【行動力】留学に『目的』はいらない【僕はなんとなく行って、人生が変わりました】

こんにちは、yujiです!
このブログでは、海外留学で英語を話せるようになった僕が、英語学習についてまとめています。

留学するべきかどうか迷っています。
海外に行く意味ってありますか?

このような、留学に行くべきかどうか迷っている人の疑問に答えます。

僕は大学在学中にアメリカに留学しました。
理由はただなんとなく「このままじゃダメだ」と思ったからです。

でも結果的に、本当にいい経験ができました。
あの時の行動力が自分の人生を救ってくれたと、今でも思います。

この記事では、僕が留学して感じたことをまとめていきます。

※抽象的な話になりますが、結構大事な話だと思うので、実体験を語っていきますm(__)m

【初公開】僕がネイティブから教わった、英会話上達のコツまとめ
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由

【経験談】留学に、目的はいらない

理由は「皆と違うことをしたい」とかで、OK

僕は大学在学中に、目的もなくアメリカ留学に行きました。

当時の僕は何をしたいのかわからなくて、ただ何となく「このままじゃダメだ」と思っていました。
なので、留学にはこれといって目的はありませんでした。

当時の僕の英語力は、TOEIC250点レベル。
よくよく考えてみると、留学に向いていないことは確実です。

しかし結果的に、厳しい環境で生きていくために、必死に勉強できました。

なので、「皆と違うことをしたい」くらいの理由で留学に行って、本当によかったです。

そもそも進路に、目的なんかない

「留学に行きたい」というと、必ず反対されます。

僕の場合もそうでした。

・社会人なら「仕事を辞めてまで、何しに行くの?」と聞かれます。
・大学生なら「遊びに行くなら、やめた方がいいよ?」と言われます。

たしかに高価ですし、会社で働きながらだと厳しいですし、大学生なら留年のリスクも高まります。

ですがそもそも日本の生活で、目的を持っている人はどれだけいるのでしょうか?
エスカレーター式の進路の中で、みんな目的なんか持っているんでしょうか?

そんな周りの声は参考程度にして、自分の気持ちに従いましょう。

留学が自分に必要だと思ったときは、選択肢の一つとしてアリです。

あなたが今すぐ海外に行くべき理由【人生を眺める時間を作る】

【希望】留学はむしろ、目的を見つけるチャンス

本気で生きていると、悟りが開ける

案外、留学先での生活が始まってから留学の目的が見つかることもあります。

僕は英語ができないからこそ、必死になって、留学先でやりたいことを片っ端からやりました。

留学先でやったこと
・自分で交渉して家賃を下げてもらう。
・ホストファミリーに迷惑をかけて謝る。
・近くの教会のボランティアに参加する。
・ホストファミリーとルールを話し合う。
・低賃金でバイトする。
・現地でバックパッカーとして旅行に行く。

何をするにも英語力がないから難しく、英語の勉強が必要だと思えたので、モチベーションが上がりました。

このように、目的は生活の中で見つけていけばOK。

毎日これでもかと思うくらい勉強して、本気で考えながら生活して、そこでようやく「自分が本当にやりたいこと」が見えてきた気がします。

留学はそういった悟りのためのチャンスになるのではないでしょうか。

留学で、人生が変わる

環境の変化は、人を変えます。
僕が成長できたのも、環境の変化としか言いようがないです。

そもそも僕は努力ができない、弱い人間でした。

大学では単位を取るのは簡単だし、親からの仕送りも途絶えることはない。
正直ぬるま湯で、大事なところだけ抑えていれば、ぬくぬく生きてこれました。

でも留学先では違いました。

・生きるために、机に向かって勉強するようになりました。
・時間が守れなかったのに、守れるようになりました。
・自分が努力できることに、驚きました。

日本では変われないという人も、外に出れば変われると思います。

やらされるという環境から、抜け出してください。

【安心】長期滞在して分かった、ハワイ留学のメリット【初めての海外経験に最適】

【結論】僕は、留学に行って良かった

経験とか、見えない財産こそが大事

これからは、知的財産や人的資源の価値が高まっていく時代です。

というのも、経験も知識も自分でしか得ることができず、誰にも奪われることがないからです。

・GoogleやAmazonの優秀な経営者やエンジニアみたいな能力が欲しくても、彼らの能力は奪えません。
・ユダヤ人が昔から教育に力を入れているのも、人に奪われない「知的財産」に価値を見出しているからです。

僕は目的もなく、単なる思いつきで向かった留学だったんですが、お金で買えない価値があったと思います。

終バスを逃して深夜に長距離を歩いて帰ったこととか、ファストフード店でオーダーができずにバカにされたとか。

そういった経験ができたことで、よかったです。

アジアの東から来た、真面目なヤツ

留学で身に付いて良かったものは、英語力や経験だけじゃなくて国際感覚もそうです。

ここで言う国際感覚は、世界のスタンダードにあわせるとかではなく、自分が国際社会の一員だという自覚の話です。

留学先では、アジア系やヨーロッパ系など様々な国の人と一緒に生活します。

そこでの日本人の立ち位置は「アジアの東の端から来た人」になります。
そして次第に「Asian」と呼ばれることにも違和感はなくなっていきました。

こういった感覚は、日本にいても気づけないですよね。

ちなみにAsianとひとくくりに呼ばれますが、アジア圏から来た学生で真面目なのは、中国人や韓国人です。

僕は彼らにも大きく影響を受けました。
彼らは本気で学びに来ていて、グローバルに活躍したい気持ちがあって、英語学習も前のめりでした。

あなたの英語がいつまでたっても上達しない理由。【日本人のための学習法】

人生で一度くらい立ち止まっても、何ら問題ない

これは留学に限った話ではないんですが、新しいことをするときは必ずリスクがあるんですよね。

「果たしてこの選択で間違いないか。」と考える始めると、どうしてもデメリットばかりが見えてきます。

・社会人なら、日本で頑張っている同僚からは差を付けられます。
・学生なら、義務教育から続いてきた順調なレールから降りることになります。

しかし、それで大丈夫。

やらされる人生を生きていると、どんどん自分の時間が奪われていきます。
それよりも、少しだけ他人と違うルートを選んで、自分にしかない経験や知識を持っていることが価値になります。

僕はアメリカに留学し、知識や経験といった資産が残せたと思います。

これまでと違う環境で過ごすことで、人生の目的が見つかります。
なので、サイト参考にしつつ考えていただければと。

》留学総合サイト…SchoolWith
》フィリピン限定…フィリピン留学
》格安短期留学…スマ留

また、留学する時間がない方は、やる気次第で英語を話せるようになります。本気だという方は、以下の記事をどうぞ。

【無料あり】初心者におすすめのオンライン英会話スクール3社を比較

レアジョブでは、いまなら無料体験ができるようです。自信がなくても意外と話せるので、英会話は楽しいです。
レアジョブの無料体験はこちら

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初公開】僕がネイティブから教わった、英会話上達のコツまとめ
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由

【社会人向け】語学学校の正しい選び方【留学先で後悔しない】
【最新の勉強法】英語学習・英会話に役立つYouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました