【Google広告とは?】広告の種類や単価、集客の仕組みを詳しく解説します

Google広告の種類と仕組み

こんにちは、yujiです。
このブログでは、WordPressを使ったブログ運営について詳しくまとめています。

ブログの広告を出してみたいです。
Google広告とは何か、教えてください。

以上のような、Google広告でブログ集客し、売り上げを伸ばしたい人の質問に答えます。

僕は、Google広告で個人のWebサイトを宣伝しています。

Google広告ではSEOとはまた違った集客ができ、低予算ながらその効果を感じています。

そこでこの記事では、Google広告について、広告の種類や仕組みを詳しくまとめました。

※この記事の後半では、限定クーポンの取得方法も解説しています。参考までにどうぞ。

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【初心者が稼げる仕組みとは?】
【無料あり】僕はオーディオブックで、年間100冊聞いてます。
【もしもアフィリエイトでOK】Amazonアソシエイト審査に1発合格した話

【質問】Google広告とは?

Google広告とは、Googleの検索画面などで自分の商品やサービスを宣伝できる「オンライン広告」のことです。

Google広告とは?

こちらは検索に連動した広告ですが、この他にもYouTubeやスマホアプリなどでも広告を見たことがあるのではないでしょうか?

こうしたGoogle広告の特徴は「見てもらいたい人だけに、広告を届けられる」ということです。

そのため広告の効果が高く、具体的には以下のようなことが可能となっています。

Google広告でできること
・電話の問い合わせを増やす
・WEBサイトでの商品購入者を増やす
・店舗の来客数を増やす

このように、Google広告を見た人の関心は高く、効果的なアプローチをとることができます。

【解説】Google広告の種類のまとめ

Google広告の種類のまとめ

Google広告には、主に以下の4つの種類があります。

Google広告の種類
①リスティング広告(検索連動型広告)
②ディスプレイ広告
③ショッピング広告
④動画広告

以下で詳しく解説します。

①リスティング広告(検索連動型広告)

Google広告とは?

リスティング広告(検索連動型広告)とは、Googleの検索画面で検索キーワードをもとに表示する広告のこと。

通常の検索結果と同じような形で、見出し・ URL・説明文の3要素で構成されています。

「検索=関心がある」ユーザーをターゲットにするので、エンゲージメントが高めになります。(※除外キーワードなどの設定も可能です。)

②ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Googleが提携しているWebサイト・アプリの広告枠に表示される広告のこと。

sponser link

↑このように、主に画像での出稿になります。

掲載場所に関わらず、関心のあるユーザーに直接表示されるので、認知されやすいです。

③ショッピング広告

Googleショッピング広告

ショッピング広告は、Webサイトで販売中の商品や、店舗在庫の詳細情報(商品の写真・商品名・価格など)を含む広告です。

商品画像は、他の広告よりも目立つ位置に掲載されることが多いです。

また、「検索=購入する意思がある」といった見込み客に届けられるので、成約率が高めです。

④動画広告

Google動画広告

動画広告は、主にYouTubeの視聴中に流れる広告のことです。

YouTubeは、日本の18-44歳だけを見ても3,000万人以上に利用されているといった実績があります。

静止画よりも伝えられる情報量が多いため、ブランディングや認知の拡大におすすめです。

【秘密】Google広告が表示される仕組みとは?

こちらを読めば、Google広告が街中の看板や新聞の広告とはどう違うのかがわかります。

Google広告の仕組み

Google広告の強みは、広告を効果的に見てくれる人に的確に届ける「ターゲット」力です。

Googleは消費者のビッグデータから、広告を見せるターゲットを的確に絞り込んでいます。

広告を届ける仕組み
①キーワード
②地域
③曜日・時間帯
④性別・年齢層
⑤興味・関心
⑥サイト閲覧履歴

以下で詳しく解説します。

詳細情報:http://services.google.com/fh/files/misc/jp_ads_guidebook_2020.pdf

①キーワード

Google広告のターゲット方法

関連性の高いキーワードが検索されたときに、検索結果の上位に広告が配信されます。

キーワードの例
・花屋…「母の日 プレゼント」
・アウトドア用品…「大人 キャンプ」

このように「検索する=関心がある」ので、必要とされている人に広告を表示できます。

②地域

Google広告のターゲット方法

特定の地域や住所を指定して、広告を配信することが可能です。

エリアの例
・宅配ピザ…配達エリア
・ホテル…駅周辺1km

このように、実店舗の集客に活かせる機能となっています。

③曜日・時間帯

Google広告のターゲット方法

広告掲載の日時や曜日を自由に決定できます。

時間帯指定の例
・実店舗…営業時間中のみ広告表示
・タイムセール…実施中のみ広告表示

このように、柔軟に表示時間を設定可能。
また、掲載の一時停止や再開も、クリック1つで切り替えできます。

④性別・年齢層

Google広告のターゲット方法

ユーザーの性別や年齢を狙って、広告表示ができます。

性別/年齢の例
・新作の化粧品…女性を対象に表示
・高級車の販売…40~60代男性に表示

このように、情報を届けたい相手を、明確に浮かび上がらせることができます。

⑤興味・関心

Google広告のターゲット方法

興味・関心のカテゴリを選んで配信ができます。

興味/関心の例
・教育系…子供の教育に関心のある相手
・旅行系…休暇の旅行に良く行く相手

このように、商品やサービスに関心のある相手を特定することで、広告の効果が期待できます。

⑥サイト閲覧履歴

Google広告のターゲット方法

以前にWebサイトに訪れたユーザーに、再度広告配信ができます。

サイト閲覧履歴の例
・楽天やAmazon…閲覧したけれど購入しなかったユーザーに、商品を表示
・居酒屋…コースメニューを調べたことのあるユーザーに、クーポンを表示

このように、すでに関心のある見込み客にアプローチをかけることができます。

以上の6つが、Google広告の「ターゲット」に関する仕組みです。

【重要】広告費用と、掲載順位の仕組みとは?

広告費用について

Google広告は、ごく少額からでも出稿できます。

広告費用の仕組み

Google広告では「広告のクリック」や「電話をかける」などのアクションに対し、1件当たりの費用が発生していきます。

また予算設定では「1日あたり500円」など、ごく少額からでも出稿できます。

広告掲載・停止はいつでも切り替え可能なので、広告の手ごたえを見ながら柔軟に検討できます。

掲載順位の仕組み

掲載順位は広告オークション」で決まります。

オークションの仕組みは、広告の品質(有益かどうか)と入札単価(クリック上限金額)のかけ合わせです。

オークションの例
▶A社 広告の品質…4 ✖ 広告の入札価格…120  スコア…480
▶B社 広告の品質…9 ✖ 広告の入札価格…60    スコア…540
→B社の広告が上位に掲載される。

この場合「B社」はコンテンツの質が高いので、入札価格が低くても上位表示されます。

Googleは、消費者のためになるWebサイトを優先したいようですね。

【簡単】Google広告の使い方と、限定クーポンの取得方法

Google広告の使い方

Google広告は、個人でも出稿可能です。
また費用も1円単位で設定でき、低予算でWeb集客ができます。

そこで以下の記事では、Google広告の出し方と、7,500円~30,000円の限定クーポンの取得方法をわかりやすくまとめています。

WEB集客をしたい方なら、1度は試してみてもいいかと思います。

以下の記事でわかること
・Google広告の始め方
・クーポンの取得方法
・ターゲットの設定方法
・効果測定の方法

【簡単】Google広告の使い方と、料金設定について解説【Web集客の始め方】

まとめ:Google広告で、精度の高いWeb集客ができる

この記事では、Google広告に興味のある方向けに、広告の種類や仕組みについて解説しました。

Googleが持っている顧客データをもとに、的確に広告を掲載してくれるので、ここまでの低予算での集客が実現されています。

個人のWebサイトへの誘導にも使えるので、挑戦してみてもいいかと思います。

【簡単】Google広告の使い方と、料金設定について解説【Web集客の始め方】

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【初心者が稼げる仕組みとは?】
【無料あり】僕はオーディオブックで、年間100冊聞いてます。
【初公開】僕がネイティブから教わった、英会話上達のコツまとめ
【実証済み】未経験者の僕が、独学でプログラミングを習得できた勉強法
【もしもアフィリエイトでOK】Amazonアソシエイト審査に1発合格した話

コメント

タイトルとURLをコピーしました