【結論】映画を見るなら字幕か吹替えか【たどり着いた答え】

こんにちは、yujiです!
このブログでは、海外留学で英語を話せるようになった僕が、英語学習についてまとめています。

映画を見るなら、字幕か吹き替えか。
あなたはどっち派?

以上のような、洋画の字幕・吹替え問題について答えを出します。

僕は大学生時代、1日1作品以上は必ず洋画を見ていましたが、そんな映画好きのなかでも字幕か吹き替えか、好みは人によって分かれます。

そこでこの記事では、字幕・吹替えそれぞれの良さを取りまとめつつ、この問題に勝手に結論を出します!

僕は洋画が好き。ジャンルはサスペンスとアクション。
オーシャンズ/インセプション/イングロリアス・バスターズ/ディパーテッド/トランスポーター/アドレナリン
が好きです。

【初公開】僕がネイティブから教わった、英会話上達のコツまとめ
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由

【多数派】字幕で見るメリットとは?

僕の体感では、映画好きの方には字幕派が多いです。
なので、まずは字幕のメリットについて見ていきます!

絶妙な空気感を、崩したくない

字幕のメリットとしては『完全にオリジナルな状態で、作品の世界観を楽しめる』ということが1番にあります。

字幕のメリット
・俳優の口色の変化や、微妙な表現を楽しめる。
・口の動きと音声がズレない。
・英語音声に慣れることができる。

アカデミー賞俳優の演技で、最重要な要素の1つは『声』です。

声色だけでなく、ため息や笑い声、息遣いまでの微妙なニュアンス。
必ずしも活舌がいいわけじゃなかったり、気怠そうに話したり、そういった生の空気感が、大事。

たとえすべての英語を聞き取れなくても、作品の世界に浸るには、オリジナルの音声が必要です。

空気観こそ、映画の全てではないでしょうか?

【経験談】字幕で見るデメリットとは?

続いて、字幕のデメリット。

映画の空気感を大事にできる字幕ですが、一方で情報を文章化しきれていない側面があります。

実は意外と、省略されている

字幕では、俳優が話す内容とは違った和訳が表示されていることがあります。
まとめると、以下の通り。

字幕のデメリット
・文字数に限界がある。
・字幕ばかり見て、俳優を見れない。
・読む情報量が多いと、疲れる。

洋画を見ている方なら薄々気づいていると思いますが、字幕化されるときに、会話の内容は結構端折られています。

というのも、字幕には文字数制限があり、1カットに表示できる文字数に限界があります。

また、映画を見る人にとっても、大量の文字を長時間追い続けると、疲れてしまいます。
だからセリフを短くまとめる必要があるので、実際の内容との違いが生まれてしまうようです。

【快適】吹き替えで見るメリットとは?

次に、近年増えている吹き替え映画のメリットについてまとめてみます。

物語に、没入する

文字を読むという作業を減らすだけで、映画への集中具合が変わります。

吹き替えのメリット
・俳優の表情や仕草など、細かい演技に集中できる。
・映像技術を楽しめる。
・活字が苦手な人や子供でも、難なく見れる。

このように、吹き替えなら文字を追わなくてもいいので、圧倒的に楽です。

そして最新の映像技術を見るなら、字幕はかえって邪魔になってしまいます。
特に3Dなんかでは絶対に吹き替えです。

日本人に合った作風になる

また、日本人にとって親和性のある雰囲気にしてくれるメリットもあります。

というのも、それぞれの国の国民性によって、持っている世界観が違うからです。
よく言う例では、アメリカのドラゴンボールの悟空は、男性のしっかりした声が当てられています。

僕たちにとっての悟空は野沢雅子さんのイメージなので、男声だと絶対に違和感しかないですが、アメリカ人向けにアレンジするとそうなるようです(笑)

このように、日本人向けに考えられた吹き替えだからこそ、映画の世界観に入りやすいといった見方もできます。

【注意】吹き替えで見るデメリットとは?

吹き替えが裏目に出るのは、声優の雰囲気が映画とズレている場合です。

違和感を感じてしまったら、そこで終了

吹き替え音声を聞いて「なんか違う…(-_-)」となってしまったら致命的です。

吹き替えのデメリット
・俳優のオリジナル音声を聴けない。
・雰囲気が崩れてしまうことがある。
・話題性のある芸能人が起用されがち。

このように、どうしても声優さんの配役が合わなくて、作品の魅力が半減してしまうことがあります。

また、映画は興行収入を伸ばさないといけないので、話題性があるアイドルや認知度の高い俳優を起用しがちです。

映画好きな方が吹き替えを避ける理由は、ここにあるんじゃないでしょうか?

この他にも、主題歌が日本人向けに変わることもあるので、残念に感じることもあります。

【比較】字幕派と吹き替え派、どっちが多い?

予想通り、字幕が圧勝

洋画を見る際、吹き替えで見る人が2~3割、字幕で見る人が5~6割といわれています。

年代や好みでもわかれそうですが、字幕の方がいいと感じている人が過半数となっています。

使い分けがおすすめ

また、洋画のタイプによって「字幕」と「吹き替え」を選ぶのも良いかと思います。

俳優の息遣いや演技を大事にしたい作品は、字幕がおすすめです。

字幕がおすすめなジャンル
・サスペンス
・アクション
・ミュージカル
・ロマンス
・コメディ

物語や情報量の多い映画は、吹き替えのほうがおすすめです。

吹き替えがおすすめなジャンル
・SF
・ファンタジー
・ディズニー
・ピクサー
・ドキュメンタリー

そろそろ、結論です

ですが実際のところ、吹き替えも字幕も、オリジナルとは違ったモノになっているんですよね。
これが紛れもない事実。

そして同時に、字幕にもオリジナルの良さがあって、吹き替えにも意味が正しく分かるという強みがあるように、どちらにもメリットがあることも分かりました。

そこで、僕が出した結論は以下の通りです。

結論:英語音声&英語字幕でOK。

洋画の良さを最大限楽しむなら、英語音声&英語字幕で見るしかないです。

英語音声で理解するのが、正解

洋画オリジナルの音声で、その補助にスクリプトを表示させれば完了です。

ある程度の英語を聞き取ることさえできれば、字幕を追わなくていいです。
そして聞き取れないときはスクリプトをしっかり読んで、間違いなく理解する。

そもそも日本語に翻訳した時点で、劣化している。

字幕も吹き替えも、オリジナルにはかなわないといった事実があります。

言葉のニュアンスや、選び方など、微妙な違いは日本語に反映できるものではないです。

そのため、洋画は本来のシナリオとは違った表現が使われことがよくあります。

個人的には、やっぱり英語音声・英語字幕

映画を深く見ようと思うと、時代背景やスラングを知ったうえで、細部まで楽しむのが最高です。

なので、英語音声・英語字幕でみる洋画も、すごく良いです。

僕は学生時代、毎日欠かさず洋画を見ていました。
英語音声で見ることにこだわっていたので、アメリカ英語の独特なフローを自然と理解できていました。

なのでもし英語力に自信のない方は、映画を見ながら勉強するのもアリです。
以下の記事では、「英語初心者でもネイティブの音声を聞き取れる映画」を紹介しています。

※映画で英語を学ぶ方法は、TOEIC600点以上の方向けです。

【初心者向け】英語学習におすすめな映画18選【完全版】

まとめ

「映画を見るなら、字幕か吹き替えか。あなたはどっち派?」

こういった洋画を見るときに必ず出てくる字幕・吹替え問題について、僕なりにまとめました。

映画好きな僕なりに、結論として英語を推しましたが、あくまでお好みでどうぞ。

僕は、大学生の時の留学で英会話を習得しました。
その結果コミュニケーションをとれるようになり、TOEICが1年で400点以上アップしました。

英語は実際に口に出すことで着実に身に付いていきます。
(※大量のアウトプットをしないと、上達は難しいと思います。)

そこで以下の記事では、僕がおすすめするオンライン英会話を『3校だけ』まとめました。
そろそろ本気になりたい方は、どうぞ。

自信がなくても意外と話せるものなので、英会話は楽しいです。

【無料あり】初心者におすすめのオンライン英会話スクール3社を比較

オンライン英会話が初めてなら、レアジョブあたりで申し込んでおくのが安心です。無料体験ができるようなので、今すぐ行動しましょう。
レアジョブの無料体験はこちら

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初公開】僕がネイティブから教わった、英会話上達のコツまとめ
【実証済み】英語力ゼロから独学でTOEIC700点までアップした学習法
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由
【簡単】英会話の聞き流しアプリ【初心者は使用禁止です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました