ブログのノウハウ

エックスサーバー(Xserver)でPHPバージョンを更新する方法【WordPressエラーの対処法も解説】

エックスサーバー(Xserver)でPHPバージョンを更新する方法

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウを解説しています。

エックスサーバーのPHPバージョンの更新方法を教えてください。

以上のような、エックスサーバーについての質問にお答えします。

この記事の内容

yujiblogの月間PV

当ブログはコツコツ更新した結果、月間26万PVとなりました。
またアフィリエイト収入も増えており、現在は月100万ほどを稼いでいます。

本記事では、エックスサーバーのPHPバージョンの更新手順を解説しました。

エックスサーバーはPHP8.1に対応しており、最新バージョンに切り替えることでページ表示速度を改善できます。

更新手順を詳しく解説したので、PHPバージョンをチェックしたことがない方は参考にしてみてください。

また、更新に失敗したときの対処法もまとめているので、安心して作業していただければと思います。

PHPの更新とは?

PHPは定期的にバージョンアップしており、現在の最新バージョンはPHP8です。

以前のバージョンPHP7と比較すると、PHP8はさらに速度が改善されています。

※エックスサーバー対応のPHPバージョンはこちらで確認できます。

PHPの切り替えは手動

PHPは自分で手続きをしないと、最新バージョンに切り替わりません。

昔からWordpressを使っている人の中には、古いPHPのままでサイト運営をしている方もいるはずです。

もしPHPの以前のバージョンを利用中であれば、出来るだけ早く最新バージョンに更新しましょう。

PHP更新前にバックアップを取る

PHPを更新する際には、事前にバックアップを取りましょう。

以下の記事では、プラグインで安全にバックアップを取る方法を紹介しています。
》エックスサーバーの確実なバックアップ方法

時間に余裕を持って作業する

テーマやプラグインによっては、最新のPHPに対応しておらずページの表示が消えたり崩れたりする場合があります。

こうしたエラーが起きた際に修正に時間がかかることもあるので、アクセスの少ない時間帯に、余裕を持って切り替えるのが無難です。

エックスサーバーのPHPバージョン更新手順

エックスサーバーのPHP更新手順は以下の通りです。

PHP更新手順
  1. 現在のPHPバージョンを確認する
  2. テーマやプラグインの互換性を確認する
  3. PHPバージョンを変更する

※以下では安全な切り替え方法を解説しています。面倒な方は手順③からサクっと済ませてもOKです。

①現在のPHPバージョンを確認する

まずは、今利用しているPHPバージョンを確認します。

1.WordPress管理画面の「ツール」から「サイトヘルス」に進みます。エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

2.「情報」タブを開きます。エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

3.一覧の中から「サーバー」を開き「PHPバージョン」を確認します。(※ここに表示されているPHPバージョンが最新でない場合は、更新が必要です。)エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

②テーマやプラグインの互換性を確認する

ブログで使用中のテーマやプラグインが、最新版のPHPで動作するのか確認します。

※現在「PHP Compatibility Checker」の更新が停止しており、テーマやプラグインの互換性を確認できません。
手順③にて切り替えを行い、もし仮にエラーが出るようであれば、同手順で元に戻してください。

1.WordPress管理画面の「プラグイン」から「新規追加」に進みます。WordPressプラグインを使って、テーマやプラグインのPHP互換性を調べる方法

2.「PHP Compatibility Checker」を検索します。エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

3.「PHP Compatibility Checker」が表示されるので「今すぐインストール」→「有効化」とクリックします。エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

4.WordPress管理画面の「プラグイン」を開き、PHP Compatibility Checkerの「スキャンを開始」をクリックします。エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

5.このようにチェックを入れ「サイトをスキャン」をクリックします。(※現在はPHP7.3までしか対応していません。)エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

  • PHPのバージョン:PHP7.3(最新バージョンを選択)
  • プラグイン/テーマの状態:有効化中のプラグインとテーマのみをスキャン

6.以上のようなスキャン結果を見て、利用中のプラグインやテーマに互換性が確認できたら、PHPの切り替えが可能です。エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

※Cocoonでは親テーマに警告があるものの、最新PHPに対応できます。

7.テーマやプラグインの互換性を確認できたら、PHP Compatibility Checkerを「無効化」→「削除」します。

エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法
エックスサーバーでPHPバージョンを確認する方法

③PHPバージョンを変更する

1.最後に、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。エックスサーバーサーバーパネル

2.「PHP Ver.切替」に進みます。PHP Ver.切替

3.PHPを切り替えるサイトドメインの「選択する」をクリックします。エックスサーバーのPHPバージョンを変更する方法

4.推奨されているPHPバージョンを選択し「変更」をクリックします。エックスサーバーのPHPバージョンを変更する方法

5.「PHPバージョンを変更しました」と表示され、手順は完了です。エックスサーバーのPHPバージョンを変更する方法

これで、エックスサーバーでのPHP切り替えができました。

続いて、PHP更新のエラーの対処法を紹介します。

WordPressのPHP更新でエラーが発生したときの対処法

WordPressのPHPの更新で画面が真っ白(HTTP500エラーなど)になった場合は、以下の手順で対処してください。

PHP更新時のエラー対処法
  1. PHPバージョンをもとに戻す
  2. 原因を特定する

①PHPバージョンをもとに戻す

WordPressのPHP切り替えでエラーが表示された時は、サーバーのメニューからPHPバージョンをもとに戻してください。

これでエラーは解消され、サイトや管理画面が表示されるようになります。

②原因を特定する

WordPressのPHP切り替えでエラーが表示された時は、エラーコードを見て原因を特定しましょう。

PHP切り替えが上手くいかない原因として、

  • WordPress
  • プラグイン
  • テーマ

のどれかが最新PHPに対応していない状況が考えられるので、個別に検証してください。

※たとえばWordPressやプラグインを最新バージョンすることでエラーが解決することがあります。

また、エラーコードを見るのが難しいようであれば、ネット上で情報を集めましょう。

「○○プラグインでエラーになった」「○○テーマで真っ白になった」などの書き込みが見つかれば、原因を特定するヒントになります。

心配な場合は旧PHPバージョンのままで保留し、1ヶ月ほど様子を見てからの更新でもOKです。

最後に大切なお知らせです。

次回のPHPアップデート

PHPの次のバージョンは「9.0」で、開発は未定です。

エックスサーバーが対応した際には、順次切り替え作業を行いましょう。

また、エックスサーバーのデータを安全に保管するために、バックアップ設定についても確認してみてください。
》エックスサーバーの確実なバックアップ方法

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

以下は、ブログ収入を伸ばしたい方へのおすすめ記事です。

多くの人に読まれる記事を書こう

yujiblogの月間PV

当ブログではSEOで検索上位を獲得した結果、アクセス数が大幅に伸びました。

このような「読まれる記事の書き方」をテンプレにまとめたので、参考にしていただけたらと思います。
》ブログ記事の書き方9ステップ【月26万PV読まれる14のコツ】

アフィリエイト神ツールを使いこなそう

また、当ブログの現在の収益は月100万ほどとなっていますが、このようなブログ運営を支えてくれた「神ツール」を以下にて紹介しています。
》ブログアフィリエイトのおすすめツール15選

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

》ブログで月5万稼ぐロードマップ
》アフィリエイトの完全マップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました