副業のノウハウ

レシート買取アプリONEの危険性とは?安全に使うための注意点3つを解説

レシート買取アプリONEの危険性とは?安全に使うための注意点3つを解説

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、個人で稼ぐノウハウを解説しています。

レシート買取アプリは危ないって本当ですか?

お金がもらえる仕組みと、安全に使うための注意点を教えてください。

以上のような、レシート買取アプリについての質問にお答えします。

この記事の内容

yujiblogpv

当ブログはコツコツ更新した結果、月間22万PVとなりました。
またアフィリエイト収入も増えており、現在は月100万ほどを稼いでいます。

本記事では、レシート買取アプリの危険性について解説しました。

レシート買取アプリONEは、レシートの撮影で稼げる人気のスマホアプリです。

レシート買取アプリONEのウォレット画面

お店でもらったレシートが現金になるということで、現在ダウンロード数が急増しています。

しかし、2018年に登場した新しいアプリということもあり、安全面を心配する声があることも事実。

そこでこの記事では、ONEを安心して使うために意識したいことをまとめたので、ぜひ利用前に確認してみてください。

レシートが1枚1000円になるミッションについてもまとめたので、参考にしていただければと思います。

レシート買取アプリONEとは?

レシート買取アプリONEとは?

レシート買取アプリONEとは、レシートがお金になるアプリです。

無料アプリをダウンロードして、スーパーやコンビニのお買い物でもらったレシートを撮影するだけで、1枚につき1円~10円がもらえます。

ONEの実績

ちなみに現在のダウンロード数は400万を突破しており、レシートの買取総数も「4億枚以上」という人気ぶりです。

ONEの運営会社

ONEの運営体制は以下の通りです。

ONEの運営会社
  • 運営会社WED株式会社
  • 設立:2016年
  • 代表取締役:山内奏人
  • 所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8 SSUビル

レシート買取アプリONEは、WED株式会社によって運営されています。

CEOは「10代の天才プログラマー」「高校生起業家」として注目を集めた山内奏人さん。

彼が15歳の時に立ち上げたウォルト株式会社を基礎に、現在も事業を継続しています。

ONEのレシート買い取りの仕組み

ユーザーが提供したレシート情報は、ONEを経由して、最終的に一般企業が買い取っています。

ONEの仕組み

レシートには「ユーザーが何を買ったのか?」というデータが詰まっているので、企業はそれをマーケティングや商品開発に役立てることができます。

そして、役立つ情報(レシート)を提供してくれたユーザーに、対価が支払われるというわけです。

要するにレシート買取アプリは、

  1. ユーザー:レシートをONEに提供して、1円~10円をもらう。
  2. ONE:ユーザーからレシートを買い取り、まとめて企業に売る。
  3. 企業:ONEからレシート情報を買い取り、ビジネスに役立てる。

という仕組みになっています。

ONEのメディア情報

ONEはリリースから話題を集め、数々のメディアに取り上げられています。

リリースから話題を集め、数々のメディアに取り上げられています。

  • NIKKEI
  • ITmedia
  • PRESIDENT
  • BUSINESS INSIDER
  • Yahoo!ニュース
  • LINEニュース
  • とくダネ
  • スッキリ
  • めざましテレビ
  • サンデージャポン
  • アッコにおまかせ

このように大手テレビ局でも取り上げられていて、多くの人に注目されていることがわかりますね。

ここで、レシート買取アプリONEの危険性について解説します。

レシート買取アプリONEの危険性2つ

レシート買取アプリONEの危険性2つ

レシート買取アプリONEの危険性は、以下の通りです。

レシート買取アプリONEの危険性
  1. 個人情報が流出する
  2. 不正利用でアカウントが凍結される

①個人情報が流出する

ONEを利用するには、個人情報を提供する必要があります。

アプリ利用に必要な個人情報は、

  • 電話番号
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号

の4つとなっており、性別や大まかな住所を登録することになります。

もちろん、運営側は個人情報保護を徹底していますが、万が一情報が流出してしまうといった危険性は否定できません。

仮に、個人情報とレシートの買い物情報が結び付いた場合は「自分がどこで何を買ったのか」が企業に知られてしまうことになります。

ONEのプライバシーポリシー

ONEに提供された個人情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーにまとめられているので、不安に感じる人は一度目を通しておきましょう。

②不正利用でアカウントが凍結される

ONEでは、不正利用をするとアカウントが凍結されます。

この場合、残高がすべて引き出せなくなってしまうので、不正利用を疑われる使い方には注意が必要です。

このようにONEでは、

  • ミッション内容とは異なる画像を送信する
  • 他のアカウントで使用された画像と同じ画像を使い回して送信する
  • 自分で受け取ったレシート以外の画像を送信する
  • その他、不正行為が確認できた場合

などの使い方をすると不正行為と判断されてしまいます。

基本的に自分が購入したレシートのみが買取対象となっているので、規約違反しないように気をつけましょう。

以上が、レシート買取アプリONEの危険性2つです。

次に、ONEのデメリットをまとめます。

レシート買取アプリONEのデメリット5つ

レシート買取アプリONEのデメリット5つ

レシート買取アプリONEのデメリットは以下の通りです。

レシート買取アプリのデメリット
  1. 買取額はほとんど1円
  2. 買取は1日5枚まで
  3. 買取価格の基準が不明
  4. 買取がキャンセルになる
  5. 振り込み手数料が高い

①買取額はほとんど1円

ONEの買取額は、ほとんどが1枚1円となっています。

このように10円が出ることは珍しいので「あまり期待しない方がいい」というのが現実です。

もし大きく稼ぎたい場合は、ONEのレシート以外のミッションで1回100円~150円ほどのキャッシュバックを狙いましょう。

②買取は1日5枚まで

ONEの買取枚数は、1日5枚までです。

1日で5枚以上のレシートがある場合は、翌日以降にONEで撮影する必要があります。

③買取価格の基準が不明

ONEのレシート買取価格は、どのように決められているのかが不明です。

ユーザーとしては10円になるレシートを売りたいところですが、

  • どこのお店が10円になるのか?
  • どんな商品が10円になるのか?

などの基準は公開されていません。

10円レシートを狙って出すことはできないので、効率的に稼ぐのは難しい仕様となっています。

④買取がキャンセルになる

ONEでは、レシートの買取がキャンセルになることがあります。

このようにアプリの画像読み取りの精度が低く、認証されたはずなのに後で自動的にキャンセルになってしまうこともあるようです。

また、以下のようなレシートは買取対象外なので利用できません。

ONEで買取対象外のレシート
  • 2ヶ月より前に発行されたレシート
  • 他のミッションで買取したレシート
  • 他のポイントサイトに登録したレシート
  • 同一会計時間のレシート
  • 英語で記載されたレシート
  • 海外で発行されたレシート
  • 画質が荒い、暗い、曲がっている、手に持って撮影されているレシート

⑤振り込み手数料が高い

レシート買取アプリONEは、出金手数料が300円と高いです。

レシート買取価格は1枚当たり1円~10円なので、手数料分を貯めるだけでも苦労します。

ONEを使う場合は、レシート買取だけでなくその他のミッションでも報酬を稼ぐのがおすすめです。

以上が、レシート買取アプリONEのデメリット5つです。
まだ新しいアプリなので問題点もいくつかあるようですが、今後のアップデートに期待ですね。

続いて、ONEのメリットも紹介します。

レシート買取アプリONEのメリット3つ

レシート買取アプリONEのメリット3つ

レシート買取アプリONEのメリットは以下の通りです。

レシート買取アプリのメリット
  1. 登録から撮影までが簡単
  2. 買取金額が1000円になることがある
  3. レシート以外のミッションでも稼げる

①登録から撮影までが簡単

ONEは、スマホで簡単に使えることが最大のメリット。

レシートを撮影するだけでいいので、1枚10秒ほどで買い取りが完了します。

その他のレシート買取アプリでは、

  • 商品のバーコード写真が必要
  • 指定の商品のみが対象

などの条件付きなことが多いので、ONEのお手軽さはトップクラスです。

②買取金額が1000円になることがある

ONEでは、レシート買取金額が1枚1000円になることがあります。

このように、処分するだけだったレシートが10秒ほどの作業で1000円になる可能性があるのは大きなメリットです。

1000円レシートの真相については、ONE公式アカウントでも「極稀に高額で買取を行っております」と回答しています。

③レシート以外のミッションがある

ONEでは、レシート以外のミッションでも稼ぐことができます。

たとえばONEのアンケート調査では、1件回答するにつき30円~100円の報酬になります。

その他にも、

ONEで稼げる方法

  • 冷蔵庫の中身の写真
  • 空の写真
  • 自家用車の写真
  • 企業から届いたSMSの写真
  • 企業から届く封筒の写真

なども買取対象なので、ミッション次第では効率よく報酬を貯めることが可能です。

※先着となっていることが多いので、見つけたら早めに取り組んでください。

以上が、レシート買取アプリONEのメリット3つです。

ここで、個人情報を守るONEの使い方も紹介します。

レシート買取アプリONEで個人情報を守る方法3つ

レシート買取アプリONEで個人情報を守る方法3つ

レシート買取アプリONEで個人情報を守る方法は、以下の通りです。

ONEで個人情報を守る方法
  1. レシート内の個人情報は隠す
  2. レシート以外のミッションは利用しない
  3. 売り上げはチケットで受け取る

①レシート内の個人情報は隠す

ONEを利用する際は、レシート内の個人情報を隠してから撮影してください。

ONEのレシート撮影では、個人情報などを黒塗りで隠すことができます。

注意事項
仮に個人が特定できる情報が写っている場合は、黒く塗りつぶすなど個人が特定できる情報が写り込まないよう工夫した上で送付してください。

このように、レシート内の個人を特定できる内容は隠すことが推奨されているので、ONEで撮影する前に黒塗りなどの対策をしておきましょう。

※ただし、以下の項目が隠れてしまうとレシートが買取対象外となってしまうので注意してください。

ONE買取ミッションの注意点

  • チェーン名
  • 店舗名
  • 購入日時
  • 商品名
  • 合計金額

②レシート以外のミッションは利用しない

ONEの個人情報の取り扱いが気になる人は、レシート以外のミッションは利用しないようにしましょう。

ONEのミッションでは、

  • 名刺
  • 保険証券
  • 電気料金の明細書

などが買取対象となることもあります。

しかし、このような名前や住所などが掲載された画像が流出すると、個人情報が悪用されてしまう危険性があります。

レシートは個人情報が書かれていないので問題ないですが、それ以外の書類を提供する場合はリスクを考慮したほうがいいです。

③売り上げはチケットで受け取る

ONEに身分証や銀行口座を登録したくない場合は、チケットで残高を受け取りましょう。

※銀行振り込みで受け取るには、本人確認書類の提出が必要です。

ONEのチケットには以下のような種類が用意されていて、ウォレットの残高から簡単に交換できます。

売り上げはチケットで受け取る

  • Apple Gift Card
  • Google Play ギフトコード
  • Amazonギフト券
  • Visa eギフト
  • UNIQLO eGIFT Card
  • QUOカードPay
  • FamiPay
  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • Pontaポイント
  • nanacoポイント
  • 西松屋チェーンギフト
  • ミスタードーナツギフト

この他にも交換先はたくさんあるので、アプリで確認してみてください。

以上が、レシート買取アプリONEで個人情報を守る方法3つです。

続いて、ONEでレシートを買い取るまでの流れを説明します。

レシート買取アプリONEの使い方3ステップ

レシート買取アプリONEの使い方3ステップ

レシート買取アプリONEの安全な使い方は、以下の通りです。

レシート買取アプリONEの使い方
  1. ONEをダウンロードする
  2. レシートを登録する
  3. 他のアプリでもレシートを登録する

①ONEをダウンロードする

1.アプリをダウンロードします。
》ONEをダウンロードする

2.アプリを開いたら「はじめる」をタップします。レシート買取アプリONEの安全な使い方

3.本人確認のために、電話番号を入力してSMS認証をします。レシート買取アプリONEの安全な使い方

4.SMS認証が終わったら「すすむ」をタップします。レシート買取アプリONEの安全な使い方

5.次の画面で質問に回答します。(※個人を特定する内容については聞かれません。)レシート買取アプリONEの安全な使い方

質問の内容
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号

6.質問に回答したら「完了」をタップします。レシート買取アプリONEの安全な使い方

これでONEの初期設定は完了です。

②レシートを登録する

次に、レシートを登録します。

1.「全種類のレシート」を選択します。レシート買取アプリONEの安全な使い方

2.「注意事項に同意して参加する」をタップします。レシート買取アプリONEの安全な使い方

3.読み取り画面が起動するので、撮影の許可をします。レシート買取アプリONEの安全な使い方

4.レシートを撮影して送信します。レシート買取アプリONEの安全な使い方

※レシートが長くて文字が見えにくくなる場合は、すべて確認できるように折り曲げて撮影すればOKです。

5.レシート送信が終わると、その場で買取が完了します。レシート買取アプリONEの安全な使い方

6.貯まった金額を確認するときは「ウォレット」をタップします。レシート買取アプリONEの安全な使い方

7.こちらで残高を確認できます。レシート買取アプリONEのウォレット画面

これでレシートの買取は完了です。

③他のアプリでもレシートを登録する

ONEを利用するときは、その他レシート買取アプリのミッションも組み合わせることで、効率的にお金を稼げます。

いくつかのアプリをインストールしておいて、まとめてミッションをクリアしましょう。

以上が、レシート買取アプリONEの安全な使い方3ステップです。

最後に、ONEと一緒に使えるおすすめのレシート買取アプリを紹介します。

安心して使えるレシート買取アプリ5選

安心して使えるレシート買取アプリ5選

ONEと組み合わせて使える、おすすめのレシート買取アプリはこちらです。

おすすめレシート買取アプリ
  1. CASHb
  2. CASHMART
  3. CODE
  4. レシーカ
  5. 楽天パシャ

①CASHb

CASHb

CASHbは、ポイント還元率が高いことで人気のレシートアプリです。

「タマゴ」「チョコレート」「ビール」など、メーカーを問わずに対象になるキャンペーンもあるので普段のお買い物がお得になります。
》CASHbをダウンロードする

Cashbキャンペーン※登録時のクーポンコードには「AP3BY」を入力してください。初めてレシートが承認されると200円がもらえます。

②CASHMART

CASHMART

CASHMARTは、身のまわりの写真を撮ってお金が稼げるアプリです。

  • レシート
  • ホーム画面のスクショ
  • 毎日のディナー
  • 冷蔵庫の中
  • ドライヤー
  • 電子レンジ
  • エアコン

このように家の中にあるものが対象になっているので、簡単にポイントが貯まります。
》CASHMARTをダウンロードする

CASHMARTキャンペーン※登録時のクーポンコードには「YlCGIi」を入力してください。初回登録で20円がもらえます。

③CODE

CODE

CODEは、レシートの撮影+商品バーコードの読み取りでポイントがもらえます。

有名テレビ番組で紹介されたレシートアプリで、家計簿機能も備わっていて便利です。
》CODEをダウンロードする

④レシーカ

レシーカ

レシーカは、Tポイントが貯まるレシートアプリとして注目されています。

商品バーコーのスキャンは不要で、レシートの撮影・登録するだけでOKです。
》レシーカをダウンロードする

⑤楽天パシャ

楽天パシャ

楽天パシャは、楽天が運営するレシートアプリです。

「コンビニ限定」や「西友・サニー限定」などの面倒な縛りはあるものの、楽天ポイントを貯めたい方にはおすすめとなっています。
》楽天パシャをダウンロードする

以上が、おすすめのレシート買取アプリ5選です。

レシート買取アプリONEでコツコツ稼ごう

この記事では、レシート買取アプリONEの危険性について解説しました。

ONEは安全面に配慮された運営がなされていて、一般的なアプリとして問題なく利用できます。

またアプリの仕様もシンプルで、誰でも簡単に使うことができます。

アンケート回答などのミッションも組み合わせながら、ぜひお小遣い稼ぎに活用してみてください。
》ONEをダウンロードする

また、気軽に収入を作りたい人にはスマホ副業が最適なので、こちらも参考にしていただければと思います。
》【毎日1000円をコツコツ稼ぐ】スマホで1日千円稼ぐ方法9つ

そして、興味がある方は「怪しい副業」の体験談も是非ご覧ください。
》【スマホ副業の実態】怪しい副業をやってみた体験談

※副業禁止の会社で困っている人向けに、こちらで解決方法をまとめています。
》【給料安いくせに副業禁止】生活できない人のための対策4つ

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました