英語の成績がいいと、日本では何かと得する。【ただし近道はない】

こんにちは、yujiです!このブログでは、海外留学で英語を話せるようになった僕が、英語学習についてまとめています。

・英語の成績ってどうやって上げるの?
・TOEICスコアを伸ばす方法は?

この記事では、以上のような誰もが抱える疑問に答えます。

英語学習はじっくりするもので、1年2年ほどでグングン上達するのは、ごく一部の限られた人たちだけです。

その証拠に、実際ほとんどの日本の学生が同じような悩みを抱えていますよね。

だからその分、英語ができるようになるとメリットが大きく、大学受験の英語の点数配分が大きいので合格しやすくなったり、英語が話せる日本人が少ないため、それだけで人材としての市場価値が付きます。

なので、周りよりほんの少し英語ができるだけで、日本では何かと得できることがわかると思います。

そこでこの記事では、1年でTOEICスコアを400点伸ばした僕が、英語の成績アップの方法についてまとめます。

「義務教育じゃ、いつまでたっても英語が上達しない」とうすうす気付いている人に向けて、新しい英語学習の選択肢を提示できたらと思いながら書いていきます。

英語で成績がいいと、日本では何かと得する。

日本では英語をきれいに話せる人は、それほどいません。僕の周りにもそれほどいませんし、留学先でもあまり見かけることはありませんでした。

少し発音がネイティブっぽいだけで「おっ?」と思われたり、カラオケで英語の部分の発音がいいだけで「カッコいい!」となったり、こういう部分からも日本人がいかに英語になじみがないかがわかりますね。

大学受験は英語の点数配分が大きい。

大学受験の話になると、英語を評価する傾向が深く根付いていることが点数として目に見えるようになります。

現在、私立大学を中心に、限られた科目での受験が可能になっていますが、その他AO入試なども含めて、英語科目の点数配分はかなり高く割り振られています。

大学側は、数多くいる学生のなかから個性的な1人を探すために、英語という簡単なフィルターを使います。というのも簡単な理由で、日本の学生で英語を話せる人材が少ないからです。

僕は昔から英語が苦手で、大学受験には英語をほぼ捨てる覚悟で挑んでいたのですが、すごく苦労しました(-_-;)

逆に英語が得意なら、それだけ強みを生かせる受験ができます。

TOEICスコアが高い人は、市場価値が上がる。

英語を読み書きする力と、ある程度のTOEICのスコアさえ持っていれば、大きな優位性が生まれます。

なので仕事を見つけやすくなります。

これも大学受験のパターンと同じなのですが、たくさんの学生が教養科目として学んできたとしても、英語を使いこなせる人はほんのわずかしかいません。

よってここでも、英語の読み書きができる人に市場価値が生まれます。

実際に就活の採用面接では、最終まで残っている人は必ずTOEICで良いスコアをとっていたりなど、表立った選考基準には入ってきませんが、英語を使える人を選んでいるといった話もあります。

このように、日本の人材市場では英語が使えるかどうかが前提でみられていることが多いです。

海外から仕事をとれる。

英語の読み書きができると、圧倒的に行動範囲が広がります。旅行やワーホリなんかがイメージしやすいですが、東南アジアなどでは英語が通じる国が多いため、比較的旅費も抑えつつ各国を回りやすいです。

またこれは僕の体験談なのですが、フリーランスとして生活するようになって、海外からも仕事をとれるようになりました。

AdobeやShutterStockと個人交渉して仕事をもらっていますが、これも英語の読み書きができるからこそで、責任者の方とメールをできたところから関係は続いています。

向こうからも、日本人が下手なりに英語でメールしてきたということで、熱意が伝わって取り合ってくれました。

国際恋愛ができる。

英語の成績からは話がそれますが、英語でコミュニケーションがとれると、それだけで出会える人の幅が広がります。

僕自身、その他にもいろいろ英語が使えるメリットを感じていて、その一つに彼女ができたことがあります。

留学先にはアジア人が多かったのですが、同時期にアメリカに滞在していたアルゼンチンの方とよくデートに行ってました。すごく楽しかったのですが、それ以上にお互いに母国語が通じなくても、英語を共通言語として意思疎通ができるんだと強く実感しました。

彼女はスペイン語なまりのカタコトな英語を話していましたが、同じように周りにはイギリス系のはっきりした英語を話す人もいたり、田舎のなまりがある英語だったり、中国系の英語、韓国系の英語などもあって、みんな違う特徴があります。

なので、日本人らしい発音になってしまっても恥ずかしくなくて、それなりに英語を使うだけで着実に世界は広がります。

このように、英語の読み書きができたり、英語の成績がいいと、何かと得することが多いイメージです。

英語の成績を上げる方法とは?

英語学習って本当に難しいです。というのも、覚えなければならない単語や文法が多すぎるから。しかし、そんな英語の成績を上げるための攻略法が存在します。

学校でのテストの場合。

学校の英語の成績であれば、英語のテストの点数がそのまま反映されます。

つまり学校英語の場合はここに攻略法が存在していて、トータルで見た英語力を高めるよりも、その時のテストの対策に重点を置くことで成績アップにつながります。

実は、このような定期テストで点を取ることは、方法さえわかれば誰でも可能なこと。

なので「ひたすら英単語帳と、例文の暗記で乗り越えた」という人も少ないくないのでは?

このように学校のテストは出題範囲が明確で、なおかつ範囲が狭いので、復習しやすく詰め込みで乗り越えられます。なので成績アップしやすい。

TOEICの場合。

TOEICはトータル990点あって、7つのパートごとに傾向があり、上手に対策すれば点数が上がりやすいテストです。(そして適当に解いても300点は行くといわれています。)

実は、TOEICはネイティブが普通に受験すれば満点近いスコアが出るようになっていて、基礎英語ができる人なら簡単に解けるレベルの内容です。

日本人の僕には無理ゲーでしたが(^^;)

日本や韓国ではTOEICが重視される向きがあるので、対策を立てて高得点を出せば良い評価につながります。

ですが、英語を話せなくても対策次第でスコアを伸ばせることもあり、実用的じゃないといわれることもありますね。

このように、学校の成績にもTOEICにも共通しているのが、対策で点数を伸ばせるというところです。

とはいっても、現実は厳しい。

英語のテストは対策ができる!とは言いつつも、僕は大学受験にほとんど英語は使いませんでした。なぜなら、ホントに苦手だったからです…orz

ちなみに大学入学後、リベラルアーツの英語クラスの振り分けで受けたTOEICでは、250点という結果でした(笑)

それくらい致命的な英語力だったので、「英語は特別な人が使えるもの」と感じていて、読み書きできる人に強いあこがれを持っていました。

しかしそんな僕ですが、たった1年でTOEICを700点近くまで伸ばすことができたんです。

1年でTOEICスコアが400点アップした理由。

僕のTOEICが劇的に伸びた理由は、留学に行ったから。ただそれだけです(笑)

大学在学中に1年間かけてアメリカに語学留学に行ったのですが、これまで義務教育のつまらない授業を聴いてもさっぱりだったのが、その1年間でめきめき上達していきました。

英語学習は質が大事。

留学に行ったという身からすると、どうしてもポジショントークになってしまいますが、英語学習は質が大事です。

というのも、話さなければ生きていけない危機感や、どこに行っても英語を浴びせられる環境があることで、吸収力はすごく上がります。

留学中の学生証の更新だったり、日本ではなんでもない手続きも英語でするとなると結構大変で、それだけで僕の英語に対する姿勢が変わりました。

このように、アウトプットありきの読書や勉強では、質が何十倍にも高まります。

逆に、定期テストのための勉強では全然頭に入らなくて当たり前。雑なインプットになってしまって当然なので、アウトプットを意識して質を高めることが大切です。

リスニング、スピーキングを上げる。

TOEICは先ほども書いたように990点満点で、さらに細かい配点はリスニングが495点、リーディングが495点となっています。

そこで受験者の得点分布をみると、リスニングの平均点は320点~340点、リーディングの平均点は220点~240点になっています。

つまり、リスニングに苦手意識がある人は、平均的なリスニングスキルさえ身に付けてしまえば、ぐっとスコアが伸びるということ。僕は留学後に壊滅的だったリスニングが改善されたことで、総合的な点数の底上げができました。

というのも、英会話を習得するまでのプロセスは、インプットとアウトプットの繰り返し。留学中はひたすらそのサイクルを行き来していたので、自然とリスニングや基礎力が強化されました。

結論、留学は僕にとって最強のソリューションだということがわかりました。

日本の言語学習環境は、リアルに結びついていない。

TOEICの話から少し派生しますが、日本の義務教育や英語学習環境は、リアルに結びついていない気がします。

イメージ的には、日常で必要とされる部分に重みが乗っていない感じ。

例えば、実際にSNSの更新や日常で使う英語はすごくざっくりしているわけで、アナウンサーの話すような英語はどちらかというと不自然だからです。

文法や基礎の勉強は絶対に大事ですが、ちょっとだけ使い分けが必要だと感じています。

6年間の義務教育で学んできた英語でさぱりだったTOEICが、日常的な英語に親しむことで改善されたので、やはり英語は使って覚えることが近道です。

結論、英会話が英語の成績を簡単に上げてくれる。

繰り返しになりますが、英語を話せるようになってTOEICが250点→700点近くと改善されました。このように、英語の成績を上げるなら英会話できることを目指すのが近道です。

上でもまとめたように英会話の勉強法は効率的で、さらに英語の成績が悪くても気軽に始められます。僕自身がそうでした。

そもそも義務教育は、実用的なところを目的としていません。

単なる受験勉強のための道具でしかなく、授業ではカリキュラムに沿って先生がテストに出る文法を教え、生徒はひたすら無言でノートをとるだけ。これではいつまでたっても話せないし、学習の目的を持つことが難しくなります。

だからこそ、学習指導要領の外にある英会話のもたらす効果が大きく出やすいということになります。話せると楽しくて、知らない単語や表現をもっと学びたくなります。

どうやったら英語を話せるようになる?

英語を話せるようになるためには、大きく分けて3つのルートがあり、まとめると以下のようになります。

英語を話せるようになるには?
・留学
・独学
・英会話スクール

どれがいいか留学経験者の立場から説明するとどうしても偏ってしまいますが、それぞれに対する僕の考えを書いていきます。

留学がどのルートよりも近道。

僕が留学をした経験から言うと、英語を話せるようになりたいのであれば留学、もしくは海外に長期滞在することが近道だと思います。

留学中の生活を想像してみると、朝起きてから友達のSNSをながめても英語、ニュースを見ても英語、バスに乗って移動してもアナウンスは英語で、寝るまでずっと英語漬けです。やはり投資できる時間の量が全く違います。

こういった環境のおかげで、いやおうなしに英語に触れることになり、半ば強制的に上達します。

僕が留学する前は、TOEICが250点でした。自分でも落ち込みました(-_-;)

大学受験にも全く英語を使わず、現実を見ないようにしていた結果がこれでした。なので案の定、留学先では、ホストファミリーと打ち解けるのに時間がかかり、学校の手続きで戸惑い、友達ができるまで時間がかかりました。

ですが、それでも英語スキルは徐々に這い上がり、留学後もTOEIC700点近くを取っているので、英語力は人並みにはなりました。

現地では、知らない単語を覚えたり、できない表現をできるようにしていただけ。何かときちんと話すことが必要で、必要に迫られて少し上達して、楽しくなってまた頑張れて、そうしているうちに僕の英語力は平均以下から、平均かそれ以上になりました。

なので海外という環境に身を置くのが、何よりも近道です。

心が強いなら、独学でもOK。

英語学習で上達するための条件の一つに、学習時間があります。継続して学び続けられることが必須です。

上で留学こそが近道だとまとめましたが、海外にいるのと同じ環境をつくれるなら日本にいながらでも独学できます。

英語を学びやすい環境
・英語学習に圧倒的な時間を注ぐ。
・デバイスや目につくものを英語化する。
・話せる環境を増やす。

このように、まずは朝起きてから寝るまで英語漬けを維持し、iPhoneや教科書を英語化し、Meet Upや英語サークル・ボランティア活動に参加するなど。

留学よりも難易度が高い気がするのですが、英語学習には効率なんてないので、地道に自分を律することが出来れば、日本での独学も可能です。

実際に海外経験がないのにもかかわらず、きれいに英語を話せる人がいるので、ホントに羨ましい限りですね(._.)

留学費用は10万~100万はかかりますが、独学ならそれを抑えつつ、仕事をつづけながらでもできるので、コツコツとインプットとアウトプットを積み重ねられる人には、日本にいながらの独学がおすすめです。

英会話スクールに通ってみる。

留学経験者の僕が感じる英会話スクールに行くメリットは、英語が話せるようになる近道を教えてもらえるということです。ずっと通い続けるというよりかは、要点を抑えて自走できるようにしてもらえるといったイメージです。

まとめると以下のようになります。

英会話スクールのメリット
・勉強の仕方を教えてくれる。
・英語力の弱い部分を教えてくれる。
・環境を整えてくれる。

このように、基本的な英会話スクールの嬉しいポイントは、勉強法を知らないという日本人特有の弱みをしっかり理解してくれているところです。

なので、英語学習にそれほど時間をかけられない人については、勉強の仕方からはっきり教えてもらえる方が圧倒的に効率が良いです。

「英語ってとりあえず単語から勉強すればいいの?」
「教材ってどれがおすすめ?」
「どこを重点的に勉強すれば伸びるの?」

これが英会話初心者の悩みのすべてです。僕はTOEICが250点のまま留学に飛び込んで、勉強法がわからないまま貴重な海外滞在時間をムダにしてしまいました。

なので、ここだけでもプロに教えてもらうといいですね!

まとめ

・英語の成績ってどうやって上げるの?
・TOEICスコアを伸ばす方法は?

この記事では、以上のような誰もが抱える疑問に対し、僕なりの考えをまとめてみました。

繰り返しになりますが、英語学習はじっくりするもので、現実的な話をすると少しくらい必死に勉強したとしても、簡単にスコアが上がるなんてことはないです。

しかし、正しい勉強法を知れば最短距離をいくことはできる。

日本で英語の成績を上げると何かとメリットが大きいので、コツコツ勉強しましょう。

この記事でまとめた英語の成績アップの方法がお役に立てればと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました