ブログのノウハウ

【事実】ConoHa WINGの料金は高い!【エックスサーバー/ロリポップとの月額料を比較】

こんにちは、yujiです。
このブログでは、WordPressやアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

Web制作のためにレンタルサーバーを選びたいです。
ConoHa WINGの料金は他社と比べて高いですか?

以上のようなConoHa WINGの料金に関する質問にお答えします。

ConoHa WINGは、各社サービスと比較すると料金が高めに設定されています。

そこでこの記事では、ConoHa WINGと他社の料金比較をまとめます。

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説
【SEO】ブログのアクセス数が増える9個の方法
【厳選】アフィリエイトで登録すべきASP12社

sponser link

【解説】『ConoHa WING』とは?

ブログ初心者におすすめのサーバーはコノハウィング

ConoHa WING(コノハウィング)は、2018年9月にリリースされた新しいレンタルサーバー。

国内最速レベルのサーバー処理能力があり、以下のような方におすすめです。

こんな人におすすめ
・ハイスペックなサーバーがいい
・高速でサイトを表示させられるサーバーがいい
・アクセスが多いサイトを運営する予定

このように、ConoHa WINGの特徴は『表示スピード』です。

サクサク表示されるブログを作成したい方に、ConoHa WINGが選ばれています。
【要注意】ConoHa WINGの本当のデメリット6つとは?

ここからは、ConoHa WINGの料金についてまとめます。

sponser link

【注意】ConoHa WINGの通常料金は高い

ConoHa WINGの料金を他社と比較

ConoHa WINGは比較的新しいレンタルサーバーで、その性能は国内最速です。

その他にも、他社よりも優れたポイントがいくつもあります。

ConoHa WINGの性能
・ページ表示速度が国内最速
・1日数十万アクセスまで耐えられる仕組み
・画像数十万枚分の容量

しかし、これだけのスペックが初心者に必要なわけではありません。

性能から考えれば料金は格安ですが、アクセス数の少ないブロガーにとっては非常に高いです。

次に、ConoHa WINGを1年利用するといくらかかるのかを解説します。

sponser link

【詳細】ConoHa WINGの年間利用料金は?

ConoHa WINGの初心者向けプランには『ベーシック』『スタンダード』『プレミアム』の3つのプランがあります。

プラン内容は以下の通りです。(※サーバーのスペックはすべて同じです。)

ベーシック▶スタンダードプレミアム
容量
(画像の目安)
300GB
(75万枚)
400GB
(100万枚)
500GB
(125万枚)
転送量
(PVの目安)
27TB/月
(18万PV/日)
36TB/月
(24万PV/日)
45TB/月
(30万PV/日)
ドメイン無制限無制限無制限
  データベース  無制限無制限無制限

このように、個人では有り余るほどの容量/転送量があります。

そして料金は『WINGパック』『通常』の2種類から選択できます。

★『WINGパック』の年間料金

WINGパックの料金は以下のようになっています。

▶ベーシックスタンダード▶プレミアム
3か月1,210円2,530円5,060円
6か月1,100円2,365円4,730円
12か月941円2,145円4,290円
24か月889円2,035円4,070円
  36か月  836円1,925円3,850円
初期費用無料無料無料
ドメイン永久無料永久無料永久無料
割引初月無料初月無料初月無料
12か月+初期費用11,292円25,740円51,480円
WINGパック料金表

このようにドメインや初期費用が無料ですが、年間1万円以上のコストがかります。

★『通常』の年間料金

通常の料金は以下のようになっています。

▶ベーシックスタンダード▶プレミアム
基本料金2.2円/時4.4円/時8.8円/時
1か月最大1,320円2,640円5,280円
初期費用無料無料無料
ドメイン×××
割引×××
12か月+初期費用15,840円31,680円63,360円
通常料金表

このように、1時間2.2円の低料金で利用可能ですが、ドメイン代を含めた年間料金は高くなります。

そのためConoHa WINGはブログで稼ぎたい人には向いていますが、個人の趣味でブログを書くには高めの料金設定です。

ConoHa WINGの支払い方法

ConoHa WINGの支払いは、クレジットカードとConoHaチャージに対応しています。

ConoHaチャージは、以下の方法での前払いとなります。

ConoHaチャージ
・銀行決済
・コンビニ支払い
・クレジットカード
・デビットカード
・Amazon Pay
・PayPal
・Alipay

このように、クレジットカードがなくても料金を支払うことができます。

続いて、格安サーバーとの料金比較です。

【格安サーバー】ロリポップ/さくらサーバーとの料金比較

ConoHa WINGと、ロリポップ/さくらサーバーとの比較

「ロリポップ」や「さくらサーバー」は格安でレンタルサーバーを契約することができます。

サーバーの性能としては、個人ブログの運営には十分なスペックです。

ロリポップやさくらレンタルサーバーとの料金比較は、このようになっています。

ConoHa WINGロリポップさくらサーバー
料金941円110円131円
初期費用0円1,650円1,048円
無料お試し期間×10日間2週間
 12ヶ月+初期費用 11,292円2,970円2,620円
バックアップ0円330円×
容量
(画像の目安)
300GB
(75万枚)
20GB
(5万枚)
10GB
(2.5万枚)
転送量
(PVの目安)
27TB/月
(18万PV/日)
50GB/日
(1万PV/日)
200GB/日
(5万PV/日)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

このように、スペックが足りなくなるほどのブログを運営しない限りは、格安サーバーの方が低コストで済みます。

また、ロリポップやさくらサーバーの注意点は以下の通りです。

注意点
・さくらサーバーは不具合が多い
・ロリポップのバックアップ機能は有償

このように様々な機能を削ってはいるものの、ブログを小さく始めたい人にとっては最適なプランが用意されています。

※趣味でブログを書いていきたい人には、無料ブログサービス(例:アメブロ、ライブドアブログなど)がおすすめです。

次に、高性能サーバーとの料金比較です。

【高性能】エックスサーバー/mixhostとの料金比較

ConoHa WINGとエックスサーバー、mixhostとの料金の違い

ConoHa WINGとエックスサーバー/mixhostは、サーバーの性能では同程度となっています。

料金比較は以下の通りです。

ConoHa WING▶エックスサーバーmixhost
料金941円1,100円1,078円
初期費用無料3,300円無料
無料お試し期間×10日間30日間
 12ヶ月+初期費用 11,292円16,500円12,936円
容量
(画像の目安)
300GB
(75万枚)
300GB
(75万枚)
250GB
(62万枚)
転送量
(PVの目安)
27TB/月
(18万PV/日)
900GB/日
(18万PV/日)
18TB/月
(10万PV/日)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

このように、同じレベルの他社サーバーと比較すると、ConoHa WINGの料金は安くなっています。

また、エックスサーバーやmixhostの注意点は以下の通りです。

注意点
・エックスサーバーは初期費用が掛かるため、キャンペーン中の申し込みがおすすめ。
・mixhostは月に数回、サーバー障害や緊急メンテナンスがある

この3社ともに申し分ないスペックなので、好みやキャンペーンで選ぶのがおすすめです。
【比較】ConoHa WINGのおすすめ料金プランは?

今なら『無料独自ドメイン「+1」キャンペーン』でお得

2021年4月コノハウィングのキャンペーン情報

ConoHa WINGでは、2021/5/10までの期間限定で『WINGパック』が828円で利用可能です。

また、最大2つのドメインを永久無料で利用できるようになりました!

キャンペーンページは以下のリンクからアクセスできます。
ConoHa WINGのキャンペーンはこちら

まとめ:ConoHa WINGは、WordPress初心者に使いやすい

この記事では、ConoHa WINGの料金を、各社サーバー料金と比較しました。

ブログアフィリエイトで成果を出すためには、安定したサーバー環境が重要です。

ConoHa WINGは国内最速でコスパもいいので、ブログ運営におすすめできます。

以下の記事では、ConoHa WINGでWordPressを始める方法をまとめました。(※作業時間は10分ほどです。)
ConoHa WINGでWordPressを始める方法

その他のサーバーについても詳しく比較しているので、参考にしていただければと思います。
【徹底比較】ブログアフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー5選

また、おすすめレンタルサーバーの徹底比較リストをまとめました。

レンタルサーバー徹底比較リスト
エックスサーバー vs ConoHa WING
エックスサーバー vs mixhost
エックスサーバー vs ロリポップ
エックスサーバー vs カラフルボックス
ConoHa WING vs mixhost
ConoHa WING vs ロリポップ
ConoHa WING vs カラフルボックス
mixhost vs ロリポップ
mixhost vs カラフルボックス
ロリポップ vs カラフルボックス

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説
【SEO】ブログのアクセス数が増える9個の方法
【厳選】アフィリエイトで登録すべきASP12社

コメント

タイトルとURLをコピーしました