【禁止】留学先では、日本語を使わないほうがいい?【僕は日本語を話し、英語がすごく上達した】

こんにちは、yujiです!
このブログでは、海外留学で英語を話せるようになった僕が、英語学習についてまとめています。

「留学中に日本語を話すと、英語力が上がらない」というのは本当ですか?

以上のような、留学生の日本語事情についての疑問に答えていきます。

僕は留学中、普段から日本語を使いながら、英語力もしっかり上達させることができました。

そこでこの記事では、留学先で日本語を禁止にすべきかどうかを、僕の経験をもとに書いていきたいと思います。

初めて留学に行く人向けに書いています。留学先で大事なのは、いかに英語を学べる環境を整えられるかです。

【初公開】僕がネイティブから教わった、英会話上達のコツまとめ
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由

【重要】留学先での、日本語の話

留学先では、日本語禁止にすべき?

留学先で日本語を話すことについて、良くないことだと感じる人が多いです。

例えば以下のような感じです。

・留学中に日本語を話していると、英語力が上がらない。
・日本人同士で集まると、留学の意味がない。

このように、英語学習への意識の高い人は「日本語を話す=自分に負けている」と考えているかもしれません。

留学当初の僕も、「日本語はなるべく話しちゃいけない」と真剣に思っていました。

確かに、基本的にはこのスタンスで行かないと、留学が無駄になってしまいます。

しかし、『必ずしも日本語がNGなわけでもない』というのが僕の感想です。

僕は普段通り日本語を話して、英語がすごく成長した

僕は、留学中は「日本語に触れない」という部分を意識していました。

留学中に意識したこと
・語学学校では日本人を避ける。
・SNSは英語でポスト。
・日本の友達のSNSには反応しない。
・家族との連絡は避ける。
・スマホの設定は英語表示で。
・日本語のYouTubeは見ない。

その成果かどうかはわかりませんが、僕の英語力は結構上がりました。

例えば、留学中にアルゼンチン出身の彼女ができたり、学校でのセメスターの終わりに代表でスピーチを話すことになりました。

【保証する】国際恋愛に完璧な英語は必要ない【外国人の彼女を作る方法】

しかし、1年間の留学で、常に自分を追い込むのは不可能でした。
結局、日本人友達と買い物や旅行で遊んでばかりでした。

【結論】日本人といてもOK。日本語を話してもOK。

日本人と話しても、それはそれでOK

結局のところ、英語を話す環境をちゃんと確保できるなら、日本人と遊んでもいいし日本語で生活してもいいです。

というのも、留学では「いかに英語を話したか」が重要だからです。

具体的に、僕は以下の流れで交友関係を増やし、英語をたくさん話しました。

①英語に慣れない頃は、クラスで日本人の友達を作る。

クラスメイトの他国の留学生と仲良くなって、一緒にパーティーに参加したり、一緒に宿題を勉強していく。

③友達繋がりで、現地人の学生とも交流できるようになっていく。

このように、日本人友達→他国の留学生→現地の学生と繋がりを増やして、英語が上達しやすい環境を作っていくのがいいかと思います。

なので繰り返しになりますが、英語を話す時間を確保できるなら、日本語を話してもOKです

日本人の先輩留学生が、何でも知っている

留学に行くと、「自力でなんとかしなきゃ」と考えがちです。

ですが、留学先にいる先輩留学生に色々とノウハウを教わることで、現地の生活にスムーズに馴染むことができます。

なので、留学の初期段階は、まずは周りを頼って英語を学ぶ環境を整えましょう。

具体的には以下のような何でもないことを教わると良いかと思います。

日本人に教わると良いこと
・バスの乗り方
・定期券の買い方
・おすすめのスーパー
・おすすめのレストラン・バー

どれも初歩的なことばかりですが、留学してすぐだと、どれも難しいことばかり。

しかし、基本を教われば、それからは自分の行動範囲が広がっていきます。
先輩たちの支えで生活に慣れてくれば、単独行動を増やして、自分をよりストイックな英語環境に追い込むことができます。

同郷の友は、心の支え

留学先で不安になったり、やる気が出なくなった時、日本人との繋がりがすごく心の支えになります。

悩みがあれば、そういう時には一人で抱え込む必要はなくて、思っていることを日本語で誰かに打ち明ければ心が楽になります。

人間、そこまで強くないです。

例えば、はじめての留学では、慣れない英語を話すことが大変だと感じるのが普通です。

クラスで話すたびに間違えて恥をかくし、レポートも難しいし。
それでも全く英語力が伸びないので、どんどん自信がなくなっていきます。

僕もそんな経験をして、心が折れたときは日本人の友達に救われました。

日本人留学生は、日本人留学生にしかない悩みを、お互いにわかりあえます。

【悩み】留学がつらくて、帰りたいと思ったときの話【乗り越え方と、上手に生きるコツ】

ただし、逃げ場にしないように

ただし気を付けないといけないのが、日本語のコミュニケーションが楽だからと言って、日本人とばかり遊んでしまうことです。

英語を話せないときに頼りにするべきは、日本人の先輩留学生です。
とはいえ、そういったコミュニティにいると、英語を全く使わなくても過ごせてしまいます。

日本語だけの生活は、とっても楽です。

しかし、せっかく出来上がった英語脳が日本語脳に戻されているような気もするんですよね…

せっかくの留学環境があるなら、そこでしかできない自己投資をした方がいいので、英語と日本語にはバランスが大事。

まとめ:楽しみつつ、自分にストイックになろう

自分を少しだけ、厳しい環境に置く

ここまでの記事で書いてきたことをまとめると、「最大限に英語を伸ばせる環境を作りましょう」ということです。

留学先の限られた時間で、きちんと英語を身に付けるは、英語で話す絶対的な時間も量が必要です。

ただ、日常生活やメンタル的な部分が安定していないと、快適な留学ライフを過ごせないです。
日本人との繋がりは自分の居場所にもなるので、無理して避けなくてもOK。

自分が頑張れる範囲で、出来るだけ英語環境に身を置くのがベストです。

つまり、日本語を使わないというよりは、よりよい学習環境を作ることに目を向けるべき。

気にしすぎはよくないので、まずは楽しもう

結局は、英語が上達するかどうかは自分次第。

例えば、信じられないですが、日本にいながら独学をして英語を話せるようになる人もいるんですよね。

ですが彼らには並々ならぬ努力があるはずで、英語を話せる環境を自分で整えているからこその成果とも言えますよね。

なので、留学中に海外にいる場合でも“英語を話す環境”を意識的に作っていくことが大事です。

特に留学前は、いち早く英会話に慣れておくのがオススメ。
僕は、基礎英語ができないまま留学して、後悔しました。

【効果あり】留学前の英会話スクールが、英語力の伸びに差をつける。

そして、あえて言うなら「言語は気にせずに、まずは留学を楽しもう」ということ。

ネイティブみたいな英語は、1年や2年で話せるようにはならないです。
留学を終えてからも継続的に学び続ける意識がないと、ビジネスや公の場での英語は身に付かないです。

【経験談】英語習得には1000時間が必要【時間を投資する】

留学期間中にしか経験できないことを、とことん楽しむのもアリですね。
楽しみつつ、英語環境を抑えていければいいかと思います。

最安値の学校や、語学学校の人気ランキングは、留学総合サイトで確認するのがいいかと思います。

おすすめを以下にまとめました。留学は準備が一番大事です。

》留学総合サイト…SchoolWith
》フィリピン限定…フィリピン留学
》格安短期留学…スマ留

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初公開】僕がネイティブから教わった、英会話上達のコツまとめ
【初心者がゼロから】社会人の英語学習におすすめの本・参考書【独学できます】
【無料あり】Audible(オーディブル)での英語リスニングが効果的な理由

【社会人向け】語学学校の正しい選び方【留学先で後悔しない】
【最新の勉強法】英語学習・英会話に役立つYouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました