ブログのノウハウ

【PHP8.0】エックスサーバーでPHPバージョンを確認・変更する方法【サイト表示速度アップ】

エックスサーバーでPHPバージョンをアップデートする方法(確認方法。更新方法。)

こんにちは、yujiです。
このブログでは、WordPressブログのノウハウについて詳しく解説しています。

エックスサーバーで表示速度を上げたいです。
PHPバージョンのアップデート方法を教えてください。

以上のような、エックスサーバー利用中の方の質問にお答えします。

当ブログではエックスサーバー+WordPress(Cocoon)の環境で運営しています。
そこで先日PHPをバージョンアップしたところ、サイト表示速度が上がりました。

このようにWebサイトを運営中の方は、PHPバージョンを最新にすることで、ページ表示速度を改善することができます。

この記事では、エックスサーバーの安全なPHP変更手順を解説します。

PHPとは?

PHPとは?エックスサーバーでの変更方法を解説

PHPとはWeb制作用プログラミング言語の1つです。

PHPは定期的にバージョンアップしており、現在の最新バージョンはPHP8です。

以前のバージョンPHP7と比較すると、PHP8はさらに速度の改善があるようです。

PHPの切り替えは手動

PHPは自分で手続きをしないと、最新バージョンに切り替わりません。

昔からWordpressを使っている人の中には、古いPHPのままでサイト運営をしている方もいるはずです。

もしPHPの以前のバージョンを利用中であれば、出来るだけ早くPHP8にバージョンアップしてください。

以下では、エックスサーバーでのPHP切り替え手順を解説します。

PHPの切り替えで気を付けること

PHP切り替えで気を付けるべき注意点(エックスサーバー)

PHP切り替えで注意したいポイントは、以下の2点です。

事前にバックアップを取る

PHPを更新する際には、事前にバックアップを取ります。

PHPに限らずブログのシステムを変更する場合は、万が一に備えてデータを守りましょう。

以下の記事では、プラグインで安全にバックアップを取る方法を紹介しています。
WordPressプラグインでバックアップを取る

時間に余裕を持って作業する

テーマやプラグインによって、最新のPHPに対応しておらず、ページの表示が消えたり崩れたりする場合があります。

こうしたエラーが起きた際に修正に時間がかかることもあるので、アクセスの少ない時間帯に、余裕を持って切り替えるのが無難です。

ここからは、実際の作業手順をまとめます。

①現在のPHPバージョンを確認する

※以下では安全な切り替え方法を解説しています。面倒な方は、手順③からサクっと済ませてもOKです!

まずは、今利用しているPHPバージョンを確認します。

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

WordPress管理画面の「ツール」から「サイトヘルス」に進みます。

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

「情報」タブを開きます。

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

一覧の中から「サーバー」を開き「PHPバージョン」を確認します。

ここに表示されているPHPバージョンが最新でない場合は、更新が必要です。
(※エックスサーバーの最新PHPバージョンはこちらで確認できます。)

②テーマやプラグインの互換性を確認する

ブログで使用中のテーマやプラグインが、最新版のPHPで動作するのか確認します。

WordPressプラグインを使って、テーマやプラグインのPHP互換性を調べる方法

WordPress管理画面の「プラグイン」から「新規追加」に進みます。

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

「PHP Compatibility Checker」を検索します。

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

「PHP Compatibility Checker」が表示されるので「今すぐインストール」→「有効化」とクリックします。

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

WordPress管理画面の「プラグイン」を開き、PHP Compatibility Checkerの「スキャンを開始」をクリックします。

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

スキャンオプション
▶PHPのバージョン
…PHP7.3
▶プラグイン/テーマの状態
…有効化中のプラグインとテーマのみをスキャン

このようにチェックを入れ「サイトをスキャン」をクリックします。
(※現在はPHP7.3までしか対応していません。)

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

以上のようなスキャン結果を見て、利用中のプラグインやテーマに互換性が確認できたら、PHPの切り替えが可能です。

※当ブログで利用中のCocoonでは、親テーマに警告があるものの、最新PHPに対応しています。

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法
エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

テーマやプラグインの互換性を確認できたら、PHP Compatibility Checkerを「無効化」して「削除」します。

③PHPバージョンを変更する

エックスサーバーのSSL化設定方法を解説

最後に、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

エックスサーバーのPHPバージョンを変更する方法

サーバーパネルから「PHP Ver.切替」に進みます。

エックスサーバーのPHPバージョンを変更する方法

PHPを切り替えるサイトドメインの「選択する」をクリックします。

エックスサーバーのPHPバージョンを変更する方法

推奨されているPHPバージョンを選択し「変更」をクリックします。

エックスサーバーのPHPバージョンを変更する方法

「PHPバージョンを変更しました」と表示され、手順は完了です。

これで、エックスサーバーでのPHP切り替えができました。

★次回のPHPアップデート

PHPの次のバージョンは「9.0」で、開発は未定です。

エックスサーバーについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

【安心】エックスサーバーの確実なバックアップ方法を解説
【簡単】エックスサーバーで『独自SSL/常時SSL』を設定する方法
【高速化】エックスサーバーの『新サーバー簡単移行』で最新スペックサーバーに切り替える方法

また、その他のWordPress向けレンタルサーバーについて比較しているので、参考にしていただければと思います。
【徹底比較】ブログアフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー5選

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説
【SEO】ブログのアクセス数が増える9個の方法
【厳選】アフィリエイトで登録すべきASP12社

コメント

タイトルとURLをコピーしました