【初公開】僕がネイティブから教わった、驚くほど効果の出る『英会話上達』の秘密【初心者向けの勉強法】

おすすめの英会話勉強法

こんにちは、yujiです。
このブログでは、海外留学で英語を話せるようになった僕が、英語学習についてまとめています。

英語を話せるようになりたいのですが、どうやって勉強すればいいですか?

以上のような、英会話の習得を目指している人の質問に答えます。

僕は『英語』が大の苦手で、大学受験に失敗しました。

しかしその後、1年間のアメリカ留学で必死に学び、英会話ができるようになりました。

この記事では、そんな僕の経験をもとに、初心者向けの英会話学習方法と、重要なマインドセットをまとめます。

※『英語を話せるようになって、少しでも人生を変えたい』という人に是非読んでもらいたい内容になっています。

【保証する】英会話は、自分の力で習得できる

英会話は、独学できます

英会話ができると、人生が広がる

僕は英語がとことん苦手で、大学受験に失敗しました。

当時のTOEICスコアは250点。
中学英語の知識すらあやふやな状態で挑んだ結果でした。

しかし、そんな自分を変えたくて、1年間のアメリカ留学を決意。
「OK」「Thank you.」しか言えないところからスタートし、必死に勉強して英会話ができるようになりました。

その結果今では、

・職場での英語対応に活かせる。
・海外から仕事を請けるようになる。
・SNSで海外の友達と交流するようになる。

など、英会話ができることが少しづつ僕の人生を広げてくれています。

「自分から学びに行く」ことで、話せるようになる

僕が留学先で英語を学んで、強く印象に残ったことがあります。

それは、英語は誰かが教えてくれるのではなく「自分から学びに行く」ことで話せるようになるということです。

正直、たった1年の語学留学では、まだまだ子供レベルでわからないことばかりです。

しかし、どんな環境にいても『独学』することで英語力は身に付けることができるんだと、強く実感できました。

画期的な学習法を、公開します

画期的な学習法を、公開します

以下で解説する英会話の学習法は、僕がネイティブと会話しながら経験したことを、できるだけ再現できるように細分化したものです。
(※お金をかけずに、スマホとパソコンを使って練習することができます。)

無駄な教材を揃える前に、この記事を参考にしつつ、無料で簡単な練習方法を実践してもらえたらと思います。

まずは、勉強法よりも大事な『マインドセット』の部分から。
僕が留学中に意識していたコトをまとめます。

【経験談】英会話学習で成果を出すために意識すべき『2つ』のこと

英会話の勉強法

まず、僕が1年間の語学留学を通して「成果を出すために意識した2つのこと」をまとめます。

成果を出すために意識したこと
①モチベーションを、維持する
②スキマ時間で、英語を学ぶ

この2点です。こちらを詳しく解説します。

※学習のコツよりも、ある意味重要な内容となっています。参考までにどうぞ。

①モチベーションを、維持する

英語の勉強を始める前に、最重要なことは『モチベーション維持』です。

僕が「英語を話せるようになりたい」と思ったのは、大学に落ちたというコンプレックスがあったからです。

このような目標があったことで、「自分の意志で勉強する」ということを続けられました。

この他にも、以下のことを意識してモチベーションを維持していました。

モチベーションを維持する方法
・英語学習の目的を、はっきりさせる
・成長が感じられる環境に、身を置く
・逃げられない環境を、作ってしまう

どれも重要ですが、僕の場合、以上の3つを『留学』ですべて完結できました。

※以上の3つは、工夫次第で日本にいながらでも可能です。

②スキマ時間で、英語を学ぶ

英語の独学で最重要なのが、スキマ時間で英語の知識を学ぶといった姿勢です。

どれだけ忙しくても、通勤・通学中などに10分程度のスキマ時間があり、例えば、耳が空いていれば音声を聴くことができますし、寝る前に英語で日記を付けたりできます。

英会話の勉強は、短時間の方が集中力をキープできるので、効率が良いです。

そして何より『みんなが遊んでいる間に、自分だけが努力している』という状況を楽しむことができます。

再度まとめると、以下の2点が英語学習で重要なマインドセットです。

成果を出すために意識したこと
①モチベーションを、維持する
②スキマ時間で、英語を学ぶ

意識が変わると、結果が変わります。

続いて効果的な学習法を紹介する前に、僕の経験から『基礎力の大切さ』を解説しておきます。

【重要】必要な知識を『3つだけ』身に付ける

英会話の勉強法

僕は留学先で英語知識のなさを痛感し、TOEICが250点だったことを反省して『中学レベルの英語』から復習し始めました。

しかし、結局はこの基礎固めのおかげで、後々スムーズに英会話の練習ができるようになりました。

英会話で抑えておくべきラインは『中学レベルの発音・単語・文法』です。

3つの知識を身に付ける
①中学レベルの『発音』
②中学レベルの『単語』
③中学レベルの『文法』

詳細は以下の通りです。

①中学レベルの『発音』

超初心者の僕が感じたことは、英語の「正しい音」を最優先に理解すべきだということです。

日本の英語教育では「発音」が無視されているので、少しでも基礎を押さえておくと英語の聞こえ方が格段に良くなります。

ネイティブの発音は、僕たち日本人が想像している音とまったく違います。

▶母音26個・子音24個の使い分け
▶英語独特のイントネーション・リズム・アクセント

こういった音の性質がありますが、「自分が発音できない音=脳が認識できない」ので、確実に押さえておくことが大事です。
【最新の勉強法】英会話に役立つYouTubeチャンネル22選

②中学レベルの『単語』

英会話に必要な単語数は、たったの1000語です。
(※これだけで日常英語の80%をカバーできるという研究結果があります。)

中学生で覚えることになっている英単語は1000語以上なので、ココだけをひたすら深く理解することが大事です。

ここで言う「深く」は、前置詞なども含めた知識のこと。
例えば「look」だと、以下のように覚えていくと良いかと思います。

look at ~を見る
look for ~を探す
look to ~に気をつける
look into ~を覗き込む
look on ~を傍観する
look beyond ~の先を見据える
look after ~の世話をする
look around ~を見回す

こういった簡単な知識は、英語の雰囲気をつかむのにすごく役立ちます。

③中学レベルの『文法』

文法とは、要するに「中学レベルの英単語1000語の並べ方」です。

ちなみに文法でも難しい知識は必要なく、英語ができる人ほど単純な文法を使って話しています。

『自分の言いたいことを正確に伝える』ということが最優先なので、中学で習う文法を使いこなせるようになれば大丈夫です。
文法への苦手意識が変わります。

繰り返しになりますが、英会話に必要な知識は以下の3つのみです。

3つの知識を身に付ける
①中学レベルの『発音』
②中学レベルの『単語』
③中学レベルの『文法』

また、中学レベルの基礎を学べる参考書を、以下の記事でまとめています。
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書

ここからは、英会話の効果的な練習方法を『6つ』紹介します。

【効果あり】英会話が上達する『5つ』の練習方法

英会話が上達する『6つ』の練習方法

僕は留学先で『英語の使い方』を徹底的に練習していくことが必要だということに気が付きました。

そこで、留学先でのネイティブとの会話のなかで『僕に足りていない』と感じたものを、こちらの練習方法で克服しました。

5つの練習方法
①英作文(英語日記)
②頭の中で英語を話してみる
③オンライン英会話で話す
④シャドーイング
⑤ディクテーション

詳細は以下でまとめます。

※どれも地味ですが、絶対に効果の出る練習方法です。

①英作文(英語日記)

僕が海外で実践した方法は、毎晩、短くてもいいので英語で日記を書くことです。

中学生レベルの英単語でいいので、寝る前の5分程度でスマホにサッとまとめます。

日本人が英語を話せない理由は、圧倒的に『英語脳』が足りないからです。
そこで、1人でできる英作文なら、英語で考えて、英語のまま使うための練習ができます。

なので、英作文の注意点は以下の通りです。

〇…いきなり英文で書く
✖…日本語で書いて、英訳

このように『英語脳』を作ることを意識します。

また「自分がどう感じているのか」ということをあらかじめ整理することになるので、英会話にそのまま応用できます。

②頭の中で英語を話してみる

僕たちは、義務教育でスピーキングの授業を受けてこなかったので「実際に英語を口から出す」といった経験が圧倒的に足りていません。

そこで『英語脳』を育てるために、身の回りの情景を英語で表現する練習が効果的です。

例えば、お店で商品を選んだり、行き先を説明するなど、とにかく自分の独り言を英語でアウトプットします。

ここで意識したいことは、以下の2つ。

▶英文の単純化
▶英文の語順慣れ

このように、思ったことをそのまま英語に言い換えることが難しいときは、英文を単純化してニュアンスが同じ文章を作りましょう。

また「結論を先に言う→あとから説明する」というような『英語の語順感覚』に慣れてください。

③オンライン英会話で話す

英会話の勉強法

実際の英会話練習は、インプットとアウトプットの繰り返しなので、とても効果的です。

例えば、自分の言いたいことを伝えるためには、英文を単純化(言い換え)する必要があります。

▶この経験は私を成長させてくれた。
→I learned many things from these experiences.

こういった技術を、圧倒的な練習量で身に付けることがオンライン英会話の目的です。

また、実際のコミュニケーションに必要な力は、独学では絶対に身に付けられないです。

▶理解したふりをせず相手の話を聞き直す
▶目を見てコンタクトをとり、話を聞きながら頷く

こういった大事なところはすべて、オンライン英会話での練習で身に付けることができます。
【無料あり】初心者におすすめのオンライン英会話

④シャドーイング

少し難易度が上がりますが、シャドーイングでもインプットとアウトプットを増やすことができます。

▶シャドーイング
→英語の音声を理解しながら聞き、同時にまねて発音していく練習方法。

最初のうちは『シャドーイング』が難しく感じると思うので、以下のような『リピーティング』でもOK。

▶リピーティング
→英語の音声を区切りのいいところで一旦止めて、後からリピートしていく練習方法。

シャドーイング(リピーティング)は、英語の語順感覚を身に付けつつ、英語脳を鍛える練習も同時にできます。

⑤ディクテーション

ディクテーションは地味な練習ですが、自分の理解度を認識するのに役立ちます。

▶ディクテーション
→英語音声を聞き、一文ごとに書き起こす練習方法。

このように書き起こすことで、聞き取れなかった部分が明らかになります。
また、ネイティブの発音のリンキング部分を再認識できるなどの効果もあります。

また、手書きだと面倒なので、パソコンで聴いてそのままテキスト入力するのがおすすめです。

もう一度まとめると、僕が基本的にルーティンワークとしてこなしていたのは以下の5つです。

5つの練習方法
①英作文(英語日記)
②頭の中で英語を話してみる
③オンライン英会話で話す
④シャドーイング
⑤ディクテーション

こちらで『英語のリアルな使い方』を、繰り返し練習しました。

最後に、重要な事実を公開します。

【答え】英語の成長は、英会話した量に比例する

英会話の勉強法

実際に自分の口で話すことが、学習の中心です

以上の英語学習方法の中で、僕がもっとも重点を置いて取り組んだのが『オンライン英会話』です。

僕はオンライン英会話の30分間のために、圧倒的な準備をしました。
そして実践練習した知識はすぐに復習し、絶対に忘れないように努力しました。

このように『会話をする』という本質的な練習を繰り返し、着々と使える英語が増えていきました。

密度の濃いマンツーマン指導を、受けられる

言ってしまえばオンライン英会話さえあれば、英語は驚くほど伸びます。

▶自分の好きなタイミングで開始できる
▶自分の好きな先生とマンツーマンで話せる

このように、ネイティブが付きっきりで練習を見てくれる環境は、留学先にはありませんでした。
そのためこれからの時代は、ほぼ全員がオンライン英会話を選ぶとさえ思います。

月に4~5万かかるのが、駅前英会話教室。
年間で数百万かかるのが、語学留学。

こう考えたとき、1ヶ月6000円でマンツーマン指導を受けられるオンライン英会話が、いかに革命的かがわかると思います。

なので僕は、本気で話せるようになりたい方に、本気でお勧めします。

【無料あり】初心者におすすめのオンライン英会話スクール3社を比較

まとめ:結果が出る人は、常に行動している人

結果が出る人は、常に行動している人です。

例えば、僕は留学に行き、中学レベルの基礎すら理解できていなかったことに初めて気が付きました。

そして、できない自分にちゃんと向き合えたおかげで、独学に夢中になれました。

その後、僕の英会話力は伸び、語学学校の卒業セレモニーでは、全学生の前で代表スピーチをすることもできました。

どれも小さなことなのですが、これもある意味『行動の成果』だと言えます。

英語は誰かが教えてくれるのではなく『自分から学びに行く』ことで話せるようになるということ。

こうした行動哲学こそが、最大の教訓です。

英語学習に限ったことではないけれども、こうした地道なアクションの先に、人生の可能性は広がっていくはずです。

なので、この記事で紹介した方法のなかで1つだけでもいいので、今のあなたにできそうなものを、是非今から始めてみてください。

3つの知識を身に付ける
①中学レベルの『発音』
②中学レベルの『単語』
③中学レベルの『文法』
5つの練習方法
①英作文(英語日記)
②頭の中で英語を話してみる
③オンライン英会話で話す
④シャドーイング
⑤ディクテーション

特に効率のいいオンライン英会話は、今なら無料お試しできるスクールが3つあります。
スマホさえあれば今すぐできるので、即行動しましょう。
【無料あり】初心者におすすめのオンライン英会話スクール

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【経験談】オンライン英会話のメリットとデメリット【結論:やってみるべき】
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由
【実証済み】英語力ゼロから独学でTOEIC700点までアップ【初心者のための学習法】
【簡単】英会話の聞き流しアプリ【初心者は使用禁止です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました