あなたの英語がいつまでたっても上達しない理由。【日本人のための学習法】

こんにちは、yujiです!このブログでは、海外留学で英語を話せるようになった僕が、英語学習についてまとめています。

・何年も英語を勉強してきたのに、どうして話せるようにならないの?
・何で日本人にとって英語はこんなに難しいの?
・日本人向けの英語勉強法とは?

このような、英語学習に関する日本人特有の悩みについて解説します。

僕は大学入学時の1年間をアメリカ留学に費やしました。その結果、もともと「Nice to meet you.」しか話せなかったにもかかわらず、1年でコミュニケーションの道具として使えるレベルの英語を習得できました。

そんな僕も日本での独学で伸び悩んでいた経験があるのですが、英語は難しいですよね、、

英語スキルを身に付けたいと思って独学するのは良いことですが、英語に挑戦したほとんどの人が挫折したり、伸び悩んでいるのが現実です。

実際のところ、日本人がどうしてこうも英語が苦手なのか、その理由を知らないと独学の英語は必ず行き詰まります。

なので日本人の英語がいつまでたっても上達しない理由を理解して、英語学習のヒントにしていただけたらと思います。

【大前提】義務教育を受けたなら、自信を持とう

ほとんどの日本人が、中学・高校の6年間かけて英語を学んでいます。これは学習時間としてかなり長いです。

自分の知識に自信がない人が、多い

「自分は英語を話せない」と思い込みがち。多くの人は「単語を覚えてない」とか「文法を知らない」とか思いがちです。

しかし、みなさん誤解しています。

言語学的には、中学英語で学ぶ約1,000単語で、日常英会話の8割をカバーできることが知られているんです。

なのでまず、大前提として自分が学んできた英語の知識に自信を持ちましょう。義務教育を受けた人なら、英語を話すための武器はすでに揃った状態です。

僕は話すことで、覚えました

僕は留学に行きました。日常的に英語を話す環境で暮らしてみて気が付いたのですが、ずっと同じ生活圏で暮らしていると、日常が変わらない限り同じフレーズを使いまわして話していることが多いんです。

生活習慣だったり、出てくる単語だったり、自分の考えや感じ方もそれほど変化することはない。なので、そこで使う単語やフレーズに慣れてくるんですよ。

もちろん、話したい内容があって新しい単語を覚えとようと努力しました。そして使う頻度の高い単語、触れる回数の多いフレーズが身に付いていきました(・ω・)

そして、日本に帰ってきてから驚いたことがあります。

TOEICのテキストやビジネス英語のテキストを見ると、僕が使ったことのない単語ばかり並んでいたんです。知識としてはあった方がいいけど、日常生活で使うことはほとんどないような難しい単語ばかりなんですよね。

つまり、TOEICのテキストやビジネス英単語も知らなくても「英語は話せる」ということなんです。

実力はあるので、自信を持ちましょう

英語力に自信のない人がやりがちなことは、やみくもな勉強です。

とりあえず、さらに知識を増やしがち。
・改めて単語やフレーズを覚え直す
・とりあえずTOEICを目指す
・参考書を買ってみる

英語が話せない→知識がない→不安解消のためにテキストを増やす。といった流れで、結局どこから手を付ければいいのかわからなくなり、挫折です。

本質的なところを言うと、既に知っている単語・フレーズをうまく使うことができない人が新たな単語や表現を覚えても、使いこなせないんですよね。

上手くいく英語学習の答えは、既に持っている知識を活用することです。

まずは、自分が知っているだけの英語知識を使えるようになることが最優先。自分がもっている武器に目を向け、「意外といい武器が揃っている」と実感するのが先決です(*^^*)

ということで「自分にはすでに英語を話せるだけの実力がある」という前提で、以下の記事をお読みください!

日本人の英語が、いつまでたっても上達しない理由【6つあります】

英語がいつまでたっても上達しないのは、生まれながら日本語を話す僕たちにとっては、結構ありがちな問題です。

しかし、実際に英語を習得して仕事に活かしている人がいるのも事実。アジア圏の国でも、小さな子供が英語を話している国はザラにあります。だから英語習得は不可能ではないはず。

以下では、本来は英語を話せるはずの日本人が、英語能力に関していまいちな理由を書いていきます。

①真面目だから、間違えられない
②自分の意見を、持っていない
③英文を読む絶対量が、足りていない
④英文を作る経験量が、足りていない
⑤学習環境が、とても中途半端
⑥結果を、早く求めすぎる

①真面目だから、間違えられない

間違いは、気にしなくていい

英語は感情のやり取りです。感じたことや思いついたフレーズを口に出すことで成り立つことが多いんですよね。だから英語は、頭でゆっくり組み立てても使えないという部分がたくさんあります。

初心者にありがちなのが(僕のことですが)、いざ英語を話すとなると「これを伝えたいから、過去分詞を使って、、、」とか「この場合は正しい表現が好まれるから、こっちの単語を使えばいいかな、、、」とか、頭の中で覚えた知識がぐるぐると駆け巡ります。

これ、正しいことは正しいんですが、実は初期段階の英語学習ではムダな部分なんですよね。

むしろ、失敗を取りに行く

まず英語を話すためには、とにかく自分が出来る範囲で伝えればいいんです。

というのも、いざ話すときには覚えた知識の30%くらいしか使えないんですよね(笑)
最初に話すたびに感じるのは「こんなはずじゃないのに」という気持ちです。

でもその30%の英語が、35%、40%と使える英語に成長していって、コミュニケーションがやっととれるようになる。

なので初心者は、これが正しい表現だとか間違った英語だとか、そんな教科書みたいなことを気にする暇はないです!ということです(笑)

これって英語に限らずですが、初心者がまずするべきことは、とにかく失敗すること。仕入れた知識や情報を使えるところでどんどん使ってみて、それでGoodなのかBadなのかを覚えていく作業です。

②自分の意見を、持っていない

自分のことを、よくわかっていない

英語を話すとき特に意識していることは、自分の意見や立場をはっきりさせるというです。

英語はコミュニケーションのための道具でしかないです。なので、自分の考えや気持ちを相手に伝えるときに使われます。

逆に言うと、伝える情報がないなら英語を使う必要すらないんですよね。だから、必ず僕は自分の意見を意識して持つようにしています。

留学先のよくある質問で、「あなたの国のことについて教えてください。」と聴かれます。でも、この質問にとっさに答えられないのが日本人なんです(-_-;)

こういった場合、自分の意見を言うことが大事。正しい情報を伝えるというよりも、自分勝手なことを言ってしまうのが正解です。

逆に外国人はスラスラと答えます。留学先で友達になった中国出身の子やアルゼンチンやブラジルの友人も、みんな自分の意見を持っていました。根本的な文化の違いを感じます。

あなたの伝えたいことは、何?

英語の基礎力があるにもかかわらず話せない人が多く、その原因は「伝えたいこと」がないということ。

日本にいると気がつかないですが、同調しなきゃいけない雰囲気に包まれていて、僕たちはいつでも正解を探している。いつでも正しいことを言わなきゃいけない。

だから結局「あなたはどうなの?」という質問に全く答えられなくなるんですよね。

これって英語を話す以前の問題です。

留学中に「あなたはどう思う?」の質問に何度も戸惑いました。外国人の友達からも、自分の気持ちを話すように指摘されました。そこで初めて「自分の考えを持たなきゃいけないな」と実感しました。これはほんとに学べて良かったことです。

③英文を読む絶対量が、足りていない

長文を、読めない?

英語が上達しない原因のひとつに、「長文を読む力がない」ということも関係しています。

英語の上達には、話すことと聴くことだけでなく、読み書きも必ず必要。そこで英文を読む絶対量を増やすのが意外と効果的です。

英語を勉強している人にありがちなのが、短い例文を正確に読み込んでいく作業に満足してしまうということです。

しかし実用的な英語なら、文脈や論調の流れで意味や捉え方が変わってくる言葉があって当たり前。長文を読むのは脳に負荷がかかるんですが、メリットはこういうところにあります。

洋書を読むのが、おすすめ

長文を読む方法として向いているのが、読書です。自分の実力で読みやすいレベルの本を選ぶといいです。

アマゾンで中身を確認できる本もあるので、難易度や挿絵や文字の大きさ、1章の長さなども確認してみてください。数行読んでみて、辞書を引きながら読み進めるレベルの本がいいです。

初心者向け洋書
The Little Prince(←Kindleなら88円です)
Who Moved My Cheese
Holes (Holes Series)
Norwegian Wood (Vintage International)

僕個人の感想ですが、英語上達に悩んでいた頃に1冊の洋書を読み切ったら、英語の理解度が格段に上がったことがあります。

洋書は例文の塊なので効果が大きいです。

④英文を作る経験量が、足りていない

アウトプットが、足りない

英語の学習で大事なのはアウトプットの量です。

もしアウトプット量が少ないと感じたら、学習方法を変えた方がいいです。というのも、単語や文法のインプットだけでは、英語は上達しないから。

僕たちが「義務教育での詰め込みは無意味だった。」と感じてしまうのはこのためですね( ;∀;)

上達のために必要なのは、自分で実際に英語を話したり書いたりするアウトプットです。「1日に30分は必ず英語学習をしています!」なんて人も、そのほとんどが単語帳を覚えたりなど、学習方法が偏っていんじゃないでしょうか。

ちなみにアウトプットとして問題を解くと言っても、TOEIC向けのテキストだと4択から選んでるだけですよね?

それは「アウトプット」じゃないかもしれないです。

英文を組み立てるのが、大事

英語は言語なので、自分の言いたいことを英語に変換する作業だと捉えることが出来ます。自分の思ったこと感じたことを、言葉に変換していく作業です。

つまり、TOEICのように空欄を埋めたり4択から選ぶのではなく、全文を自力で組み立てなければ、英会話の本質的な練習にはなりません。

本や教材に載っている単語やフレーズ、英文を丸暗記できたら、次はそれを自分なりの英語で英文化する練習もしてみましょう。

⑤学習環境が、とても中途半端

学校に頼るのは、よくない

これは留学先で強く実感したことですが、語学学校の勉強をしてるだけだと英語力はあまり伸びません。

ほんとにびっくりしたんですが、これって当たり前ですよね。「語学学校に英語上達の魔法が隠されている」なんて、心のどこかでそう信じていた自分が恥ずかしくなりました(笑)

というのも、義務教育の詰め込みと同じですが、誰かが教えてくれるのを受け身でインプットしているだけじゃ英語は上達できません。

そして、ここでも大事なのはアウトプット。大切なのは外に出て、友達と話したり現地の人と交流することです。

語学学校などの授業中に発言する機会はごく限られていて、クラスでの自分の発言回数を数えてみると、実際すごく少ないんですよね(..)

日本人とばかり話してない?

日本国内にいたら関係ない話ですが、留学先や語学学校の友達は、日本人が多いんじゃないでしょうか?

個人的な感想ですが、日本人と話すと英語の上達が遅れます。これは絶対的な学習時間が減るといった単純な話ではないようなんです。

人によって様々だとは思いますが、僕は英語脳を作る必要があると感じています。そして、長い間その英語オンリーな環境に浸ることで、英語モードは高い水準に保てる気がします。特に留学中は、そんな感じがしました。

現地で日本語を話してしまうと、びっくりするくらいすごく楽で、ホントに心地いい感じがしました(笑)。

しかし、せっかく出来上がった英語脳が日本語脳にまた戻されているんですよね。

これじゃあいつまでたっても日本語から離れられないので、最初生活に慣れるまでは日本人の友達がいると安心ですが、ある程度になればお互いのために離れましょう。

⑥結果を、早く求めすぎる

そんなに簡単に上達しないです

そもそも、英語を学習し始めたときの英語レベルと、最終的にどの程度使えるようになりたいかを目指しているかにもよりますが、英語学習の成果なんてほぼ出ないです(笑)

もし仮に全く話せない状態から、ビジネスで使えるレベルの英語を身に付けたいのなら、例えば1~2年という学習期間でようやくスタートラインに立つくらいの感覚です。

それくらい、ネイティブみたいな英語は遠いところにあります。

僕が留学先で参加していた大学の音楽サークルでは、恥ずかしい想いをしながらなんとか発言していました。その発言のたびに「このアジア人は一体何を言いたいのだろう?」と言う反応が返ってきました。

みんなの対応は特に差別とかではなく、素直な反応だったのですが、僕は「あぁ、自分の英語って本気で通じてないんだな」と落ち込みました。

だけどこれでOK。英語を学び始めると、結果がずいぶんと先にあることを忘れがちになってしまうので。

「これから長い時間をかけて学んでいく。」と心に決めて、最初の1~2年は自分がまだ赤ちゃんだと思うくらいがちょうどいいです(^^)

①真面目だから、間違えられない
②自分の意見を、持っていない
③英文を読む絶対量が、足りていない
④英文を作る経験量が、足りていない
⑤学習環境が、とても中途半端
⑥結果を、早く求めすぎる

以上の6つが、日本人の英語がなかなか上達しない理由です。

ここから先は少し深堀りをして、なかなか英語が上達しない典型的な日本人向けの、具体的な解決策を考えていきます。

ほとんどの人が、自分の弱点がどこなのかわからない。

まずは自分の英語力を見つけて、そこから弱点を強化していくと、成長が早いです。

弱点を知ることが、上達の近道になる

今英語を勉強している方でも、これから勉強したい方も、一体どこから手をつけていいか分からなくなりますよね?

そこで単語、文法、発音、リスニングのどこに力を入れるのか整理するといいです。

「英語を学ぶ目的は何か」「目標達成に対してすべきことは何か」を深堀りしてみると良いです。というのも、目指すところによって強化しなければいけない部分が違うからです。

例えばTOEICなら単語量は必要だし、会話が目的ならPhrasal Verbをどんどん使っていくことが近道になりますよね?

弱点を整理して、特定の方法にこだわらずにさまざまな勉強法を試してみるのも、英語上達のヒントになります。

アウトプットで、強みを伸ばしていく。

それでもどこが自分の弱点なのかわからないときは、この記事の一番初めに書いたことを思い出してください。

まずは、「自分が知っている英単語を使えるようになること」が最優先です。

なので、自分が知っている英単語や文法知識に目を向けてみる。そして、その武器だけを使ってアウトプットする。

具体的には、英会話などです。いきなりの英会話だとハードルが高いと感じる場合には、言いたいことを英作文で書くところから始めればOK。

そして、英語を実際に使おうとしてみると、弱点が浮き彫りになってきます。

・表現が偏っていたり、記憶が薄いなというところがあれば、その都度学びなおす。
・出てきた疑問点は放置せずに、その場で解消していく。

こういった地味な修正を繰り返していきます。

弱点の解消は、独学ではなかなか難しいところもあるかもしれないので、誰かに教われる環境があるとベストだと言えます。自分の英語力の課題を評価してもらって、弱点を重点的に強化すると成長が早いです。

Connecting The Dots

座学で文法や単語をしっかり覚えてきた人ほど、英会話を始めると、急激に伸びる可能性があります。

日本人が英会話を始めると、英語力が急激に伸びる

自分がもっている知識を使ってできる一番効率のいい練習方法が、英会話です。特に義務教育やTOEICの勉強ばかりで、アウトプットに慣れていない人におすすめ。

文法や単語などの基礎をしっかり覚えてきた人ほど、英会話でのアウトプットを始めると、これまで学んできた知識が繋がって、急激に伸びる可能性があります。

というのも、義務教育で学ぶ例文は、1文ごとのフレーズで、ぶつ切りな状態で掲載されています。

でもこれって、「会話」として不自然なんですよね。普通の日常会話なら、質問は2往復や3往復で終わるはずがないんです。

「あなたはどう思う?」
「それからどうなったの?」
「それってどういうこと?」

といった質問に答えるには、経緯から、状況説明から、感じたことから、すべてまとめて話すことになります。

例文で覚えていた文章量じゃ、まず太刀打ちできないですよね?

脳に、負荷をかける

実際の英会話の場面では、これまで話そうとしたことのない量の情報を、短時間で求められるので、脳にめちゃくちゃ負荷がかかります。

だけど、この脳がフル回転してる感覚が絶対に大事。これは確実に言えることです。

最初はうまく話せないんですが、準備して英会話に挑戦していくうちにメキメキ上達を感じられますよ!

僕は留学先で1年かけてようやくコミュニケーションの取れるレベルまで英会話が上達しました。そのおかげで、逆にTOEICの点数まで伸びました。

今なら、日本にいてもレアジョブなどのオンライン英会話などで日常的に英語を話す機会を作れます。海外に行ってもネイティブと話せるとは限らないので、確実にネイティブとの時間を確保できるのはメリットですね。

英会話でこれまで学んできた知識を横断的につなげていくのが、日本人に効果的な勉強法です。

「点」の知識を繋いで使える知識にしていく作業は、まさにスティーブ・ジョブズの名言「connecting the dots」ですね。

まとめ

・英語を勉強してきたのに、どうして話せるようにならないの?
・何で日本人にとって英語はこんなに難しいの?
・日本人向けの英語勉強法とは?

この記事では以上のような、日本人特有の英語学習に関する悩みについて解説してきました。

まずは弱点を理解して、実践的なアウトプットにつなげていくことが大事です。

英語は地味な勉強ばかりですが、ブレイクすればぐんと伸びる時が来ますよ。

この記事が少しでも英語を頑張る人のお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました