ブログのノウハウ

【評判】ロリポップは遅くて危ない?【メリット6個とデメリット6個で解説】

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

ロリポップでWordPressを始めようと考えています。
メリットやデメリットを教えてください。

以上のような、WordPressを始めたい方の質問にお答えします。

ブログアフィリエイトをするには、レンタルサーバー選びが重要です。

そこでこの記事では、ロリポップの評判/口コミと、メリットやデメリットについて詳しくまとめました。

ロリポップとは?

ブログ初心者におすすめのサーバーはロリポップ!

ロリポップは、200万以上のサイトで利用されており、国内シェアがエックスサーバーに次ぐ第2位のレンタルサーバーです。

2020年8月にサーバー環境を一新しており、以下のような方におすすめです。

こんな人におすすめ
・少しでも安くレンタルサーバーを利用したい
・最新性能のレンタルサーバーがいい

このように、低価格が嬉しい「個人アフィリエイター」「小規模ビジネス層」をターゲットとしています。

ロリポップは遅くて危ない!?

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップは安価な反面「サイト表示速度が遅い」という口コミが多いです。

また過去に大きなサイバー攻撃を受けたことがあり、多くのユーザーが離れてしまったことがあります。

そこで、現在は様々な高速化機能や安全策が追加されています。

稼働率99.99%の安定性

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップのデータセンターは、24時間365日の有人監視体制となっています。

そのため現在のサーバー稼働率は「99.99%」と高水準です。

また、急激なアクセス増加対策として「ブースト機能」も用意されているので、耐久性も高くなっています。

独自のモジュール版PHPと、アクセラレータを採用

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップは独自のモジュール版PHPを使用することで、サイト表示の処理速度が約12倍となりました。(※スタンダードプラン以上で利用可能)

また、2018年からスタートした「ロリポップアクセラレータ」では、従来の24倍のパフォーマンス改善となっています。

ここからは、ロリポップのメリットをまとめます。

ロリポップのメリット6つ

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップのメリットはこちらです。

ロリポップのメリット
①月額110円から利用できる
②Web制作初心者でもわかりやすい
③安心サポートが充実している
④初期費用無料+10日間の無料お試し
⑤ハイスピードプランが速い
⑥WordPressの引越しが簡単

以下で詳しく解説します。

①月額110円から利用できる

ロリポップのエコノミープランは、月額110円で利用できます。

WordPressが使えないので初めてのブログには向いていないですが、容量10GB/転送量50GBと充実しています。
(※WordPressが使えるのは、ライトプラン以上です。)

②Web制作初心者でもわかりやすい

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップでは、ボタンをクリックしていくだけでできる『WordPress簡単インストール機能』があります。

また、初めてレンタルサーバーを借りる方にも使いやすい管理画面が好評です。

その他にも、580種類以上のマニュアルとFAQページで、わからないことがあってもすぐに解決します。

③安心サポートが充実している

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップの安心サポートは、ユーザー満足度が94%と高いです。

ロリポップのサポート内容
・電話:平日10:00〜18:00
・チャット:平日・土日: 9:30〜13:00 14:00〜17:30
・メール:24時間受付
・オンラインマニュアル公式HP

このように、初めての契約からサーバー細部の設定まで、すべての困りごとを相談できます。
(※電話サポートが使えるのはスタンダードプラン以上です。)

④初期費用無料+10日間の無料お試し

ロリポップでは、10日間のお試し利用が可能です。(※クレジットカードなどの支払い登録も不要。)

そのため、ロリポップの使いやすさが気になる方は、実際にブログを触ってみてから契約することができます。

また、ハイスピードプランでは初期費用が0円なので、コストを抑えたい場合でも安心です。

⑤ハイスピードプランが速い

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップのハイスピードプランには、最新性能のサーバー設備が導入されています。

※下位プランは趣味レベルでの利用に向いているので、コストを抑えられる代わりに表示速度が遅いです。

ハイスペックプランで使われているLiteSpeedは、高速化に強いサーバーです。

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説詳細情報:WordPress Performance by Server

このように、WordPress利用時のパフォーマンスは、他サーバーを上回る結果となっています。(※NginxはエックスサーバーやConoHa WINGで利用されているサーバーです)
【比較】ロリポップのハイスピードプランは本当に速い?

⑥WordPressの引越しが簡単

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップのWordPress簡単引っ越しサービスでは、他社サーバーのWordPressサイトを安全に引越しすることができます。

ロリポップの低価格サーバーの利用を考えるときに、おすすめのサービスです。

以上が、ロリポップのメリット6つです。

次に、ロリポップの良い口コミをまとめました。

ロリポップの良い評判

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

以下は、ツイッターなどで見られるロリポップへの良い評判です。

ロリポップの良い評判のまとめ
・WordPressがわからないときも、電話サポートで安心
・独自ドメイン設定が難しいが、電話サポートで解決した
・サポートページのマニュアルがわかりやすい
・料金が安く、WordPressも遅くはない
・管理画面が使いやすい
・SSL化が簡単にできる

このように、速さや大量アクセスを求めていない方にとって、コスパのいいレンタルサーバーだと評価されています。

続いて、ロリポップのデメリットをまとめます。

ロリポップのデメリット6つ

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップのデメリットはこちらです。

ロリポップのデメリット
①バックアップサービスが有料
②プラン変更ができない
③大量の同時アクセスに弱い
④電話サポートは一部プランのみ
⑤WordPressのインストールが複雑
⑥アカウント管理が難しい

以下で詳しく解説します。

①バックアップサービスが有料

ロリポップのバックアップサービスは「7世代バックアップ/自動バックアップ」の2つです。

しかし、どちらも優秀なサービスですが有料オプションとなっています。

他社サーバーでは、バックアップから復元まで全て無料であることが多いので、コストを考える際に注意が必要です。

②プラン変更ができない

ロリポップのプラン変更は「下位プラン→上位プラン」のみ可能です。

下位プランへの変更には対応していないため、プラン選択の自由度は少ないです。

③大量の同時アクセスに弱い

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップは価格を抑えられるメリットがある代わりに、大量同時アクセスに耐えられるサーバー性能はありません。

低価格プランを利用できるのは、サーバー処理能力に見合ったサイトに限定されます。

※一時的なアクセス増加の場合は、同時アクセス数拡張機能で上限を増やすことが可能です。

④電話サポートは一部プランのみ

ロリポップのサポートは手厚いと評判ですが、電話対応は「スタンダードプラン以上のみ」となっています。

サイトが表示されないとき、データが消えてしまったときなど、急なトラブル時には電話相談が安心なので、初めての方にはスタンダードプラン以上がおすすめです。

⑤WordPressのインストールが複雑

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

ロリポップでは「WordPress」だけでなく「baserCMS」「EC-CUBE」などのサイトシステムを簡単に導入できます。

しかし、エックスサーバーやConoHa WINGと比べると、インストール手順が多く、少し複雑となっています。

⑥アカウント管理が難しい

ロリポップを契約する場合、サーバーが「ロリポップ」・ドメインが「ムームードメイン」での登録となります。

1サイトに2つのIDとパスワードが必要なので、管理がわかりにくく感じる場合があります。

以上が、ロリポップのデメリット6つです。

続いて、ロリポップの悪い口コミを紹介します。

ロリポップの悪い評判

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

以下は、ツイッターなどで見られるロリポップへの厳しい評判です。

ロリポップの評判のまとめ
・安く始められる以外のメリットがない
・下位プランへの変更ができないので不便
・エコノミープランではWordpressが利用ができない
・お試し期間が終了すると、自動的に本契約されるので注意
・サポートの担当者によっては、48時間以上返事が来ないこともある
・PHP.iniの変更ができない
・管理画面で.httaccesが編集できない
・企業サイトにはとても怖くて使えない
・WordPressを触っていてWAFが誤検知されることがある

このように、料金が安い代わりにサーバー機能が落ちてしまうといったレビューが見られました。

最後に、ロリポップのおすすめプランを解説します。

ロリポップのおすすめプラン

ロリポップで初心者におすすめのプランは「ハイスピード」です。

ハイスピードプランは表示速度が速く、大量アクセスに強い、WordPress向けの仕様です。

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説

他社サーバーよりも高性能なLiteSpeedが格安で利用できるので、これからブログ資産を構築する方に最適となっています。
【徹底比較】ロリポップのおすすめ料金プランは?

今なら「ドメイン無料キャンペーン」でお得

ブログ初心者におすすめのサーバーはロリポップ!

ロリポップは現在「初期費用0円+ドメイン永久無料+10日間無料」キャンペーン中です。

低価格で優秀なサーバーを利用したいのであれば、ロリポップがおすすめです。
ロリポップのドメイン無料キャンペーンはこちら

ロリポップの『ドメインずっと無料』キャンペーンとは?【適用条件と注意点を解説】

まとめ:格安でサーバーを利用するならロリポップ一択

この記事では、レンタルサーバーを選びたい方向けに、ロリポップのメリットやデメリットをすべてまとめました。

アフィリエイトで成果を出すには、サーバー選びが重要です。

サーバー契約前には、無料お試し期間を利用するなど、実際の使用感を確かめるのがおすすめです。

以下の記事では、ロリポップでWordPressを始める方法を解説しています。

Web制作知識がなくてもできるので、是非挑戦してみてください!(※作業時間は30分ほどです。)

ロリポップでWordPressを始める方法

ちなみに当ブログではエックスサーバーを利用しており、トラブル無しの快適なスピードで運用できています。

その他サーバーを比較したい方はこちら

当ブログでは、ブログアフィリエイトにおすすめなサーバーを5つ紹介しています。

詳しい内容は以下の記事でまとめていますので、参考にして頂けたらと思います。

ブログアフィリエイト向けレンタルサーバーの選び方

また、おすすめレンタルサーバーの徹底比較リストをまとめました。

レンタルサーバー徹底比較リスト
エックスサーバー vs ConoHa WING
エックスサーバー vs mixhost
エックスサーバー vs ロリポップ
エックスサーバー vs カラフルボックス
ConoHa WING vs mixhost
ConoHa WING vs ロリポップ
ConoHa WING vs カラフルボックス
mixhost vs ロリポップ
mixhost vs カラフルボックス
ロリポップ vs カラフルボックス

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐ方法を徹底解説
ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけです】
【厳選】アフィリエイトで登録すべきASP12社

コメント

タイトルとURLをコピーしました