ブログのノウハウ

【評判】WordPressテーマSWELLのデメリット3つ/メリット4つを徹底解説【口コミ・レビューのまとめ】

WordPressテーマSWELLのデメリット3つ/メリット4つを解説

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

WordPressテーマのSWELLの評判が良いそうです。

実際の使い心地はどうですか?

以上のような、WordPressテーマのSWELLに関する質問にお答えします。

現在、僕が運営中の特化ブログではSWELLを利用しています。

SWELLの使用感ですが、使う前は値段が高すぎだと感じたのですが、実際はそれに見合った価値があるという印象です。

そこでこの記事では「SWELLが気になる」という方向けに、SWELLのメリット・デメリットと評判をまとめました。

また、SWELLの導入方法(Cocoonからの乗り換え方法)についても詳しく解説していますので、是非参考にしていただければと思います。

SWELLとは?

SWELL

SWELLは、2020年後半から人気が急上昇しているWordPress有料テーマです。

※WordPressテーマとは、Webサイトのデザインや構成などを手軽に設定できるテンプレートのことで、ブログの機能や見た目を「着せ替え」のように変更することができます。

SWELLの最大の特徴は、WordPressの最新エディタに完全対応しているところ。

「国内最高峰の使い心地を提供します。」と謳っているとおり、他テーマとは比べ物にならないクオリティに仕上げられています。
SWELL公式サイトを見る

以下では、SWELLのメリット・デメリットをまとめていきます。

SWELLのデメリット3つ

WordPressテーマSWELLのデメリット3つ/メリット4つを解説

まずは、SWELLのデメリットをまとめます。

当ブログ(メインサイト)ではCocoonを使っているので、その立場から見ると以下のようにデメリットを感じました。

SWELLのデメリット
①値段が高い
②ネット上に情報が少ない
③コーディングがしづらい

1つずつ詳しく解説します。

①値段が高い

SWELLのデメリットの1つは、まず値段が高いという点です。

SWELLの販売価格は17,600円(税込み)となっており、これはWordPressの初期費用としては決して安くありません。

その他のWordPressテーマと比較してみても、

SANGO:11,000円(税込み)
STORK19
:11,000円(税込み)
AFFINGER:14,800円(税込み)
THE THOR:16,280円(税込み)

となっており、標準よりも大きく上回っていることがわかります。

SWELLは複数のサイトで使い回しができるため、購入は一度きりでOKなのは嬉しいですが、ブログにお金をかけたくない人にとっては負担が大きいです。

②ネット上に情報が少ない

SWELLは人気が出始めたのは2020年後半あたりなので、まだユーザー数が少なく、SWELLに関するネット上の情報が少ないです。

(※最近は増えてきてはいますが、他テーマに比べると低い水準です。)

そのため、テーマをカスタマイズしたいときやトラブルが起きたときなど、初心者の方が躓いた場合に少し心配な印象があります。

ただ、SWELLには「SWELLERS’」という購入者限定の会員サイトがあり、ここでサポートが受けられます。

SWELLERS'について

また、SWELLERS’のフォーラムでは頻繁に質問と回答が寄せられており、初心者の方でも過去のトピックを遡ることで自力で問題解決ができます。

SWELLERS'について

SWELLではこのように、

・SWELLに関する質問
・不具合の報告
・SWELLへの要望

といった情報交換ができる環境が整えられています。(※購入者限定です。)

③コーディングがしづらい

SWELLは、ユーザーが勝手にデザインなどを変更できないように、カスタマイズの難易度が上げられています。

そのため、コーディングで自分好みに色や線をカスタマイズをしていきたい人にとっては、少し物足りない部分があります。

SWELLの特徴は「初心者でもマウスだけでカスタマイズできる」という点なので、こうした部分に関しては自由度が低いです。

一方、見方を変えてみれば、HTMLやCSSを書くことができない方にとっては嬉しいポイントだとも言えます。

実際、SWELLはかなりの高頻度でアップデートされており、常に使いやすい状態に進化しています。

勝手にデザインを変更できないぶん、

・不具合が少ない
・トラブル対応が早い
・追加される新機能が多い

というように利便性が高くなっているので、ここはトレードオフだという印象を受けました。

以上が、SWELLのデメリット3つです。

次に、SWELLのメリットをまとめます。

SWELLのメリット4つ

WordPressテーマSWELLのデメリット3つ/メリット4つを解説

次に、SWELLのメリットをまとめます。

SWELLのメリット
①デザイン性が高い
②文章が書きやすい
③サイト表示が高速化される
④他テーマからの乗り換えが簡単

1つずつ詳しく解説します。

①デザイン性が高い

SWELLはデザイン性が高く、おしゃれなブログを作ることができます。

※デザインの評価は個人の好みによりますが、見た目にこだわりたいと考えていたため、これが購入の決め手になりました。

SWELLのデザインは、6つのデモサイトで確認ができます。

SWELLデモサイト1

SWELLデモサイト2

SWELLデモサイト3

SWELLデモサイト4

SWELLデモサイト5

SWELLデモサイト6

このように様々な雰囲気を出せるので、ブログの内容に合わせたカスタマイズが可能です。

また「デザインのセンスがないので心配」という方でも、デモサイトと同じカスタマイズをダウンロードできるので、色味や画像を変えるだけでオリジナルなブログが作れます。

その他にも細かい仕様が整えられており、

・画像のフィルター加工ができる
・PC/スマホそれぞれ別の画像を設定できる

など、見た目にこだわりたい人にも嬉しい機能がついています。

②文章が書きやすい

SWELLはWordPressの最新エディタ(ブロックエディタ)に完全対応しています。

SWELLでブロックエディタを使っている様子は、一度こちらの動画で確認してみてください。

このように、ただ使いやすいだけでなく、SWELL独自の機能が上乗せされていることがわかります。

旧エディタ(クラシックエディタ)を使っている人からすると最初は違和感を感じますが、ブロックエディタに慣れると執筆速度を上げることが可能です。

(※ちなみに、WordPress公式による旧クラシックエディタのサポートは2022年に終了します。今後はブロックエディタが主流になるので、SWELLを選ぶメリットは大きいです。)

また、執筆者にとって嬉しい小さな工夫がいくつもあり、

・グループブロックが使える
・ランダム表示でABテストができる
・タイトル文字数を表示してくれる
・アフィリエイトリンクの一元管理ができる
・PC/スマホ表示を1クリックで切り替えられる
・ブログタイトルで関連記事のリンクを設定できる

など、細かい機能のおかげで効率的に記事を書いていくことができます。

③サイト表示が高速化される

SWELLを使うと、サイトの表示速度が高速化されます。

というのも、SWELLは多くの機能が標準搭載されており、導入するプラグインを大幅に減らせるからです。

SWELLで不要になるプラグインは、例えば以下のようなものがあります。

SWELLで不要になるプラグイン
・「Table of Contents Plus」などの目次生成プラグイン
・「Lazy Load」などの画像遅延読み込みプラグイン
・「Speech bubble」などのふきだしプラグイン
・「Autoptimize」などの高速化プラグイン
・「WP Super Cache」などのキャッシュ系プラグイン
・「AddQuicktag」などのクラシックエディタ用プラグイン
・「EWWW Image Optimizer」などの画像圧縮系プラグイン

他にもありますが、ざっとこれだけのプラグインが不要になります。

プラグインはWordPressの便利な機能ですが、数を入れすぎると動作が重くなったり、セキュリティに穴が開いてしまう恐れがあります。

そのため、SWELLでプラグインを減らせば、サイトの高速化ができ安全性が上がります。

④他テーマからの乗り換えが簡単

通常、WordPressでテーマを切り替えるときは、テーマごとの独自機能が引き継がれないため、サイトの装飾が崩れてしまいます。

しかし、SWELLには移行プラグインが用意されているため、テーマの乗り換えをスムーズに行うことが可能。

SWELLの乗り換えサポートプラグインを使えば、

・過去記事をすべてリライトする
・ショートコードやCSSを自分で移行させる

といったことをする必要が無く、記事のデザイン崩れを最小限に抑えてくれます。

乗り換えプラグインに対応しているテーマは、以下の通りです。

乗り換えプラグイン対応テーマ
・Cocoon
・AFFINGER
・JIN
・SANGO
・STORK
・THE THOR

このように、人気テーマからの乗り換えがスムーズにできます。

※どのような機能を引き継げるかは事前に確認しておきましょう。
乗り換えサポートプラグインの詳細はこちら

以上が、SWELLのメリット4つです。

続いて、SWELLの評判についてまとめます。

SWELLの評判・口コミ

WordPressテーマSWELLのデメリット3つ/メリット4つを解説

続いて、SWELLの評判をまとめます。

Twitterなどでは全体的に評判が良く、作業環境や個人の好みにもよりますが「SWELLに移行して良かった」という声が多いです。

Twitterでの評判
・公式サイトがわかりやすい
・購入後のサポートが充実している
・最新エディタ対応なので将来も安心
・デザインを組み立てていくのが楽しい
・サイトスピードが大幅に改善される人が多数
・移行プラグインを使うとテーマの乗り換えが簡単
・ブロックエディタが使いやすく記事執筆速度が上がった

このように、驚くほど良い評判ばかりです。

※ただし間違った認識として「テーマを変えたらSEO評価が上がった!」という方がおられますが、実際は人気有料テーマ間でそれほど差が出ることはありません。

気になる方は一度以下のリンクから確認してみてください。SWELLの人気がよくわかります。
Twitterで「SWELL テーマ」を検索する

また、開発者の了さん@ddryo_loosも活発に発信されていて、利用者との距離が近い安心感があります。

最後に、SWELLの評価についてまとめます。

SWELLはどんな人におすすめ?

WordPressテーマSWELLのデメリット3つ/メリット4つを解説

SWELL購入の決め手は?

個人的にSWELLの購入の決め手となったのは、SWELLホームページとデモサイトの洗練されたデザインです。

実際に使ってみたところ、思ったよりもカスタマイズの自由度が高く、SWELLを利用している人のサイトを真似しながデザインを組み立てることができました。

当ブログ(メインサイト)はCocoonを使っていますが、正直、最初からSWELLに出会えていれば…と感じています。

SWELLはどんな人におすすめ?

まず、ブログは見た目が大事だと感じている人なら、SWELLを選ぶ価値があります。

また、SWELLの使いやすさに加えて、開発者の了さんの対応がいつも素早く、問題があってもすぐに解消されます。

そのため、これからWordPressを始める方は、初期費用として導入しておくと長期的に安心してブログ運営ができます。

一方、現在他のテーマを利用していて、使いやすさ・SEO評価・表示速度のためにわざわざ乗り換える必要はないと思います。

というのも、乗り換え用プラグインがあるとはいえ、テーマの変更にはある程度の労力がかかるからです。

(※特に、すでに運営しているブログの記事数が多い場合などは無理な乗り換えはおすすめできません。)

SWELLの最適な導入時期は?

上記についてまとめると、

・これからWordPressを始める
・ブログを始めたばかり(1年未満)で記事数が少ない
・現在使っているテーマのデザインがどうしても気に入らない

といった方にはSWELLがおすすめです。

繰り返しになりますが、他テーマで数年間運用しているブログからの切り替えは、相当な労力がかかるので推奨できません。

逆に30記事~50記事しかない状態で乗り換えに悩んでいる方は、記事数が増える前にサクっと移動しておきましょう。
SWELLの公式サイトはこちら

ここからは、SWELLの導入方法を解説します。

SWELLの導入手順

WordPressテーマSWELLの導入方法

※他テーマ(Cocoon)からの乗り換え手順はこちらからご覧ください。

SWELLの導入手順

まず、SWELLの導入手順を解説します。

1.SWELLのダウンロードページを開きます。
SWELLのダウンロードはこちら

2.「DOWNROAD」に進みます。
WordPressテーマSWELLの設定方法
3.「SWELLを購入する」をクリックします。
WordPressテーマSWELLの設定方法
4.必要事項を入力して、購入します。
WordPressテーマSWELLの設定方法
5.SWELLから購入完了メールが送られてくるので「購入者限定パスワード」を確認します。
WordPressテーマSWELLの導入方法
6.SWELL公式ページから「フォーラム」を開きます。
WordPressテーマSWELLの導入方法

7.SWELLERS’の「マイページ」に進み、購入者限定パスワードでログインします。
WordPressテーマSWELLの導入方法

8.「SWELL製品ページへ」をクリックします。
WordPressテーマSWELLの導入方法
9.SWELL(親テーマ/子テーマ)をダウンロードします。
WordPressテーマSWELLの導入方法

10.WordPress管理画面の「外観」から「テーマ」を開きます。

11.「新規追加」に進みます。
WordPressテーマSWELLの導入方法

12.「テーマのアップロード」をクリックします。
WordPressテーマSWELLの導入方法

13.「ファイルを選択」をクリックします。
WordPressテーマSWELLの導入方法

14.SWELLのファイル2つを別々にアップロードします。
WordPressテーマSWELLの設定方法
15.SWELLの子テーマ(SWELL CHILD)のみを有効化します。
WordPressテーマSWELLの導入方法

16.これでSWELLの実装ができました。
WordPressテーマSWELLの導入方法

以上でSWELLの設定は完了です。

他テーマからの乗り換え手順

Cocoonなど、他テーマからの乗り換え手順は以下の通りです。

1.SWELLのダウンロードページを開きます。
SWELLのダウンロードはこちら

2.「DOWNROAD」に進みます。
WordPressテーマSWELLの設定方法
3.「SWELLを購入する」をクリックします。
WordPressテーマSWELLの設定方法
4.必要事項を入力して、購入します。
WordPressテーマSWELLの設定方法
5.SWELLから購入完了メールが送られてくるので「購入者限定パスワード」を確認します。
WordPressテーマSWELLの導入方法
6.SWELL公式ページから「フォーラム」を開きます。
WordPressテーマSWELLの導入方法

7.SWELLERS’の「マイページ」に進み、購入者限定パスワードでログインします。
WordPressテーマSWELLの導入方法

8.「SWELL製品ページへ」をクリックします。
WordPressテーマSWELLの導入方法
9.SWELL(親テーマ/子テーマ)と「乗り換えサポート用プラグイン」をダウンロードします。
WordPressテーマSWELLの導入方法

10.WordPress管理画面の「外観」から「テーマ」を開きます。

11.「新規追加」に進みます。
WordPressテーマSWELLの導入方法

12.「テーマのアップロード」をクリックします。
WordPressテーマSWELLの導入方法

13.「ファイルを選択」をクリックします。
WordPressテーマSWELLの導入方法

14.SWELLのファイル2つを別々にアップロードします。
WordPressテーマSWELLの設定方法

15.「SWELL」と「SWELL CHILD」がインストールされました。(※この時点ではまだ有効化しないでください。)
WordPressテーマSWELLの導入方法

16.続いて、WordPress管理画面から「プラグイン」→「新規追加」に進みます。
WordPressテーマSWELLの導入方法

17.「プラグインのアップロード」をクリックします。
WordPressテーマSWELLの導入方法

18.「Cocoon乗り換えサポート用プラグイン」をアップロードして「有効化」します。
WordPressテーマSWELLの導入方法

19.「外観」→「テーマ」から、SWELLの子テーマ(SWELL CHILD)のみを有効化します。
WordPressテーマSWELLの導入方法

20.これでSWELLの実装ができました。
WordPressテーマSWELLの導入方法

再度になりますが、乗り換えサポートプラグインは、デザインの崩れを最小限に抑える機能です。

SWELLを有効化した後は、表示が崩れていないか自分の目で確認するようにしましょう。

以上で、他テーマからSWELLへの乗り換えは完了です。

まとめ:SWELLを導入してWordPressを快適に使おう

WordPressテーマSWELLのデメリット3つ/メリット4つを解説

この記事では「SWELLが気になる」という方向けに、SWELLのメリット・デメリットと評判について解説しました。

まとめると、

・これからWordPressを始める
・ブログを始めたばかり(1年未満)で記事数が少ない
・現在使っているテーマのデザインがどうしても気に入らない

といった方にはSWELLがおすすめです。

SWELLは利用者からの評判は圧倒的に良く、機能面・デザインともに優れています。

また、サポートも手厚く開発・アップデートも止まることがないので、今後持っておくと安心のテーマです。

これから長く使っていくことを考えると、SWELLは時代の流れの先頭を走っているので、今のうちに手堅いポジションを掴んでおきましょう。
SWELLのダウンロードはこちら

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました