【胡蝶の夢・無用の用】『荘子』から学ぶ、価値観にとらわれない生き方。

こんにちは、yujiです!紀元前中国の「荘子」の思想について書かれた本を読んだので、ほんの一部分を紹介したいと思います。

メディアアーティスト・研究者の落合陽一さんも「この本はオススメ!」と絶賛していました。

荘子の主張を簡単にまとめると「人が考え出した様々な束縛を忘れて、自分の姿をありのままに受け入れよう」という考え方です。

東洋思想に触れたい方は、このまとめをさらっと読んで、是非荘子の言葉を漢文から読んでもらえたらと思います。

大事なポイントは下にまとめたので、あらすじの必要のない方は目次からどうぞ。

荘子の思想を大まかに説明。

荘子の思想のキーワードは「万物斉同(ばんぶつせいどう)」です。

荘子の思想2つ
①善悪や真偽、美しい、醜いなどの人間の持つすべての感覚は、相対的なものに過ぎない。すべての存在に優劣はなく同価値である。
②全てのものは変化し、次々に移ろうので、この世界には確実なものはない。だから対立や差別などは、時代や文化の中の限られた枠でしか通用しない、一時的なものでしかない。

このように「すべての存在に優劣はなく同価値であり、この世界には確実なものはない。」という点にまとめられると思います。大まかに説明すると以下の通り。

荘子の思想まとめ
身の回りのあらゆる束縛は、人間が考え出した概念から生まれるもの。そこから開放されて、世界の姿をありのままに受け入れよう。

以上のような考え方になります。

「続いて、荘子の人物像について紹介します。」

荘子ってどんな人?

荘子の人物像を見ると、万物斉同にたどり着いた背景がわかります。

中国戦国末期、弱小国である宋は戦乱におびえていました。そんな時代背景が以下の一文にまとめられているように感じます。

荘子の生きた時代背景
「苦痛にあえぐ人々とともに生活の苦しさを痛感し、そこから抜け出そうとしてあくせくしながら、結局は苦難の泥沼のなかで絶望的な循環を繰り返している人々の魂の救済が、彼の思想の出発点である。」

このように解説されているように、本当に苦しい時代を生き抜いたことが荘子の奥深さを作り出していることがわかります。

中国の二大思想には①儒家と②道家があり、①儒家は孔子・孟子、②道家は老子・荘子が代表的です。

そして荘子は後に、紀元前の中国思想「道教」の祖と言われるようになります。

以上のような背景から生まれたことを知ると、ルーツがなかなか魅力的な方だと感じました。

荘子思想のポイントを2つ紹介。

荘子の思想のたとえ話として有名なのが、以下の2つです。

荘子思想の代表的な例
①無用の用
②胡蝶の夢

荘子の主張を理解するのに役立つ、この2点について説明します。

①無用の用

無用の用についてのエピソードを簡単に説明します。

『無用の用』のエピソード
なんの役にも立たない大木がある。コブが多くて、枝は曲がっていて、材木として使えない。

しかし、材木として斧で切られることもなく、なんの害も加えない木だからこそ大木に育ちやすい。

結果、広い野原に植えればちょうどいい木陰ができる。

このように、役に立たない巨木について価値を見出すというエピソードがあります。ここから学べる考え方は、以下の通り。

無用の用から学べること。
・何の役にも立たないものだからこそ、役立つ場面がある。
・世の中の評価は変わりゆくから絶対的な価値なんて存在しない。

このような、意味のなさそうなところでも価値を見出せるという点と、人の価値基準の儚さがこの話のキーポイントだと感じます。

②胡蝶の夢

こちらのエピソードが最も有名ですが、胡蝶の夢の内容は以下の通りです。

『胡蝶の夢』のエピソード
ある日、蝶になってはばたく夢を見る。

意識の上では、現実と夢の区別は定かではない。

つまり、自分は人間であり、同時に蝶であるということ。

このように、自分と胡蝶との間にある境界線がなくなるというというエピソードがあります。ここから学べる考え方は、以下の通り。

胡蝶の夢から学べること。
・全ての存在は、あらゆる境界線を越えて変化し続けていく。
・すべての存在は常に変化し移ろいでいくから、永遠に不変のものなどどこにも存在しない。

このような、物事の概念や枠組みといった境界を溶かすような見方と、不変ではないことに対する希望がこの話のキーポイントだと感じます。

まとめ

この本から学べる荘子の思想は、繰り返しになりますが以下の通りでした。

荘子の思想まとめ
身の回りのあらゆる束縛は、人間が考え出した概念から生まれるもの。そこから開放されて、世界の姿をありのままに受け入れよう。

以上のような考え方に至るような「生きることが苦しい」時代を生き抜く荘子自身の人柄こそが、本当に魅力的なんだなぁと感じました。

そして、白黒つけない。この世界を対立や比較では理解できない。といった二元論的ではないところにも、彼のやさしい人間性が垣間見えた印象です。

この本は、荘子の思想をまとめた33篇のうち「内篇七篇」を取り上げて解説されています。

漢文・読み下し文は難解なので飛ばしてOK。口語訳だけでも読めるので、それだけでも充分荘子の考え方に触れられます。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
『本が苦手な人』が、読書できるようになる話。
『読書が続かない人』が、毎日でも本を読めるようになる話。
どこよりも手軽に安く『本』を手に入れる方法。

コメント

タイトルとURLをコピーしました