【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ、おすすめはどっち?

cocoon-Gutenberg-vs-classic

こんにちは、yujiです!
このブログでは、WordPressを使ったブログ運営について詳しくまとめています。

「WordPress/Cocoonを使っています。新旧エディタはどちらを使えばいいですか?」

以上のような、Cocoonを使った記事執筆に最適なエディタについての疑問にお答えします。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

「エディタ」とは、WordPressでの記事執筆画面のことで、文章の装飾など様々な機能がついています。

この記事では、WordPress初心者の方向けに、「グーテンベルク」か「クラシックエディタ」、どちらを使うのがおすすめなのか解説します。

Amazaonアソシエイトに挑戦中の方にお知らせ。
2020年3月以降、Amazaonアソシエイト審査方法が変更されました。この変更についてはまだネット上に情報が不足しているので、ブログをはじめたてで混乱している方もいると思います。
変更点の詳細とその攻略法を、以下の記事に詳しくまとめました。

【2020年最新攻略法】Amazonアソシエイトの審査方法が変わる!アカウント作成から180日以内に少なくとも3つの適格販売が必要に。

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【大変だけど、ちゃんと稼げる】
【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!

新エディタ『グーテンベルク』とは?

WordPress(ver.5.0)以降にリリースされた最新版

WordPress(ver.5.0)以降では、投稿ページの作成画面が「グーテンベルク(Gutenberg)」という入力画面に変わりました。

なので、現在のWordPressは『新』エディタが基本となっていいます。

記事執筆画面は以下の通りです。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

この本文入力部分を「グーテンベルク」だったり「ブロックエディタ」と呼んだりします。

グーテンベルクの使い方

記事作成画面を表示すると、最初は白紙の状態です。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

白紙部分をクリックすると「ブロック」が表示されるので、こちらに本文を入力していきます。
基本的に、Enterを押して改行していくたびに、ブロックが次々と追加されていきます。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

見出しを付けたり、画像を挿入するなど、文章への装飾機能は「+」をクリックして選びます。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

また、「すべてを表示」から様々な装飾機能を選べますが、Cocoon独自の機能として「Cocoonブロック」が搭載されています。

こちらで以上のような「ブログカード」や「ボタン」などの装飾を選べます。

「続いて、クラシックエディタ(旧エディタ)の導入方法と使い方をまとめます。」

旧エディタ『クラシックエディタ』とは?

WordPress(ver.4.9)以前までの本文入力仕様です

WordPress(ver.4.9)以前の記事執筆画面を、クラシックエディタ(『旧』エディタ)といいます。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

このように、枠内上部に装飾メニューが固めて表示されています。

Cocoonでクラシックエディタを導入する方法①

クラシックエディタで記事を書きたい場合は、Cocoon設定の変更で利用可能になります。

通常はクラシックエディタ専用のプラグインが必要ですが、Cocoonはクラシックエディタが標準搭載されています。

設定方法は以下の通り。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

「Cocoon設定」から「エディタ」をクリックします。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

「Gutenbergエディターを有効にする」のチェックを外して「変更をまとめて保存」をクリックします。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

これで、クラシックエディタでの記事執筆が可能です。

Cocoonでクラシックエディタを導入する方法②

グーテンベルク(ブロックエディタ)で利用する方法もあります。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

グーテンベルクで表示される「+」をクリックすると様々な装飾機能を選べますが、その中から「クラシックエディタ」を選択します。

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

このように、1ブロックのみがそのままクラシックエディタに変わります。

以上の2通りの方法で、Cocoonでクラシックエディタを利用することができます。

Cocoonでのクラシックエディタの使い方

クラシックエディタの便利な機能は以下の通りです。

・写真の挿入方法

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

画像の追加や吹き出しなど、すべての機能が1枚のパネルから選択できます。

・あわせて読みたいの付け方

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

「スタイル」から「囲みブログカード」なども選べます。

このように「参考記事」のラベルがつきます。上手く表示されない場合は以下の方法を試してみてください。
ブログカードの「あわせて読みたい」ラベルが表示されない理由【cssで解決】

「グーテンベルク」と「クラシックエディタ」どちらを使うべき?

【Cocoon】グーテンベルク(ブロックエディタ)とクラシックエディタ

使いやすい方でOK

グーテンベルクの新仕様と、クラシックエディタの操作方法が全く違うので、新旧どちらのエディタを使うべきか迷う人もいるかと思います。

そこでエディタについて、WordPress公式が以下のように発表しています。

WordPress公式
「Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。」
参照:https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

このように、今のところ新旧両方のエディタがサポートがされているので、使いやすい方で記事執筆をすればOKです。

しかしWordPressとしては、今後グーテンベルクに移行する流れなのは間違いなさそうです。

なので、グーテンベルクに慣れた方がいいかとも思います。(僕は未だにクラシックエディタで書いています。)

このブログでは、WordPress/Cocoonを使ったブログでのオリジナルカスタマイズを紹介しています。
(※すべてコピペでOKなので、初心者の方でも今すぐ試せます。)

【コピペでOK!】ブログ初心者でもできる『Cocoonカスタマイズ』の完全マニュアル【WordPress】

こちらの記事が人気となり、yujiblogはWordPress/CocoonでのWEB制作をしたい人向けに、よく検索されるブログとなりました。

おかげさまで検索上位をキープしつつ、順調にアクセス数が伸びています。

cocoon検索1位

僕は以上のWEBデザインスキルを独学で習得しました。
そこで、プログラミング未経験の僕が独学でWEB制作を学んだ方法について、以下の記事でまとめてみました。興味のある方はどうぞ!(1か月でWEB制作できるようになります。)

【実証済み】未経験者の僕が、独学でプログラミングを習得できた勉強法

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【大変だけど、ちゃんと稼げる】
【その画像の著作権、大丈夫ですか?】僕がおすすめする『安心のフリー素材サイト』9選!
【利用者が増えている理由とは?】『もしもアフィリエイト』を実際に使ってみた感想【口コミ・評判・メリットまとめ】
【もしもアフィリエイト】初心者でもできる『かんたんリンク』のおしゃれなカスタマイズ【コピペでOK!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました