ライフスタイル

Amazonギフト券の使い方|ギフト券残高をアカウントに登録する手順

Amazonギフト券の使い方|ギフト券残高をアカウントに登録する手順

Amazonギフト券をもらったのですが、どうやって使えばいいのでしょうか?

ということで、この記事ではAmazonギフト券の使い方について詳しくご紹介します。

この記事の内容

Amazonギフト券を受け取ったら、Amazonアカウントに残高を登録しましょう。

ギフト券残高を登録完了すれば、すぐにAmazonでのお買い物に使えるようになります。

また、Amazonギフト券の有効期限は10年と長いので、焦って使う必要はありません。

登録さえしておけば、あとは好きなタイミングでお買い物をすればOKなので、この記事を確認しながら手順を進めてみてください。

後半では「Amazonギフト券の注意点」も紹介したので、損してしまわないためにも参考にしていただければと思います。

Amazonギフト券の使い方

カードタイプや商品券タイプのAmazonギフト券を受け取った場合は、裏面のオレンジの保護シールをめくるとAmazonギフト券番号を確認してください。

Amazonギフト券番号を確認する

こちらの赤枠部分がAmazonギフト券番号です。

Amazonギフト券番号を確認する

※もし印字ごとはがれてしまった時は、ドライヤーで温めて端からゆっくり剥がしてみてください。

Amazonギフト券番号を確認できたら、Amazonアカウントに登録します。

Amazonギフト券登録方法
  1. スマホブラウザで登録
  2. スマホアプリで登録
  3. パソコンで登録

Amazonアカウントを持っていない人は、Amazonアカウントを作成してから手順をはじめてください。
》Amazonアカウントを作る

①スマホブラウザで登録

まずは、スマホのブラウザから登録する方法をご紹介します。

1.まずはAmazon公式ページを開いてください。

2.ページ上部の「アカウントマーク」をタップします。ページ上部の「アカウントマーク」をタップ

3.「アカウントサービス」に進みます。「アカウントサービス」に進む

4.「Amazonギフト券を登録」をタップします。「Amazonギフト券を登録」をタップ

5.Amazonギフト券番号を入力して「アカウントに登録する」をタップします。Amazonギフト券番号を入力

6.「アカウントに適用されました」と表示されて完了です。入力できたら「アカウントに登録する」で完了

②スマホアプリで登録

次に、スマホアプリで簡単に登録する方法を紹介します。

1.まずはAmazon公式アプリを開いてください。

2.アプリを開いて「アカウントマーク」をタップします。アプリを開いて「アカウントマーク」をタップ

3.「アカウントサービス」に進みます。「アカウントサービス」に進む

4.「Amazonギフト券を登録する」をタップします。「Amazonギフト券を登録する」をタップ

5.「ギフトカードをスキャン」をタップします。「ギフトカードをスキャン」をタップ

6.カメラが起動するので、Amazonギフト券番号を読み込みます。カメラが起動するので、Amazonギフト券番号を読み込む

7.ギフト券番号が入力欄に反映されるので「アカウントに登録する」をタップします。ギフト券番号が入力欄に反映されるので「アカウントに登録する」をタップ

8.「アカウントに適用されました」と表示されて手順は完了です。入力できたら「アカウントに登録する」で完了

③パソコンで登録

続いて、パソコンのブラウザから登録する方法をご紹介します。

1.まずはAmazon公式ページを開いてください。

2.ページ上部の「アカウント&リスト」をクリックします。ページ上部の「アカウント&リスト」をクリック

3.「Amazonギフト券」に進みます。「Amazonギフト券」に進む

4.「Amazonギフト券を登録する」をクリックします。「Amazonギフト券を登録する」をクリック

5.ギフト券番号を入力して「アカウントに登録する」をクリックします。ギフト券番号を入力して「アカウントに登録する」をクリック

6.「お客様のギフト券アカウントに追加されました」と表示されます。「お客様のギフト券アカウントに追加されました」と表示されます。

これで、Amazonギフト券番号の登録は完了です。

ちなみに、Amazonギフト券Eメールタイプの場合は1クリックで確認・登録ができます。別記事で詳しく解説していますので、こちらをご覧ください。
》Amazonギフト券Eメールタイプの使い方

続いて、Amazonギフト券残高の使い方をまとめます。

Amazonギフト券残高の使い方

以下では、Amazonギフト券残高の使い方について詳細をまとめました。

Amazonギフト券残高の使い方
  1. その他の支払い方法と併用できる
  2. 一部だけの利用はできない
  3. 余ったら繰り越しできる
  4. Amazon Payでも使える

①その他の支払い方法と併用できる

まず、Amazonでお買い物をするときは、Amazonギフト券残高とその他の支払い方法を併用できます。

  • Amazonギフト券残高
    + クレジットカード
    + コンビニ払い
    + ATM
    + ネットバンキング
    + 電子マネー
    + 代金引換

また、すべてのお支払方法でAmazonポイントと組み合わせることも可能。
例えば1万円分のお買い物をする時に、

  • 合計1万円
    …Amazonギフト券残高:8000円
    …Amazonポイント:1000円
    …クレジットカード:1000円

のように組み合わせて決済ができます。

②一部だけの利用はできない

Amazonギフト券残高は、一部だけを利用することはできません。

例えばAmazonギフト券残高が5000円ある場合に「残高3000円分+クレジットカード2000円」といった支払いは不可となっています。

③余ったら繰り越しできる

Amazonギフト券残高は、余った分を何度でも繰り越しできます。
そのため、1回のお買い物ですべて使い切る必要はありません。

④Amazon Payでも使える

Amazonギフト券残高は、Amazon Payでも利用可能です

Amazon Payとは?
Amazon Payは、Amazonアカウントに登録された住所とクレジットカード情報を使って、Amazon以外のサイトでお支払いができるサービスです。Amazonアカウントを持っている場合は、登録手続きなしで使えます。

Amazon Payお支払い画面

Amazon Payお支払い画面にて「ギフト券残高を利用する」にチェックを入れると、ギフト券残高が優先的に消費されます。

ギフト券残高が足りない場合は、クレジットカードとの併用も可能です。

最後に、Amazonでお得にお買い物する方法を紹介します。

Amazonギフト券残高チャージで1000ポイント+2.5%ポイントがもらえる

Amazonギフト券チャージタイプ

Amazonでよくお買い物をする人には、Amazonギフト券残高チャージがおすすめ。

チャージタイプを使うと、初回1000ポイント+毎回2.5%のポイントが付与されます。

  • 1000ポイント+2.5%ポイント付与
  • チャージ金額は100円~50万円まで
  • クレジットカード・現金・ATM・ネットバンキング・電子マネーに対応

このようにAmazonで商品を買う前にチャージするだけなので、ぜひお得にポイントを手に入れてくださいね。

ちなみに2022年12月31日までの期間限定なのでお早めに!

》Amazonギフト券チャージタイプの使い方

Amazonギフト券を使いこなそう

この記事では、Amazonギフト券の使い方を解説しました。

Amazonギフト券は「初めて使う人」でも簡単に利用することができ、自由な用途でお買い物を楽しめるメリットがあります。

そのため、気軽に贈れるプレゼントとしても人気です。

  • 出産祝い
  • 結婚の内祝い
  • 仕事のお礼
  • 誕生日
  • お年玉
  • クリスマス

このように様々な場面で使えるので、ぜひシーン別にぴったりのAmazonギフト券をチェックしてみてください。

》Amazonギフト券をチェックする

Amazonギフト券の画像付きレビューを紹介しています

Amazonギフト券の画像付きレビュー

また、当サイトではAmazonギフト券の画像付きレビューをまとめて紹介していますので、ぜひご覧頂ければと思います。

【7/21まで】Amazonギフト券チャージタイプ利用で1000ポイント+3%付与キャンペーン

チャージタイプキャンペーン

Amazonでお買い物をする前にチャージタイプを利用するだけで、Amazonポイントがもらえます。

  • 現金チャージ
    :1000ポイント+3%ポイント付与
  • クレジットカードチャージ
    :1%ポイント付与

こちらは2022年7月21日までの期間限定なので、ぜひエントリーしてお得にお買い物をしてください。

※本キャンペーンはAmazonプライム会員の方(無料体験含む)が対象です。
》Amazonプライム無料体験の詳細を見る

※学生さんなら無料期間が6ヶ月、体験後の月額料金が50%OFFになります。
》Prime Studentの6か月無料体験の詳細を見る(大人も使えるかも…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました