これをきっかけに新しい旅が始まり、様々な人との出会いを通して、人生の本当の目的を知ることになります。

このような物語の中から、以下のようなことが学べると思います。

この小説から学べること。
・自分の人生の主役は自分であること。
・その答えは自分にしか分からないということ。
・自分だけの答えを見つける事が大切だということ。

このように、いつの間にか忘れているような単純だけれど人生において大切なことを思い出させてくれる作品でした。

この小説から学べること。

この小説の中に出てくる少年と老人の会話の中に多くの気づきがあったので、その中から心に残った部分を紹介します。

少年と老人の会話から学ぶこと。
①運命とは、いつも自分がやり遂げたいと思っていたこと。
②生きることの本当の目的を忘れてはいけない。

この物語を理解するのに役立つ、以上の2つのポイントを紹介します。

①運命とは、いつも自分がやり遂げたいと思っていたこと。

この小説の中では「運命」について何度も考えることになりますが、印象残った老人のセリフを引用します。

老人:「おまえがいつもやりとげたいと思ってきたことだよ。誰でも若いときは自分の運命を知っているものなのだ。」

この老人は、旅に躊躇する少年に、運命について教えます。そしてこのように「人は自分の運命を選ぶことができない」という世界の常識は、間違いだということを教えてくれます。

老人:「まだ若い頃は、すべてがはっきりしていて、すべてが可能だ。夢を見ることも、自分の人生におこってほしいすべてのことにあこがれることも、恐れない。ところが、時が経つうちに、不思議な力が、自分の運命を実現することは不可能だと、彼らに思い込ませ始めるのだ」

このように、人生の時間が長くなるにつれて、人は少しずつ自分の夢を諦めるようになります。

しかし、行きたい場所に行くチャンスはいつでもあるわけではありません。今いる場所にはいつでも戻ってくることができるのだからこそ、恐れることなく行きたいところに行くべきだということ。

旅を躊躇する少年に向かって伝えられたこの考え方は、とてもシンプルで、それは社会人として毎日同じようにで働く僕たちにとって、いつの間にか忘れてしまっていた大切なものを思い出させてくれるような、そんな感じがしました。

②生きることの本当の目的を忘れてはいけない。

パン屋のほうが羊飼いより立派な仕事?

少年と老人の運命についての会話で、最も心に刺さったシーンを1つ紹介します。以下の会話から始まる一連のシーンに、この本の大切なポイントが詰め込まれていると思います。

老人:「おまえはなぜ、羊の世話をするのかね?」
少年:「旅がしたいからです。」

続いて老人は、近くのパン屋の男を指さして言います。

老人:「あの男も、子供のころは旅をしたがっていた。しかし、まずパン屋の店を買い、お金を貯めることにした。そして年をとったら、アフリカに行って一か月過ごすつもりだ。人は、自分の夢見ていることをいつでも実行できることに、あの男は気が付いていないのだよ。

これに対し少年は「パン屋ではなく羊飼いになればよかったのに」と言います。

老人は続けます。

老人:「そう、彼はそのことも考えたよ。しかし、パン屋のほうが羊飼いより立派な仕事だと思ったのさ。パン屋は自分の家が持てる。しかし、羊飼いは外で寝なくてはならないからね。親たちは娘を羊飼いに嫁にやるより、パン屋にやりたがるものさ」

そして以下のように結論づけます。

老人:「結局、ひとは自分の運命より他人が羊飼いやパン屋をどう思うかという方が、もっと大切になってしまうのだ」

夢を諦めたことのある人に刺さる言葉。

以上のようなストーリーに差し掛かったとき、僕が本当にやりたいことを我慢していることをこの物語の老人に見透かされているような感覚になりました。

僕たちが知らない事実は、自分の夢見ていることをいつでも実行できるということ。

そして、いつのまにか自分の夢や目標よりも、他人からの評価の方が大事になってしまうということです。

このように、自分の生きる目的、頑張る目的を、自分自身が忘れてはいけないんだと思うようになりました。

まとめ

以上のように、ただの小説ながら心に刺さる名言や考え方が散りばめられています。

上で説明した部分だけでも学びは十分ありますが、これがまだ冒頭30ページくらいなので、是非この本で自分の運命を思い出してください。

夢を追いかければ、もちろん犠牲にするものもあり、いくらでも乗り越えないといけない壁は出てくるし、後悔することもあります。逆に、夢とは違う幸せを手に入れて「旅はもうここまででいいや」と思える状況になることもあります。

老人:「夢見ることをやめてはいけないよ」

そんなとき、老人がこのように言っていたとおり、また頑張れる力をもらえる作品でした。

以上、紹介したのはほんの一部分ですが、世界中で愛され続けている小説なだけあって、一度は読んでおきたい小説という印象でした。

【お知らせ】Amazonギフト券利用で2000ポイントもらえる!

今ならAmazonギフト券チャージタイプを使うだけで、最大2,000ポイントがもらえます。
自分でお買い物をする前にチャージするだけなので、以下からチェックしてみてくださいね!
》Amazonギフト券チャージタイプの使い方【2000ポイントもらえる】

最後に、僕が愛用しているオーディオブックについて簡単に紹介します。
・仕事が忙しくて、本を読めていない社会人の方
・本を買うばかりで、積読本になってしまう方
・活字が苦手で、読書に苦手意識のある方
は是非こちらをご覧ください。

オーディオブックとは?

オーディオブックとは?

オーディオブックとは、本の朗読を聞くサービスのことです。

最近、本を読めていますか?

毎日仕事が忙しく、落ち着いて本を読む環境はどうしてもつくりにくいものです。

そんな社会人の読書事情は、以下のような感じだと思います。

社会人の読書事情
・パソコンで目が疲れて、活字を読めない
・忙しくて、積読本になってしまう
・買っただけで、満足してしまう

このようにほとんどの社会人の方が「読書をしたくてもできない」という悩みを抱えていると思います。

また、日本の社会人の平均学習時間は、1日あたりで「6分」だということが調査で明らかになっています。(※これは先進国で最下位です。)

そのため、毎日10分だけでも本を読むことができれば、読書をする人としない人との差は簡単に広がっていくということが予想されます。

オーディオブック利用者数が増えている理由

日本ではあまり馴染みがありませんが、オーディオブックは欧米では古くから人気があります。

アメリカのオーディオブックに関する調査では、63%のビジネスマンや経営者が通勤時間にオーディオブックを利用。
その中にはビルゲイツやイーロンマスク、オバマ前大統領などの著名人も含まれています。

実際に成功者や著名人の手記を読むと「スキマ時間に本をインプットするために、個人的にナレーションを頼んで吹き込んでもらった」というエピソードがいくつか出てきますよね。

そんなオーディオブック文化ですが、スマホの普及とともに音声コンテンツでのインプットを選ぶ人が急増中。

日本でも人気の波が来ています。

3倍速でスラスラ聴ける

オーディオブックとは?

オーディオブックは「本を読みたいけれど、読む時間がない」という人におすすめのサービスです。

というのも、普段の生活の中で音楽を聴くようにして本をインプットすることができるからです。

例えば、以下のような使い方が可能です。

オーディオブックのある日常
・朝、身支度をしながら
・車での移動中に
・家事をしながら
・トレーニングをしながら
・散歩をしながら
・布団に入りながら

このように、通勤時間などの日常的なシーンで密度の濃いインプットができてしまいます。

僕は基本的に、スキマ時間をオーディオブックの「3倍速」のインプットに費やしています。
速聴でスラスラ聴いていくのがすごく快適で、年間100冊の読書が可能になりました。

週5でフルタイムで働いて、スキマ時間にブログを書いて、それでも3日に1冊読めてしまいます。

バリアフリーな、デザイン

Audibleとは?

「聴く読書」は視覚に不自由のある方にも優しいサービスです。

目が悪い高齢者の方でも、オーディオブックを聴くことで、読書を楽しめるようになります。

また、プロのナレーターの音声が吹き込まれているため聴きとりやすく、内容をスラスラ理解できます。
分厚い本でも自動で読み上げてくれるので「本に苦手意識を持っている人」にも使いやすいです。

僕自身、活字に苦手意識を持っていて、これまでは分厚い本を読むのに時間がかかってしまい、読みたくても読めないジレンマがありました。

個人差はありますが、僕のようなタイプの方なら「耳からのインプット」に向いているはず。

はじめてオーディオブックを聴くなら「audiobook.jp」というオーディオブックサービスがおすすめ。まずは無料体験があるので、とりあえず0円で試してみるのが良いかと思います。
》audiobook.jp聴き放題の無料体験はこちら

14日間無料聴き放題キャンペーン

audiobook.jpの30日間無料キャンペーン

現在、オーディオブック人気作品が0円で聴き放題となっています。
キャンペーン終了時期は未定なので、今のうちに無料特典を試してみてください。
》audiobook.jpの聴き放題はこちら
※無料期間中の解約も可能です。

ここからは、おすすめのオーディオブックアプリを紹介したいと思います!

おすすめのオーディオブックアプリ

おすすめのオーディオブックアプリ

おすすめのオーディオブックアプリはこちらです。

おすすめのオーディオブックアプリ
audiobook.jp
Audible

以上のアプリについて詳しく解説していきます。

まずはaudiobook.jpから詳しくまとめます。

audiobook.jp

audiobook.jpとは?

audiobook.jpのラインナップは約4万冊あり、国内で出版されているビジネス書・小説が多く揃えられています。

audiobook.jp会員数が200万人を突破

現在audiobook.jpの会員数は200万人を突破し、オーディオブックの人気が高まっていることがよくわかります。

audiobook.jpの特徴は、月額プランと聴き放題プランを選ぶことができる点です。

audiobook.jpの特徴
▶月額プラン
・月額550円~33000円コースを選べる
・ボーナスで最大9000ポイント付与
・タイトル数は4万冊
▶聴き放題プラン
・月額料が750円で聴き放題
・タイトル数は1万冊

このように、2つのプランから選択可能です。

また、audiobook.jpの人気タイトルは以下の通りです。

audiobook.jp人気タイトル
・嫌われる勇気(岸見一郎)
・7つの習慣 人格主義の回復(スティーブン・コヴィー)
・人を動かす(デール・カーネギー)
・サピエンス全史(ユヴァル・ノア・ハラリ)
・影響力の武器(ロバート・チャルディーニ)

このように、一度は読んでおきたいビジネス書がしっかり揃っています。

【比較】audiobook.jpの月額プランと聴き放題プランのレビュー
【簡単】audiobook.jpの登録から解約までを解説

月額750円で聴き放題ができる

audiobook.jpの聴き放題

オーディオブックサービスの中で、月額750円で聴き放題を提供しているのはaudiobook.jpだけです。

audiobook.jp聴き放題のラインナップには人気書籍が少ない印象です。
とはいえ、TOEICの英語学習テキストから、日経などの経済雑誌などまで幅広く揃っています。

audiobook.jpでは現在無料キャンペーン中。
時間に余裕があってたくさん聞ける人には、まずは聴き放題がおすすめかと思います。
》audiobook.jp聴き放題の無料体験はこちら

14日間無料聴き放題キャンペーン

audiobook.jpの30日間無料キャンペーン

現在、オーディオブック人気作品が0円で聴き放題となっています。
キャンペーン終了時期は未定なので、今のうちに無料特典を試してみてください。
》audiobook.jpの聴き放題はこちら
※無料期間中の解約も可能です。

続いてはAudibleについてまとめます!

Audible

Audibleとは?

Audibleとは?

Audible(オーディブル)とは、通販サイトAmazonが運営するオーディオブックサービスです。

GooglePlayストアでは、このように90万件の評価のうちのほとんどで高評価を獲得しています。
そんなAudibleのサービス内容は以下の通りです。

Audibleの特徴
・タイトル数が40万冊
・聴き放題ポッドキャスト
・何度でも返品交換が可能

Audibleの特徴は、世界展開しているためタイトル数も多く、独自の聴き放題コンテンツもリリースされている点です。

また買い切りのため購入タイトルは解約後でも聴くことができ、後から返品・交換ができる唯一のアプリとして安心して利用できます。

人気書籍を40万タイトル以上を楽しめる

Audibleのラインナップには、有名なビジネス書や小説が多い印象です。

例えば2020年にAudibleで最も聴かれたオーディオブックは、以下のような人気タイトルでした。

Audible人気タイトル2020
・サピエンス全史(ユヴァル・ノア・ハラリ)
・自分を操る超集中力(メンタリストDaiGo)
・FACTFULNESS(ハンス・ロスリング)
・嫌われる勇気(アドラー)
・人を動かす方法(デール・カーネギー)
・父が娘に語る経済の話(ヤニス・バルファキス)
・LIFE SHIFT(リンダ・グラットン)
・Think clearly(ロルフ・ドベリ)

また、世界的に展開されているサービスなので各言語の書籍も揃っており、アカデミックな外国語を聴けるようになりたい人には便利な教材になりそうです。

無料体験で、オーディオブックを2冊もらえます

オーディオブックを無料でもらえる

オーディオブックサービスのAudibleでは、30日間無料キャンペーン中。
通常、月額1500円の以下の特典が0円で利用可能となっています。

オーディオブックを無料でもらえる

Audibleの無料体験とは?
・自由に選べるオーディオブック1冊
・無料でもらえるボーナスタイトル1冊
・聴き放題のポッドキャスト

登録してすぐに、これだけのコンテンツを聴くことができます。

人気書籍なら3000~5000円、また高額な本なら1万円以上するので、無料キャンペーンは本当にお得です。

Audibleは、いつでも解約できます

Audibleでは、30日間の無料体験中でも解約が可能です。

また、解約しても最初にもらった本はアカウントに残るので、いつでも自由に聴くことができます。

そして、無料体験ではオーディオブックの返品交換が可能なので、納得のいくまで好きな本を探せます。

Audibleの無料登録でできること
・無料登録で2冊プレゼント
・無料期間中でも解約可能
・解約してもオーディオブックは残る
・何度でも返品交換できる

このようにAudibleでは、効率の良いインプットが今すぐ無料で体験できます。忙しい社会人や、少しでも読書量を増やしたい方に、最適なツールかと思います。
Audibleの無料体験はこちら

【裏ワザ】Audible無料体験の申し込み方と、月額料5割引にする方法
【便利】Audibleは何回でも返品・交換可能。コインの使い方を詳しく解説
【すべて聴き放題】Audibleポッドキャストを聴いてみた感想

【比較】audiobook.jpとAudibleはどう違う?

オーディオブック系サービスの中では、audiobook.jpとAudibleが圧倒的に人気です。

僕自身は両方使っていますが「どちらも使いやすい」というのが正直な感想です。

そこで以下の記事では、オーディオブックアプリに失敗しないために、比較レビューを紹介しています。

【結論】Audibleとaudiobook.jpを徹底比較!

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

》audiobook.jp聴き放題の無料体験はこちら
Audibleの無料体験はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました