ブログのノウハウ

ロリポップの評判は?ハイスピードプランのメリットデメリットと料金プランの比較

ロリポップの評判は?ハイスピードプランのメリットデメリットと料金プランの比較

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウを解説しています。

ロリポップの評判ってどうですか?
メリットやデメリットを教えてください。

以上のような、ロリポップについての質問にお答えします。

この記事の内容
  • ロリポップのデメリット・悪い評判
  • ロリポップのメリット・良い評判
  • おすすめ料金プラン
  • サイト表示速度(実測値)
  • 他社サーバーとの比較

yujiblogpv

当ブログはコツコツ更新した結果、月間22万PVとなりました。
またアフィリエイト収入も増えており、現在は月100万ほどを稼いでいます。

本記事では、ロリポップの評判やメリットデメリットについて詳しく解説しました。

また、ロリポップで人気のハイスピードプランの他社サーバー比較もまとめています。

「レンタルサーバー選びに悩んでいる…」という人向けに必要な情報をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

※この記事は3分でお読みいただけますm(__)m

ロリポップとは?

ロリポップとは?

ロリポップは200万以上のサイトで利用されている、国内シェア第2位のレンタルサーバーです。

こんな人におすすめ
  • 格安でレンタルサーバーを利用したい
  • 最新性能のレンタルサーバーを使いたい

このように、低価格が嬉しい個人ブロガーや、小規模のビジネスに最適なレンタルサーバーとなっています。

ここからは、ロリポップのデメリットからご紹介します。

ロリポップのデメリット・悪い評判

ロリポップのデメリット・悪い評判

ロリポップのデメリットはこちらです。

ロリポップのデメリット
  1. WordPressの設定が複雑
  2. 過去に大きなサイバー攻撃を受けた
  3. アカウント管理が面倒
  4. バックアップが有料
  5. プラン変更はアップグレードのみ
  6. 大量同時アクセスに弱い

①WordPressの設定が複雑

ロリポップでは「WordPress」だけでなく「baserCMS」「EC-CUBE」などのサイトシステムを簡単に導入できます。

しかし、他社サーバーに比べるとインストール手順が多く、若干複雑な印象。

独自ドメインの取得やドメインとサーバーの紐づけ、SSL化は自分で行う必要があります。

②過去に大きなサイバー攻撃を受けた

ロリポップは過去に大きなサイバー攻撃を受けたことがあり、多くのユーザーが離れてしまったことがあります。

そこで現在は、

  • モジュール版PHP
  • アクセラレータ
  • SSHによる暗号化通信
  • WAF

など、様々な高速化機能や安全策が追加されています。
》ロリポップの機能一覧

③アカウント管理が面倒

ロリポップでブログを始めると、複数のアカウントを管理する必要があります。

  • サーバー:ロリポップ
  • ドメイン:ムームードメイン

このように1サイトで2つのID・パスワードが作られるので、初めての方には少しわかりにくいですね。

④バックアップが有料

ロリポップのバックアップサービスは、有料オプション(月額330円)となっています。

他社サーバーでは、バックアップから復元まで全て無料であることが多いので、利用の際には注意が必要です。

⑤プラン変更はアップグレードのみ

ロリポップのプラン変更は「下位プラン→上位プラン」のみ可能です。

下位プランへの変更には対応していないため、選択肢の自由度は少ないです。

⑥大量同時アクセスに弱い

ロリポップは大量同時アクセスがあると503エラーとなり、サイトが表示されません。

一時的なアクセス増加の場合、同時アクセス数拡張機能を使って手動で上限を増やす必要があります。

以上が、ロリポップのデメリット6つです。

ここで、Twitterでの良くない評判をまとめます。

ロリポップの悪い評判

以下は、ロリポップの悪い評判です。

このように、料金が安い代わりにサーバー機能が落ちてしまうといったレビューが見られました。

続いて、メリットについてまとめます。

ロリポップのメリット・良い評判

ロリポップのメリット・良い評判

ロリポップのメリットはこちらです。

ロリポップのメリット
  • 初期費用0円+10日間無料
  • 月額220円からWordPressを利用可能
  • ブログ初心者でも始めやすい
  • サポート体制が充実している
  • LiteSpeedが導入されている

①初期費用0円+10日間無料

ロリポップは、初期費用0円+10日間の無料お試し付きで始められます。

契約前に実際の使用感を確かめられるので、気になる人はぜひ活用しましょう。

※WordPressかんたん設定は、無料お試し対象外です。

②月額220円からWordPressを利用可能

ロリポップのライトプランは、月額220円で利用できます。

WordPressが最安クラスで使えるので、とにかく料金を抑えたい人におすすめです。

③ブログ初心者でも始めやすい

ロリポップでは、WordPress簡単インストール機能があり、初めてのブログ設定でもスムーズに作業できます。

また、Webサイトには580種類以上のマニュアルFAQページがあり、わからないことがあっても自分で解決可能です。

④サポート体制が充実している

ロリポップのサポート体制は、ユーザー満足度が94%と高いです。

ロリポップサポート
  • メール:24時間
  • チャット:平日・土日 9:30〜13:00 14:00〜17:30
  • 電話:平日 10:00〜18:00(※スタンダードプラン以上のみ)

各種お問い合わせ手段があるので、安心して利用できますね。
》ロリポップのお問い合わせページ

⑤LiteSpeedが導入されている

ロリポップのハイスピードプランには「LiteSpeed」が導入されています。

レンタルサーバーロリポップの評判や、メリット・デメリットを解説WordPress Performance by Server

LiteSpeedは、WordPressとの相性がいいことで有名なサーバー設備です。

高速処理に向いているので、サイト表示スピードなどで高パフォーマンスを発揮してくれます。

以上が、ロリポップのメリット5つです。

そして、Twitterでの良い評判についても触れておきます。

ロリポップの良い評判

以下は、ロリポップの良い評判です。

このように、コスパのいいレンタルサーバーだと評価されています。
》ロリポップ公式サイトを見る

ここからは、ロリポップで個人ブログをする際のおすすめプランを解説します。

ロリポップのおすすめ料金プラン

ロリポップ料金プランの比較

ロリポップの料金プランは以下の通り。

ロリポップの料金プラン
  • エコノミー(※WordPress使用不可)
  • ライト
  • ベーシック
  • ハイスピード
  • エンタープライズ(※大規模法人向け)

この中で、個人ブログを運営する場合は「ライトプラン」「スタンダードプラン」「ハイスピードプラン」の3つが最適です。

ライトスタンダードハイスピード
WordPress高速高速最高速
料金220円/月440円/月550円/月
初期費用1,650円1,650円0円
容量200GB300GB400GB
転送量無制限無制限無制限
バックアップ330円330円無料
(復元は有料)
メール・チャット
サポート
電話サポート×
サーバーApacheApacheLiteSpeed
PHPCGI+ModuleCGI+ModuleLSAPI
MySQL150無制限

各プランの特徴はこちら。

ライトプラン

最安でWordPressを利用可能。実際にWordPressを導入すると動きが重いという口コミがある。

スタンダードプラン

サーバー性能はライトプランと同等。トラブルが起きたとき電話で相談できる。

ハイスピードプラン

WordPressを高速化して検索上位を目指したい人向け。LiteSpeedサーバーや自動バックアップを利用できるなど、性能に対してコスパが良い。

このように総合的に比較すると、高性能サーバーを安心して利用できるハイスピードプランがおすすめとなっています。

ロリポップのサイト表示速度(実測値)

以下は、ロリポップのサイト表示速度を計測した結果です。

  • サーバー:ロリポップハイスピードプラン
  • WordPressバージョン: 5.9.2
  • WordPressテーマ:Cocoon
  • プラグイン:なし
  • コンテンツ:なし

※実際の利用環境を意識して、WordPressテーマのCocoonを搭載しています。
※平日21時~22時に、複数回計測した中央値を掲載しています。

PageSpeed Insightsのスマホ表示でのスコアは「93」でした。ロリポップPageSpeed Insights

PageSpeed Insightsのデスクトップ表示でのスコアは「100」でした。ロリポップPageSpeed Insights

GTmetrixのLCP(ページ内の最大のコンテンツを表示するまでにかかった時間)は「1.1s」でした。ロリポップGTmetrix

GoogleChrome開発ツールのTTFB(サーバーがリクエストを受け取ってから最初のデータを返すまでの時間)は「0.346s」でした。ロリポップのTTFB

このように、ロリポップハイスピードプランは優れたスコア・応答速度となっています。

そして、気になる「他社サーバー」との比較もまとめました。

ロリポップハイスピードプランと他社サーバーの比較

ロリポップハイスピードプランと他社サーバーの比較

ロリポップハイスピードプランは、他社サーバーと比較すると以下のようになります。

ロリポップエックスサーバーConoHa WING
WordPress設定
料金550円/月495円/月493円/月
初期費用0円0円0円
無料お試し期間×××
サーバーの種類LiteSpeedNGINXNGINX+Apache
容量400GB300GB300GB
転送量無制限無制限無制限
vCPU/メモリ非公開6コア/8GB
リソース保証
6コア/8GB
バックアップデータ復元
10,000円
0円0円
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

このように、料金はロリポップが圧倒的に安いです。

また、ハイスピードプランで採用されている「LiteSpeed」は、エックスサーバーやConoHa WINGで利用されている「NGINX」と比べてWordPressとの相性がいいです。

ただし、WordPress設定が少し複雑なので、初めての方にはエックスサーバーやConoHa WINGが無難だと感じます。

初期費用0円+ドメイン無料キャンペーン

ブログ初心者におすすめのサーバーはロリポップ!

ロリポップでは初期費用0円+ドメイン永久無料キャンペーン中。
詳細は以下からご確認ください。
》初期費用0円+ドメイン無料キャンペーンの詳細をチェック
※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

ロリポップドメイン無料キャンペーンの適用条件と注意点

ロリポップのドメイン無料キャンペーンとは?

ロリポップのドメイン無料キャンペーンでは、独自ドメイン費用が無料になります。

通常、ドメインには取得費・維持費がかかりますが、キャンペーン期間中に申し込むと全て0円です。

選べるドメインは45種類

キャンペーン対象のドメインは、以下の45種類です。

選べるドメインは45種類

.com / .net / .info / .org / .xyz / .work /.tokyo / .shop / .mobi / .club / .biz / .me / .pro / .in.net / .okinawa / .cloud / .art / .nagoya / .blue /.yokohama / .link / .group / .jp.net / .dev / .company / .asia / .promo / .icu / .jpn.com / .pink /.ryukyu / .red / .in / .click / .page / .be / .us / .business / .pet / .top / .コム / .kim / .pictures /.vip / .futbol / .rocks

このように「.com」「.net」「.org」といった高額ドメインも選べます。

※ドメインの取得と管理は、従来通りムームードメインを利用します。

ドメイン無料キャンペーンの適用条件

ドメイン無料キャンペーンの適用条件はこちら。

キャンペーン適用条件
  • 対象プラン:ライト、スタンダード、ハイスピード、エンタープライズ
  • 契約期間:12か月以上
  • 自動更新:12か月以上の自動更新の設定

このように、対象プランと契約期間の両方を満たす必要があります。

なお、新規契約時に以上の条件を満たしている場合はドメイン無料キャンペーンが自動で適用されるので、とくに何もする必要はありません。

ドメイン無料キャンペーンの注意点

新規契約以外でドメイン無料キャンペーンを利用するには「ドメインクーポン」が必要です。

ドメインクーポンは申し込みから7日後に配布されるので、ドメイン取得時に忘れないように注意してください。

ロリポップドメイン無料キャンペーンの利用手順

ドメイン無料キャンペーンの利用方法は、以下の通りです。

キャンペーン利用手順
  • レンタルサーバー契約時に「自動更新」を設定する
  • レンタルサーバー契約から7日目に初期費用を支払う
  • クーポンメールを受け取り、ドメインを取得する

①レンタルサーバー契約時に「自動更新」を設定する

まず、レンタルサーバー契約時に「契約の自動更新」を設定してください。

※契約6日以内であれば、以下の手順で追加設定が可能です。

自動更新設定のやり方

②レンタルサーバー契約から7日目に初期費用を支払う

レンタルサーバー契約から7日目に、登録したクレジットカード(おさいぽ!)で自動支払いがあります。

例えば「ハイスピードプラン 36ヶ月」の場合、

  • ハイスピードプラン 36ヶ月…19,800円
  • ドメイン購入費…0円

です。

※入金処理後は、キャンセルしても返金されません。

③クーポンメールを受け取りドメインを取得する

入金処理が終わると、ムームードメインで使える「ドメインクーポン」が送られてきます。

クーポンは再発行できないので、期限内に忘れずにドメイン登録しましょう。
》ムームードメインはこちら

以上が、ドメイン無料キャンペーンの利用手順です。

ロリポップについてのよくある質問

最後に、ロリポップについてのよくある質問をまとめました。

よくある質問
  1. ロリポップは遅いって本当?
  2. プラン変更できる?
  3. お試し期間とは?
  4. WordPressの引越しはできる?
Q
「ロリポップは遅い」というのは本当ですか?
A

ロリポップは以前は「格安で遅いサーバー」というイメージでした。

 

しかし、ハイスピードプランが登場してからはサーバー速度が大幅に改善。

 

現在は高いパフォーマンスを発揮しています。

Q
プラン変更はできますか?
A

はい。以下のようにプラン変更が可能です。

 

  • お試し期間中:上位プラン、下位プランへの変更が可能
  • 本契約中:上位プランへの変更のみ可能
Q
お試し期間について教えてください。
A

ロリポップのお試し期間は10日間あり、本契約時と同じ環境でサーバーを利用できます。

 

なお、お試し期間終了日までに入金しない場合は、自動的に契約終了となります。

Q
WordPressの引っ越しはできますか?
A

はい。「WordPress簡単引っ越し機能」を使って、他社サーバーで運用しているWordPressをロリポップに移すことができます。

以上が、ロリポップについてのよくある質問です。

最後に大切なお知らせです。

格安でサーバーを利用するならロリポップ一択です

この記事では、ロリポップの評判やメリットデメリットについて詳しく解説しました。

レンタルサーバー選びでは、無料お試し期間を利用するなどして、実際に使ってみるのがおすすめです。

以下の記事ではロリポップの使い方を詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。
》ロリポップでWordPressを始める方法

ちなみに当ブログではエックスサーバーを利用しており、トラブル無しの快適な運用ができています。

その他人気サーバーの性能・料金・最新キャンペーン情報もまとめていますので、以下の記事からご確認ください。
》ブログにおすすめのレンタルサーバー5選

レンタルサーバーの徹底比較リストはこちら。

  1. エックスサーバー vs カラフルボックス
  2. エックスサーバー vs ConoHa WING
  3. エックスサーバー vs mixhost
  4. エックスサーバー vs ロリポップ
  5. カラフルボックス vs ConoHa WING
  6. カラフルボックス vs mixhost
  7. カラフルボックス vs ロリポップ
  8. ConoHa WING vs mixhost
  9. ConoHa WING vs ロリポップ
  10. mixhost vs ロリポップ

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

国内シェア1位・速度No.1の優秀なレンタルサーバー。WordPressを10分で始めることができ、ブログ初心者でも安心して利用できます。

高性能サーバー「LiteSpeed」を導入。安定した運営がなされており、バックアップ体制も非常に優秀で、コスパの良いサーバーです。

3位:ConoHa WING

WordPressを手軽に始めたい人におすすめのレンタルサーバー。ブログ初心者でも使いやすいと好評で、人気が急上昇しています。

■ 4位:mixhost

最高スペックを提供している比較的新しいレンタルサーバー。アダルトサイト、出会い系サイトでも利用可能です。

■ 5位:ロリポップ

170万人に利用されている老舗レンタルサーバー。最新性能のサーバーを格安で利用したい方におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました