社会人の英語学習

【悲報】ハワイに留学しても意味がない?【費用が高いのにデメリットが多い】

ハワイ留学のデメリットのまとめ

こんにちは、yujiです。
このブログでは、海外留学で英語が上達した僕が、英語学習についてまとめています。

ハワイに留学しようと思っています。

渡航先として、どのようなデメリットがありますか?

以上のような、ハワイ留学についての疑問にお答えします。

僕は大学在学中に、1年間かけてハワイに留学していました。

ハワイはすごく良いところなんですが、住んでみると物価が高すぎたりなど、微妙なところもあります。

そこでこの記事では、僕の経験をもとにハワイ留学のデメリットをまとめていきます。

※旅行ではなく、3か月以上の長期滞在をする人向けに書いています。

【実証済み】独学で英会話が上達する5つのシンプルな勉強法
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由

sponser link

ハワイは留学先に向いてない?

ハワイは留学先としては、申し分なく過ごしやすい場所です。

しかし、長期滞在してみて感じるデメリットも多いです。

ハワイ留学のデメリット
①島がとても狭い
②日本人がすごく多い
③なにかとお金がかかる
④治安がいいとはいえ安心できない

以下で詳細をまとめます。

①島がとても狭い

オアフ島

ハワイは4つの大きな島と、100以上の小島で成り立っています。
その中でホノルルやワイキキ、パールハーバーなどがあるメインの島が「オアフ島」です。

オアフの大きさは、四国よりもひとまわり小さいくらい。
結構小さくて、島を一周回るのにも半日もかかかりません。

小さなオアフ島のいいところは、何といっても大自然。
ビーチやトレッキングコースなど、何をするにしてもきれいな景色を楽しめます。

しかし、ほんとに海と森しか無くて、長期滞在になるとやる事がありません。

街で楽しむなら、ワイキキやアラモアナ、ワードセンターくらい。
リゾート気分に慣れてしまうとホントに刺激が足りなくなってきます。

贅沢な悩みですが、気分的には1,2ヶ月程度の滞在がちょうどいいです。
3ヶ月で慣れてしまって、半年経つと飽きてしまいます。

もし、留学中に各国への旅行をしたいと考えている方なら、ハワイではなくヨーロッパがオススメ。
隣国がある地域ならビザなしで気軽に旅行ができます。

ちなみに僕はビーチで毎日サーフィンして、現地の人とも交流があったので、結果的にすごく楽しめました。

②日本人がすごく多い

別の記事でもまとめたように、ハワイには日本人が多いです。

それでも、英語レベルの高いヨーロッパの留学生と友達になったり、現地の学生とも交流しながら、英会話力は身に付いていきます。

しかし僕の印象としては、真剣に学びに来ている日本人の割合がちょっと少ないです。(※僕もその一人で、最初はそこまで真剣に学んでいませんでした。)

日本人はよく遊びに誘ってくれるので、真面目に勉強したいなら要注意です。
学校選びでは、日本人の学生数も参考になります。

》格安短期留学…スマ留
》フィリピン限定…フィリピン留学
》留学総合サイト…SchoolWith

③なにかとお金がかかる

ハワイは、滞在費が高いです。

まず、大きな費用が掛かるのが家賃などの生活費。
特に通学に便利なワイキキ周辺では、ホテル代もアパート代もすごく高いです。

そして、実際に暮らして実感したのは物価の高さです。

ハワイは太平洋の真ん中にある離島ということで、すべての商品が輸入されています。
なので日用品は、日本での普段の買い物よりもお金がかかります。

お金があればいくらでも楽しめるハワイですが、実際は多くの人が節約しながら、なんとか生活しています。
みんなシェアハウスや寮、自炊で乗り切っていました。

留学生はそれに加えて、学費についてもよく考えないといけないですね。
僕はトータルで200万ほど使ったので、ちょっと高すぎました。

今ならスマ留などのサイトで、語学学校などの掘り出し物を見つけて留学費を抑えることができます。
》格安短期留学…スマ留

④治安がいいとはいえ安心できない

ハワイは治安が悪い?

ハワイは観光地なので警察も多く、安全です。
とはいえ日本よりは、危険です。

ホストファミリーにも「行っちゃいけない」と言われた地域がいくつかありました。

僕は滞在期間が長かったので、島の隅々まで移動していました。
すると、廃墟や燃えたバスがそのまま置いてある地域があったりしました。

また、ハワイはアメリカで一番ホームレスが多い州だと言われています。

これがハワイの実態で、気候がホームレスにとって暮らしやすいということも理由の一つです。
ドラッグ中毒の人も結構います。

でも、地価や物価の上昇により生活出来なくなって、ホームレスになる人もいるそうです。
ちょっとかわいそうですよね…

Facebookで動画を投稿しているNasDailyも、この問題を取り上げています。

Nas Daily - Be Careful of the Homeless. | Facebook
This is the story of an entire village of homeless people in Hawaii! It's very unique. It's worth your time! INSTAGRAM: @NasDaily GROUP: Nas Daily...

ハワイ留学のデメリットのまとめ

ハワイ留学はこんな人におすすめ

この記事では、留学先としてのハワイのデメリットについて書いてみました。

デメリットを考えると、ハワイは以下のような方に向いています。

ハワイ留学はこんな人におすすめ
・日本人がいても英語を学べる強い意志がある人
・海水浴、サーフィン、トレッキングなどのアウトドアが好きな人
・たまには日本食を食べたい人
・お金に余裕がある人

僕にとっては、英語学習にうんざりしたときに気晴らしのサーフィンができて、たまに日本食も食べられて、最高の空間でした。

何かと誘惑が多いのは確かですが、自分の意思次第で、英語を話すタイミングはいくらでも作ることができます。

結局、ハワイはすごくいいところ

僕は大学入学時のTOEICで、250点でした。

それでもハワイ留学では、ホストファミリーや現地のボランティア仲間などと話すうちに、英語力が自然と身に付きました。

結果、帰国後に受けたTOEICでは600点近くまでスコアが伸びていました。

それに加え、現地の方たちのあたたかい人間性で、人生観が変わりました。
ハワイ留学にはたくさんのメリットがあるので、参考までに以下の記事をどうぞ。

長期滞在して分かった、ハワイ留学のメリット

また、語学留学に行くなら、少しでも多くの選択肢を検討した方がいいです。
行き先選びを失敗しない方法を、以下の記事でまとめています。

【経験談】海外留学の語学学校選びで大切な4つのポイント

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由

【重要】海外留学準備に失敗しないための5つのポイント
長期滞在して分かった、ハワイ留学のメリット【初めての海外でも安心】

コメント

タイトルとURLをコピーしました