社会人の英語学習

【効果なし】英語リスニングの聞き流し学習は、意味がないです【結論:まじめに勉強しよう】

英語の聞き流しには効果がない
 

こんにちは、yujiです。
このブログでは、海外留学で英語が上達した僕が、英語学習についてまとめています。

英語の聞き流しって、効果はあるの?

こういった、英語の聞き流し学習についての疑問にお答えしたいと思います。

僕はアメリカに留学していた頃、聞き流しで英語を習得しようとしていました。

しかし「たくさん聞けば、いつか話せるようになる」と信じていたのですが、結果的に英語力は全く上達しませんでした。

この記事では、そんな僕の留学経験をもとに、英語の聞き流しについて徹底的に解説します。

※効果の出る聞き流し勉強法についても、詳しくまとめました。

【実証済み】独学で英会話が上達する5つのシンプルな勉強法
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由

【重要】聞き流しをする前に、基礎知識が必要

英語聞き流しの効果の有無について、結論から言うと、ただ聞き流しているだけでは英語は習得できません。

英語学習は、ひとつひとつの英単語や表現を記憶して、何度も口に出して学んでいくものです。

ちなみに、留学経験のある僕としては「条件付きで効果がある」と思っています。
その条件は、簡単にまとめると以下のような感じです。

聞き流しの条件
  • BGMのように聞き流すなら、効果はかなり薄い。
  • 自分のレベルにあった英語を時間をかけて聞きこむなら、効果は高い。

このように、効果のある方法だと意味がある印象です。

聞き流しの意味のなさに気が付いた話

僕がアメリカに留学に行ったときのこと、ひたすら英語音声を聞き流すように意識していました。

  • 家で英語のテレビ番組をずっとつける
  • バスなどの移動中はひたすらイヤホンで聞く
  • ホストファミリーの会話をひたすら聞く

「これで英語を話せるようになる!」と信じてましたが、結果ほとんど上達しませんでした。

いつまでたってもニュースの内容も聞き取れないし、ホストファミリーの会話もほぼ分からないので、聞き流しの効果の薄さに気が付きました。

聞き流し学習に効果がなかった理由とは?

英語のシャワーを浴びていたのにも関わらず、僕の英語力が1ミリも上がらなかった理由。

それは、意味のわからない英語音声が、単なる「雑音」だったからです。

実際どれだけ聴いても、意味の分からない英語音声は、いつまでたっても聞き取れないままです。

聞き流しは事前の勉強が大事

僕の場合、中学レベルの基礎を身に付けてからの聞き流しは、効果ありでした。

基本から固めると、英語力の伸びが違います。
なので、以下でその勉強法を解説します。

【実証済み】聞き流し教材の選び方と効果的な練習法

ここからは、効果の出る聞き流しについてまとめます。

教材は1000円でOK

英語の聞き流しには、以下のような英会話教材やCDが使えます。

教材としての必須条件
  • 日本語訳が収録されているもの
  • 英語音声のスクリプト、日本語訳がついているもの

また、映画やニュースなどは難易度が高いので、おすすめできません。

初心者向けの英語学習教材は、以下の記事でまとめています。
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書

CDを使った聞き流し学習方法

まず、英語音声がBGM化しないように、スクリプトを読み込んでください。

具体的な手順は以下の通りです。

まじめな聞き流し練習方法
  1. 事前に下調べする。
    →スクリプトに目を通して、単語の意味などを調べる。
  2. スクリプトを声に出して読む。
    →大まかに頭に入るまで、数回読み返す。
  3. 英語音声を聞きながら、同時に読み上げる。(シャドーイング)
    →この段階で、ようやく英語を聞き、すらすら読めるまで何度も繰り返す。
  4. 自分の発音を修正する。(リピーティング)
    →自分の発音と英語音声で違う部分があれば、苦手な部分を練習する。

※④リピーティングには特に時間をかけます。
具体的には音声を静かに聞いて、ストップしてからマネして話します。
コンマがある所や、接続詞の前などで、細かく区切っていくのがおすすめ。
リピーティングの効果は、赤ちゃんが言葉を覚える流れと似ているということです。

このように、スクリプトの読み込みは「何度も戻って聞きなおす」という面倒な作業です。
しかし、だからこそ聞き取れなかった音が聞き取れるようになります。

こうして全ての文章を正しく発音できる状態になったら、そこでようやく「聞き流す」だけになります。

最後に、最も大事な発音についてまとめます。

【事実】正しい発音を知ると、リスニング力が上がる

ここからは劇的に英語が聞き取れるようになる方法を紹介します。

発音を学ぶとリスニングが劇的に伸びる

英語の音を理解した上でリスニングの勉強をすると、急激に聞き取れるようになっていきます。

というのも、ネイティブの発音と僕たち日本人が想像している音は、まったく違うからです。

具体的には、以下のような感じです。

  • doctor
    「ダッタァ」
  • internet
    「イナネッ」
  • mountain
    「マウン ン」
  • popcorn
    「パッコーン」
  • Call him.
    「コーリム」
  • Look at me.
    「ルケミィ」
  • looking for
    「ルッキンファ」

ネイティブの音は、これなんですよね。
僕たちが知っている「ドクター」とか「マウンテン」とか完全に別の言葉です。

なので、ここからマスターしてしまえば、英語聞き流しの効果を大きくしてくれます。

正しい発音の身につけ方

正しい発音を身につけるには、以下の4つを意識します。

発音で学ぶこと
  • 発音記号
  • 口の形
  • 舌の位置
  • 息の吐き出し方

このように、耳コピだけでは難しいものばかりです。

個人で勉強するのは難しいですが、発音を学ぶとリスニング力は確実に上がります。

なので、もし正しい発音に矯正したいのであれば、時間があればフィリピン留学をおすすめします。

フィリピン留学は低料金なのに講師の質が高く、マンツーマンレッスンで発音を徹底的に叩き込んでもらえます。
フィリピン留学の詳細情報はこちら

また、発音やリンキングは、以下で紹介するYouTubeチャンネルが本当にわかりやすいです。
【最新の勉強法】英語学習・英会話に役立つYouTubeチャンネル

聞き流し学習で、スキマ時間を活かせる

英語のリスニングは、単語力から発音までバランスよく攻略していくことが重要です。

つまり、英語を聴くためには以下のすべての要素が必要だということです。

  • 単語
  • 文法
  • スピーキング
  • 発音

このように、リスニングを上達させるために、同時にスピーキングも練習することになります。

なのですごく時間がかかるのですが、結局は話す練習が一番効率的です。
話す量を増やさないことにはリスニングは上達しないので、僕は留学して本当に良かったと感じています。

そこで、僕が海外で実践していた英会話の練習法を紹介します。
初心者が話せるようになった方法なので、本気で学びたい社会人の方に読んでもらえたらと思います。

【実証済み】独学で英会話が上達する5つのシンプルな勉強法

本当に勉強に飽きたら、意味のない聞き流しでもOK

留学先での経験談ですが、自分の英語力のなさに心が折れた僕は、慣れない英語学習に心底飽きました。

留学途中で軽いうつ状態になって、本気で帰りたくなって、つらくて勉強をやめようと思いました。

そこで燃え尽きそうになった時、ぎりぎり自分を保てたのは「聞き流し」のおかげです。

どんな時でも、とりあえず聞いておくだけでいいんだと、思えることが大事です。

実質的には勉強とは言えないけど、習慣として英語に触れ続けることが出来たおかげで、自分を肯定することができました。

英語学習初心者は、特に、勉強を止めないことが第一です。

続けてさえいればなんとかなるので、そのためにも聞き流しを活用するのは十分アリですね。
なので僕のように、どうしてもやる気が出ないときは、意味のない聞き流しでもOKだと思います!

英語の聞き流しをするなら、以下の記事でオススメのアプリをまとめています。
【快適】英会話の聞き流しアプリおすすめ25選

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【実証済み】独学で英会話が上達する5つのシンプルな勉強法
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由
【実証済み】英語力ゼロから独学でTOEIC600点までアップ
【最新の勉強法】英語学習・英会話に役立つYouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました