【経験談】英語習得には1000時間が必要【時間を投資する】

こんにちは、yujiです!
このブログでは、海外留学で英語を話せるようになった僕が、英語学習についてまとめています。

英語が上達するまでには、どれくらいの学習時間が必要なの?

以上のような、独学で英語勉強を始める人のギモンにお答えします。

僕はTOEIC250点という英語力から、約1年の時間をかけてTOEIC700点レベルに上達しました。

もちろん、コミュニケーションで使える英会話も習得済みです。

この記事では、そんな独学の英語学習について、「一体どれくらい勉強すればいいのか」という部分を解説します。

時間の使い方がうまくなれば、どれだけ忙しくても1年である程度は上達できるようになります。

【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【実証済み】初心者のための超効率的な英語勉強法【ゼロから独学で上達】
【高品質】無料のおすすめ英語学習サイトをまとめました【独学できます】

【答え】1000時間を、投資しよう

英語の上達に、何年かかるの?

英語を問題なくスラスラ話せるようになるためには、少なく見積もっても2年はかかります。

(※ビジネスや翻訳で使うなら、その倍以上は必要です。)

中には、子供の頃の英会話などで基礎ができていて、成長が早かったり、どんどん話せるようになる人もいます。
ですが、普通は何時間も地道に努力して上達するものです。

というのも日本人にとって「英語」という言語自体が、超難しいからです。

(日本人の英語が伸びない根拠は、以下の記事でまとめています。お時間があればどうぞ。忙しい方はスルーでお願いします。)

あなたの英語がいつまでたっても上達しない理由。【日本人のための学習法】

英語習得に必要な勉強時間は、2,200時間

アメリカ国務省のFSI(Foreign Service Institute)の調査結果をもとに考えると、日本人が英語を習得する場合も、2,200時間の勉強が必要と考えられています。

かなり長い時間に感じますが、この見積りでも短いくらいなのでは?

というのも、これは「アメリカの外交官になれるような、ハイスペックな人材」が勉強する場合の数字です。
普通の日本人が勉強すると、2000時間では足りなさそうですよね(^^;)

以下のサイトでは、英語と日本語の関係は、最も難易度が高いカテゴリー「Super-hard Languages(超難関言語)」に属しています。

▶Language Learning Difficultyhttps://en.wikibooks.org/wiki/Wikibooks:Language_Learning_Difficulty_for_English_Speakers

それくらい日本語と英語は遠い存在だということがわかりますね。

残り、1000時間だけでいい

「これから仕事のために、英語を勉強しないといけない」
「英語を話せるようになりたい」

と考えている人へ。

これから英語学習をするなら、まずは「1000時間」を目標にしましょう。
というのも、僕たちはすでに中学・高校での勉強と、大学での教養の英語学習時間があるからです。

平均的な累積の学習時間は、具体的に以下のようになっています。

学習時間
▶中学・高校での英語授業:790時間
▶大学での授業とTOEICなどの学習: 410時間

これでトータル1200時間はあります。

だから2200時間に到達するには、残された1000時間だけでいいわけです。

このように実はすでに勉強できていて、僕たちは知識だけなら十分あるはず。

それでも話せないのは、日本の英語教育のクオリティが原因かもしれませんけど、この数字は自信につながりますね。

【実体験】僕は留学で、1000時間勉強できた

僕の体験が参考になるか微妙ですが、僕は留学先でこの「1000時間」を投資することが出来ました。

1年間の留学期間のうち、語学学校に通っていたのは6か月間だったので、トータルの学習時間は以下のようになります。

6時間×6ヶ月間(150日)=900時間

クラスだけでもこれだけの時間がとれています。

ここからさらに予習復習もして、日常でも英語でコミュニケーションをとっていたので、実質これ以上の時間を確保できたと思います。

その結果、日本に戻る頃には英語力があがった手応えを感じていました。

帰国後に受けたTOEICでは700点を超えたので、ギリギリ「英語を使えます」と言えるレベルだと思います。

大企業のTOEICの平均値が530とかなので、僕が250点から700点まで伸びたことを考えると、「1000時間」というのはある程度根拠のある時間なんじゃないでしょうか?

だから英語習得に留学を選んでよかったと思ってます。
やはり、ネイティブとの会話の効果が大きいですね。

【メリットしかない】大学生が長期留学すべき5つの理由【経験者は語る】

【重要】勉強時間と、その成果の目安

具体的にどれくらい勉強すれば、どれくらい英語力が伸びるのか。

個人差は抜きにして、目安をまとめると以下のようになります。

学習時間の目安
▶1日3時間=1年で1000時間コース
▶1日30分=6年で1000時間コース

もちろん1日3時間コースの方が、短期でしっかり成果が出ます。

1日あたり、3時間勉強する

英語学習では「1000時間」で成長を感じられるといわれていますが、1日3時間=1年で1000時間を達成できます。

ちなみに、1日で3時間以上の英語学習時間を確保すると、英語のために生きているような気分になります。

具体的には、毎日1時間以上は英語を聞き、1時間以上はリーディング・ライティングのために机に座り、それ以外のスキマ時間に、上手に文法や英会話などを積み重ねていくイメージです。

1000時間の成果
TOEICスコア…400点アップ
英会話…最低限の会話ができる

会議やディスカッションができるレベルにしようと思うと、これの倍以上に時間がかかると思っていいです。

1日30分だと、伸びない

1日で30分の英語学習時間を確保するだけでも、体感としてはこれでも相当時間を割いていると感じます。

すきま時間で単語本や英会話フレーズをチェックしつつ、日常的に英語学習を意識することになります。

しかし1日30分=6年で1000時間となり、成長スピードは現状維持程度。
(1年後でも正直成長は感じられないです。)

こう見ると、短期で集中して結果を出すには、相当上手に時間を捻出しなければいけません。

最初は「1日3時間なんて無理」だと思ってましたが、3時間くらいなら何とか上手に作り出せます。

ダラダラ勉強しても非効率的なので、スキマ時間に集中しての学習がオススメです。

なかなか伸びないときは、悟りを開こう

スキルの成長は「右肩上がり」ではないです。

トータルの学習時間が1000時間でいいとはいうものの、その実態はつらく、常にモチベーションとの闘いです。

だから、停滞期や努力期の伸びない時期には「成長曲線」を思い出して、いまはどれだけ頑張っても伸びない、と悟りましょう。

僕は、留学先で英語ができなくて死にそうになっていたので、いつも「成長曲線」を意識して耐えていました。

これが「成長曲線」のイメージです。

成長曲線

見たままですが、努力期間の大半は「伸び悩み」になります。

そして思ったよりも頻繁にスランプが来るので、順調に成長というわけには行きません。

英語を勉強していると、「常に上達に向かっている」というふうに勘違いしてしまいます。
でも、本当は細かい浮き沈みがあって当然。

結果的に見れば、「英語力が伸びた」といえますが、それは後で言うならどうとでもなる話。
その背景にはとてもつらいアップダウンがあります。

英語をペラペラに話せるようになるには、かなりの時間がかかります。
本気で勉強したからといって、すぐに結果が出るとは限りません。

「1000時間」の努力を積み重ねていくことで、やっと少しだけ成長段階に入れるような実感を持つことができます。

あとは、努力期間をやりきる覚悟を決めて、投資する時間を増やしましょう。

ということで、この記事で言いたいことはこれで以上になります。

ここからは、僕が意識していた時間の生み出し方について、深堀りしてみます。

【簡単】勉強時間を作るコツ

ここからは、英語学習に限らず、勉強時間を確保するために有効な考え方をまとめます。

資格試験や、受験などにも役立つ内容になっているかと思います。

無理せずに、長く続ける

最初から全力で勉強していくと、絶対に長続きしないです。

そもそも英語学習は、ゴールがないマラソンみたいなものです。
例えば、ネイティブみたいな英語を話そうと思ったら、2年や3年でたどり着くものではないです。

特に初心者はあえてハードルを下げて、「英語学習をやめない」ことが1つの目標になると思います。
だから、細かい学習時間の積み重ねが大事。

具体的には、スキマ時間とながら時間を細かく積み上げることで、「1000時間」の英語学習を目指せます。

15分×6回

1日で90分

2年で1000時間

このように1日のうちで10分、15分を小さく積み上げてトータルで90分を取れればいいだけ。

英語は使えるようになることが目的なので、通勤中の電車の中でも歩きながらでも、スキマ時間を利用して学習ができます。

また、積み上げ式の最大のメリットは、「全滅」を避けることができるということ。
まとめてできない日があっても、学習時間ゼロではない、と思えたらメンタルにも優しいですね。

繰り返しになりますが、英語習得のための時間を確保するコツは、10分・15分を確保していくことです。

時間の、生み出し方

僕がしている工夫は、「耳が暇な時間」を徹底的に勉強に活かすことです。

現在はもっぱらオーディオブックを聴いてますが、英語を勉強していた時は「聞き流し教材」を聴きながらブツブツ言ってました。
これだったら、移動中と家事をしながら確実に勉強時間を積み重ねることができます。

僕にとって机の上での純粋な勉強時間は退屈で仕方なかったので、この「聞き流し」の学習時間を楽しみにするために、勉強方法は完全に使い分けていました。

例えば、以下のような勉強法です。

聞き流しの学習方法
机の上で、スクリプトを完全に理解

聞き流しながら、ぶつぶつ言う

このサイクルが非常にハマり、発音と語彙力と英会話力が格段に上がりました。

詳しくは以下の記事でまとめています。

【簡単】英会話の聞き流しアプリ【初心者は使用禁止です】

睡眠不足は、完全に逆効果

これも英語学習に限ったことではないですけども、6時間以上の睡眠は確保した方がいいです。

理由はシンプルで、2つあります。

・学習効率が上がる
・長続きする

僕の場合だと、ちゃんと寝た方が頭のすっきり感がまるで違うので、同じ量の勉強をしていても伸び具合が変わってきます。

短期で見ればその日に集中して学習した方が、自分が前進してるように感じます。
なので、ついつい夜更かしして詰め込みがち。

しかし、英語学習は超長期戦なので、学習時間を確保できないときは諦めて寝ましょう。

認知神経科学の分野でも、睡眠の記憶整理が重要だという研究結果が出てるので、ゆっくり寝てください。
Overnight alchemy: sleep-dependent memory evolution

【ゆっくりでいい】長続きする学習法を、模索していこう

英語学習は、どこまで行っても地味な練習の繰り返しです。

だから、楽しくないと絶対に長続きできません。

最近は、移動中の細かい学習時間をサポートしてくれるようなツールもあるので、そちらを利用しつつ、上手に時間を積み重ねていきましょう。

結局のところ、最後に上達できればいい話なので、方法はなんだってOK。
スマホがあれば、移動中でも英語が学べます。

【最新の勉強法】英語学習・英会話に役立つYouTubeチャンネル【独学できます】

【無料アリ】英語学習ができるゲームアプリがとても効果的な話【大人向け】

映画やドラマが好きな方は、以下の方法でも英語に触れられます。

【初心者向け】英語学習におすすめな映画18選【完全版】

【使える英語を学べる】英語学習におすすめの無料海外ドラマ21選【独学できます】

楽しみながら、成長していくのが大切ですね。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【実証済み】初心者のための超効率的な英語勉強法【ゼロから独学で上達】

【高品質】無料のおすすめ英語学習サイトをまとめました【独学できます】
【無料アリ】英語学習ができるゲームアプリがとても効果的な話【大人向け】
【参考書は必要ナシ】英語学習に役立つおすすめブログ26選【独学できます】

コメント

タイトルとURLをコピーしました