【実証済み】初心者のための超効率的な英語勉強法【ゼロから独学で上達】

こんにちは、yujiです!
このブログでは、海外留学で英語を話せるようになった僕が、英語学習についてまとめています。

・英語学習を始めたいけど、どこから手を付ければいいの?
・中学生レベルの英語すら難しく感じるけど、それでも大丈夫?

以上のような、完全初心者のための英語学習法について解説します。

僕は大学時代、英語力ゼロのまま海外留学をしました。

その結果、本当に苦労してTOEIC700点レベルの英語力をつけることが出来ました。

そこでこの記事では、留学で苦しんだ経験をもとに、英語学習をこれから始める人に知っておいてほしい勉強法や心構えの部分を書いていきます。

(※後半では、初心者がやってはいけない勉強法についても、あわせてまとめてみました。)

日常会話レベルの英語力までなら、初心者でもすぐに習得できるので、そのために読んでもらえればと思います。

【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【時間を投資する】英語習得には1000時間が必要【経験談】
【参考書は必要ナシ】英語学習に役立つおすすめブログ26選【独学できます】

そもそも、なぜ英語学習は難しいのか?

初心者のための英語学習法の前に、「僕たち日本人にとってどうして英語が難しいのか」といったところから解説します。

この前提は英語学習のマインドセットとして重要なので、知っておいて損はない情報です。

根本的に違う言葉だから、ある意味できなくて当たり前

英語学習の前にまず知っておきたいことは、「英語が難しいのは、ある意味当たり前」だということなんです。

なぜなら日本語そのものが、英語からかけ離れた存在だからなんですね。

まず、英語は「インド・ヨーロッパ語族」という語族に分類されています。
そのため同じインド・ヨーロッパ語族に属するフランス語やドイツ語、イタリア語などと共通性があります。
だからヨーロッパ言語の話者にとっては、よく似た言語である英語の習得がある程度簡単です。

一方、日本語は「インド・ヨーロッパ語族」ではありません。何語族かというと、実は「日本語族」なんです。
日本語は地球上でその他に類を見ない、完全に浮いた言語なんですよね。

これが意味するのは、日本語と英語はルーツそのものから異なるということ。そのため、日本語を話す僕たちには英語は難しくて当たり前なんです。

でも、その難しい英語をもっとつまらないものにしているのが「義務教育」だと、個人的に思ってます(^^;)

義務教育が、致命的に楽しくない

自分の英語力の低さを、学校のせいにするわけではないです。

ですが、ほとんどの日本人が英語を話せないところを見ると、どうやら日本の英語教育には欠陥がありそうじゃないですか??

というのも、そもそも義務教育は実用的なところを目的としていないんですね。

教育英語は、大学受験のための単なる指標の1つ。
授業では先生がテストに出る文法を教え、生徒はひたすら無言でノートをとるだけです。

おかげで日本の義務教育での英語の授業内容は、インプットばかりに偏っていてます。
そして英会話などのアウトプットの場が全くなく、成長や面白さを感じにくい。

これではいつまでたっても上達しないし、英語学習に興味を持つこと自体が難しくなりますよね(´・_・`)

こういったワケで、英語が理解できない僕のような学生が量産されるんですね。

ちなみに僕は、6年間の教育で学んで全然ダメだった英語が、独学で勉強するようになってからメキメキ上達しました。

具体的には1年でTOEICのスコアが250点から700点近くまで一気に伸び、コミュニケーションをとれるレベルの英会話ができるようになりました。

だからこそ、英語ができない人にはどんな勉強法が必要なのかがわかります。
モチベーション管理も含めて、正しい方法で勉強さえすれば知らない単語や表現をもっと学びたくなると思います。

留学に、目的なんかいらない【僕は、なんとなく行って、人間的に急成長できました】

【初心者向け】英語が上達するために必要な4つの勉強法

初心者にとって効率のいい勉強法は、以下の4つです。

初心者向け勉強法
①まず、発音は必ず勉強する
②中学レベルの英語を、使いこなす
③文法には、こだわりすぎない
④最も大事なのは、モチベーション維持

僕の留学経験をもとにまとめます。

①まず、発音は必ず勉強する

学校で教えてもらえない英語の最重要項目が「発音」です。

実際学校だけじゃなくて、市販の英語の教材ですら発音はあまり解説されていないと思います。

文法や単語ばかりにこだわらず、英語はまず発音から勉強した方がいいです。
というのも、発音がわかるだけで英語の理解力は格段に上がるんですよ。

僕は留学に行く前に、これまで学んだことのなかった発音をCDで独学しました。
そこで気が付いたのですが、英語の子音と母音の構造は日本語とは全く違うんですよね。

勉強しながら「なるほどー」と理解していたつもりだったのですが、留学先でJapanを「ジャパン」と発音したときは、日本人だねって笑われました(笑)

本来の発音は「ジェペン」に近いんですよね。

この違いは日本人にとってどうでもよくても、ネイティブにとっては許せない違いなんです。

・Japan
「ジェペン」
・What are you doing?
「ワラユドゥイン?」

こんな短い文だけでも、本来の発音はこれだけ違います。

だから使える英語を身に付けるためには、まずは発音をやるべきなんですよ。

また発音の勉強は簡単で、勉強法としては意外と初心者向けです。テキスト1冊あれば、発音の練習は1週間もあれば十分という感じです。

発音を学べば、英会話でも相手の言っていることがかんたんに理解できるようになり、こちらの話も聴き取ってもらいやすくなります。それだけでも勉強が楽しくなりますね。

僕が留学先で出会った韓国出身の留学生は、みんな発音が本当に上手でした。

というのも韓国では、英語教育の一番はじめに発音記号の読み方から教えるそうなんです。すごく羨ましいですね(*_*)

とりあえず初心者は、ひとつひとつの発音記号を読めるようになった方がいいですね。独学には、初心者向けのYouTubeチャンネルがすごくわかりやすいです。

【現代の勉強法】英語学習・英会話に役立つYouTubeチャンネル【独学できます】

②中学レベルの英語を、使いこなす

英語学習を始めるとき、大学受験やTOEICでの成績を目標にするのが普通です。

TOEICの勉強はホントに大事。でも実用的な英語を目指すとなると、単語や文法の知識だけではまったく使い物にならないんですよね(-_-;)

これも、文法好きな日本人が全然英語を話せないことから明らかですね。

テキストでの勉強について、よく言われるのが「英文法は、中学レベルでOK」ということです。
これは実際そうで、実践的に使える英語表現は、9割方が中学英語の中にあるんです。

なのでまず初心者は、中学レベルまでの知識を頭の中で組み合わせて、使いこなせるようになることが大事です。

具体的には、英作文をしたり英会話をしたり。
自分の手持ちの武器をひたすら使いこんで、馴染ませていく感覚に近いです。

例えば会話だと、考え考え話していては違和感しかないので。
まずは中学レベルの英語が、さらっと口から出るレベルを目指すのがいいですね。

僕は留学先で、中学英語に助けられました。

何か欲しいときは、とりあえず「I want something to do this.」です。
例えば「これするものが欲しい」と言いながら掃除のジェスチャーなどをしつつ、モップを貸してもらいました(笑)

こんなレベルでも、何度も繰り返し使うことで板について、即座に口から出てくるようになりますよ。
結論、中学英語はホントに有益なんですよね。

以下の記事では、義務教育で漏れ落ちてしまった知識を回収できる、本当にわかりやすいテキストをまとめています。参考までに。

【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】

③文法には、こだわりすぎない

TOEICなどのテストで高得点を狙うには、絶対に文法を極める必要があります。

なぜならTOEICなどの形式のテストでは、穴埋め問題の()に入るのが「動詞」なのか「動詞+前置詞」なのかなど、細かい部分が問われます。
そして、そういった文法知識が得点の大きな分かれ目になってくるからです。

実際に英語教材を見てみると、文法を徹底的に解説しているものが多く、初心者はまずこういったテキストや問題集を手に取ると思います。

これって勉強の正しいアプローチなんですが、とはいえ文法ばかりにこだわりすぎる必要はないんです。

実用的な日常英会話や旅行先でのコミュニケーションを想定すると、会話中に細かい文法を気にする人はほぼいません。
会話の中で少しくらい文法が欠落していても、相手はちゃんと理解してくれます。

それに、いちいち頭の中で文法を組み立てていては、会話にならないんですよね( ;∀;)

なので初心者の勉強法としても、必ずしも文法からマスターしなければいけないわけではなく、僕は英単語力を上げた方がいいと感じています。

例えばホリエモンは、単語帳をまるまる覚えるという勉強法だけで、E判定だった東大を合格したんですよね。
そんなエピソードがあるくらいで、確かに実用的な英会話などを想定すると、文法にそこまで比重をかけなくてもいい気がします。

それに、僕は留学先でいちばん必死に覚えたのが英単語でした。
単語を先に覚えておくと、そのおかげで後々の学習効率が圧倒的に上がりました。

結論として、文法の基本は必ず押さえておく必要があります。そうじゃないと正しい英語が理解できないので。
そして目的によって力を入れるポイントは変わってくるわけですが、中学レベルの基礎を抑えていれば、文法にはそれほどこだわりすぎなくていいですよ。

それよりも、日本人にはない英語独特の感覚を覚えていく方が絶対に大事です。

例えば日本語では、「今日は何時に帰ってくる?」というように主語がなくても通じます。
しかし英語表現になると、「What time are you coming home?」というように「あなたは~」という主語が絶対についてくるんですよね。

また、冠詞も忘れてしまいます。「The pen」「a pen」「your pen」など、やたらとモノの所属を気にするのが英語文化なので。

この感覚が日本人にないため、日本人の話す英語では主語や冠詞が欠落しがちです。

だから文法というよりは感覚的に大切なところを意識していくのが、使える英語への近道なんです。
「日本人感覚」と「海外の感覚」の違いを含め、おすすめの勉強法をまとめました。

あなたの英語がいつまでたっても上達しない理由。【日本人のための学習法】

④最も大事なのは、モチベーション維持

英語を勉強していて一番苦しいのが、必死に学んでも使う機会がないということです。
英語を勉強するメリットを感じれないと、なかなか心の底から頑張ろうという気にはなれないですよね。

そこで、英語学習を始めるときには目的の設定が大事なんです。
目的のない英語学習は意味がないし、苦しいだけです。

英語を学ぶ目的は、大学に入学するためでもなければ、就活で有利になるためのTOEICの点数でもないはず。

例えば僕の場合は、仕事に必要なコミュニケーションを英語でとることであったり、英語のニュースを聴けるようになりたいという目標があって、独学で勉強していました。

僕はこのように、実際に使えるシーンをリアルに想像していたので、早く成長したくて英語学習に前のめりになれたんです。

このように、「自分には英語学習が必要だな」というふうに思える目的があると、自然とつらい勉強も乗り越えられます。

実際、英語ほど伸びないスキルはないです。
それに日本で普通に生活していると、せっかく学んだ英語を使う機会はほぼないです。

そこで、モチベーションを維持するには学んだ英語を使うことが大事。

おすすめのモチベーション維持方法は、「定期的にアウトプットをして、成長を実感すること」です。

具体的にはオンライン英会話などで話しつつ、自分の成長が目に見えてわかると、英語を使えることそのものが嬉しくなっていきますよ。

英語学習は、最初は頑張れたとしても、途中で面白くなくなっていくのは目に見えています。
だから初心者は上手にモチベーション管理をして、長期の学習スタイルを身に付けることが大事です。

オンライン英会話の良いところは、講師の先生が優しいところです。
ボロボロの英語を話しても褒めてくれますし、リアクションも取ってくれますし、自分のわけのわからない英語に付き合ってくれる、本当にありがたいツールです。

以下の記事では、僕がオススメするオンライン英会話を『3校だけ』まとめました。
興味のある方はどうぞ。

【無料あり】初心者におすすめのオンライン英会話スクール3社を比較

オンライン英会話が初めて挑戦するなら、レアジョブあたりが安心です。今なら無料体験ができるので、すぐに行動しましょう。話すほど英語はうまくなります。
レアジョブの無料体験はこちら

とにかく初心者にとっては、まずは続けることが第一。
だから無理せず、自分のテンションが上がる方法で勉強していきましょう。

【要注意】初心者がやってはいけない勉強法

英語勉強を始めようと思った時、初めに「どうやって勉強を行っていいのか、正しい勉強法がわからない」という問題に直面すると思います。

初心者がしてしまいがちな、間違った勉強法が以下の3つです。

初心者に向いていない勉強法
①聞き流し教材を使う
②映画や洋楽をとにかく聞く
③とりあえず海外留学に行ってみる

どれもよく知られた勉強法です。
でも、初心者に向いているかと言えば、そうではないんです。

僕は留学先で、目の前にいるネイティブと話しながら英語を学んだので、以上の3つが初心者に向いていない理由を、具体的に説明できます。

①聞き流し教材を使う

聞き流し教材は、正直なところあまり意味がないです。

なぜなら初心者にとって、意味の分からない英語音声はただの雑音でしかないからです。

聞き流し教材が役に立つには条件があって、それは語彙力や文法の基礎があることです。

「英語音声を聞き続けていたら、ある日突然わかるようになった」なんてことは、特に初心者にはありえないことなんですよね。

僕が留学していて一番身に染みて実感した部分なんですが、ホストファミリーの会話を毎日聴いているはずなのに、一向に耳が英語に慣れないんです。
「英語を聞いていると、自然と耳に馴染んでくる」と思っていたのですが、どうやらそうではないんですね。

そこで僕は、語彙力と発音を理解する勉強法に切り替えました。
それからというものの、着実に聞き取れるようになっていったんです。

なので「耳が慣れる」とか言うことは、初心者には全く関係のない話。
ほぼ嘘みたいなものですよ(笑)

【結論】英語聞き流しには効果がない?【まじめに勉強しよう】

聞き流し教材を始めるには、ある程度のベースがあって、その後にさらにリスニング力があって、それから使うならOKです。

②映画や洋楽をとにかく聞く

洋画や洋楽は初心者には難し過ぎて、絶対に理解できません。

これも聞き流し教材と同じで、たとえ何本見たところで絶対に英語力にはつながらないです。

例えば映画だと、TOEICスコアが900点でもほぼほぼ理解できないレベルなんです。TOEIC900点なんて雲の上の存在だけど、そんな人でも半分だけでも聞き取れたら十分なくらい、映画の音声は難しいです。

これは、ほぼバイリンガルの友人が言っていたことなんですが、ワイドショーやバラエティ番組の音声になってくるとさらにレベルが上で、どれだけ英語を練習してもまだまだ聞き取れないと言っていました。

それくらい、ネイティブの発音は聞き取りにくく、英語学習には向いていないです。

初心者が聴くなら、アナウンサーの話す英語のような、はっきりと丁寧な音声が向いていますよ。

ちなみに英語が聴きやすい映画なら、繰り返し見て教材になるかと思います。

【初心者向け】英語学習におすすめな映画18選【完全版】

③とりあえず海外留学に行ってみる

これは僕が犯したミスなので、少しだけ思い出話を書いていきます。

僕は大学在学中に、1年間休学をしてアメリカに留学しました。

ちなみに、留学スタート時のTOEICのスコアは250点。
当時の僕は、全く英文法も単語も知らないまま留学してしまったんです。

そんな状態で英語環境に飛び込んだ結果、僕は軽いうつになりました(^^;)

相手の言うことが1ミリも理解できないし、助けを求めようとしてもそれすら伝えられないという状況で、相当追い込まれてしまいました。

よく、「アメリカに行けば子どもでも英語を話している」と言われますよね?

そんな言葉を聞いて、英語環境に住めば自動的に英語をインプットできると信じていたのですが、そうではなかったんです。
今思えば当然のことなんですが(笑)

結論として、初心者にとって海外留学は意味がないです。ホントにやめといた方がいいです。

確かに英語圏でネイティブと生活すると英語は上達しますが、基礎がないとスタートラインにすら立てないような感覚です。
最悪、何も得るものがないまま帰国するハメになってしまいますよ。

僕はなんとか、コミュニケーションを取れるレベルの英語力を身に付けて、TOEICも700点近くまでアップできました。
勉強量的には相当つらかったのですが、単語や発音といった基礎力がある状態で留学に行けば、限られた時間をもっと有効に使えた感はありますね。

【経験談アリ】海外留学に行った人にしかわからない本当のデメリット。

なので、以上の3つの勉強法は初心者向けではないです。

まとめ

・英語学習を始めたいけど、どこから手を付ければいいの?
・中学生レベルの英語すら難しく感じるけど、それでも大丈夫?

この記事では、以上のような初心者のための英語学習法について解説しました。
繰り返しになりますが、初心者向けの勉強法は以下の通りです。

初心者向け勉強法
①まず、発音は必ず勉強する
②中学レベルの英語を、使いこなす
③文法には、こだわりすぎない
④最も大事なのは、モチベーション維持

この方法でTOEICも英会話力も上達したので、これから英語学習を始める人にとっては再現可能になっているはず。

特にオンライン英会話なら、以上の4つにフォーカスして、専任の先生が丁寧に教えてくれます。モチベーションの維持にもなるので、初心者には安心です。

【無料あり】初心者におすすめのオンライン英会話スクール3社を比較

オンライン英会話のレアジョブでは、今なら無料体験ができます。英会話のプロが個人のレベルにあった授業内容を組んでくれるので、効率よく話せます。
レアジョブの無料体験はこちら

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【時間を投資する】英語習得には1000時間が必要【経験談】
【参考書は必要ナシ】英語学習に役立つおすすめブログ26選【独学できます】

【高品質】無料のおすすめ英語学習サイトをまとめました【独学できます】
【無料アリ】英語学習ができるゲームアプリがとても効果的な話【大人向け】

コメント

タイトルとURLをコピーしました